どんなマッチングアプリにも必ずいる業者とは、勧誘や営業を目的にしている偽ユーザーのこと。

業者は本気で出会いを求めているわけではないため、真剣に婚活・恋活をしている人にとって、業者とのやりとりは時間の無駄です。男性は女性ユーザーに扮した業者の標的になりやすく、特に注意が必要!

「いい感じだと思ったら業者だった」
「LINEを教えた途端に連絡が来なくなった」

そんな被害に遭わないために、本記事では業者の手口や見分け方、そして業者の少ないマッチングアプリを紹介します。

マッチングアプリにおける「業者」とは?

マッチングアプリにいる「業者」とは、マルチビジネスや宗教団体への勧誘、風俗の営業などを目的に、マッチングアプリを利用しているユーザーです。

マッチングアプリの本来の利用目的は婚活や恋活、あるいはデートや食事・飲み会ができる相手を探すことですよね。しかし業者はこうしたパートナーを探しているわけではなく、真剣な出会いは求めていません。

業者が求めているのは、一般ユーザーのお金や個人情報。ほとんどのマッチングアプリではこうした本来の目的以外での利用を禁止しており、業者は規約違反にあたります。

業者の種類と手口一覧

業者の手口

「業者」とひとくちに言っても、さまざまな種類があります。ここでは業者の種類や手口をまとめました。

マルチビジネス勧誘 自然に打ち解けつつマルチビジネスに勧誘する
アドレス回収業者 LINEやメールアドレスを聞き出し悪徳業者に売り渡す
宗教勧誘 一見宗教に見えないセミナーやボランティアに誘いマインドコントロール
風俗・援デリ勧誘 セクシーな女性を装って違法な風俗や援交をするように勧誘する
詐欺サイト誘導 理由をつけてURLやQRコードを送り詐欺サイトへ誘導する

マルチビジネス勧誘

マッチングアプリで最も遭遇しやすいのが、マルチビジネス勧誘業者です。そして最も“普通のユーザーっぽい”業者でもあります。

マルチビジネス勧誘の手口は、マッチングしたらまず普通の会話からスタート。打ち解けてきたところで「夢はありますか? 未来に投資しませんか?」「人生最高! 仲間に感謝!」などのキラキラしたワードで勧誘に入ります

またデートではオフィス近くの喫茶店を指定したり、第三者に紹介したりして勧誘しやすい環境を作り出すのです。

アドレス回収業者

メールアドレスやLINE IDを聞き出すことを目的とする業者です。回収したアドレスリストは悪徳業者に売り渡され、後日あなたの元に悪徳業者から迷惑メールや架空請求などが届くようになります。

アドレス回収業者は、マッチング直後に連絡先を聞いてくるのが特徴。プロフィールにも「LINEで話したい」「電話するのが好き」など、連絡先を聞き出すための口実が書かれています。

そもそも出会いに慎重な女性はすぐに連絡先を交換したがりません。すぐに連絡先を聞き出す女性には飛びつかず、しっかり業者かどうかを見極めましょう。

宗教勧誘

自分が入信している宗教へ入信するように勧誘する業者もいます。宗教そのものが悪いわけではありませんが、「マッチングアプリ」という出会いの場で、勧誘ノルマのために活動する信徒たちは強引な手段を取ることも多く、危険です。

宗教勧誘で本当に怖いのはマインドコントロール。一見宗教に見えないようにセミナーやボランティアと称して会場にターゲットを連れていき、そこでマインドコントロールを行っているのです。

高額なセミナー代や祈祷料を取られることもあるため注意が必要です。

風俗・援デリ勧誘

風俗店へ来るように勧誘したり、援交やデリヘルを持ちかける業者です。こうした性的サービスに勧誘する業者は、ほとんどが営業許可を取っていない違法業者。トラブルに巻き込まれる危険性も高いです。

風俗・援デリ勧誘はやけにセクシーな写真が設定され「夜の相手を探しています」と性的な自己紹介文になっているなど、釣ってくるようなアダルト性の高いプロフィールになっているのが特徴。

またターゲットが女性の場合は「稼げる仕事を紹介するよ」などと言って違法な風俗の仕事を斡旋する業者もいます。

詐欺サイト誘導

メッセージでURLを送りつけて、外部の詐欺サイトへ誘導する業者です。この手の業者は、誘導した人の分だけ報酬をもらっています。

マッチングするとすぐに「このサイトの方が無料で使いやすい」「このアプリで以前怖い思いをしたことがあって」などと言って外部サイトのURLを送り、アクセスや登録を促します

送られてきたURLは十中八九、詐欺サイト。超高額な架空請求をされたり、個人情報を盗まれたりする危険性があるため、絶対にアクセスしてはいけません。

業者の特徴や見分け方まとめ

業者の被害に遭わないためにはしっかりと特徴を把握し、一般ユーザーか業者かを見分けることが重要。

ここで業者に共通している特徴と見分け方を「プロフィール編」「メッセージ編」でまとめたので、ぜひチェックリストとして参考にしてみてください。

プロフィール編

業者のプロフィールの特徴

  • 写真が美女すぎる
  • プロフィール写真がコロコロ変わる
  • お金持ちやキラキラアピール
  • 職業が「経営者」「サービス業」「自由業」
  • お金・ビジネス・幸福に関するワードが含まれている

写真が美女すぎる

写真が美女すぎる

業者はターゲットを釣るために、プロフィール写真には美女や可愛い人の写真を使っています。もちろん本人ではなく、拾い画の可能性が高いです。

もちろん一般ユーザーが美人の可能性もありますが、女性から積極的にアプローチしてくる場合は要注意。

マッチングアプリにおいて女性は何もしなくても男性からたくさんのアプローチを受けます。よって女性からのアプローチが多いのは不自然なのです。

プロフィール写真がコロコロ変わる

プロフィール写真がコロコロ変わる

プロフィール写真が頻繁に変わる人は、どの写真で釣れるかを試している可能性大。拾い画を使っていることが多いです。

また写真だけでなく、名前・職業・年収がコロコロ変わっていないかも確認しましょう。別人になりすましながら、新たなターゲットを品定めしているのかもしれません。

中には退会・再登録を繰り返す業者もおり、以前マッチングした覚えのある人と再びマッチングすることもあります。

お金持ちやキラキラアピール

お金持ちやキラキラアピール

高級車やブランドバッグ、旅行の写真などでお金持ちアピール。または、大勢で写ったパーティーの写真などで交友の広さをアピール。

こうしたお金持ち・キラキラアピールが多いのも業者にありがち。「こんなにキラキラした生活が送れます」とイメージさせ勧誘する狙いがあります。

もちろん一般ユーザーでもこうした写真を設定している人もいるため、他の特徴と合わせて総合的に判断しましょう。

職業が「経営者」「サービス業」「自由業」

経営者、サービス業、自由業

職業欄が「経営者」「サービス業」「自由業」などとなっており、自己紹介文でも曖昧な表現をしているのも業者によくある特徴です。

メッセージで仕事について聞いてみても、具体的な業務内容は教えてくれません。むしろ勧誘するための話題を提供することになるので注意しましょう。

もちろん職業欄だけで業者とは断定できないため、他の特徴も当てはまっていないかを確認しましょう。

お金・ビジネス・幸福に関するワードが含まれている

お金・ビジネス・幸福のワードが含まれている

自己紹介欄に以下のワードがやたらと含まれている人は要注意。

お金、投資、高収入、稼ぐ、不労所得、権利収入、ビジネス、複数の事業、仲間、ご縁、夢、成功、感謝……など

本来、自己紹介には自分の個性や恋愛観を書くのが一般的。婚活や恋活をする場で、上記の話題を出すのは不自然です。

自分の職業を曖昧にしながらも「投資」や「ビジネス」などについて書く人は業者の可能性が高いため、避けた方が良いでしょう。

また「業者・勧誘お断り」などの一文を添えて、あたかも自分が業者ではないと見せることもあります。

メッセージ編

業者のメッセージの特徴

  • すぐにLINEなどを聞いてくる
  • すぐに会いたがる
  • QRコードやURLを送ってくる
  • 第三者を紹介してくる
  • 微妙に会話が噛み合わない

すぐにLINEなどを聞いてくる

すぐにLINEなどを聞いてくる

積極的な女性からLINEを聞かれることはあっても、マッチング後すぐに聞き出そうとするのは不自然。

もちろん、中には遊び目的ですぐにLINEを聞く人もいるでしょう。業者の場合はLINEを教えた途端に連絡が途絶えるか、アプリから退会します。

しかしLINEを教えてから気付くのでは遅いので、他の特徴と照らし合わせ、信用できる人と確信するまでは教えないようにしましょう。

すぐに会いたがる

会いたがる

マッチング後すぐに会いたがる女性は、遊び目的か業者かのどちらか。業者は直接会った方が勧誘しやすいため、メッセージ1〜2通目でデートに誘ってきます。

わかりやすいのはセミナーやボランティア、パーティーなどに誘う業者。恋人を求めるなら1対1のデートに誘うのが一般的なので、大多数が集まる場に誘われればすぐに違和感に気付きやすいでしょう。

QRコードやURLを送ってくる

QRコードやURLを送る

メッセージを始めて1〜2通目で「スマホの調子が悪い」「機種変する」と言いながらQRコードやURLを送ってくる人も業者の可能性が高いです。

このQRコードやURLの先は詐欺サイト。美人の写真を使い思わせぶりな態度を見せて「やりとりしたい」と思わせ、誘導する手口です。

また中には最初からプロフィールにLINE IDを載せているパターンもありますが、LINEを追加すると今度はLINEから詐欺サイトに誘導されます。

第三者を紹介してくる

第三者を紹介

真剣な出会いが目的なら、二人で会おうとするもの。そのため「尊敬している人に会ってほしい」「紹介したい人がいる」と言いながら第三者を介入させようとする人はほとんど業者だと言えます。

実は第三者を入れることで、説得力を持たせたり勧誘を断りづらくするのが目的。そもそも第三者が介入すると出会い以外の目的があるのだと読み取れるので、すぐにブロックしましょう。

微妙に会話が噛み合わない

会話が噛み合わない

業者とメッセージのやりとりをしていると、会話が噛み合わないことがあります。質問してもスルーされたり、突然他の話題を出されたり、聞いてもいないことを語り出したりするのです。

微妙に会話が噛み合わないのは、業者が自分の目的を達成することしか考えていないから。

話をきちんと聞いてくれない人、なんだか一人で盛り上がっていそうな人は、たとえ業者じゃなくても付き合うと苦労するので、そっと離れていきましょう。

業者とサクラの違い

勘違いされやすいですが、業者とサクラは別物です。

業者がマッチングアプリとは関係のない、外部会社などから来ている偽ユーザーであるのに対し、サクラは出会い系サービスの運営側が雇った内部の偽ユーザーのこと。

外部に誘導する業者と違い、サクラは一般ユーザーにサービス内でなるべく多く課金させたり、イケメンや美女の登録者が多いと錯覚させたりすることが目的です。

サクラのような内部業者はシステムや運営次第で無くすことができますが、マルチ勧誘や詐欺サイト誘導などの外部業者は0にできない点に注意しましょう。

業者がいないマッチングアプリの探し方

業者はマッチングアプリ運営会社の外部からやって来きます。そのため運営会社がどんなに対策をしても、抜け道を見つけては紛れ込み、100%防ぎきることはできません。

業者を見分ける力があれば被害を防げますが、最初から業者が少ないマッチングアプリを使った方が効率が良いですよね。

なるべく業者に遭遇しないように、ここでは業者が少ないマッチングアプリの探し方を解説します。

身分証提出や顔認証で本人確認を徹底している

本人確認を徹底

出典:Pairs

業者はなりすましなどで自分の素性を隠して活動したがります。本人確認が徹底されているマッチングアプリなら、業者は活動しにくいでしょう。

そこで、身分証提出や顔認証ができないとメッセージを送れないマッチングアプリを選ぶようにしましょう。

例えば『Pairs(ペアーズ)』では、本人確認が2つのステップで求められます。1つは従来の公的証明書の提出、もう1つは顔認証技術による実在の確認です。

本人確認の方法が複数段階に分かれていたり、その場で自撮りが求められたりするような徹底ぶりの方が安心でしょう。

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活のためのマッチングアプリ

eureka,Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

パトロールや監視を徹底している

パトロールや監視体制

出典:with

24時間監視体制のあるマッチングアプリなら、仮に業者が存在していたとしてもすぐに運営会社が見つけて排除してくれます。

マッチングアプリを選ぶ際には「安心対策」の項目を見て、パトロールや監視を徹底しているかどうかを確認しましょう。

例えば『with(ウィズ)』では、24時間365日、常時監視体制を徹底。悪質なユーザーを見つけたらすぐさま追放し、ユーザーが通報することでもスピーディーに対応してくれます。

監視体制が整っているかどうかは運営企業の大きさにもよります。個人運営のマッチングアプリはスタッフが少なく監視が行き届いていないことが多いです。一方で大企業や上場企業が運営するアプリには大勢のスタッフがおり、しっかりパトロールされているので安心しやすいです。

出会い with(ウィズ) 婚活・マッチングアプリ

IGNIS LTD.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

男女共に有料

男女共に有料

出典:ゼクシィ縁結び

女性無料のマッチングアプリだと、業者が女性ユーザーに扮しやすく、男性ユーザーがターゲットにされることが多いです。真剣に出会いを求めている人は、男女共に有料のマッチングアプリを使うのがおすすめ。

男女共に有料のマッチングアプリを、婚活・恋活していない業者がわざわざ課金してまで使うメリットはありません

例えば『ゼクシィ縁結び』は登録自体は無料ですが、メッセージをするには月額課金が必要。男女同額の4,900円/月で、コンシェルジュが間に入ってデートの調整をしてくれるため、業者にとっては使いにくいアプリです。

有料であることで必然的に真剣なユーザーが集まりやすいため、婚活・恋活もスムーズに進めやすくなるでしょう。

ゼクシィ縁結び - 婚活 アプリ

Recruit Co.,Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

まとめ

マッチングアプリで理想の人との出会いを邪魔する業者。遭遇するとマルチビジネスや宗教の勧誘、風俗の営業、架空請求などのトラブルに巻き込まれてしまいます。

どのアプリにも必ず業者は存在するため、しっかりと特徴を押さえて、自分で見抜くことが大切です。少しでも業者っぽいと感じたら、ブロックや通報をして被害を防ぎましょう。

業者に遭遇する確率を下げたい人は、業者が限りなく少ないマッチングアプリを使うのがおすすめ。本人確認や監視体制が整っているマッチングアプリなら安心です。

業者との遭遇を防ぎ、婚活・恋活を楽しみましょう!

こちらの記事もおすすめ

出会い系サイトとマッチングアプリの違いは? 注意点とおすすめアプリ5選 - Appliv出会い
マッチングアプリおすすめNo.1を21個使い倒して決めてみた【2021年9月】 - Appliv出会い
出会い with(ウィズ) 婚活・マッチングアプリ

IGNIS LTD.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る