Pairsは独自の相性機能を備えていますが、実際どれくらい相性って重視されているのでしょうか。疑問に思いますよね。

今回はアンケート調査からPairsの相性の重要性や、どのように使っていくべきか考えていきましょう。

ペアーズの相性機能とは

写真の下に表示されるパーセンテージが『相性』。共通点の多さなどで数値が決まる。

意外と重要視されてない? Pairsの相性

Webサービスクラウドワークスで2019年5月25日に女性20人に、相性機能について聞いてみました。

あまり意識していない:55%
意識している45%

わずかに重視していない人が多いですが、ほぼ半々という結果に。真相を確かめるために、それぞれの意見を見ていきましょう。

Pairs(ペアーズ)の相性を意識しない派の意見

相性は機械学習で判断していると聞きましたので、そういったものは基本的に信用していませんので。(40代女性)

アプリが選んだ相性(しょせん機械の選んだ適当な情報)だと思うので、あてにしていません。
それよりアプリ内でのメッセージのやり取りだったり、プロフ写真・プロフの内容の方を気にします。(30代女性)

データ上では相性が良い人でも実際は全く相性が良くなかったため(30代女性)

相性は何を基本にして出しているのか全くわからないため。(30代女性)

実際会った時の印象や相性が絶対だと思うので、参考にはしていますが、重視はしていません。(30代女性)

Pairsの相性の算出方法は不明確なので、信用できないという声もありました。実際のところはよくわからないというのが正直な感想かもしれません。

続いて、「相性を参考にする」という人の意見も見てみましょう。

Pairs(ペアーズ)の相性を意識する派の意見

マッチングアプリは一応根拠があってマッチングするしないが決まっていると思うので、相性がいいとマッチングされたら自分に合う人なのかなと興味を持ちます。(30代女性)

本気で相手を探しているので少しでも気の合う人がいいと考えたからです。(20代女性)

相性が高いと、コミュニティが被っていることが多いので、話しやすい。(30代女性)

相性がいいと話しが盛り上がるしなによりも気が合う。少しは可能性があるからだと思います。(20代女性)

相性のパーセンテージは同一のコミュニティがあることでアップします。直接的な相性はわからないけれど、趣味や盛り上がる話題が共通で話しやすいというのが、間接的な相性のメリットかもしれませんね。

またPairsの相性が高ければ実際に会った際も気が合い、関係が長続きできると信じる人もいる傾向がわかりました。

共通のコミュニティに入っている人は、好感度が高い

またPairsでは同じコミュニティに入っている人同士だと相性が高くなる傾向がありますが、同じコミュニティに加入している人にいいねを貰った場合、20人中17人はうれしいと回答しました。

理由として、以下のようなコメントが寄せられています。

同じコミュニティに入っている人=共通の趣味や、共感する事が似ている人だと思っているので、話が合いそうだと思ってやり取りをしてみる目安になります。(30代女性)

趣味が同じ人だと一緒に居て楽しいです。今までに付き合った人で全く趣味が合わず、お互い楽しくなくなって別れてしまった事があるので趣味の似た人が良いです。
どんなコミュニティに参加しているかは重要視します。(30代女性)

共通の趣味などが分かり、相手のことを知るいいツールにはなると思うから。(20代女性)

相性が高い人はプロフィールや、コミュニティをみたときに話しが合いやすい気がしたため(20代女性)

同じ趣味や思考があるとその話で盛り上がれそうなので。ゲームが好きのコミュニティに入っていたのですが、その話で盛り上がることが結構ありました。(30代女性)

同じコミュニティに入っていた結果として、話が長続きしたりその後の交際にプラスの要素となるのでは?という期待から好感度が上がることが分かりますね。

相性の数字がどうかよりも、実際に話してみてその後の関係がどうなるかを女性は重視している傾向にあります。

相性が高い人とはそのまま付き合える?

続いて、具体的なエピソードについて聞いてみました。

相性が良い人とは実際に付き合えるのか、また相性が良くなくても付き合った経験はあるのか見てみましょう。

相性が高い人とお付き合いしたことがありますが、その後仲は良かったものの遠距離だったのもあってモチベーションがつづかないとお別れしてしまったので、相性がすべてではないと思います(20代女性)

実際に相性が高い人と3人やり取りをしましたが、タイプに近い人がちゃんと選ばれていると感じました。大勢の中から自分で選ぶのは、時間がかかるので、相性が高い人をピックアップしてくれるのはいいと思います。(30代女性)

やはり共通点が多いということで、仲良くなるのはほかの人よりも早かったと感じます。お付き合いまではいかなかったですが趣味友になった人は数人いたので、良い機能だなと思いました。(20代女性)

相性が良くてメッセージ交換していたけれど、実際会ってみたらフィーリングが合わず、それっきりになりました。要は出会いというのはタイミングだと思うので、あまり参考にせず期待をしないほうがよいと思います。(30代女性)

相性が高いと出ていた人でも、実際にお会いして話してみると少し違うと感じたこともあればその逆もあったので、相性は参考程度の考えて、自分で判断するのがいいと思います。(20代女性)

筆者が思っていた以上に、相性が良い人との交際は長く続く傾向があることが分かりました。

たとえばテクニックとして、相性70%以上なら最低限共通点があって会話が続く可能性が高いとラインを引いて、アプローチしていくなどが有効でしょう。

もちろん相性は絶対的な指標ではなく目安の数字として、実際のところは会ってからフィーリングで判断してみるのもおすすめ。相性に振り回されるのではなく、自分から賢く利用する視点を持ってみてください。

Pairs(ペアーズ)の相性は目安程度に考える

相性はあくまでも目安の一つに過ぎないことがアンケート調査から分かりました。

しかし実際に、相性がいい人はコミュニティや共通点の多さから会話が広げやすく、結果として共通点がない(相性が低い)人よりも仲良くなりやすいというのが実態でしょう。

相性=共通点の多さと考えて、実際に相性が合うかの判断はメールのやり取りや、直接会ってからするのが確実な方法です。

Pairs(ペアーズ)の使い方まとめ

「使い方が知りたい」「詳しい料金が知りたい」など、もっとPairsの使い方&攻略法を知りたい人は、下の記事をチェック! 不安な点をなくしてからPairsを使い始めるようにしましょう。

Pairs(ペアーズ)の使い方
登録・ログインの仕方
男性の料金
おすすめ料金プラン
料金の支払い方法/課金方法
課金するタイミング
年齢確認の方法
引き継ぎ/機種変更
有料会員とは
プレミアムオプションとは
いいねされるコツ
みてねとは
メッセージ付きいいねとは
コミュニティとは
写真リクエストとは
お気に入り機能とは
ヤリモク・既婚者を見抜くコツ
モテるプロフィール文章とは
NGなプロフィール写真とは

Pairs(ペアーズ)

eureka,Inc.

3.33

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
※18歳未満の方は利用できません。