【女性向け】マッチング後のメッセージで相手に好印象を残す方法

出会い系で知り合うんだったらイケメンに会いたい、お金持ちの人と知り合いたい、自分にあった彼氏を見つけたい、と思う人も多いのではないでしょうか。

しかし自分が気になる男性とマッチングできても、相手が他の女性から人気のある人だと競争率も高く「返事がこない……」とガッカリした経験はありませんか?

そこで今回は、女性に向けたマッチング後のやりとりで相手に好印象を残す方法をご紹介します。

相手がメッセージを送りやすい状態をつくる

メッセージで相手に好印象を残す前にやっておくべきことがあります。それは「自分のプロフィールを充実させる」ことです。

男性も女性のプロフィール写真はもちろん、自己紹介文にどんなことを書いているかなど、細かく見ています。それは「どんな女性なのか?」といったイメージを膨らませたり、「自分と合うかどうか?」のような話の共通点を探るため。また自己紹介文の長さを、女性が「出会いに対して本気であったり前向きであるかどうかを知る尺度」として考えている人もいるほどです。

他にも、マッチング後にする会話のネタを探しやすくなるといったメリットもあり、「具体的に自分の情報を記した自己紹介文」にすることを意識しましょう。

自己紹介文で大切なのは「文章量」。内容はそこまで気にしなくてOK

自己紹介を具体的に書くのはもちろん重要。でも「何を書けばいいんだろう……」という人も多いでしょう。そんなときは、
・趣味
・休日すること
・よく行く場所
など、自分が興味あることをできるだけ書いておくと、メッセージのやりとりの際に話が広がりやすいです。

さらに、
・友達とLINEするときのような書き方
・顔文字を使用する
など、あなたの人柄が分かるような文書にすると、男性からの印象は良いようです。

メッセージでは「質問」することが、親密度UPの秘訣

基本は、一回のメッセージの中に質問文を入れて「あなたに興味を持ってますよ」と意思表示することです。

よく自分のことばかり話をして相手のことを聞かない人もいますが、それだと男性は「自分に興味がないのかな……」と思ってしまいます。しっかりと男性にアピールするためにも、相手への質問を設けましょう。このとき「水族館が好きなんですか?」や「映画が好きですか?」など、相手の自己紹介文(あればコミュニティも)を見て、自分との共通点を質問すると話が広がっていきやすくなります。

さらにメッセージ中に「●●さんはどうですか?」と、相手の名前を入れてあげると、さらに効果的。出会いサービス内に記載されるニックネームやファーストネームだけでも、文章中に盛り込むことで親近感がわき、親密度も高くなりやすくなるでしょう。

メッセージは「文章量より回数」を意識する

最初は聞きたいことや話したいことがあるかもしれません。ですが、やり取りを始めたての段階では、短すぎず長すぎない程度の文字量(100〜200文字程度)を心がけることが重要です。

まずは、男性が返事しやすい「短い文章」で話が続きやすい環境を作ることが先決。やり取りの回数を重視してすることで、「やり取りを頻繁にする仲」という関係を築き、短い期間でも親密度は一気に上がりやすくなるのです。

人気のある男性ほど、いろんな女性とやりとりをしていることが多いです。自分の印象を強く残すためにも、返信のしやすい短めの文章で、やり取りを増やしていきましょう。

ちょっと頑張るだけで印象は大きく変わる

男性にいい印象を残すには「一緒にいて楽しいだろうな」と思ってもらえることです。それは可愛い顔文字を使った文章や「!」を多用したり、元気なイメージを残せる文章だったり、方法はさまざま。

もちろん無理してまで好印象を残す方法に取り組む必要はありませんが、“ちょっと頑張る”ぐらいの気持ちでやってみるのがいいかもしれません。

この記事を書いたライター

西野大祐