出会い系サービスに登録した途端、迷惑メールがくるようになった、架空請求された、などいまだにそういった被害も多いのが現状です。中には個人情報が漏れてしまうこともあるといいます。

そういった個人情報が流れないために、何に注意すればいいのか、一度流れてしまった個人情報は諦めるしかないのかについてご紹介していきます。

出会い系サイトじゃなければ大丈夫? サイト登録時に危険を回避

出会い系サービスに登録した途端、迷惑メールが頻繁にくるようになった、または架空請求や詐欺まがいのメールがくるようになったことはないでしょうか。また、出会い系に登録した覚えがないのに、出会い系サイトから頻繁にメールがくるようになったり、登録していないのに登録完了したことをお知らせするメールがきたりすることもあるようです。

そういったメールにアクセスすると架空請求をされることや、あるいは無料と偽って有料サイトに案内され高額な使用料を要求されるなど、ぼったくりバーのようなことが行われることもあります。

悪質な出会い系サイトはテレホンクラブや風俗店を運営している会社が行っていることも多くあります。そういった会社は蜘蛛の巣のように張り巡らされた集金システムで、架空請求や高額な使用料を要求し、少数のお客から徹底的に搾り取るシステムで収益を得ています。

また、出会い系サイトに限らず競馬サイトや占いサイト、懸賞サイトのような一見どこにでもある普通のサイトを装い、登録した途端前述したような迷惑メールを送ってくるパターンも報告されています。

こうした悪質サイトでは、多くは豊富な資金を持つ会社の子会社やグループ会社が組織絡みで行っており、どこかのサイトに登録した途端、あの手この手で襲ってきます。なので出会い系サイトに限らず、個人情報の入力が必要とされるサイトでは、登録する前に運営会社を調べ、個人情報が流されることがないかどうか規約をしっかり読むことが重要です。

もし、不審な点を見つけた場合は登録を諦めるか、メールアドレスはサブで使っているものなど、流れても問題のないものを用意して登録するようにしましょう。

流れてしまった個人情報、諦めるしかない?

「大丈夫だと思ったサイトから個人情報が流れしまった」
流れてしまった個人情報はどうしたら止めることができるのでしょうか、諦めるしかないのでしょうか。

万が一、流出してしまった場合は、これ以上被害が大きくならないように速やかに対処することが重要です。

知らない電話番号から電話がかかってきたり、迷惑メールが頻繁にくるようになったりした場合は、基本的には一切無視をすることです。

しかし、あまりにも頻繁にくるようになった場合は、電話の場合は拒否設定を行いましょう。メールの場合は最近では迷惑メールを自動で振り分けるシステムが導入されています。それでも受信ボックスにきてしまう場合はメールアドレスを登録し、自動的に別フォルダやゴミ箱に振り分ける機能を使うことで、メールを開かずに削除することができます。

プロバイダのオプションサービスやセキュリティソフトを利用することで迷惑メールを限りなく受信しないようにする方法もあります。

架空請求をされた場合もメールなどは無視して大丈夫ですが、電話の場合は相手に連絡先を聞き、公的な機関に相談するようにしましょう。

警察庁がサイバー犯罪を相談とする窓口を都道府県別に紹介しており、被害があったときは法テラスなどに相談にのってもらえます。

■都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧
http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm

■法テラス(日本司法支援センター)
http://www.houterasu.or.jp/

自分ではどうしようもなくなったときは専門機関に相談を!

実際に被害に起きてしまったら、これ以上被害を広げないためにも専門機関に相談することが重要です。今回紹介した、警察庁のサイバー犯罪相談窓口や法テラスなどにすぐ相談して解決してもらうことが重要です。

こういった問題が起こらないためにも、危機管理を持つことが重要ですが、何かあったときは迅速に行動することを忘れないでください。