俺の校長

SHUJI NAKANISHI

iOS
価格:無料
サイズ:10.2MB
Android
価格:無料
サイズ:

Appliv編集部のおすすめポイント

スクリーンショット

Appliv編集部のレビュー

校長先生がスーパーサイヤ人に!?校長先生の長話がゲームに

校長の長話の話題を決めてポイントを競うちょっとユニークなゲームです。

プレイヤーがするのは校長先生の長話のタイトルを決める。これだけ。
自分の思いついたタイトルを何でもいいので入力します。すると早速校長先生の長話がスタートし、タイトルによって1時間、時には数時間も長話が続きます。話が長すぎると貧血で倒れる生徒も登場し、最終的に耐えた生徒の人数やタイムによってスコアが獲得出来ます。

本アプリの面白いところはキーワードによってレアな展開が楽しめる事。
例えば、「ドラゴンボール」だと校長がスーパーサイヤ人に。「エロ」だと周辺がピンク色に。といった具合でキーワードによってはユニークな展開が待っています。もちろん全部では無く、むしろレアな展開は少ないので、自分で発掘していくワクワク感が楽しめるゲームです。

こんな人におすすめ

学生時代に、校長先生の長くつまらないお話にうんざりした経験のあるあなたにおすすめするアプリです。当時は苦痛でしかなかったあの長話がネタとしてゲームになるなんて。大人だから、苦しみを味わっていたからこそ、楽しめるゲームですね。もちろん、現役で苦しみを味わっている学生さんも楽しめることでしょう。つまらない話を選ぶのって、意外とセンスが必要なんですよ。

執筆:Appliv編集部
最終記事更新日:2012年12月19日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

Applivユーザーレビュー (6

ミー魔王

3年前

5

とりあえず校長になって朝の全校朝会で〇〇の話をするゲームです!
その〇〇の話題を決めて、生徒がどんだけ失神するかを競うゲームです!
その世界観がおもしろくて、昔の校長先生の話を思い出します笑笑
話題がある特定のキーワードだったら特殊な演出になるのでコレクションを頑張って集めよう!

くらうん

6年前

4

校長がおもしろい
プレイヤーが、校長が話す話題を決めるゲームです。こんな発想のアプリがあるとは思いませんでした。グラフィックがドット絵で懐かしい感じですね。私は本を読む合間にこのアプリで楽しんでます。図鑑を全部埋めるため頑張ってます。

6年前

4

予備校で大流行のゲーム
校長先生の話のタイトルを決めるというとてもシンプルなゲームなのですが、そのシンプルさが良くて時間が空くとついついこのゲームをやってしまいます。これをすると気分転換にもなるので、勉強の中休みにちょうどいいです。
無料でプレイをすることができるため、資金的に余裕がない時でも楽しむことができます。
キーワードを設定し高得点を得るにはなかなかセンスが必要ですが、ボーナスワードであったりすると更に楽しくなります。

4

俺のレビュー
友達に紹介され、
「どうせクソゲーだろ?」
と1秒でも思ってしまった自分を抹消したい。

シンプルで面白くて、移動中にずっとやってしまった。
このくだらなさがいい!

どういう基準で高得点がとれるのか、全くわからないが、
他の方も言っていますが、特定のワードを入れると
ちょっとしたエフェクトが入ります。
やはり、誰しもが、入れるってことを想定していたんでしょうね。

THE 暇つぶし
なアプリです。

まゆげ

7年前

3

超シンプルで短時間でも楽しめる
朝礼の話題だけを決めて、それにかかる時間とプラスアルファな要素をポイントで競う非常にシンプルなゲームでした。

ゲームとしてできることは話題を自由入力(15文字)することだけなので超シンプルです。
見かけもドット絵風なのでものすごくシンプルなんですが、それとは裏腹にとてもテンポがよく、また特定ワードで入る演出等にこだわりやセンスが垣間見えます。

ふとへんな言葉を思いついたら、それを校長に喋らせてみる。「あなたの暮らしをなんかする」とか起動時に出てくるんですが、本当になんとなく生活の一部に組み込まれてくる恐ろしくも面白いアプリです。

伝説の三郎

8年前

4

校長の 話は 退屈で 長い
校長になって、朝礼の話で『長話をしつつも、いかに退屈させないか』というのを競い合う、そんなカジュアルゲームです。
1回のプレイ時間は30秒もかかりません。

私のいた小学校では「校長がやたら特定宗教の話をしてくる」という混沌とした状況で(結局その校長は1年で退任しましたが)、どうして校長はそういった話しかしないのかと疑問に思っていた時期が若かりし頃ありました。
このアプリを通じて、その謎が若干ながら氷解した気がします。

このアプリで高得点を狙おうとすると、同じようなトピックで文字を1文字~2文字変える、というのをつい繰り返してしまうんです。例えば初日は『泥沼離婚裁判』の話、次は『泥沼親権裁判』の話、といった感じにです。
私の小学校の校長は同じトピックでいかに面白い話をするのか思案した結果、似たような内容の朝礼の話になってしまうのかなあとつい思ってしまいました。
そういう点ではこのゲーム、よく出来ています。

SHUJI NAKANISHI のアプリ