出会い系・マッチングアプリを使おうと思っているけど、「何をすればいいの?」「気を付けることって何?」と、右も左もわからない初心者さんもいるでしょう。

そこでこの記事では、アプリの達人が実践していた「出会うための心得」を紹介。そして肝心の達人はというと……

▲達人こと筆者(31歳)。顔面偏差値は低めながらも、アプリを使い彼女を作ることに成功。

時にはサクラにダマされ、時には「返信がもらえない」と悩む……。出会い系・マッチングアプリをひたすら触り続けて、気付けばもう3年。今ではアプリを通じて彼女もでき、「Appliv編集部の出会い系・マッチングアプリの達人」と呼ばれるまでになりました。

そんな筆者がアプリで彼女探しをしていた時に実践していた「出会うための心得」は以下の5つです。

1、待ちはNG! メールは自分から

男性に比べて多くのアプローチを受ける女性。それだけに「女性からメールが送られてくる」なんてことは、マッチングアプリではごくごく稀なことです。

男性はただ待っていても出会いの確率を下げるだけなので、気になる人へは積極的に「メール」や「いいね」を送るのが重要です。

2、出会いに焦らない誠実な姿勢

「ヤリ目」に遭遇するリスクもある女性は、男性に比べ警戒心は強め。だからこそLINE交換やプライベートすぎる質問を序盤ですると「この人怪しい」と、音信不通になる確率高めです。

まずは女性に「自分は安全な人」とわかってもらうためにも、誠実な姿勢が大切。メールやプロフィールに「じっくりメールしていきたい」と書いたり、やり取りをできるだけ重ねたり、誠実さを言葉と行動で表すのが大切です。

3、「1日150円」程度が料金目安

筆者も初心者の頃は「利用料金は安い方がいい」と思っていましたが、無料で利用できるサービスは、「業者」が多くて出会えない場合がほとんど。反対に料金が高すぎると、荒稼ぎを目論むサクラがいる場合が多いです。

安全に出会うためにも多少の出費は仕方ないと思える心が大切。筆者の経験上、定額制なら「月額3,000円~4,500円」ポイント制なら「メール1通50円~70円」が優良アプリの目安。安全かつ安く利用できる価格帯です。

4、成功のカギは複数アプリ併用

出会いのチャンスを広げるためには、当然「アプローチする相手」が多いほど有利。ですが利用するアプリを1つに限定しては、チャンスが限られてしまいます。

出会いのチャンスを増やすためにも、複数アプリの併用を視野に入れるのが大切。筆者はコストのかかる定額制アプリを2つ併用していましたが、料金を抑えたい人は「メインを定額制、サブでポイント制」とするのがいいでしょう。

5、良い結果が出るまで諦めない

上の4ヶ条を徹底的に実践したとしても、マッチングしなかったり連絡が突然途絶えたり……心が折れる出来事は日常茶飯事。だからこそ全然出会えなくても「自分は出会えない」と思ってはダメです。

筆者の経験上、結果が出るには最低でも1ヶ月はかかります。その1ヶ月間で「自分のメールのどこが悪い?」「プロフィールを変えた方がいい?」と振り返るうちに、コツが掴めて結果にも表れ始めるハズです。

心得を理解して、「自分の目的に合ったアプリ」を使うのが重要

今回紹介した5ヶ条を意識していれば、出会いは十分に期待できるでしょう。ですがアプリごとに「恋人探し向き」や「遊び目的に最適」といった特徴があります。

もちろん自分の目的に沿わないアプリを使っては、心得もムダです。心得を活用するためにも、「自分の目的に合ったアプリ選び」を徹底することをオススメします。

アプリが多くて選べない人はコチラ

恋するどうぶつ診断

自分でじっくりアプリを選びたい人はコチラ

300以上試した編集部おすすめアプリ