祝祭の八月

talestune

iOS
価格:120円
サイズ:266.8 MB
Android
価格:120円
サイズ:3.5M

スクリーンショット

Appliv編集部のレビュー

「収穫の十二月」シリーズ第九話

全十三話連作短編ノベル「収穫の十二月」シリーズの電子書籍です。「祝祭の八月」はその第九作目です。マンガ調のイラスト、文章、サウンドでストーリーを楽しめます。ノベルゲーム風の演出で、画面は恋愛シュミレーションゲームのような進み方をしていきます。キャラクターのイラストを背景にその画面上に文章が重なり、バックグラウンドミュージックと効果音と共に話を読み進むことができます。今回のストーリーですが、しろの力を取り戻すべく、儀式が行われている六式島という場所に柾木達は向かいます。儀式のある六式祭では重要な役割の巫女の一曲が儀式に失敗、その直後に暴走した神の力で島の住民は凶暴化します。柾木は巫女たちと手を組み事態の収集に挑む、というものです。いよいよ大きく展開し始めたストーリーをアプリ本編でお楽しみください。

執筆:Appliv編集部
最終記事更新日:2012年7月24日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

いま読んでおきたい

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

Applivユーザーレビュー (2

赤音

6年前

3

アニメみたいな小説アプリ
このアプリは、シリーズものの短編小説のデジタル版ノベルです。同クラの友達に教えてもらいました(*^^)v
小説ってことだったんですが、アニメみたいなグラフィックなので、アニメかギャルゲーみたいだなって思いました。音楽もながれるし、普通の紙の小説を読むより簡単で読みやすいよ♪小説だと文字だけでイメージしにくかったりするから、私はこういうの好きだな〜
一話目は無料配信していたのもよかったし、セーブ機能とかオートセーブ機能があって、いつでも読むのを再開できるのも便利だったぁ♪
操作方法もすごい簡単で覚えやすいのもいいね(*^∀^*)
ストーリーも好きだよw
紙の本より場所を取らないし楽なので、友達と「便利だしアリだよね〜」っていってます。

あいるー

6年前

4

引き込まれます
本を読んでいるというより、アニメを見ているようなそんな感じです。

ますます引きこもり気味になりました(笑)

BGMと効果音がいい味を出していて、物語の世界に引き込まれます。

アニメタッチのイラストなのが、楽に読める感じです。

talestune のアプリ