iPhone、iPadアプリ「TableDrum」のアイコン

370円

TableDrum

開発:
Dohi Sweden
容量:
50.7 MB

Appliv編集部のおすすめポイント

スクリーンショット

Appliv編集部のレビュー

身の周りのものを使ってドラム演奏が出来ちゃうハイテク演奏アプリ!

身の回りにあるものをドラムの楽器に変えて演奏が出来るアプリです。

まずアプリ起動後に演奏するドラムパーツを4つセットします。その後、楽器マークを長押しして赤い円がでてきたらどこでも好きな場所を数回たたいて音を出してレコーディングをします。そして、音のレコーディングが終わったあと再び同じ場所を叩くとそのドラムパーツの音が出るようになります。

例えばシンバルを選択して赤い円が出た後に、机の上にあるコップをペンで叩いた音でレコーディングしたとします。するとレコーディング終了後に再びペンでコップを叩けば対応しているシンバルが音を出します。

これを使えばiPhoneをタップせずに机や身の回りにあるものを使ってドラム演奏が出来るのです。初期設定はClassicから8つの音色を選べますが中央のアイコンをタップすると、Ethno / Jazz キットと Electro / Glitch キットの購入が可能で全部で32の音が選べます。

今までに無かった新しいドラム演奏アプリで、iPhoneをタップして演奏するようなドラム演奏アプリより爽快感もあり、ストレス解消にもなるので、ドラム演奏に興味をお持ちの方は一度試してみてはいかがでしょうか。

執筆:Appliv編集部
最終記事更新日:2013年1月25日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

関連するトピック

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

Applivユーザーレビュー(2件)

あなたの評価を教えてください!

星をタップして評価してください

Giant Steps

4年前

3

身の回りにあるものをドラム代わりに使い、演奏が出来る楽器アプリ!例えば机をたたく音をシンバルに対応させてレコーディングすると、その箇所はシンバルの音が聞こえるんです!ドラムをどこでも演奏できるのが楽しすぎる!

ともみ

5年前

3

TableDrumはなんでもドラムにすることができる面白いアプリです。アプリを起動して、スマホの画面をタッチするだけでも楽器の音を出すことができるのですが、アプリに机をたたく音やグラスをたたく音など様々な音を認識させることで、それを合図のようにしてドラムの音を響かせられます。どこでもドラムをたたくことができ、気分はドラマーですよ。