気になる女性とは、デートを重ねて関係を進めていきたいものですよね。しかし「デートは理想のペースって?」「誘いすぎるのはがっついてると思われそう……」と、デートの頻度で迷うことがあるでしょう。

実はこのデートの頻度は、恋愛の成功に向けて大きな分かれ道でもあるのです。この記事では「付き合う前にベストなデートの頻度」や「ペース維持のコツ」を紹介していきます。

付き合う前のデートの頻度は「1週間に1回」がベスト

付き合う前のデートの頻度としておすすめなペースが「1週間に1回」です。社会人で仕事が忙しく難しい場合は、「2週間に1回」でもよいでしょう。

「1週間に1回」をおすすめする理由

「1~2週間に1回」は、2人の時間もプライベートも大切にできるストレスを感じづらいペース。まだ知り合って間もないころの2人だからこそ、お互いの距離感を大切にできるペースが重要です。

またデートの頻度が多すぎたり少なすぎると、以下のようなリスクが考えられるのも「1~2週間に1回」をおすすめする理由です。

「1週間に1回」より多いと引かれる可能性ががある

「1週間に1回」以上のペースで誘うと、がっついた男性に見られたり、自分本位に誘う「思いやりのない男性」と思われたりと、悪いイメージを持たれやすくなります。

またお互いの関係も深まっていない状態で頻繁に会っても、デート中の話題がなくなる可能性が大。2回目以降のデートは「1週間に1回」のペースを保ち、会話の内容や場所などを重視してデートの質を高めるのが大切です。

「1~2週間に1回」より少ないとライバルに埋もれてしまう

付き合う前の状態で、女性も複数の男性とやり取りをしていることも多いです。それだけにデートの頻度が少なくては、他のライバルに負けてしまうかもしれません。

また「1~2週間に1回」よりもデートが少ないと、女性は「自分に興味ないのかな……」と思われ、他の男性に行ってしまうことも……。まだ付き合う前の状態では、ある程度の危機感を持ちながら、ライバルに埋もれないように接することが大切です。

「1週間に1回」のペースを保つためにすべきこと5つ

「1~2週間に1回」のペースがベストとわかっても、「そんなに頻繁に誘えない」「誘うキッカケがない」という人もいるでしょう。

実はベストなペースを保つためには、いくつかのコツがあります。ここではしっかりとコツを紹介。チェックして、気になる女性に実践していきましょう!

相手の好みを探る

好きな食べ物や好きな映画のジャンル、彼女がよく行くエリアはデートに誘うときの口実に使えます。そのため女性とのやり取りではできるだけ「相手の好み」を聞き出して、情報収集するようにしましょう。

相手の好みをしっかりリサーチすれば、次回のデートにつなげやすくなったり、デートがワンパターン化するのを防げたりできるなど、女性に喜んでもらえるデートを計画できるでしょう。

男性からデートに誘う

「女性からデートに誘われなかった……」といっても脈がないわけではありりません。というのも基本的に女性は受け身。「断られるのが怖くて誘えない」など、男性が誘ってくれるのを待っている女性は多いです。

「1週間に1回」のペースを保つためにも、男性からデートに誘うようにしましょう。

連絡を毎日する

基本的に連絡は毎日取るのがおすすめです。女性との接触頻度を増やすことによって、自然と関係も深まっていきます。

ポイントは接触頻度を増やすことなので、LINEやメールの文章は短くても構いません。逆に長文だと疲れてしまうこともあるので、「この前〇〇ちゃんが好きそうなレストラン見つけたよ !行ったことある?」など、ほどよい長さのメッセージがおすすめです。

毎日やり取りをしていると、他の男性に埋もれにくくなるので、恋愛をうまく進めるためのコツでもありますよ。

話題のスポット・イベントをチェックする

話題のスポットやイベントは、デートを誘うのにピッタリの理由です。特に今しか行くことができない「期間限定のイベント」であれば、デートの約束を高確率で取りつけやすくなります。

女性も話題のスポットやイベントに誘われれば、アンテナを張っている男性として「一緒に行けば面白いかも!」と期待を持つもの。食事デートが一般的な中、少し変わったデートを提案すると、他の男性を出し抜けるかもしれません。

相手の趣味を一緒にやる

相手の女性が何か趣味に没頭している場合は、「1週間に1回」のペースが難しい場合もあるでしょう。そんな時は相手の趣味を一緒にするのがおすすめ。共趣味を通じて、自然とお互いの関係が深めていけるでしょう。

また女性の好きなことに合わせるあなたは、優しくて協調性のある男性として魅力的に映ります。「なかなかデートの約束が取り付けられない……」と感じたら、思い切って趣味を始めみるのがおすすめです。

「1週間に1回」のペースが守れないときにすべきこと

社会人になると、仕事などで「1~2週間に1回」のペースが守れないこともあります。

お互いのスケジュールがどうしても合わない時は、女性へ対応に気を付けることが大切です。他の男性に埋もれてしまわないための、リカバリー術を紹介していきましょう。

近状報告を入れた連絡をする

次のデートが決まらない場合、時々自分の状況を女性に伝えることがポイントです。

「最近大きなプロジェクトが動いて忙しい」「家庭の事情で帰省中」「風邪をひいてしまった」など、通常会わないと伝えることが難しい状況を教えてあげると、女性が安心することもあります。

ここで全くあなたに興味を示さない女性は、脈なしの可能性が極めて高いので、次のデートはあまり期待しないほうが良いかもしれません。あくまでも次回につながるような近状報告をしましょう。

遊びを匂わす近況報告はNG!

近況報告でも「今日お肉食べたよ」「今日は飲み会だったよ」といった、しょっちゅう遊んでいるような内容は避けるのが賢明。女性が「飲み会には行けるのに、デートには来れないの?」と思ってしまう可能性が高くなってしまいます。

「デートがしたい」という気持ちを伝える

だらだらと連絡を取り合っていても「別にメル友が欲しいわけじゃないんだけど……」と、恋愛対象から外される可能性があります。私自身も、初回デートから3週間LINEを続けていた男性に対して「目的がわからないから……」と、途中で返事するのをやめたことがあったほどです。

それだけに関係を発展させたい相手には、きちんと「デートをしたい」旨をしっかり伝えるのが大切。忙しいときも「デートがしたい」という気持ちを相手に伝えれば、調整してくれる可能性はグッと上がります。男らしくストレートに気持ちを伝えましょう。

3週間以上会えないときは電話をする

3週間以上お互いの予定が合わない時は、電話をするのも一つの方法です。短い電話でも良いので次回のデートの話や、近状報告を軽くするのがおすすめです。女性側があなたを気になっていた場合、電話は特別感があってすごく嬉しいものですよ。

ただ電話嫌いな女性がいたり、でタイミングによっては迷惑になったりするので、電話をするときは必ず相手に確認を取ってから行うようにしましょう。

お土産を購入する

女性と会わない間に、どこか旅行に行ったり女性の好きな食べ物を見つけた場合は、お土産を購入するのもおすすめです。

次のデートに誘う口実にもなりますし、ちょっとしたプレゼントは嬉しいもの。
会えない時間も自分のことを考えてくれたことに対して、電話と同じ特別感を感じることもあります。

「ここぞ!」という女性に対しては、お土産を購入してプレゼントすると、プラスに働く可能性大ですよ。

3回目のデートで告白を検討しよう!

1~2週間に1回の頻度でデートを重ねたら、3回目で告白を検討するのがおすすめです。まだ女性との関係に自信がないという男性は、最低でも5回以内には告白を済ませるとよいでしょう。

それ以上になってしまうと、「お友達」という枠に入れられてしまう可能性があります。特定の女性と3回もデートを重ねているということは、あなたに対して好印象であることは間違いありません。

デートの頻度も順調にこなせたのであれば、きっと2人の関係はうまくいくはずです。1~2週間に1回のペースでデートを重ねて、あなたの恋愛成就にお役立てください。

関連記事

何回目のデートで告白したらいい? 告白の方法はどうする? - Appliv出会い
2回目デートの誘い方やおすすめ場所。脈あり脈なしの見分け方 - Appliv出会い