マッチングアプリに興味があるけど、実際の利用率はどれくらいなのか、気になる人は多いのではないでしょうか。

テレビなどでも取り上げられる機会が増え、マッチングアプリはかなり普及が進んでいます。しかしそれでも、周囲に経験者がいないとどういった実態なのか気になりますよね。

今回は、マッチングアプリの利用率に関するデータや、各アプリの会員数、アプリの選び方から人気アプリの特徴まで詳しく解説していきます。

間違いなしのおすすめ出会い系アプリ

2022年はボッチ脱出
好みのタイプ探せる

with

Web版はこちら

既婚者も利用OK
年末年始暇な人探せる

ハッピーメール

Web版はこちら

即会い希望が多数!
遊び目的に大人気

PCMAX

Web版はこちら

40代ユーザー多数
バツイチの出会いに◎

マリッシュ

Web版はこちら

18歳未満の方は利用できません。

マッチングアプリの利用率に関するデータ

まずはマッチングアプリの利用率に関するデータから紹介します。
マッチングアプリの利用率は確実に高まってきていて、今後一般的に使われるものになる可能性が充分あります。

マッチングアプリの認知度は、6割近くまで高くなっている

MMD研究所の研究データ

出典:MMD研究所_2021年のマッチングサービス・アプリ利用経験者は78.2%、昨年と比べて21.1ポイント増加 利用上位のマッチングサービス・アプリはトップが「Pairs」、次いで「タップル」

2020年のデータになりますが、MMD研究所が3,000人以上を対象にアンケートでマッチングアプリを知っているか質問を行ったところ、59%の人が知っているとの結果に。名前だけ聞いたことがある人も含めると、87%もの数値になりました。

2020年4月以降、つまり緊急事態宣言の後からは普及率が更に高まり、恋人を探す場所や手段としてマッチングアプリが42.6%と最も多くなっています。

これにより恋人を探すために行う方法として、現在最もメジャーな方法がマッチングアプリと言えます。

マッチングアプリを知っている場合、利用経験率は約80%

MMD研究所の調査データ

出典:MMD研究所_2021年のマッチングサービス・アプリ利用経験者は78.2%、昨年と比べて21.1ポイント増加 利用上位のマッチングサービス・アプリはトップが「Pairs」、次いで「タップル」

またMMD研究所の同調査の中で、マッチングアプリを知っていると回答した1,986人のうち、現在マッチングアプリを利用している人は32.6%、過去に利用経験があると答えた人は45.7%と出ています。合わせると78.3%。

「マッチングアプリを知っている」という前提はありますが、このデータからもマッチングアプリの普及具合が十分に伺えます。

相席屋会員においても利用率8割超え

aimatchが行った調査データ

引用:PR TIMES_社会人男女のマッチングアプリ利用率は80%超え!相席屋会員400名の出会い事情を調査|株式会社モスティープレイスのプレスリリース

別のデータを見てみましょう。株式会社モスティープレイスが運営する、マッチングアプリ・婚活専門サイト『aimatch』が、相席屋と共同で、相席屋会員男女400人を対象に、マッチングアプリの利用状況について調査を行っています。

相席屋とは、相席を通じて男女の出会いを後押しするリアル店舗です。

調査によると、マッチングアプリの利用経験者は8割を超える結果に。出会いに関して積極的な人の多くは、マッチングアプリの利用経験があることがわかります。

マッチングアプリの認知度は高まっている

これらのデータをまとめると、マッチングアプリの認知度、利用経験の多さ共に、非常に高いと言えるでしょう。

少し前までオンラインやネットの出会いはどこか敬遠されがちな風潮がありましたが、同僚や友達などリアルな知り合いに利用者が増えるにつれ、そういった偏見を持っている人は減ってきています。

大手マッチングアプリの会員数を比較

次は、どのマッチングアプリに利用者が多いのか、会員数を比較していきます。アクティブユーザーの会員数は基本的に公開されておらず、累計会員数となっています。

アプリ名 累計会員数
Pairs 1,000万人
タップル 600万人
with 500万人
Omiai 600万人
youbride 220万人
マリッシュ 150万人
Tinder 非公開
ハッピーメール 2,700万人

累計会員数が最も多いのは、ハッピーメールとなりました。ただハッピーメールに最も多くの人が集まっているかというとそういったことはなく、ハッピーメールのリリースされた年月が他アプリよりも古いことが影響していると推測できます。

AppStoreアプリ最新セールスランキングの2021年10月・11月のマッチングアプリ売上ランキングを見てみると、Pairs、タップル、Tinderがトップ3。続いてwith、Omiaiと続いていきます。

Tinderは会員数が非公開ですが、男性が無料でも出会える仕組みでこの順位と考えると、かなりの数のユーザーがいると考えられます。

また、婚活要素の強いマリッシュ、youbrideは会員数が少なめです。オンラインでの出会いに抵抗がなく、積極的な20代前半~半ばをターゲットにしたアプリの方が利用者が多いことが理由の1つだと考えられます。

会員数が多くても理想の出会いがあるとは限りませんが、地方に住んでいる人は知名度と人気があるアプリを優先して選ぶのがおすすめです。ユーザーが少ないと、検索しても出会いたい相手がいないといったこともあるためです。

会員数の多いマッチングアプリのメリット

次は、会員数の多いマッチングアプリのメリット・デメリットを整理して紹介していきます。メリットは主に以下の3つです。

・多くの利用者の中から好みの相手を探せる
・地方でも使いやすい
・マッチング自体がしやすく、難易度が低い

多くの利用者の中から好みの相手を探せる

利用者の多いマッチングアプリの利点としては、好みの相手を探せることです。マッチングアプリの中には検索機能が充実しているものがあり、身長が〇cm~〇cm、タバコを吸うかどうか、体型は普通からやや細めなど、細かく設定した上で相手を探せます。

会員数が少ないアプリで検索すると、地域によってはほとんど表示されません。出会いたい理想の相手がイメージできていて、いくつかの条件を満たした相手と出会いたいと考えている人は会員数の多いアプリを使いましょう。

地方でも使いやすい

会員数の多いマッチングアプリは、地方でも使いやすいメリットがあります。地方になると自然と会員数は少なくなりますが、人気や知名度のあるアプリであれば比較的利用者が多いためです。

マイナーなアプリを地方で使おうとすると、ほとんどユーザーがおらず全く出会えないといったことも起こります。

マッチング自体がしやすく、難易度が低い

利用者が多いアプリは、マッチングがしやすい利点があります。特に相手からいいねをもらえる機会が多くなるため、いいね返しによるマッチング成立が見込めます。

丁寧なプロフィール作成をすることが前提ですが、利用者が多いアプリであれば、誰かが求めている条件に自分がマッチしているというケースは増えていきます。

会員数の多いマッチングアプリのデメリット

会員数の多いマッチングアプリにはいくつかデメリットもあります。利用を検討する上で、どういったデメリットがあるのか把握しておきましょう。

・身バレのリスクがある
・異性からアプローチされすぎて困惑することがある
・ライバルが多く、人気ユーザーは競争が激しい

身バレのリスクがある

会員数が多いマッチングアプリを使うと、身バレのリスクが高くなります。利用者が多い中で知人に見つかる可能性は低いとも考えられますが、住んでいる地域などある程度条件を設定して絞っていくと比較的簡単に見つかってしまうこともあります。

身バレ対策の方法もありますが、知人に見つからないか不安な人は有名アプリを使う前に一旦検討しましょう。

異性からアプローチされすぎて困惑することがある

特に女性に多くいますが、利用者の多いアプリに登録してすぐ、あまりにも多くの男性からアプローチが来すぎて困惑してしまうこともあります。容姿が優れている人であれば、1日に1,000近くものいいねが来ることもあり、処理しきれなくなることも。

それだけ多いと見極めが重要になりますが、丁寧に返信を返していても傷つく言葉を投げかけられる場合もあります。

ライバルが多く、人気ユーザーは競争が激しい

利用者が多いアプリはマッチングしやすいメリットもありますが、アプリの種類によってはハイスペックなユーザーに人気が集中する側面もあります。

そのため理想の相手と出会いたい場合は、ウケの良い写真の用意と丁寧なプロフィール作成が重要です。

マッチングアプリの選び方

数あるマッチングアプリの中から理想の相手とマッチングするために、ここではアプリの選び方を解説します。

自分の利用目的を明確にする

マッチングアプリを選ぶ場合は、自分の利用目的を明確にしましょう。

ただ単に飲み友や気軽に会える相手を探しているのか、恋人が欲しいのか、婚活をしたいのか。恋人が欲しい場合は、将来結婚も考えているのか、とりあえず恋愛がしたいのかによってもベストなアプリは変わってきます。

選ぶアプリによって集まる人の属性が変わってくるため、目的に合ったアプリを選ぶと理想の相手と出会いやすくなります。

年齢に合ったマッチングアプリを使う

アプリ選びは、年齢に合っているかどうかも重要です。少しくらいの年齢差であれば問題ないですが、基本的には同年代同士が最もマッチングはしやすいでしょう。そのため、自分と年齢の近い人が集まるアプリを選ぶのが最も効率的です。

地方か都市部かで選ぶべきアプリは変わる

前述した通り、地方の場合は人気のある有名アプリを使うことをおすすめします。変わった機能のあるマイナー寄りのアプリは地方では利用者が少なく、なかなか出会いにくいためです。

都市部に住んでいる場合は、年齢や目的がマッチしているのであれば新しいアプリに挑戦してみるのも良いでしょう。

試しにいくつかインストールしてみる

マッチングアプリは男性においては有料でなければ出会えません。基本的にメッセージのやり取りからは月額会費を払っていないと利用できないためです。しかし、無料でもどういった人が登録しているのか、女性のプロフィールを見ることは可能です。

どんな人がいるかを見るには実際にアプリを登録する必要があるので、悩んでいる場合は気になるアプリをいくつかインストールしてみることをおすすめします。

女性のプロフィールを見て、気になるアプリを始めてみると良いでしょう。女性の場合は多くのアプリが完全無料で利用できるため、利用する上でほぼノーリスクで挑戦できます。

会員数の多いマッチングアプリの特徴を解説

ここでは、会員数が比較的多い人気のマッチングアプリをそれぞれ簡単に紹介します。アプリ選びで悩んでいる人は参考にしてみてください。

Pairs:王道アプリ! 真剣度高め

Pairs(ペアーズ)は、累計会員数を公開しているマッチングアプリの中では1,000万人以上と最も利用者が多く、王道のアプリともいわれています。利用者の真剣度は高めで、結婚を見据えた恋愛を望んでいる20代後半のユーザーがメインです。

そのため、恋愛がしたい人や20代前半の大学生には他のアプリの方が合っていることも多いです。利用者が多いので、地方に住んでいる人にもおすすめです。

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活のためのマッチングアプリ

eureka,Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

タップル:若者に人気! ライトユーザー多め

withやPairsに並ぶ人気を誇るアプリです。いいねを送れる数が多く、次々と表示されるユーザーをスワイプしていく方式は、多くの人と出会うのに向いています。

目的は恋愛や遊び目的が多めで、年齢層も20代前半~半ばがメインです。とにかく多くの人と出会いたい人や、恋愛を楽しみたい人におすすめです。

タップル-マッチングアプリで恋活/婚活

Tapple, Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

with:人気沸騰中!心理テストで相性の良い相手が探せる

withは心理テストを使って相性の良い相手を探せる、独自の機能を持ったアプリです。心理テストを好む女性が多いことから人気は高まっていて、ユーザー数もかなり増えてきています。

価値観の合う相手を求めて、理想のひとりを探している人におすすめです。真剣度はタップルとPairsの中間程度といったところです。

出会い with(ウィズ) 婚活・マッチングアプリ

IGNIS LTD.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

Omiai:情報流出で会員減少中?

Omiaiは、真剣交際できる相手を探せる婚活要素の強いマッチングアプリです。特徴は、通報された人にイエローカードが付くことにあります。

肉体関係が目的の言動だったり、既婚者や恋人がいるユーザーは、通報されるとイエローカードが付き、要注意人物がわかります。そのため真剣交際を望んでいる人が多く利用しているのが特徴です。

不正アクセスによる情報流出で170万件を超える個人情報が漏洩しました。この件でユーザー数が減少した可能性もありますが、マッチング系アプリの売上ランキングでは未だに上位にいることから、まだまだユーザーがいることがわかります。

マッチング Omiai - 婚活・恋活アプリ

Net Marketing Co., Ltd

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

youbride:成婚実績ナンバーワン!年齢層高め

ユーブライドは、成婚実績ナンバーワンの婚活アプリです。他のアプリよりも真剣度はかなり高く、年齢層も30代後半~50代までとやや高めになっています。

他アプリとの大きな違いは、女性が有料な点です。これにより真剣度が高い人が多く集まり、結婚を前提とした交際に多く発展しています。

youbride 婚活マッチングアプリ

Diverse.Inc

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

マリッシュ:バツイチ・シンママ応援の婚活アプリ

マリッシュは、バツイチやシンママ、シンパパを応援している婚活アプリです。マリッシュよりも更に年齢層は高くなり、40代・50代がメインとなっています。

再婚を応援している唯一のアプリで、離婚歴に寛容な人が多く集まるのが特徴です。

マリッシュ(marrish) 婚活・マッチングアプリ

株式会社マリッシュ

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

Tinder:気軽に使える代わりに、真剣度はかなり低め

Tinderは、海外発祥のマッチングアプリです。非常にシンプルで、プロフィールも写真と軽い自己紹介ができるフリースペースのみ。気軽な出会いを求めている人が多く、婚活は難しく、恋愛目的で使うのもあまりおすすめできません。

男性が無料の数少ないアプリであることから、非常に利用者が多いのが特徴。細かい検索ができないことからルックスの良さが最重要となっています。やや難易度が高めで、初心者にはあまりおすすめできません。

Tinder-恋人や友達探し・出会いのためのマッチングアプリ

Tinder Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

ハッピーメール:累計会員数2,700万突破の老舗マッチングアプリ

老舗の恋愛アプリです。月額会費を払って使うのではなく、事前にアプリ内で使えるポイントを購入して、メール1通50円分のポイントでやり取りするシステムになっています。

マッチングせずとも気になる相手にメールが出せるので、プロフィール作成が面倒な人にはおすすめ。利用目的はライトな人がほとんどで、年齢層は20代から40代まで幅広い人が集まります。

出会いマッチング ハッピーメール マッチングアプリ

株式会社アイベック

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

まとめ:利用者が増える中、最適なアプリ選びが大事

今回は、マッチングアプリの利用率などを紹介し、アプリの選び方や大手アプリの特徴を簡単に解説しました。マッチングアプリの利用者はどんどん伸びていて、認知度も高くなっています。

街コンなどに出かけるより費用も安く、家にいながら好みの相手を検索できるのが魅力となっているのでしょう。

アプリを使う場合は、年齢層や利用目的を明確にすることが重要です。自分に合ったアプリを選んで、理想の相手を見つけてください。

こちらの記事もおすすめ

マッチングアプリの利用率を解説! リアルな口コミ・体験談・おすすめも - Appliv出会い
マッチングアプリに関する口コミを2ch(5ch)から徹底分析! - Appliv出会い