Pairs(ペアーズ)は24時間体制でサイト・アプリ内を監視していますが、サクラや業者は存在しているでしょうか? アンケート調査をもとに、Pairsにサクラや業者が存在しているか確かめてみましょう。

Pairs(ペアーズ)にサクラが存在しない理由

前提としてサクラとは「運営会社が雇う偽の会員」のことです。Pairsは月額制アプリのためサクラを雇ってもメリットがありません。

・月額制アプリ:サクラを雇ってもメッセージのやり取りが無料なため、儲けが出ない
・都度課金アプリ:メッセージごとにお金がかかるため、サクラを雇ってメールを長引かせれば儲けが増える

メッセージのやり取りし放題のサービスで、わざわざサクラを雇うことは考えづらいですよね。

月額制のマッチングアプリは、サクラを雇うメリットがないので、サクラは基本的にいません。その代わり、他のサイトに誘導してくる他事業者(以下業者)が存在します。

Pairs(ペアーズ)に業者はいる? アンケートから分かること

アンケート口コミサイトクラウドワークスで2019年5月23日に実施したアンケートを元に、Pairsに業者が存在したという口コミを見ていきましょう。

※調査対象:20代~40代の男女20名

Pairsに業者が存在すると思っている人は多い

今回の調査の結果、20人中19人は「業者といった不審な人に遭遇したことがある」といった回答をしました。真偽は確かではありませんが、多くの人の認識としては「マッチングアプリに業者は存在している」と感じている可能性が高いことが分かります。

それでは、具体的にどのようなタイミングでPairsに業者が存在していると感じたのでしょうか?

相手が業者だと勘付いたタイミング

・すぐにLINEに誘導してくるから:30.3%
・プロフィール写真がやたら可愛いから:24.2%
・やり取りしている相手から返信が来なくなったから:15.2%
・実際に投資やアムウェイなど勧誘されたから:15.2%
・その他:9.1%
・やり取りしている相手の返信が遅いと感じるから:6%

といった結果となりました。

一番回答が多かったのは「すぐにLINEに誘導してくるから」ということで、業者が多いと感じている人は、LINEに誘導されることで相手を怪しみ、業者なのではないかと警戒することがあるようですね。

確かにいきなりLINE誘導されると疑ってしまいますが、一般男性でもすぐに会いたくてLINE誘導してしまうことはよくあること。どうやら一般ユーザーをサクラ・業者と勘違いしているケースも多いようです。

サクラや業者と間違われないためには、なるべくサイト内でのやり取りに時間をかけて、サクラや業者と思われないよう打ち解ける必要がありそうです。

続いて回答者の具体的なエピソードを見てみましょう。

返信の内容がありきたりな、いかにも業者のようなテンプレの文面が来たから気づいたというのがありました。(30代女性)

メッセージを貰うとすぐに連絡先を教えてきました。初めは普通に会話していたのですが、急に楽に儲けられる仕事があるような話をし出して、詳しく話したいからすぐ会おうと言ってきたのですぐに通話を辞めました。(40代男性)

プロフィール画像が明らかにアイドルの拾い画像でしたし、LINEで違うサイトに誘導してくるからです。(30代男性)

マッチしてメッセージをやり取りして行く中で◯◯◯(マルチ商法で有名な会社)を知ってるか?から始まり、カフェで説明したいと言われた。(30代男性)

口コミから、ペアーズには業者がいることがわかります。Pairsは365日24時間の監視体制で業者をチェックしていますが、それでも業者は入りこんでしまうようです。

相手が業者だと気づいた場合、その後の対応

通報はしませんでした。単純に面倒なのもありますが、通報したところで辞めたり減るようなこともないと思ったのが通報しなかった理由です。(40代男性)

こちらはあなたがサクラではないかと疑っている旨を伝えました(30代男性)

悪質業者に誘導されたケースは、LINEブロックして無視するだけでいいです。(20代女性)

とりあえず明らかに怪しい人は運営に通報しました。その後見てみるとやはり削除されていたので、通報が多数あったのかなと感じました。(30代女性)

ほとんどの人は「めんどうだし実害がないから対応していない」という回答でした。

・怪しいURLに誘導されても決して開かない
・怪しい行動を見たら通報 or LINEブロックする
・会うときに特定の店にやたら誘導されるようなら、マルチの可能性が高いので警戒する


上記を意識して利用すれば、ひとまず安心でしょう。

サクラや業者だと思われやすい行動

ここまで見てきたように、男女問わず、サクラや業者だと思われてしまう行動というものがあります。

せっかくやり取りができたのに、相手にサクラだと思われてスルーされてしまうのは寂しいですよね。

そんな勘違いをさせないために、サクラや業者だと思われない対策について確認しておきましょう。

いきなりLINEに誘う

いきなりLINEに誘う行動は、相手にサクラだと思われやすいです。LINEは連絡手段ですから、当然ながら目的がないと誘うことはありません。

そこで「何か外部のサイトに誘導されるんじゃないか」「直接会って商品を買わされるんじゃないか」といった不安を相手に与えてしまうんですね。

もちろんある程度メッセージで打ち解けた段階のLINE交換なら問題ないですが、1通や2通やり取りした程度での交換は不自然な印象を与えてしまいます。

またLINEに誘う際には、「交換する目的」を明確に伝えることで誤解を避けることができます。

「Pairsだとメッセージに気づきにくいからLINEにしよう」
「デートで連絡とりやすいようにLINE教えて」

など理由をちゃんと伝えましょう。

メッセージをスルーする

既読スルー、未読スルー問わず、Pairsで相手から届いているメッセージに対してリアクションを起こさないと、サクラだと思われてしまう可能性があります。

興味のない相手にまでメッセージを返す必要はありませんが、気になる相手にはメッセージを返すのが遅くなりすぎないようにしましょう。

また「仕事が忙しくて2,3日返せない」といったこともあるかもしれないですよね。そういった場合には、事前に忙しくなる旨を伝えるなど、相手に配慮した対応が必要です。

デート当日にドタキャンする

デート当日にドタキャンしてしまうと、相手に迷惑がかかるのは当たり前ですがサクラだと疑われる要因にもなり得ます。

どうしても外せない用事ができてしまった場合や、本当に会えるのか相手を疑ってしまう場合にはきちんと連絡し、相手と意思疎通を図ってみてください。事前に電話するのもおすすめです。

いずれにしても会う当日にドタキャンしてしまうとお店などを予約していた場合には多大な迷惑をかけてしまいますから、絶対にしないようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)にサクラはいないが、業者には気をつけよう

Pairsに業者がいると思っている人は多いことがアンケート結果からわかりました。確かに、Pairsを使っていると不審な人は見かけますが、全員が業者というわけではありません。

中には一般ユーザーをサクラや業者だと勘違いしているケースも見受けられるので、冷静に見定めたいところです。

また相手からサクラや業者だと勘違いされないような行動を心がけていくことで、出会いのチャンスを減らさないことにもなります。しっかり対策して、前向きな出会いを増やしていきましょう。

Pairs(ペアーズ)の使い方まとめ

「使い方が知りたい」「詳しい料金が知りたい」など、もっとPairsの使い方&攻略法を知りたい人は、下の記事をチェック! 不安な点をなくしてからPairsを使い始めるようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)の使い方
登録・ログインの仕方
男性の料金
おすすめ料金プラン
料金の支払い方法/課金方法
課金するタイミング
年齢確認の方法
引き継ぎ/機種変更
有料会員とは
プレミアムオプションとは
いいねされるコツ
みてねとは
メッセージ付きいいねとは
コミュニティとは
写真リクエストとは
お気に入り機能とは
ヤリモク・既婚者を見抜くコツ
モテるプロフィール文章とは
NGなプロフィール写真とは

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活の出会い マッチングアプリ

eureka,Inc.

3.33

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
※18歳未満の方は利用できません。