[ Sponsored Content ]

気軽に遊びに行ける友達探しから、真剣な交際まで……幅広い出会いに使われる出会い系サービス。ですが、そうしたうたい文句とは裏腹に、「出会い系で真剣な交際を求める人なんているの?」「警戒心の高い女性が手軽な出会いを求めるの?」と、疑問に思う部分も多いです。

そこで今回は、老舗出会い系サービス『ワクワク』の協力を得て、ユーザーの出会いの目的を大調査。出会い系を利用しているユーザーの本音に迫ります。

ワクワク-恋人募集に最良のマッチングアプリ

WAKUPL,Inc.

4.08

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません
※18歳未満の方は利用できません。

調査した内容

ユーザーの利用目的を知るために、今回は「プロフィール」と「アンケート」を用いた2つの調査を行いました。

プロフィール調査

▲プロフィール調査の対象となったユーザーの年齢層

ワクワクユーザーからランダムに「男女それぞれ370人※」をピックアップ。合計740人分のプロフィールから、出会いの目的が記載される「興味あること」を目視チェックで集計しました。

※370人:信頼レベル95%となる、統計学に基づいた人数

プロフィール調査の結果

▲「興味あること」の集計結果

プロフィール調査は、上記のような結果となりました。

さらに集計結果を、
・結婚を視野に入れている人→結婚相手
・結婚は考えず、恋人探しをする人→恋人
・友達のみを探している人→友達
の3グループに分けると、以下のように。

男性は結婚相手・恋人・友達ともに、約3割となりましたが、意外にも女性は友達のみを探す人が44.6%もいました。

とは言え、「恋人以上の相手」を探す女性は55.4%。半数以上の女性が「真剣な交際」も視野に入れており、幅広い目的に利用されているようです。

アンケート調査

▲「わくわくアンケート」で実施した4つの質問

ワクワク内でユーザーが自由に投票できる「わくわくアンケート」を使って、上記のような利用目的・利用実態に関する質問をしていきました。

アンケート調査の結果

Q1.一番見つけたい相手は?

最も見つけたい相手は、男女ともに「遊び友達」が最多となりました。

男性は遊び友達探しをメインに行う人が多いですが、女性は恋人以上の関係を求める人が40.8%。「真剣な交際」目的の人と「遊び相手探し」目的の人が、バランスよく利用しているようです。

Q2.アプリで知り合った相手と結婚するのはアリ?

男女ともに「結婚はアリ」と考えるユーザーが大きな割合を占めました。
友達探しを主な目的としているユーザーは多いですが、「いい人がいれば、ゆくゆくは結婚」といった姿勢が感じられる結果です。

Q3.今まで実際に会った人の数は?

「一人以上と会った」ユーザーは男性84.9%、女性94.5%と……男女ともにかなり多くのユーザーが、実際に会っていた実態がわかりました。

また、各人数の比率は似通っており、少人数になりがちな真剣交際から、大人数になりがちな遊び相手探しまで、幅広く活用されていることが垣間見えます。

Q4.実際に会った人との、その後の関係は?

実際に会った人との関係では、「一度会ったのみ」「何度か会って、関係が途切れた」が大きな割合を占めました。

恋人の関係に発展したユーザーは、男性14.9%、女性31.7%。出会い系は手軽な出会い目的に使われる印象が強いですが、意外にも真面目な交際に至ったユーザーが多いという結果に。

出会い系アプリは「真剣な交際」と「遊び相手探し」の両方に使われている

出会い系アプリというと、遊び相手探しをメインとする不健全なイメージが筆者の中にありました。もちろん今回調査したワクワクも、遊び相手を探すユーザーが多く見られましたが、意外にも真剣交際を求めるユーザーが多かった印象。出会い系アプリは、真剣な交際相手・遊び相手探しの両方の目的で、バランスよく使われているようです。

もちろん利用するサービスによっては偏りがあるかもしれません。ですが「真面目なお付き合いをしたい人」も「遊び相手を探したい人」も、今回調査したワクワクを使っておけば、目的は果たせるのではないでしょうか。

ワクワク-恋人募集に最良のマッチングアプリ

WAKUPL,Inc.

4.08

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません
※18歳未満の方は利用できません。