世界中で流行っている出会い系! 海外で人気のあるマッチングサービス7選

日本では恋活や婚活など、出会いを目的としたサービスを総じて“出会い系サービス”といいますが、海外では“オンラインデーティングサービス”と呼ぶようです。ガラケーの普及と共に広がりを見せた“出会い系サービス”ですが、一番の盛り上がりを見せた2000年代前半の頃はサクラばかりで“出会えない系”などとも呼ばれていました。

そのときのイメージの悪さから、今では“出会い系”とは呼ばないようにしているみたいですね。代わりに“マッチングサービス”と呼んでいるようですが、サービス内容自体は2000年代から特に大きく変わったわけではなく、変わったのはそれを使う“人”です。

2014年8月6日に市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニングが行った「オンライン結婚・恋愛マッチングサービス」の調査結果として、日本におけるオンライン結婚・恋愛マッチングサービスの市場規模は、この先2017年に128億円にまで拡大すると予測しています。
(参考:株式会社シード・プランニング『オンライン結婚・恋愛マッチングサービス市場規模』)
https://www.seedplanning.co.jp/press/2014/2014080601.html

また、日本だけでなく、世界的に見てもマッチングサービス市場の拡大は今後も見込まれています。この記事では、その中でも特に人気の高い出会い系、改めマッチングサービスを紹介します。

台湾でも人気! Facebook連動で成功した日本発の『pairs』

匿名性の高い出会い系で、Facebook連動させることで多くの会員数を獲得したのは株式会社エウレカが運営するpairs(ペアーズ)です。2012年11月のリリースから4年で200万人以上(海外を含めると400万人以上)のユーザー数を抱える日本最大級のマッチングサービスです。

Facebookと連携させることで、ユーザーの信頼度を向上させることに成功しました。いまではFacebookと連動させたマッチングサービスは珍しくないですが、その先駆けとなったのがこのpairsなのです。

pairsは日本国内だけでなく、2013年には台湾版もリリースされました。台湾でも会員数は順当に増え、いまでは150万人を越える台湾のユーザーがこのpairsを利用しています。

海外発のサービスで、日本でも人気の『Tinder』

海外で人気のマッチングサービスで日本でも馴染みが深いのはTinder(ティンダー)です。2013年にリリースし、世界196カ国で利用され26ヶ国言語対応、会員数も5000万人を越えています。Tinderは余計なものを削ぎ落としたサービスで、誰にでも分かりやすくその場ですぐに理解することができます。世界196カ国で利用されているのも、そういった使いやすさに大きく関係しています。

Tinderの強みは位置情報サービスを使うことで、自分のいまいる位置から近い人を表示させてくれる点です。検索で国や地域を選ぶといった作業が発生しないため、アプリを開いたその瞬間から一番近いユーザーを表示してくれるのもTinderの強みです。

その他、世界で利用されるマッチングサービス

■Match.com

http://jp.match.com/
1995年にスタートしたMatch.comはマッチングサービスのパイオニアとして常にリードしてきました。

■badoo

https://badoo.com/ja/
全世界で3億3千万人以上の会員数を誇る世界一の最大級のマッチングサービスがbadooです。アメリカやヨーロッパ全土で特に高い支持を得ています。日本語対応しており、Facebook連携以外にもTwitterやMSNと連携させて利用することができます。

■LOVOO

https://www.lovoo.com/
ドイツで一番の人気を誇るのがLOVOO。ドイツだけでなく、イタリアやフランス、スペインなどでも多くの人に利用されています。日本語対応はされていません。

■zoosk

https://www.zoosk.com/ja/
全世界3800万人以上の会員を誇るzoosk。アメリカ発のマッチングサービスですが、イギリスやイタリアを中心に人気を得ています。

■OkCupid

https://www.okcupid.com/
2007年にタイム誌のマッチングサービスのトップ10に選ばれたこともあります。異性だけでなく、同性愛者への利用にも対応しています。日本語対応はされていません。

いずれのサービスも、ほとんどがスマホから利用されている

世界で利用されているサービスを見てみると、利用者数のほとんどがアプリからによる利用で、アプリでしか利用ができないマッチングサービスも多くあります。

Tinderのように日本に力を入れて参入するマッチングサービスも今後続々と増えてくるのではないでしょうか。