iPhone、iPadアプリ「ぼくは航空管制官 RUNWAY STORY 大阪」のアイコン

490円

ぼくは航空管制官 RUNWAY STORY 大阪

開発:
Sonic Powered Co.,Ltd.
容量:
48.2 MB

Appliv編集部のおすすめポイント

スクリーンショット

Appliv編集部のレビュー

あなたがコントロールするのは飛行機と街。両方上手に回していこう

空港に発着陸する旅客機の動きを上手にコントロールする。管制官体験ができる航空パズルゲームです。広大な空を飛んでいると言えど、混雑する空港周辺では上手にコントロールしないと、飛行機同士の接触事故が起こってしまいます。そうならないようにあなたがしっかり指示を出して、大空の安全を守りましょう。

このゲームには2つのモードがあります。1つは与えられた時間内に合格点達成を目指すオペレーションモード。いつまでも飛んでいると燃料もなくなっていくものですので、できるだけスムーズな運航を心がけましょう。もう1つは飛行機の発着陸で得られる労働力と建築資材を得て空港のある街を発展させるストラテジーモードです。ただの田舎飛行場から、徐々に大きな街に発展させていくのはあなたの手腕次第。

航空管制と街づくり。2つの要素を手のひらで転がす楽しみがこのゲームにはあります。

執筆:Appliv編集部
レビュー条件:アプリバージョン:1.0.1
最終記事更新日:2014年8月25日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

関連するトピック

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

Applivユーザーレビュー(2件)

あなたの評価を教えてください!

星をタップして評価してください

Kakari

2年前

4

航空機の離発着をコントロールする、航空管制官を体験できる珍しいシミュレーションゲームです。
多くの航空機に対して、いかに効率よく指示を出していくか、というのがこのゲームのキモで、パズル要素が強く悩みながらプレイしています。
もちろんゲームとして成立するため簡略化されているとは思いますが、各場面ごとの「交信」は英語音声で行われ、リアリティがあります。

パルメザン

6年前

4

普段知らない職業が体験できる
このアプリは、航空管制官のシミュレーションができるアプリです。航空管制官は、空港内での旅客機の離発着をコントロールすることが主な仕事です。
良いところは、普段どんな仕事をしているのかわからないこの職業を理解できるところです。スムーズな旅客機の離発着をいかにスムーズに行うか、プレーヤーの腕次第です。大変な反面すごくやりがいのある仕事だと思いました。
その他にも田舎の小さな飛行場を自分次第で大きくすることが出来て、自分好みに空港が出来た時には達成感もあります。