iPhone、iPadアプリ「異世界に生きる」のアイコン

無料

異世界に生きる

開発:
Taisuke Goto
容量:
28.1MB

Appliv編集部のおすすめポイント

スクリーンショット

Appliv編集部のレビュー

 プレイヤーの行動と「人生の選択」でストーリーがかわるRPG

一定のストーリーに縛られることがなく、冒険者を操って自由にストーリを展開していくRPG。
ダンジョンで宝探しをしたり、モンスターと戦ったり、労働したり・・・。
どうやってゲームを展開していくかはプレイヤー次第。
決められたストーリーよりも自分で選んだ「人生」を楽しめる画期的なRPGです。

▲さあ人生を楽しもう!

▲モンスターをやっつけにいくか、それとも仕事を探すか・・・

▲悪事に走ると牢屋に入れられることも!

ストーリーが一定の場合、何度も繰り返し同じゲームをクリアするといつかは飽きてしまうこともあるかもしれませんが、このゲームはプレイヤーの行動次第で異なるストーリーの展開を楽しめる画期的なRPGです。

武器を購入してモンスターと戦いにいくか、仕事紹介所にいくか、それともギャンブルで一攫千金をねらうか・・・。

プレイヤーの「行動」と「選択」が異なるストーリーをつくりだし、自らの手で「人生」をつくりだしていくゲームなので、行動次第で様々な方向にストーリーが展開します。モンスターを倒しにいく選択もあれば、仕事をしにいくこともでき、悪事に走ると牢屋に入れられたりすることもあります。

あらかじめ決められたストーリーに従ってプレイをするのでは物足りなく、様々な選択をとおして異なる展開を楽しみたい方にお勧めのRPGです。

執筆:Appliv編集部
最終記事更新日:2015年9月25日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

関連するトピック

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

Applivユーザーレビュー(10件)

あなたの評価を教えてください!

星をタップして評価してください

あや

3年前

4

自分の人生は自分で決める!与えられた選択肢ではなく自分で自由にプレイできるRPG!
闇の世界でどう生きるか一度死んだら同じプレーヤーでプレイできないのもリアルですね( ̄◇ ̄;)

396(ミクロ)

3年前

5

ここ最近で一番面白かったゲームアプリ。いわゆる「ソシャゲ」ではないので終わりはあるけど、独特のシステムと世界観とても楽しめる。自由度も高く、自身の判断次第でゲームが進んでいく。

サイキ

3年前

5

プレイヤー自身の手で何をどうするかを決められるRPGです!
モノクロな見た目や何処と無くダークな世界観がめっちゃ好きです!
職業もかなり豊富でどれも個性溢れるのですが、強い職業に就くには、ボスを倒したりプレイヤーが引退することで手に入る「魂」を使わないといけないのが斬新です!

5

全く新しいRPG!
一つの人生に全力で挑み、「死」は即「リセット」され、やり直す事はできません
どんなに強くても、どんなにお金持ちでも死んだら残るものは「無」
ある程度まで育ったら引退して街の発展度を上げるのも重要です
とてもリアルにとてもシビアに、よく作り込まれたゲームです

5

面白い!死んだら終わり、やり直しなしのRPG。ゴミ漁りや盗みで生計を立てたり、がっつりボス倒しに行ったり自由度が高い。こういう手作り感のあるゲームってやっぱりいい。

じょん

4年前

5

1回死ぬと同じ人間ではもうプレイ出来ないというリアル感のあるRPGっぽいゲームです(^^)やりこみ要素も結構あるのでオススメですよ(≧∇≦)

ねこぱんち

4年前

4

このゲームは、RPGなのにまったく『ストーリー』というフレームがなく、自分で自分のフレームを作っていくゲームです。そんなこともあり非常に自由なイメージでした。

elegant pig

4年前

5

ゲームオーバーになってもお金は引き継がれなかったり、ダンジョンやボスはいるがクエストもなく倒すのも悪事を働くのも自由なんてなんとも現実的なルールで繰り広げられるRPG!自分の人生は自分で決める。そんなことを思い出すゲームです。

hisashi

4年前

3

自由に‘‘人生‘‘を決められる雰囲気のあるRPG!RPGと聞くとカラフルで、元気いっぱいの勇者物語を想像するのですが、こちら基本白黒。とにかく選択が豊富で、選択次第では犯罪者になったりと予測不可能な展開に…やり込めます。

nanaco

5年前

3

やり込み方のRPGで、たくさんの戦闘を経て自分キャラを育てるRPGの楽しみに満ちてます。自分のキャラに年齢があって、悠長にプレイできないという縛りが効果的で、やれることに範囲があるので、何をすべきか考えなければならないところが面白いです。