無料

東京不動産屋マップ

開発:
容量:
7.3MB
-

0件の評価

スクリーンショット

編集部のレビュー

間取りの前に不動産屋も選ぶ!それが引越しのプロだ!!

駅が近いとかコンビニが近いってのも大事だけれど! 不動産屋はどうなんだ?

引越し。

それはまさに人生の冒険。
当たりでもハズレでも、しばらくはそこで生活をしなければならない。
故に、誰もが慎重に部屋探しをすることでしょう。

間取りはもちろんのこと、最寄り駅までの距離、スーパーやカフェなど周辺の施設、そしてご近所さんに問題児はいないか……など。

もちろん、それらの条件に注視するのは当然でしょう。

しかし、闘いはその前から始まっています。

そう、

不動産屋の質です。

かつて僕が地元で部屋探しをしていた時のことです。
憧れの出窓付きの部屋に巡り会えたことに浮かれた僕でしたが、案内してくれた不動産屋に大きな問題がありました。

【部屋に車で案内してもらった時】

・担当営業の運転が豪快すぎた。

「この人、元レーサーかな?」というレベルの激走を国道で魅せてくれましたからね。
乗ってた車の挙動が幼い頃に遊んだチョロQみたいでした。

【共益費有効活用しない事件】

僕の部屋前廊下の電球が切れても、一向に新しいものに変えてもらえませんでした。
クリスマスも年明けも、僕の部屋の前だけ真っ暗なんですよ。
電話して問い合わせたところ、

「ほら、昼間はそもそも電球点いてない状態ですから、寿命がきてもわからないんですよね。夜は営業時間外ですし」

「ほら」じゃねーんだよ!

結局、「電球は住人から電話を受けてから交換する」というシステムが確立しちゃいました。

【住宅トラブルの解決を住人に任せようとする】

「今日は誕生日だからごちそう買ってきたぜ!」とひとりでも上機嫌で帰宅した僕。
すると、天井から謎の雨漏りが発生しており、ゲーム機とハードディスクがびしょ濡れになっていました。
慌てて不動産屋に電話! すると、

「上階の人が怪しいですね……よし、大田さんちょっと事情を聞いてください」

マジかよ……。でも緊急時なので、言われた通り上階の老婆に聞くも「水なんて使っていない」とのこと。不動産屋に電話報告します。すると

「本当ですかねー、それ……よし、じゃあ大田さん、そのおばあさんの電話番号を聞いてきて下さい」

断りました。

しっかりしているようで、結構抜けている不動産屋は存在します。
お部屋探しの前に、まずは安心して取引できる相手を探しましょう!
それがまた難しいんですけどね!

執筆:Appliv編集部

最終記事更新日:2015年5月13日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

ユーザーレビュー(0件)

あなたの評価を教えてください!

星をタップして評価してください

続けてレビューを書いてみませんか?(任意)

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています