デートの場所を決めるとき、「なんでもいいよ」「どこでもいいよ」と言われたこと、ありませんか? 食べたいもの・行きたいところをハッキリといってほしいんだけど……と思う人も多いはず。でも女性が言う「なんでもいいよ」の真意と対処法がわかれば、悩むこともありません。

「なんでもいいよ」「どこでもいいよ」の本当の意味

「なんでもいいよ」「どこでもいいよ」という言葉を真に受けると、大変! いつも1人で行っている店や男友達と行く店などにすると、「ここはちょっと嫌だ……」と言われる可能性があります。つまり、なんでもいいよ・どこでもいいよと言いながら、本当に何でもいいわけではないのです。それなら最初から言ってほしいと思う方も、少なくないでしょう。

女性のなんでもいい・どこでもいいという言葉は、「オシャレで美味しい店」「楽しめる場所」が大前提。なのでお気に入りの定食屋や居酒屋のような庶民的なお店は、女性からリクエストがない限り、やめておいた方が無難です。

「なんでもいいよ」の意味は、人によってさまざま

「オシャレで美味しい」「楽しめる」などの条件の他にも、「前日に食べたものと被らない店がいい」「体重が気になるからヘルシーな店がいい」など、要望は人によってさまざま。単純に「オシャレ&楽しめる」お店だけでは満たされない要望があります。

こうした女性の「なんでもいいよ」に対して、「きちんと言ってくれないとわからない」と思う男性は多いでしょう。ですが「言わなくてもわかるでしょ」と思うのが女性なのです。

女性が使う「なんでもいいよ」の5パターン

「なんでもいいよ」のホンネを言わない女性は、男性にとってはなかなか理解できないものです。でもいくつかのケースを把握しておけば、「なんでもいいよ」「どこでもいいよ」と言われても大丈夫! では具体的に見ていきましょう。

①相手に嫌われたくないから自己主張できない

「こんなこと言ったら嫌われそう……」と、考えが先回りし過ぎて自分の意見がハッキリと言えないケースです。付き合う前・付き合い始めに多いかもしれません。

このケースの女性は、男性の意見に従う方が安心するようです。率先してデートプランを決めるようにしましょう。いろんな要望を言われるよりも、かえって楽かもしれません。

とはいえ女性が自分の意見を言いやすい空気にすることが大切です。この人といると安心するという想いが強くなると、徐々に「〇〇がいいな」と話してくれるようになるはず。お出かけスポットがのっている雑誌を一緒に見ながら「この中だったらどこがいい? 」と聞くと、相手が比較的答えやすい雰囲気を作れるでしょう。

②特に行きたい場所が思い浮かばない

「これを食べたい!」「ここに行きたい!」という明確な希望がないので、「なんでもいいよ」しか出てこないというケース。また一緒ならばどこでもいいという人含まれるケースです。

このケースの場合、ある程度相手の好みがわかっていれば、「じゃあ、パスタでどう? 」と聞くことができます。

ですが相手の好みをわからない場合もあるでしょう。そんなときは前日食べたものをさりげなく聞いてみましょう。「昨日の夜何食べた? 」「パスタだよ」「じゃパスタ以外のものがいいね」と彼女のことを考えた上で場所を決めることができます。こうすると女性は「私のことを考えてくれている」と感じ、印象がよくなるでしょう。

③どんなお店を選ぶのかをみている

男性が自分の好みをわかってくれているか、どんなお店を選ぶかをみているケースです。店選びのセンスがあるか、独りよがりの店選びになっていないか、試されているといってもいいでしょう。

これでチェーン店やラーメン店に連れていったら、女性がご機嫌ナナメに……となる可能性もあります。かといって高級料理店にしたら、予算オーバーになるしテーブルマナーがわからなくて恥をかいてしまうかも。

では、どうしたらよいのでしょうか? 「こってり系とあっさり系どっちがいい? 」「中華とイタリアンどっちがいい? 」と聞いたら、きっとどちらがいいか教えてくれるはず。

あまり質問攻めするのは、女性がイラっとする可能性があるりますが、2~3つの質問ならOK。女性の答えやいつものやりとりを参考にして、ベストなお店が決まれば、「私の好みわかってくれてる! 」とご機嫌になるはずです。

④「何食べる? 」「どこがいい? 」という質問にウンザリ

いつも「どこ行く?」「何食べる?」って質問してませんか? 毎回女性に質問ばかりしていたら「この人はデートを何も決めてくれない!」と不満に思われてもおかしくありません。

まずは貴方がリードしながらデートの場所を決めてみてください。率先してデートの準備をすることで、「デートを楽しみにしてくれているんだ!」と、女性は喜びます。

貴方の「今回は、お店選び任せて! 」という言葉を、女性は待っているのです。そして苦手なものがあるか、サラッと聞いておくのも大切です。店選びをするときも、思いやりを忘れずに。

⑤デートに気乗りじゃない、とにかく早く帰りたい

「2人の関係がマンネリしている……」など、デートを楽しみにしていないケースの場合、「なんでもいいよ」を使われる場合があります。

デートに乗り気じゃない場合は、いつもとは違うテイストの店に行ってはいかがでしょうか? ホテルのレストランなどの景色がきれいな店、はたまた学校風居酒屋などのアミューズメント感覚の飲食店も、新鮮な雰囲気を味わえておすすめ。

またデート当日まで、行くお店か秘密にするのも一つの方法です。「どんなお店だろう?」とドキドキ感も味わってもらえますよ。デートには、時にスパイスが必要です。意外な場所を選んで、女性の興味をグッと惹きつけてみましょう。

思いやりのあるデートプラン作りが、「なんでもいいよ」に応えるコツ

女性が「なんでもいいよ」「どこでもいいよ」というときは、いろんなケースがあるのです。こういわれたときの対処法さえ知っていれば、イライラすることも悩むこともなくなります。やっぱり、女性は男性にリードしてほしいと思うもの。グイグイ引っ張っていってくれると、頼りになる人と好印象を与えることができるのです。

ただし自分の好みを押し付けるのでなく、相手の好みをちゃんと取り入れること。恋愛は相手を思いやることでもあり、どうしたら喜んでくれるだろうと想像することでもあります。デートを最大限楽しむためにも、店選びも手抜きしてほしくないのが、女性の望みなのでしょう。

女性から「なんでもいいよ」「どこでもいいよ」と言われたなら、どのパターンに当てはまるのか考えてみてください。その上で場所を決めたら、きっと女性の満足度も高まるはず。女性は面倒だなぁなんて思わず、それだけデートを楽しみにしてくれているんだなと前向きに受け止めてくださいね。お互いに満足する、楽しいデートになりますように。

相手の女性の「行きたいお店」がわかる『Dine』

この『Dine』は一緒にデートしたい女性に、お店を提案してアプローチするマッチングアプリです。

しかも気になる女性に提案できるお店は、どれも女性が「行きたい!」と言うお店。相手の女性が好きなお店選びをサクッと行え、女性の「なんでもいいよ」に頭を抱えることはありません。

Dine(ダイン):デートにコミットするデーティングアプリ

Mrk & Co

3.20

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
※18歳未満の方は利用できません。