出会いアプリでは実生活と違い、アプリならではの独特の言葉・表現方法でコミュニケーションが取ることが多々あります。それだけに「何となく」の意味でやり取りをしていると、思ってもみないトラブルに巻き込まれるなんてことも。

そこでこの記事では、出会いアプリを使うなら必ず知っておきたい用語をまとめました。

あ行

■足あと

自分のプロフィールを閲覧した人がわかる、または相手に自分がプロフィールを見たことを知らせる機能のこと。

■アバター

顔のパーツ・髪型・服装などを自由に組み合わせ、自分似のキャラクターを作成する機能。一部の出会いアプリではアバターをプロフィール写真代わりに使用できるものもあり、プライバシーを守りながら出会いアプリを利用することができます。

ですが、アバターの多くは美化して作成される傾向にあり、現実とアバターのギャップにショックを受けることも……。

■アポ

アポイントメント(約束)の略。出会いアプリでは「直接会う約束を取り付ける」の意味で使われます。

■荒らし

掲示板など不特定多数のユーザーの目に触れる場所で、誹謗中傷などの出会いにそぐわない書き込みをするユーザーのこと。

■苺

「1万5000円」のこと。援助交際目的のユーザーが運営の監視を逃れるために使用する、出会い系ならではの隠語の一種です。

他にも「煮(20000円)」や「参(30000円)」や、「諭吉」(1万円の意)といった紙幣に描かれる人物の名称、さらには「@1」(1万円の意)などの記号化した表記が用いられます。

■FO

フェードアウトの略。出会い系等で出会った相手との連絡を徐々に取らなくしていって、最終的には全く連絡を取らない状態にすることを指します。
異性とのやり取りで使われることは少なく、主に同性同士の情報交換の場で目にする言葉。

■円光

援助交際を意味する略語「援交」を意味する隠語。他にも「円」といった略語など、以下のような表現が存在しています。

■略語を用いた表記
・円
・燕

■記号を用いた表記
・¥
・○

■遠回しな意思表示を用いた表記
・お願いありで
・余裕のある人
・意味わかる人
・携帯代が無くて
・困っています
・助けてください
・ピンチ

■別の言葉への置き換えをした表記
・サポ
・無道

■大人の関係

男女の恋愛感情を抜きにし、「本気にならないこと」を条件に交際を行うこと。

か行

■カキコ

「掲示板に書き込む」ことを表す略語。

■かまちょ

「かまってちょうだい」の略。「誰かかまちょ」のように、掲示板やプロフィールの項目で、不特定多数の人へのアピールする文言としてよく使用されます。
また「かまちょ」を利用する人の多くは、すぐに出会える人や暇つぶしの相手探しなど、気軽な出会い目的のユーザーに好まれる言葉です。

■亀レス

亀のように遅いレス(返信)を意味する言葉。掲示板の書き込みやメールの返信がとても遅いこと・人を指します。

■絡んで

前述の「かまちょ」同様に、「相手をしてください」という意思表示に使われる表現です。
「暇だから絡んで」と表記されることが多いですが、メッセージを送っても返信されず涙することも多々。あくまでも返信は「気に入った相手だけにされるもの」と考えておいた方が良いです。

■キャッシュバッカー(CB)

キャッシュバッカーはお小遣い稼ぎを目的に出会いアプリを使用しているユーザーのことです。一部の出会いアプリでは、男性からのメール受信によってポイントを貯めることができ、現金や電子マネーに交換することができます。

キャッシュバッカーはサクラ同様に、やり取りを引き延ばす傾向にあるので、無駄なポイント消費に注意が必要です。

■業者

一般ユーザーを装って出会いアプリを利用し、自己の利益を得ようとする個人・企業・団体のこと。
大まかに以下の3つに分類されます。

・援デリ業者
一般ユーザーを装い、援助交際で男性客を勧誘する風俗業者。サクラやキャッシュバッカーと異なり、目的・条件などを端的に記したメールをする傾向にあります。

・悪質サイト誘導業者
メールなどで「このURLのサイトでやり取りしない?」などと理由付けし、自身が運営する他サイトへ誘導する業者のこと。もちろん誘導されるサイトは、会員登録が有料だったり、高額なメール料金などの悪質出会い系サイトがほとんどです。

・メールアドレス回収業者
一般ユーザーとのやり取りを通じて入手したメールアドレスを、迷惑メール・スパムメール送信業者などに売ることで収入を得る業者。メールアドレス以外にも、LINEなどSNSのIDや電話番号も回収の対象となります。

■掲示板

不特定多数のユーザーに自分の書き込みを閲覧してもらえる機能。「メル友」「恋人募集」など、目的に合わせて掲示板が細分化される出会いアプリもあり、特定の目的を持つユーザー同士で利用されます。
掲示板のほかに「板(イタ)」や「BBS」と呼ばれることも。

■コミュ

コミュニティの略。サイト内における共通の趣味や、同じ出会いの目的を持つユーザーをまとめるカテゴリ。年齢別や地域別といったプロフィール項目、趣味の話や雑談をするものなど、多種多様なコミュニティが存在しています。

さ行

■サクラ

アプリ運営が仕込んだ、一般ユーザーを装った会員のこと。一般ユーザーに多く課金をさせことを目的とし、主にメールのやり取りをダラダラと続け、ポイントを消費させようとする、出会いアプリ最大の難敵です。

また業者と異なり、見分け方が初心者には難しいのが特徴的。サクラの詳しい特徴や見分け方は、『実際に騙されてわかった、サクラの見分け方』を参考にしてください。

■サシアポ

1対1で会うこと。ピンアポとも呼ばれます。

■サポ

前述の「円光」と同様に、金銭の受け渡しを条件とした交際のこと。さらに表記を縮め、「サ」とも略されることもあります。

「円光」はメール・メッセージでの使用が多い一方で、「サポ」は掲示板など、多くの人の目に触れられる場所での使用が一般的になっているようです。

また「サポ」には以下の3つのような種類があります。

・神待ち
金銭や宿泊場所など、金銭面以外のサポを求める状態のこと。
この「神」という言葉を好んで使うのは、18歳未満のユーザーが多く、徹底した年齢確認が必須となります。

・茶飯
一緒に食事やお茶をするだけのお付き合いを求めるサポのこと。

・定期
月1回、週1回のように定期的な頻度でサポを行う人のこと。

■地雷

実際に会ってみたら「プロフィール写真と全然違う」「実は束縛したがる性格だった……」のように、出会いアプリだけでは判断できない相手のこと。
また、こうした相手に会うことを「地雷を踏む」と言うことも。

■即○○

「すぐさまの○○」という意味。すぐに連絡先を交換することを「即アド」、すぐにデートの約束を取り付けることを「即アポ」のように、「即+○○(行為)」といった形式で使われます。

た行

■ダラメ

「だらだらとメールする」ことの略称。

■直○○

「直接○○する」といった意味で使用される言葉。出会いアプリを介さずに、携帯メールやLINEでやり取りすることを「直アド」「直メ」、直接電話をすることを「直電」などのように、連絡手段と併用されることが多い言葉です。

■美人局(つつもたせ)

内縁の男女が共謀して、カモとなる男を騙す恐喝・詐欺行為。女性と関係を持たせた後に、慰謝料を名目に法外な金銭を要求するなどの手口が一般的です。

他にも、
・女性との待ち合わせ場所に待ち構えていた男に金品を奪われる
・未成年と関係を持たせ、青少年保護育成条例を盾に恐喝を行う
などの手口が挙げられます。

な行

■ネカマ・ネナベ

「ネットおかま」「ネットおなべ」の略語で、出会いアプリ上で異性を装う人を指します。多くのネカマ・ネナベは暇つぶしや冷やかしを目的としており、過度に女性・男性らしい言い回しが特徴となります。

ですが中には女性になりすましてキャッシュバッカー行為を働くユーザーもおり、注意が必要な場合も。

は行

■バンゲ

「電話番号ゲット」の略語。異性とのやり取りで使われることはほとんどありません。

■飛燕

「非援助交際→非援助→ひえん→飛燕」のように、援助交際をしない関係を意味する隠語。金銭のやり取りをせずに、援助交際と同等の付き合いを行うことを指します。

■プロフ

プロフィールの略称。出会いアプリでは、自己紹介や、好みのタイプなどを他ユーザーに公開することができる機能のこと。

■放流

出会いアプリを通じて知り合った異性との関係を終えること。主に出会いアプリに慣れた男性が好んで使う、独特の言い回し。

■ぽちゃ

体型を表す“ぽっちゃり”と同義の言葉。一般的には適度にふくよかな体型を示す言葉ですが、出会いアプリでは太ましい女性が体重のサバを読むのに使用する傾向があります。プロフィールに「ぽちゃ」と書かれていたら、予想より一回り大きい体型であることは覚悟しなければなりません。

■ホ別・ホ込

「ホ別」=ホテル代は別、「ホ込」=ホテル代込み など、援助交際目的のユーザーが条件を提示する際に使用する言葉です。
また多くの場合で「ホ別2(ホテル代別・2万円の意味)」のように、数字と組み合わせて使用されるのも特徴的。

ま行

■緑

LINEのこと。他にも頭文字を取って「ら」「L」、和訳した「線」などと言い換えられて使用されることもあります。

またカカオトークの場合も同様に、「かか」「おかか」「K」「黄」など、別の言葉に言い換えられて使用するのが一般的。

■メルカノ・メルカレ

「メール彼女」「メール彼氏」の略。恋人のようなやり取りや行為を、メールのみで行う関係のことを指す場合が多いです。
またチャットで同様の関係を持つ「チャカノ(チャット彼女)」も存在。

■面接

出会いアプリを通じてやり取りしていた相手と、実際に会うこと。
異性に対して使う言葉ではなく、主に同性同士の情報交換の場でよく使われる表現です。

■ 面接落ち

異性と実際に会った後、気に入ってもらえずにそのまま帰られてしまうこと、その後連絡が取れなくなることを指します。

や行

■ヤリ目

「体のお付き合い」を目的として、出会いアプリを利用すること。

ら行

■レス

レスポンスの略。一般的に掲示板やメールなどの返事・応答のことを表します。

わ行

■割り切り

恋愛感情を抜きにし、「本気にならないこと」を前提とした男女関係のこと。特に「体だけのお付き合い」を意味した場合で使われることが多い言葉です。

また「割り」と略称で使われることも。

■言葉の正しい意味を使ったコミュニケーションが、安全な出会いの第一歩

隠語や独特の言い回しの多い言葉が飛び交うだけに、「知らず知らずの間にトラブルに巻き込まれていた……」なんて可能性もあり得るのが出会いアプリです。
もちろん相手に言葉の意味を聞くのもイイですが、無駄なポイント消費になりますし、なにより話の流れを断ち切って、相手に悪い印象を与えることにもなります。

今回紹介した言葉の意味をしっかりと理解して、安全な出会いに役立ててはいかがでしょうか。

出会いアプリランキングはこちら