マッチングアプリの活用は大学生の間で当たり前になっていますが、自分にマッチするアプリをなかなか見つけられないという方もいます。アプリで出会った人が「本気すぎて怖い…」と、引いた経験のある方も少なくありません。

それでもマッチングアプリは、出会いの少ない大学生にとっては需要の高いもの。安全に使えるものや学生向きのアプリを選んで、素敵な恋人を見つけましょう。

今回は大学生のマッチングアプリの利用事情と合わせて、おすすめのアプリを9つ紹介します。無料で使えるものも多いので、ぜひ参考にしてください。

マッチングアプリの大学生の利用率は?

出会い系サイトとは違い、マッチングアプリでは真剣な出会いを求めている大学生が多く見られます。すっかり一般にも浸透してきているように思えますが、実際にはどのくらいの大学生が利用しているのでしょうか。

ここからは大学生のリアルなマッチングアプリの活用事情を紹介します。

マッチングアプリの利用率

出典元:PR TIMES

上記グラフは、インターネット広告事業を展開する株式会社サザンダイアの調査による、マッチングアプリの利用実態に関するアンケートの結果です。こちらはマッチングアプリの利用経験がある、男女合わせて300人を対象に、2021年3月から4月にかけて調査を行いました。

このグラフを見ると、20代・30代ともにマッチングアプリの利用率は一定数存在し、アプリでの出会いが一般的になっていることがわかります。男性も女性も結果に大きな差はないので、有意義な出会いの場になりそうですね。

出典元:PR TIMES

こちらの調査は、20代から30代で恋人が欲しいと思っている男女計500人から回答を得たものです。友人や知人に、マッチングアプリを利用していると知られても「特に構わない」と感じていることがわかりました。

理由として「みんな使っている」「恋人探しを頑張るのは普通」などが挙がっていて、マッチングアプリの利用に全く抵抗を感じていない大学生の姿が見えてきます。

「マッチングアプリ=恋愛にガッついている人が使うもの」という考えは、すでに過去のものになっているようです。

大学生におすすめのマッチングアプリとは?

大学生のマッチングアプリ利用は、すでに一般的であることが調査の結果からもわかりました。大学生が楽しく安全にマッチングアプリを使いこなすためには、アプリの選び方が重要です。

ここからは、おすすめのマッチングアプリを9つ厳選して紹介します。真剣な出会いを探している人も、気軽に付き合える彼氏を探している人も、それぞれぴったりのアプリを見つけられるはずです。

真剣な出会いを探している人向けのアプリ

じっくりと付き合える異性を探している大学生は、相手のプロフィールがよくわかるアプリをおすすめします。プロフィールやメッセージのやりとりをするなかで、少しずつ相手との距離を縮めていけるはずです。おすすめの3つのアプリを紹介します。

with(ウィズ)

マッチングアプリの『with』は、心理学や統計学を基にした診断テストで、自分に合う人を探せる恋活・婚活サービスです。個人情報の管理が徹底されているwithは匿名表示形式であることから、実名や連絡先が表示されることはありません。大学内の友達や知り合いにバレることはなく、安心してマッチングアプリライフを楽しめます。

恋愛・婚活サービスのwith

出典:with

基本料金 月額3,600円(税込)
会員数 320万人
登録方法 Facebook
年齢層 20代〜30代
運営会社 株式会社with

「マッチングアプリで趣味の合う人を見つけたい!」と考えている人におすすめしたいのが、withの「好みのカード機能」です。相手の趣味や趣向でマッチングできるため、初デートのときも共通の話題で盛り上がることができるでしょう。婚活というよりも恋活をしている人が多いアプリですので、「婚活はちょっと重いけど、カップルにはなりたい」という人にぴったりです。

出会い with(ウィズ) 婚活・マッチングアプリ

IGNIS LTD.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

Pairs(ペアーズ)

『Pairs』は利用者の多くが恋人探しに使っているアプリで、真剣な恋活ができます。累計会員数は1,000万人を超えていて、恋活アプリのなかでは最大級の規模を誇っています。希望条件が豊富な検索機能やコミュニティ機能を駆使することで、気の合う人とマッチングできるでしょう。

Pairsのマッチングアプリ

出典:with

基本料金 月額3,590円(税込)
女性は無料
会員数 累計1,000万人
登録方法 Facebook
年齢層 20代〜40代
運営会社 株式会社エウレカ

平均4か月でカップルが誕生しているPairsは、理想の相手を簡単に見つけられるマッチングアプリです。好みのタイプを検索したら、「いいね!」でアプローチし、メッセージのやりとりをしましょう。

条件は年齢や居住地など基本的な項目以外にも、結婚への意思やお酒、たばこなど細かい項目が指定可能です。人工知能(AI)が相性を判定してくれるので、大学生の自分と合う人の傾向がわかります。

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活のためのマッチングアプリ

eureka,Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

イヴイヴ

18~25歳の安全な真剣恋活におすすめのマッチングアプリと言えば『イヴイヴ』。大学生にピンポイントで合いそうなマッチングアプリで、話が合いそうな同年代の人とのマッチングを期待できます。

完全審査制が特徴のアプリで、運営側と既存ユーザーによる二重の入会審査を受けなければなりません。本人確認済みか否かがわかる機能もあり、安全性はマッチングアプリのなかでもかなり高いと言えそうです。

完全審査制恋活アプリ
基本料金 月額3,500円(税込)
女性は無料
会員数 累計200万人
登録方法 Facebook・Twitter・メールアドレス
年齢層 20代〜30代前半
運営会社 株式会社テックアイエス

累計200万ダウンロードを達成し、毎日3,000人が登録していると言われるイヴイヴは社会人が少なく、学生同士の恋愛を望む人におすすめです。

公式サイトでは、平均3か月で恋人をつくっているという実績もあり、「すぐに彼氏が欲しい」という女性は、ぜひ今すぐ始めましょう。写真を見て相手を選べることから、ルックス・中身ともに満足できるマッチングを叶えられます。

イヴイヴ - 理想の出会い・婚活マッチングアプリ

Market Drive Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

気軽な出会いを探している人向けのアプリ

「彼氏は欲しいけれど、まだ結婚は考えられない」「いきなり付き合うのは怖いから、まずは友達から始めたい」という人は、友達探しもできるマッチングアプリがおすすめです。

ここからは気軽な出会いが見つかる6つのマッチングアプリを紹介します。いずれも20代のユーザーが多いマッチングアプリで、大学生にはもってこいです。

タップル

毎日5,500人が登録していると言われる、独身者向けサービスの『タップル』。趣味をきっかけにつながれるアプリで、毎日25万組以上がマッチングしています。毎月10,000人ものカップルも誕生していて、恋活アプリとしても高い評価を得ています。

メッセージのやりとりに本人確認が必須であるタップルは「HDI-Japan」が主催する、HDI格付けベンチマーク「問合せ窓口(Eメール)」において、最高ランクである三つ星を獲得したサポート体制で、24時間365日監視が行われているのです。サイバーエージェントグループによる安心安全の運営体制で、マッチングアプリ初心者の大学生から重宝されています。

好きが重なる、距離が縮まるマッチングアプリ
基本料金 月額3,700円(税込)
女性は無料
会員数 累計600万人
登録方法 Facebook・Google
年齢層 ~20代
運営会社 株式会社タップル

タップルは匿名での利用が可能で、プロフィールを非表示にしつつ、周りにバレることなく彼氏探しができます。そして、タップルならではの魅力であるのが「ウィッシュカード」。話題の映画や気になるスポットなど、豊富なウィッシュカードをプロフィールに設定し、それをもとにマッチングできます。

カードをきっかけにデートまで発展したら、きっと共通の話題で盛り上がれるはず。気軽な趣味友をつくりたいという大学生は、趣味の輪を広げられるでしょう。

タップル-マッチングアプリ/出会い/婚活

Tapple, Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

Tinder(ティンダー)

世界的に使われているマッチングアプリは他のアプリと異なり、InstagramやSpotifyといった若者に人気のアプリと連携することで、自分のセンスをアピールできます。また、マッチしたい人との距離や性別、年齢を絞れるため、大学生同士でマッチングをしたい人は対象年齢を細かく設定しましょう。

友活アプリとしても人気が高く、より相性の良い相手を見つけるために、「Tinder plus」「Tinder Gold」「Tinder Platinum」の有料コースを選ぶ人も少なくありません。

基本料金 無料(有料プランもあり)
会員数 400万人
登録方法 -
年齢層 10代〜20代
運営会社 株式会社MTCH Technology Services Limited

累計マッチング数はなんと550億を超えている、世界最大級のマッチングアプリの『Tinder』。女性だけではなく男性も無課金で利用できる特徴があり、アルバイトをしていない大学生も安心して使えます。

また、Tinderは操作方法が非常に簡単で、スワイプするだけで表示される異性の写真をLike(いいね)もしくはNope(イマイチ)に仕分けられます。

他にも特にお気に入りの人に使うSuper Likeや、自分の近くにいる利用者にプロフィールを優先的に表示するBoostなどは、課金をすることで使いこなせます。

マッチングアプリはTinder-友達探し/出会い/恋活/婚活

Tinder Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

CROSS ME(クロスミー)

『CROSS ME』は、GPSのすれ違い機能を搭載しているマッチングアプリです。立ち上げていると、近くにいる人が自動的に表示されるため、通学電車や大学内で自分に合う人が見つかるかもしれません。一方、身バレを防ぐためにすれ違い機能をオフにすることもできます。

ご近所恋活・婚活アプリ
基本料金 月額4,200円(税込)
女性は無料
会員数 75万人
登録方法 -
年齢層 20代〜30代
運営会社 株式会社プレイモーション

すれ違い機能で、自分が誰とどこですれ違ったのかが知らされます。プロフィールを見て、気になる相手には「いいね!」をしましょう。自分と同じフィールドで過ごしている人とマッチングできるため、近距離恋愛に発展できます。

クロスミー(CROSS ME) - すれ違いマッチングアプリ

Playmotion, Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

Dine(ダイン)

マッチングしてからのやりとりが面倒くさいという人も少なくありません。そんな人におすすめしたいのが、マッチ後の面倒なやりとりがなく、すぐにお店で会えるアプリ『Dine』です。マッチングが成立したら日程が自動的に調整され、Dineがお店を予約してくれます。

出会いの最短距離Dine
基本料金 25歳以下:月額3,900円(税込) 26歳以上:月額6,500円(税込)
会員数 非公開
登録方法 Facebook・Twitter・Apple
年齢層 20代~40代
運営会社 株式会社Mrk&Co

「いきなりデートをするのは不安」という大学生も安心。Dineが紹介する飲食店は、独自の審査を通過した飲食店のみに限定しています。また、Dineでは当日夜のデートのマッチングも実現できるため、学業にアルバイトに忙しい大学生もデートしやすいと言えるでしょう。

Dine(ダイン):婚活・恋活マッチングアプリ

Mrk & Co

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

aocca(アオッカ)

『aocca』はリリースからわずか3日間で会員数1万人を突破したデートマッチングアプリです。マッチングアプリでなかなかいい人に会えないという人も、自分のライフスタイルに合わせて出会えます。

アプリでは「利用目的」を設定してマッチングされるので「気軽に付き合いたかったけど、ディープな人に出会ってしまった」というミスマッチを防げます。

気軽に会えるマッチングアプリ
基本料金 月額2,900円(税込)
会員数 40万人
登録方法 Google・Facebook・Yahoo!
年齢層 20代〜30代前半
運営会社 株式会社aocca

aoccaは不適切なメッセージや投稿内容をAIが監視しているため、不快なメッセージが届きません。女子大生を狙った男性ユーザーがたくさんいるなかで、安心して利用できる環境です。SNSには一切投稿されず、本名も表示されないため身バレを防げます。

大人の婚活・恋活のマッチングアプリaocca(アオッカ)

株式会社aocca

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

恋サー

『恋サー』は、大学生・大学院生専用の恋活マッチングアプリです。登録するときには大学のメールアドレスが必須で、怪しい社会人がいないことから安心して恋活できます。恋愛に真剣過ぎる人も限定されているため、気軽に付き合いたい人にぴったり。

マッチング相手とのメッセージ交換前に、公的身分証明書の提出が必要であるため、年齢詐称詐欺に会うこともありません。

大学生・大学院生専用のアプリ
基本料金 月額4,000円(税込)
女性は無料
会員数 非公開
登録方法 大学のメールアドレス
年齢層 10代後半~20代前半
運営会社 株式会社Steadyy

2020年1月にリリースされた恋サーは、同じ大学はもちろん他大学の学生と出会えるアプリです。男性ユーザー向け有料機能の料金は、女性ユーザーの人気によって変動するところが大きな特徴。おのずとブランド力の高い大学の学生は価格が安くなります。

インターネット異性紹介事業の届出を行っている業者が運営していて、24時間365日監視体制をとっているため安心です。

恋サー - 大学生のための恋活アプリ!

Junichi Suzuki

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

マッチングアプリを使う際の注意点

今は安全性の高いマッチングアプリも続々リリースされていますが、さまざまな勧誘や好ましくない業界の斡旋業者がいないわけではありません。これらの勧誘に引っかからないように、気をつけるべき点や対処法を紹介します。

安全性について

マッチングアプリでは、外部サイトに誘導したり盛り上げたりするための架空の存在(いわゆる「サクラ」)も、一定数存在します。以前よりも数はかなり減っていますが、完全にゼロとなったわけではありません。

サクラの特徴としては、以下の点が挙げられます。
・プロフィールの掲載内容が少ない
・自己紹介の文章が馴れ馴れしい
・写真が少ない、もしくは明らかにネットから転用した写真

「サクラからお金を取られてしまった」など、被害報告もありますので、少しでも怪しいメッセージが届いたら絶対に返信しないようにしましょう。

マッチングアプリのサクラ

ビジネスやお金の話をしようとしたら要注意

自分の夢を語ろうとしたり「儲かりますよ」というようにお金の話をしようとしてきたら、業者であると考えて間違いないでしょう。

特に最近目立つようになってきたのが「ネットワークビジネス」と呼ばれるマルチ商法への勧誘です。マルチ商法とは、商品を売って利益を得たうえで、売った相手も販売員として勧誘し、紹介料を受け取る仕組みです。化粧品や健康食品などが多く販売されます。

マルチ商法をにおわせるメッセ―ジが来たら、すぐにやりとりを中断し、運営側に報告しましょう。

マルチ勧誘紹介する詐欺

犯罪に巻き込まれてしまう危険性もあり

マッチングアプリで知り合った相手によって、被害を受けたり犯罪に巻き込まれたりするケースも、残念ながら実際に発生しています。

マッチングアプリを通じた金銭トラブルやストーカー、暴行事件などの被害報告もあり、すぐ近くに危険が潜んでいると思っておいた方がいいでしょう。

マッチングアプリのプロフィールは自己申告であるため、100%正しいとは言えないことも多いです。犯罪に巻き込まれてしまってからはもちろん、犯罪のにおいがした時点で運営側に報告するとともに、警察へも通報しましょう。

体目的で誘ってくる

マッチングアプリは、誠実な出会いを求めている人がほとんどですが、なかには体目的で誘ってくる人もいます。この場合、メッセージをやりとりしている時点で相手の目的を見極められます

体目的の場合、メッセージのやりとりを始めた段階ですぐに会う約束をしたがります。また、昼ではなく夜に会う話をしてくるでしょう。これは、終電がなくなった後のホテルを想定しています。

このタイプを見分けるには、まず昼間に会う提案をしてみてください。その提案を断ったり、連絡が来なくなったりしたら、体目的だったと考えて間違いないでしょう。

知り合った相手が既婚者だった

マッチングアプリでは、既婚者の利用が禁止されているアプリがほとんどですが、なかには規約上禁止されていないアプリも存在します。ただ、既婚かどうかは自己申告制ですので、既婚者であるにもかかわらず独身と偽っている可能性も否定できないです。

既婚者は体目的の場合が多く、真剣な交際につながることはありません。また場合によっては、慰謝料を請求されたり裁判を起こされたりしてしまうおそれもあります。

既婚者かどうかを見分けるには、プロフィールの結婚歴や結婚への意思などを確認し、いずれも空欄になっている場合は要注意です。

大学生に合ったマッチングアプリを使って健全な出会いを求めよう

数あるマッチングアプリのなかでも、今回紹介したアプリは、大学生が安心して使えるアプリばかりです。ただ、アプリでは顔が見えないことから、相手を見極めつつメッセージのやりとりを慎重に行うことが大切です。

大学生活を充実させられるように注意点を頭に入れつつ、マッチングアプリを活用して出会いの場を広げていきましょう。

こちらの記事もおすすめ

20代におすすめのマッチングアプリ9選 恋活・婚活・デート目的別まとめ - Appliv出会い
マッチングアプリのサクラの特徴と見分け方! サクラのいないアプリも紹介 - Appliv出会い