「ちょっと遠い相手」が出会い確率UPの鍵。地方ユーザーに目を向けるべき理由

出会いサービスを利用する際、自分の好みの異性を見つけるために便利なのが『検索条件』の設定。年齢や外見の特徴などを設定してユーザーを絞り込むことで、自分の求める相手を効率よく探すことができます。

そうした条件検索で、私がこだわって設定しているのが「居住地」。一般的に東京在住だと「東京」に加え、隣り合う「千葉・埼玉・神奈川」までを設定することが多いと思います。ですが、私は「+静岡・群馬・茨城」と広めに設定。実はこうした「広めの居住地設定」のように、地方に目を向けることが、出会いの確率をグッと引き上げるのです。

そこでこの記事では、地方のユーザーに目を向けるべき理由について紹介していきます。

「地方に目を向ける=出会いの確率が上がる」のは、なぜなのか?

当然、大都市近郊のエリアに比べ、地方在住のユーザーの数は少ないです。一見すると、出会いの確率を上げるには効率の悪そうな地方ユーザーですが、一体なぜ「出会いの確率を上げる」理由となるのでしょうか?

理由1:競争率が低い

東京や大阪といった大都市近郊は、日本でも有数の会員数を占めていますが、当然ライバルとなる同性ユーザーも多いです。同じ相手にアプローチするライバルが増えると、結果として出会いの確率は低くなります。

ですが地方は会員数も少なく、おのずと同じ相手を狙うライバルも減少。メッセージやプロフィールのちょっとした工夫で、ライバルを出し抜きやすくなるのです。

理由2:新規ユーザーにアプローチしやすい

出会い系サービスを長く続けていくと、相手を探そうにも「あまり好みじゃないユーザー」や「過去にアプローチしたことのあるユーザー」ばかりが表示されていくようになります。

もちろん新しく登録してくる人もいますが、考えることはみんな同じ。私と同じような思いをしている人たちから、集中的にアプローチされ、新しく登録した女の子はだいたい、「顔がいい男」か「お金を持っている男」になびいてしまいます。

ですが、地方ユーザーならもともとチェックされる機会が少なく、新規ユーザーであっても、アプローチしやすくなるんです。

このような2つの理由から私は、勝ち目のない戦いをせずに「視野を広げ、足を使うこと」を考えました。そうです、検索条件の居住地を「首都圏+静岡・群馬・茨城」と広げ、母数を増やす作戦に出たのです。

地方で出会い系サービスをやっている女の子の特徴

大都市圏に比べ、当然地方の異性の数は少なくなります。検索条件を首都圏から地方に変更したとき、あまりにも数が減ったので「地方では出会い系サービスを使っている人はいないのか!」と思ったほどです。

ですが、地方で出会い系をやっている女の子のプロフィール情報などを見てみると、年齢層「20代前半~40歳前半」が比較的多く、また一番層が厚いのも「30歳前後」と、大都市圏のユーザーと、そこまで変わらない印象です。

そうした地方ユーザーの特徴の中でも、私が都心と比べて大きく違うなと思ったのは次の3点です。

マッチング率が高い!

これは私の所感ですが、首都圏に比べて3倍以上。もともと「地方ユーザーは競争率が都心に比べて低い」というものもあるでしょう。ですがマッチングしないと何も始まらないだけに、こうした「マッチング率UP」は純粋に嬉しいことです。

メッセージのテンションが高い

こちらも私の所感なのですが、メッセージのひとつひとつにとても丁寧に返してくれる子が多いように感じました。面白みのない話にも、丁寧に長文で返事をくれ、メッセージのやりとりをするだけでこちらのテンションも上がります。

出会いに対して積極的

都心居住者に比べ地方居住者は、娯楽や遊びのバリエーションに物足りなさを感じる傾向が多く、新しい刺激に飢えているといった特徴があります。それだけに、出会いに対しても積極的な様子が見られます。電車を使えば行けない距離ではないですし、ちょっとした小旅行として会いに行ってみても大きな負担にはなりません。

また私が実際に聞いた話では、地元の異性と恋愛関係に発展してその後に別れたりすると、地元コミュニティのなかで気まずい思いをすることも珍しくないそうです。そういった理由から、地元以外で出会いを求める人も多いようです。

視野を広げることで可能性はまだまだ広がる

私は首都圏以外で出会いを探すことはまったく考えていなかったのですが、こんなにも出会いに対して可能性が広がるものだとは思ってもいませんでした。これは首都圏に限らず、どこの都道府県にもいえることだと思います。

もちろん首都圏に比べて地方ユーザーの絶対数は少ないと思いますが、都会の人以上に真剣で積極的な人が多い印象を受けました。

「本当に良いと思った人に出会えるならプチ遠距離恋愛も悪くないかも」と思える方は、今までよりも少し出会いのエリアを広げてみても良いのではないでしょうか。