iPhone、iPadアプリ「痛風」のアイコン

120円

痛風

開発:
Motoya Kawasaki
容量:
0.6MB

Appliv編集部のおすすめポイント

スクリーンショット

Appliv編集部のレビュー

プリン体の多い食品・肥満度をチェック!痛風予防ができるアプリ

痛風(つうふう)とは、関節の痛みが全身の関節・骨端を移動し、痛みがひどくなったり和らいだりを繰り返す症状です。その痛み方が風のように強くなったり穏やかになったりするため、「痛風」と呼ばれるようになりました。

痛風の原因の一つは、高尿酸血症です。尿酸の血中濃度がひどく高くなる症状です。この症状は生活習慣病です。誰にでも起こりえます。なかでもプリン体の多いビール、レバー、白子などは、長期にたくさん摂取すると高尿酸血症を招きやすく、さらには痛風を引き起こします。

本アプリは、そんな痛風の原因となる“肥満”と“プリン体”に焦点を当てたツールアプリです。体重・身長を入力してBMIを簡易計算したり、各食品のプリン体の含有量をチェックできます。目盛り表示もあるので、プリン体の含有量を視覚的にチェックできて便利です。

「ちょっとビール飲み過ぎかな…」と心当たりのある方は、本アプリを使って痛風予防に努めてみてください。

執筆:Appliv編集部
最終記事更新日:2013年1月7日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

関連するトピック

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

Applivユーザーレビュー(1件)

あなたの評価を教えてください!

星をタップして評価してください

伝説の三郎

7年前

5

痛風初心者はダウンロードしておきましょう
高尿酸血症、あるいは痛風と診断された場合、取り敢えず落としておくべき痛風初心者向けアプリです。

痛風と診断された患者はとにかくプリン体の摂取は避けた方が良いと言われます。ところが、どの様な物にプリン体が多く含まれているかの知識が無いが為にどれが食べて良いのか、飲んでも大丈夫なのか全く分からないのが痛風初心者にありがちです。
そんな時にこのアプリを使えば、ヤバそうな食べ物を判断する事が出来る様になるので、健全な痛風との付き合いが出来るようになると思います。

私は直近で2回痛風様の症状が発生したのですが、食品に関する知識がなかったのでビールはおろかアルコールを一切飲む事が出来ませんでした。
痛風患者なら分かると思うのですが、あの痛みはマジでシャレになりません。仕事とか勉強とかそれどころでは無くなります。それを考えると、とても怖くて何も口にできなかったんです。
が、この考えは痛風初心者のにわか思考だったみたいです。

実は余りお酒にはプリン体が含まれないというのをこのアプリで初めて知りました。どうやら原因は他の食生活にあったようですね。
ビールの量を1回500ml程度に抑え、他のお酒を嗜む事で飲み会にも普通に参加出来る事も学ぶ事が出来ました。

皆様もこのアプリで、健全な痛風ライフを送るきっかけを作ってみてはいかがでしょうか?