出会い系サービス初心者におくる、自分に合った男性を選ぶポイント

出会い系サービスについての記事を書くにあたって、何人もの女性にお会いしました。そのときに出会い系サービスを始めたキッカケや、今までどんな人とお会いしたかなどを聞いたんですが、多くの方にある共通項がありました。

それは、

・出会い系サービスを始めて3か月以内
・始めたキッカケは友達に誘われた or 友達が使っていた
・結婚を見据えた真剣な交際を希望

の3点であることです。もちろん、お会いした全員が当てはまっていたわけではありませんし、全て当てはまっている人が多かった訳でもありません。しかし、多くの方がこの中の2点以上に当てはまっていました。

そして、多くの女性が言っていたこととして「今まで出会い系サービスを使ったことがなく、使い方が分からなかった」ということです。

友達に誘われて始めた人なら友達に聞くことができますが、こっそりと周りに言わずに始める人は、「どう使ったらいいのか(自分の方法で合っているのか)分からない」という人が多くいました。

そこでこの記事では、使い方を聞きたくても聞けない「初心者の女性」に向けて、理想の男性と出会うためのポイントを紹介します。

サービスの機能を理解し、効果的に出会っていく方法

出会うための一番重要な土台となるポイントとしては「基本を押さえること」と「相手目線に立って考えること」です。

この2点は女性に限らず男性にとっても重要なのですが、今回は女性の視点でポイントを深掘りして紹介していきます。

プロフィールの登録(写真・自己紹介文・その他)

サービスに登録後、最初にやることは写真の登録・自己紹介文の記載・その他(自己紹介文以外の必要なプロフィールや身分証の登録など)です。

登録すると、「ユーザー一覧ページ」に表示されるようになります。多くの出会い系サービスでは、登録したてのユーザーは「一覧ページの目立つ場所」や「新規登録者一覧ページ」といった、他のユーザーの目に留まりやすい場所に掲載されます。

目に留まりやすいということは、自分のことを気に入ってもらえるチャンスが増えるということ。こうしたチャンスを活かすためにも、登録後は最低でも「プロフィール写真」や「自己紹介文」の記載を済ませることが大切です。

プロフィール写真のアドバイス

一般的に、男性が好むプロフィール写真の傾向は、
・顔がはっきり写っているもの(加工していない写真 or 加工が分かりにくい写真)
・清潔感を感じさせるもの(白い服を着ていると更にgood)
・自分一人だけが写っているもの
です。

ですが、これらのポイントがすべてではありません。「暗い写真の人より、明るい写真のほうが、清潔感と親しみが沸いてくる!」「顔全体が写ってた方が安心!」など、あなたが男性のプロフィール写真を見る時と同様、「相手目線に立って考えること」が大切です。

とは言っても、いきなり相手目線に立って考えるのは大変ですから、まずは上記のポイントと、他の女性ユーザーのプロフィール写真を参考にしてみるのがいいでしょう。

※サービスによってはSNSのトップ写真が強制的に反映されることもあります。SNSのトップ写真が気に入ってない場合は変更しておきましょう。

サブ写真と自己紹介文

ユーザー一覧ページに表示される「トップ写真」とは違い、「サブ写真」と「自己紹介文」は、トップ写真だけで伝えきれなかったあなたの魅力を、伝えられる場所です。

サブ写真のアドバイス

サブ写真で重要なのはバリエーションです。

例えば、普段スポーツをやっている人は「スポーツを楽しむ写真」、旅行が好きな人は「旅先で撮った写真」、さらには「自分の飼っているペットの写真」などなど、トップ写真で伝えきれなかった部分をサブ写真として設定しましょう。

趣味の写真や好きなものの写真を載せるだけですが、同じ趣味や価値観を持つ人にとっては興味を抱きやすくなります。また「会話が苦手……」といった人でも、好きな趣味の話なら、緊張が少なく話せるというのもうれしいポイントです。

自己紹介文のアドバイス

サブ写真と同様に「自己紹介文」で大切なのもバリエーションの豊富さ。

「休日の過ごし方」「仕事の内容」といったライフスタイル、「趣味」や「今ハマってること」といった好きなことや、逆に「嫌いなこと・もの」、さらには「求める男性像」「恋愛観」など、できるだけ多くの情報を記載して、あなたがどういう人なのか伝えることが重要です。

文章は丁寧に書いてもよし、顔文字を多用して書いてもよし。どんな書き方でも構いません。あなたの人柄や魅力がそこに表れていることが重要です。

このように多くの情報を示すことで、自分と価値観の近い男性に見つけてもらいやすくなるのです。

男性にとっては、「どんな人か具体的に分かれば分かるほどいい」ものです。

男性は「会ったときのこと」や「付き合ったときのこと」など、先のことまで考える傾向があるので、あなたのイメージを具体的に伝えることが非常に重要です。

サブ写真と自己紹介文には、あなたの魅力をできるだけ記載するようにしましょう。

その他プロフィールやコミュニティ

最後に、サービスによってはないところもありますが、ここでは大手サービスでよく見られる機能について紹介します。

「その他プロフィールやコミュニティ」はあくまでトップ写真や自己紹介文を補うためのものです。しかし、だからといって何もしないよりは、自分を知ってもらうためにも積極的に利用しておきましょう。

出会い系サービスでの目的は「理想的な相手とマッチングすること」になると思います。決して誰でもいいわけではないでしょう。とりあえず会いたい、という人は、ストレートに「すぐ会いたい」とプロフィールに書くなど、異性が喜ぶような内容を書いておけばそれほど困ることはないでしょう。

しかし、“理想的な相手と出会いたい”と考えたとき、会う人はなるべく精査した方がいいだろうし、なるべく早い段階で見つけたいものです。そのためにも、「その他プロフィールやコミュニティ」の欄を有効活用することに越したことはありません。

その他プロフィールのアドバイス

「その他プロフィール」とは、学歴や年収、身長や体型に血液型など、自分のステータスを示す場所。

ここの欄は極めて重要ではないですが、気になる人も多いため設けられています。書きたくない人は書かなくて構いません。しかし、嘘を書くようなことは絶対にしてはいけません。嘘を書くぐらいなら書かない方がいいですし、それでその場は上手くいったとしても長く続くことは少ないでしょう。

コミュニティのアドバイス

コミュニティの機能としては、基本的に気に入ったものを登録するだけの場合が多いです。コミュニティがある目的としては、同じ趣味や興味を持っている人を見つける場所であり、自分の伝えたいことを表現するものです。

例えば好きな映画があってその話で盛り上がりたい人は、自分の好きな映画のコミュニティに入ることで、同じコミュニティ内の人から声が掛かるかもしれませんし、あなたが入ったコミュニティについて話が盛り上がることもあるでしょう。また、自己紹介文に書くほどではないけど、あなたがいま興味を持っていることや新しく始めたことがあったら、そういったコミュニティに入ってみてもいいでしょう。「ゴルフはじめました」とか「海で泳ぐのが好き」など自由なコミュニティが存在するサービスもあります。

自分でコミュニティを立ち上げることもサービスによってはできるので、自分の入りたいコミュニティがなかったときには、作ってみるのもいいでしょう。

サービスの機能を熟知して利用することが、理想の男性と出会う近道

出会い系サービスの秘訣は、自分のことをどれだけ正確に魅力的に表現するかです。みんな「出会いたい」がために登録しており、その中で遠慮する必要は一切ありません。

理想的な人と出会うため、自分の魅力を最大限伝えるため、各機能がどのような役割を持つのかを理解し、利用できるものはどんどん利用することをオススメします。

この記事を書いたライター

西野大祐