女性の言葉をそのまま受け取ったら、実は本音じゃなかった……ということ、ありませんか? 女性が何を考えているかわからない。そう思う男性も、きっと多いはず。でも、気になる人との距離を縮めるためには、女性の「本音」と「建前」についてきちんと理解しておきましょう。

女性が「本音」を言わないのはなぜ?

女性は集団行動することが多い女性。うっかり出た本音が周りの人を傷つけることもあり、集団の中で波風立てないようするためにも、「本音」と「建前」を使い分けるのが大切なのです。

女性にとっては恋愛も同じで、まだ深い関係にない男性に対しては「建前」で話すことがほとんど。まずは「建前」で様子を見つつ、相手のことを信頼できると思ったら「本音」が出るのです。

「女性の本音と建前」あるある5選

男性は女性の本音と建前をうまく見分けられず、建前を鵜呑みにしてしまうことも少なくありません。

そこでここからは、特に「あるある」な本音と建前シチュエーションを紹介。女性の建前が意味する本当のメッセージを見極められるように、参考にしてみてください。

①建前「怒ってないよ」=本音「怒ってるに決まってるでしょ!」

女性がこの言葉を言うときは、すでに怒っていることが多いです。女性を怒らせることをしてしまったケースもあるし、女性が単にイライラしているケースもあります。

どちらにしても「とりあえず誤る」のだけはタブー! 女性が怒っている理由がわからないのに誤っても「誠意がない!」と思われるだけです。相手がなぜ怒っているのか考えた上で、きちんと自分の想いを伝えましょう。

②建前「アドバイスありがとう」=本音「誰も聞いてないし!うざっ!」

女性にとっての相談は「話を聞いてほしい」だけ。原因や解決方法を考えてもらっても、逆効果になる場合があります。

だからこそ相談に対して、思わずアドバイスしたくなってもグッと我慢して、女性の話に耳を傾けましょう。話に共感しつつ質問も交えたりすれば「僕はあなたの味方だよ」という姿勢をさりげなくアピール。聞き上手な姿に好感を持ってもらえるでしょう。

③建前「〇〇ちゃんが言ってたんだけど」=本音「ぶっちゃけ、私の話だけど」

「これを話したら嫌われるかも……」と、どう思われるかを気にして自分の話をしたがらないのが女性です。自分のことをあたかも友達が言ってたように話すことがあります。

もしこのセリフを言われたら、真摯に耳を傾けるようにしましょう。そして「〇〇君だったらどう思う? 」と聞かれたら、誠心誠意答えてあげてくださいね。

④建前「明日って仕事だっけ?」=本音「そろそろ帰りたい」

女性は「もう帰りたい」と思っても、デートを計画してくれた男性を気遣って、ストレート「帰りたい」とは言えません。そんなとき女性は「明日の予定」や「終電の確認」をして、さりげなく帰りたいアピールします。

もしアピールされたら引き留めずに「今日はもう帰ろうか」と応じるようにしましょう。くれぐれも「もうちょっとだけいいでしょ? 」なんて、野暮なことを言わないように。

⑤建前「なんでもいいよ」=本音「私の好みわかってるでしょ?」

ランチする店やデートの場所などを決めるとき、「なんでもいいよ」と言われた人は多いはず。この言葉を鵜呑みにしてファミレスや定食屋などに連れていったら、間違いなく女性は不機嫌にるので要注意です。

この「なんでもいいよ」には、「自分の好みを把握していてほしい∔お店を選ばせてほしい」という想いが込められてます。「なんでもいい」と言われたら、女性の好みに合いそうな店を2つ選んで、どっちがいいか聞くのがベストです。

「言葉を鵜呑みにしない」のが、女性の本音と建前を見抜くコツ

女性の本音と建前を見分けるポイントは、ズバリ「女性の言葉をそのまま受け取らない」ことです。

女性は建前を言いながらも、本心は「私の本音をわかって!」「気持ちを察して!」と思っています。こうした女性特有の気持ちの伝え方を理解するのが大切です。

もちろん「女性って面倒……」と思う男性もいるでしょう。ですが「面倒……」と思わずに「可愛い」と思えるかが、女性と本音で接せられるようになるかの分かれ道。面倒くさがらずに真摯にコミュニケーションすることが、二人の距離を縮めることや信頼関係につながるでしょう。

関連記事

「なんでもいいよ」「どこでもいいよ」女性のこの言葉をどう捉えたらいいの? - Appliv出会い
脈あり?脈なし?LINEやメールで見分けるサインを知りたい! - Appliv出会い