『イククル』のメッセージが見られなかったり、返信できなかったり、メッセージ自体が消えてしまうケースがあります。

せっかく気になる相手がいるのに、やり取りができないと困ってしまいますよね。

なぜメッセージが見られない・返信できないのか、消えてしまった場合どうしたら良いのか、原因や対処法について解説します。困ったときはチェックしてみてください。

間違いなしのおすすめ出会い系アプリ

2022年はボッチ脱出
好みのタイプ探せる

with

Web版はこちら

既婚者も利用OK
今日会える人探せる

ハッピーメール

Web版はこちら

即会い希望が多数!
遊び目的に大人気

PCMAX

Web版はこちら

40代ユーザー多数
バツイチの出会いに◎

マリッシュ

Web版はこちら

18歳未満の方は利用できません。

メッセージが見られない場合の原因と対処法

『イククル』のイメージ

『イククル』を利用していて、相手からメッセージが来たけど見られない時は、どうしたらいいのでしょうか。

『イククル』でメッセージが見られない原因には、ポイント不足と年齢の未確認の2つが考えられます。

1ポイントが足りない・購入していないとメッセージは見られない

『イククル』は女性は完全無料で利用できますが、男性が女性からのメッセージを見るためにはポイントの購入が必要です。

ポイントは無料でも貯めることはきますが、メッセージを見られるようにするには購入したポイントを使う必要があります。

一度ポイントを購入すれば、その後はポイントの消費無しでメッセージを見ることができます。

ポイントの購入方法

ポイントを購入するには以下の方法が挙げられます。

・PayPal
・クレジットカード
・PayPay銀行
・銀行振込
・郵便局
・コンビニ振込
・コンビニダイレクト
・楽天Edy
・セキュリティーマネー
・BitCash
・C-CHECK
・Yahoo!ウォレット
・プリカ

すぐにポイントが反映されるオンライン決済、クレジットカード決済を使うのがおすすめです。

2.年齢確認をしていないとメッセージは見られない

『イククル』でメッセージを見るには、ポイント購入だけではなく年齢確認をしておく必要があります。

法令によって、出会い系サイトには利用者が18歳以上であることの確認が義務付けられており、年齢確認ができないと利用できないためです。

ポイントを購入したのにメッセージが見られない場合は年齢確認が完了していない可能性があるため、必ず済ませておきましょう。

年齢確認の方法

『イククル』には年齢確認の方法には、【書面をアップロードする方法】【クレジットカード支払いをする方法】の2種類あります。

【書面をアップロードする方法】

トップページのバナーより専用ページにアクセスし、年齢確認が可能です。

・生年月日or年齢が分かる書面
・書面の名称
・書面の発行者名

上記のものを撮影して、アップロードします。顔写真は不要なので、運転免許証やマイナンバーカードを使用した場合に顔を隠してアップロードしても大丈夫です。

【クレジットカード支払いをする方法】

ポイントの購入時にクレジットカードを登録して支払いをした場合にも、年齢確認済みの扱いとなります。

メッセージを返信できない・送れない場合の原因と対処法

スマホのメッセージ通知画面

『イククル』でメッセージが送信できなかったり、遅れなかったりする場合は、見られない場合と同様の原因が考えられます。

ポイント不足や年齢確認の未確認の他、相手の無視リストに入れられてしまった、相手が退会したなど。

1.ポイントが足りない・購入していないとメッセージを返信できない

メッセージが見られない場合と同様、ポイントが足りなかったり購入していなかったりするとメッセージの返信はできません。

『イククル』ではプロフィールの閲覧やメッセージ送信は無料ですが、女性に対してメッセージを送るには5pt必要です。

女性からメッセージが来ても、ポイントが不足しているとメッセージが見られずすぐに返信できないため、事前に購入しておくようにしましょう。

2.年齢確認をしていないとメッセージを返信できない

『イククル』では年齢確認が完了していない場合も、メッセージを返信できません。

年齢確認が済んでいないと、メッセージだけではなく相手の連絡先なども見られないため、会員登録をしたら年齢確認もすぐ行いましょう。

年齢確認の方法は書面とクレジットカードの2通りあり、クレジットカードの場合はポイント購入・決済が必要です。

3.相手の無視リストに入れられてしまったらメッセージを返信できない

他の女性には送れるのに特定の女性にだけ返信できない場合は、無視リストに入れられてしまったことが原因です。

『イククル』の無視リストは特定の人からのメールを拒否できる機能で、リストに入れられてしまうとやり取りの履歴は閲覧できますが、メッセージの送信や日記が閲覧できません。

無視リストに入れられてしまった場合は対処法が無いため、諦めて他の女性にアプローチしましょう。

無視リストに入れられないための対策は後ほど解説します。

4.相手が退会したらメッセージを返信できない

相手が『イククル』を退会してしまった場合も、メッセージの返信ができません。

『イククル』を退会した理由には彼氏ができた、飽きてしまった、利用停止になったなどさまざま考えられますが、退会した相手とは今後やり取りできないため、理由を知るのは困難です。

『イククル』に再度登録する可能性も低いので、きっぱり諦めて他の相手を探すことをおすすめします。

メッセージが消えた場合の原因

街でスマホに触れる男性

誤ってメッセージを削除して消えた場合、『イククル』のサポートセンターでは会員同士のメッセージを保管していないため、復元や再送ができません。

メッセージBOXには90日間のやり取りが残せますが、削除すると見られないため、削除する際は内容をよく確認してから削除しましょう。

メッセージ画面で違う人の名前が表示された場合の原因

スマホのメッセージ画面を見る女性

『イククル』で相手からメッセージが来て返信しようとすると、違う人の名前が表示されるケースがあります。

これは相手がメッセージ送信後にニックネームを変更したことが原因です。同じ人なので安心してやり取りを続けましょう。

『イククル』で無視リストに入れられやすい人とは

頭を抱える女性

『イククル』で無視リストに入れられてしまうと、その後のやり取りができなくなってしまいます。

無視リストに入れられやすい人の特徴をチェックして、リストに入れられないよう注意しましょう。

メッセージを連投してくる人

メッセージを一方的に連投してくる人は、無視リストに入れられやすい傾向にあります。メッセージのやり取りは、会話と同様キャッチボールが大切です。

相手のことをもっと知りたい、伝えたいことがたくさんあるからといって、相手からの返答を待たずにいくつも連投してしまうと、相手の女性は怖いと感じてしまいます。

メッセージは連投せず 、相手の返事を待つようにしましょう。

メッセージの返信を催促してくる人

相手からの返信が遅いと、催促するメッセージを送ったり不機嫌な内容のメッセージを送ったりする人がいますが、返信を催促すると無視リストに入れられる可能性が高いのです。

相手にも都合がありますし、しつこく催促されると束縛の強い人だと思われてしまいます。

返信を急かしても、相手にマイナスイメージしか持ってもらえず良いことはないため、たとえ遅くても催促せず待ちましょう。

下ネタのメッセージを送ってくる人

下ネタは使い方によっては緊張をほぐし親密になるきっかけにも効果的な場合もあるため、必ずしも悪いわけではありません。

しかし、まだお互いをあまり知らない関係なのに下ネタばかり送ってくる人は、無視リストに入れられやすい傾向にあります。

下ネタは使うタイミングや内容が難しく、失敗するとデメリットが大きいので、『イククル』でメッセージをやり取りしている段階では、下ネタは避けた方が良いといえます。

上から目線のメッセージを送ってくる人

上から目線や自慢話ばかりのメッセージを送る人がいますが、印象が悪く『イククル』では無視リストに入れられてしまう可能性が高いのです。

ほとんどの人は礼儀正しく丁寧なやり取りをしているため、上から目線で偉そうなメッセージを送ると目立ってしまいます。

相手が年下だったとしても丁寧に対応し、打ち解けてからも偉そうなメッセージは避けましょう。

相手の個人情報を詮索してくる人

相手のことを知りたいあまり個人情報を詮索してしまうと、『イククル』の無視リストに入れられてしまいます。

つきまとうつもりはなくても、相手の警戒心や恐怖心を煽ってしまい「自宅や会社を調べられたらどうしよう」「待ち伏せされるのではないか」と不安を感じさせてしまうのです。

個人情報を聞くのはメッセージのやり取りの段階ではなく、交際やデートまで進んでからにしましょう。

「見ちゃイヤリスト」を上手に活用していない人

「見ちゃイヤリスト」は相手に内緒で他の人を募集したい時に設定する機能で、登録した相手にそれ以降の募集の投稿を見せなくします。

『イククル』には多くの会員が登録しているため、同時進行で複数の相手を探したい場合もあるでしょう。

そんな時、「見ちゃイヤリスト」を上手に活用せず、やり取りしている相手に募集の投稿が見つかってしまうと本命ではないのかと呆れられて無視リストに入れられてしまうこともあります。

『イククル』で無視リストに入れられないようにする方法

スマートフォンを見て考える女性

『イククル』で気になる相手とのやり取りを続けるためには、無視リストに入れられないようにすることが大切です。

無視リストに入れられないためのポイントを押さえ、嫌われないメッセージを送りましょう。

最初のメッセージで挨拶とお礼を伝える

メッセージは最初が肝心で、最初のメッセージ内容によって返信率が変わってきます。

『イククル』で気になる相手から返信をもらうためにも、最初のメッセージでは「メッセージを見てくれてありがとうございます」など、挨拶とお礼を伝えるのがポイントです。

挨拶やお礼の内容のメッセージは好印象で、それ以降のやり取りが続きやすくなります。

丁寧な言葉づかいを心がける

上から目線や偉そうなメッセージは印象が悪く『イククル』では無視リストに入れられやすいので、丁寧な言葉づかいを心がけましょう。

相手が年下でも丁寧語を使い、やり取りが続いて打ち解けてきた段階でも、丁寧な言葉づかいをすることで印象が良くなります。

あまりにも丁寧過ぎると堅苦しくなってしまうので、失礼にならないよう言葉遣いに気を遣うことが大切です。

メッセージをもらったらその日のうちに返信をする

相手からメッセージをもらったら、その日のうちに返信するようにしましょう。

メッセージを送ったのになかなか返事が来ないと「他に相手がいるのでは」「私には興味がないのでは」と思われる可能性も。

相手は脈なしと判断し無視リストに入れられたり、やり取りが続かなかったりする可能性があります。

チャンスを逃さないためにも、メッセージにはその日のうちに返信をするよう心がけましょう。

相手の意見や話を聞く内容を送る

『イククル』でなかなかメッセージが続かないと、「自分とは合わない」と判断されてしまう可能性があるため、会話が続くような内容を送ることも大切です。

「普段休日は何をしていますか?」「〇〇は好きですか?」のような、相手の意見や話を聞く内容はメッセージが疑問文で終わるため相手が返信しやすく、話題も広がりやすくなります。

また相手に興味があり、二人のやり取りが楽しいということをアピールできるため、『イククル』でメッセージが続きやすくなるのです。

自分から話題の提供をする

『イククル』では相手の意見や話を聞く内容は返信率が高くなりますが、聞いてばかりでも会話は弾みません。

相手に質問を投げかけつつ、一方的にならないよう適度に自分の話も織り交ぜたり、自分から話題を提供したりすることも大切です。

自分からも話題を振っていくことで楽しくメッセージのやり取りが続くと、良い印象を持ってもらえます。

トラブルの原因を見直して、スムーズな活用を

『イククル』でメッセージが見られない・返信できない場合は、ポイント不足や年齢確認、無視リスト、相手の退会が主な原因です。

特に、プロフィール登録などでもらえる無料ポイントだけではメッセージを自由に見ることはできず、一度ポイントを購入する必要があります。

今まで上げた方法を試しても改善されない場合は最終手段として、運営に報告し不具合ではないか問い合わせをすることも可能です。

ポイントを購入する、年齢確認をする、無視リスト入りしないよう相手に嫌われないメッセージを送るなどして対処し、『イククル』で気になる相手とのやり取りを続けましょう。

こちらの記事もおすすめ

マッチングアプリで男性からデートに誘ってもらいたい! アプローチ方法解説 - Appliv出会い
マッチングアプリでの初デート攻略法! 誘い方、場所選び、NG行動まとめ - Appliv出会い
イククル-出会いマッチングアプリ

prosgate Co.Ltd

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る