無料

AR津波ハザードマップ(防災情報提供ARアプリ)

開発:
容量:
24.7MB

最初のレビューを書こう!

編集部のおすすめポイント

スクリーンショット

編集部のレビュー

津波が来たらどこに逃げる?事前に調べておきましょう

”震災は忘れた頃にやってくる”何年、何十年、何百年に一度は大きな災害の起きる島国、日本。この日本で災害と一緒に暮らしていく事は定められている事です。災害とどう共存していくか、方法を考えなければなりません。

当アプリは津波が来た時を事前に想定して、対策を取ることができる災害対策アプリ。デバイスのカメラにARという拡張現実)を利用する事でカメラ画面から直感的に周囲のハザードマップを確認する事ができるのです。

アプリを起動すると、周辺の地図を表示した上で浸水深がどうなるかをチェック可能。周辺の避難場所候補も一緒に検索されます。いざという時にどこに避難すればいいのか、事前に知って対策を練って置きましょう。どれだけ準備しているかで、いざという時にも対応できるようになりますよ。

執筆:Appliv編集部
レビュー条件:アプリバージョン:1.0
最終記事更新日:2014年2月14日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

ユーザーレビュー(0件)

あなたの評価を教えてください!

星をタップして評価してください

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています