600円

琥珀色の遺言

開発:
容量:
234MB
3.21

1件の評価

スクリーンショット

編集部のレビュー

藤堂龍之介探偵日記シリーズ第一弾

ミステリーアドベンチャーシリーズ、「藤堂龍之介探偵日記シリーズ」の第一弾、「西洋骨牌(せいようかるた)連続殺人事件」。大元は1988年にPC-9801専用ゲームとして発売されたものとのことですが、このアプリはニンテンドーDSで発売されたものの移植版と思われます。大正時代のレトロな雰囲気を味わうことができるコマンド式のアドベンチャーゲームで、そのグラフィックの色遣いもサウンドも、大正時代ファンならたまらないはず。キャラクターが背景に立っているだけで、一枚絵のデザイン性があるイラストを見ているような気分にさせてくれます。アプリでも続々と同シリーズが発売になっているとのことですので、興味を持った方はまずこの第一弾から試してみてください。

執筆:Appliv編集部

最終記事更新日:2012年7月24日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

ユーザーレビュー(1件)

あなたの評価を教えてください!

星をタップして評価してください

おあそーと

6年前

3

「昔」のミステリーゲームを楽しむ
DSで発売された「藤堂龍之介探偵日記」のシリーズ物の移植版。第1弾の「西洋骨牌(せいようかるた)連続殺人事件」です。時代設定は大正時代になっており、ビジュアルは戦前の雰囲気です。

タップ操作でさくさくゲーム進行していきます。ストーリーや推理の展開に変化性がなく、必ず決められた筋道をたどる感じです。プレイヤーの推理力はほとんど反映されません。ひたすら聞き込みのアクションを繰り返し。ミステリーですが、推理そのものよりも綺麗なイラストデザインの鑑賞を楽しむと良いかもしれません。

けっこうメモリを使うので、他のアプリを同時に開いていますとフリーズしてしまう恐れありです。実際、フリーズしました。

有料アプリといっても、DS版のソフトを購入するよりは安くなりますので、料金のお手ごろ感があります。

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

althi Inc. のアプリ