社会人出会いの場所ランキング&出会いがない人向けキッカケ58選

この記事に関連するアプリ一覧ページ:

「社会人になってから出会いのキッカケがない……」「大学生の時と比べて出会いが減った」と悩む一方で、自分の友達に彼氏・彼女がいる人も多いはず……。では社会人カップルは一体どこで出会っているのでしょうか。

そこでこの記事では、アンケートで社会人の恋愛事情を調査。社会人の「恋人と出会った場所ランキング」や習い事などの「出会いにオススメな58の場所」、さらには「出会いを掴むためのコツ」をマルっと紹介していきます。

【あわせて読みたい】
1500人が選ぶ「出会い系・マッチングアプリ」人気ランキング2018

目次

「出会いのキッカケがない」はホント? 社会人の恋愛事情

「社会人になってから恋人が全然できない」「学生の頃に比べて出会いが少なくなった」のように感じることもあるでしょうが、果たして他の社会人も出会いがないのでしょうか?

この項では、そんな社会人たちの恋愛事情について調べていきます。

社会人の7割に恋人がいない!深刻な出会い事情

社会人の「恋人いない率」

▲2015年に厚生労働省が実施した『第15回出生動向基本調査』より、18~35歳の社会人を対象にして算出。

なんと社会人の「男性76.4% 女性66.4%」に恋人はいないという結果に。男女全体では約7割の社会人に恋人がおらず、多くの社会人が出会いのなさに悩んでいる現状が見られました。

出会いのキッカケが少ないのに、社会人に残された時間は少ない

5年以内に結婚できる率

▲2010年・2015年度国勢調査の未婚者数より算出。

上のグラフは「5年以内に結婚できる確率」を年齢別に算出したもの。現在25~29歳の人が最も高い割合となりましたが、30歳を境に一気にダウン。

30歳を過ぎると結婚しづらくなってしまうだけに、現在25~29歳でも恋人がいない人は、決して安心できない結果になっています。

恋人がいる社会人はどこで出会いのキッカケを掴んでいる?

出会いのキッカケが少ないにも関わらず、残された時間も少ない社会人。では恋人がいる社会人は一体どこで出会ったのでしょうか……。

Appliv編集部では、20代&30代の社会人870人を対象に「恋人と出会ったキッカケ」をアンケート調査していきました。

社会人の出会いの場所ランキング

20代&30代の社会人870人に聞いた「恋人との出会いのキッカケは?」

恋人と出会ったキッカケで1位となったのは「同じ学校」。また2位の「同じ職場」3位の「友人・知人の紹介」は30%以上で、身近な場所での出会いがキッカケとなりやすいようです。

次に回答率が高かったのは4位~8位の「約9%~15%」のグループ。合コンやサークル、インターネット・アプリなど「自ら出会いを求める必要がある場所」が並びました。

どうやら「身近な場」だけでなく、「自分から出会いを求める姿勢」が社会人の出会いでは大切なようです。

あなたは出会える社会人?「出会えない度」チェックシート

社会人でも出会いやすい場所が分かったところで、次に気になってくるのは「自分が出会えるかどうか」。

そこで先ほどの出会いのキッカケランキングをもとに、「出会えない社会人度チェックシート」を編集部独自で作成。あなたは出会える社会人かどうか……自分の出会えない度をチェックしておきましょう。

以上の7項目が「出会えない社会人度チェック」の内容です。あなたは何項目チェックが付きましたか? それでは気になる結果発表です。

「出会えない度」

0~1項目:今のままでも出会いアリ。もし出会えていないなら、出会いを見落としているかも。
2~4項目:出会えない社会人予備軍。新しく出会いのキッカケを作るのがベター。
5~7項目:出会えない度MAX。積極的に新たな出会いの場を求めないと危険。

結果はいかがでしたか。出会える社会人だった人も、そうでない人もいたでしょう。

ですがこの7項目が、どう出会いやすさに関係しているのでしょうか。そこでここからは、7項目と出会いやすさの関係を一つひとつ解説していきます。

1.習い事など、新しいことに挑戦するのが面倒

出会った場所ランキングで「クラブ・サークル」の回答も多数あったように、習い事などの新しいチャレンジは出会いが期待できます。

新しいことへの挑戦に消極的では、出会いの数は激減。仮に「同じ職場」や「友達の紹介」での出会いがないと感じているなら、習い事に消極的なだけで出会いにくくなってしまいます。

2.友達が少ない・交友関係が狭い

ランキングで3位になった「友人・知人の紹介」で十分な出会いを得るためには、友達が多くいた方が有利。

ですが交友関係が少ないと当然出会いの数も限定され、出会いのチャンスを掴みづらくなってしまいます。

3.異性の同僚が少ない職場 or 平日休みの仕事

最も恋人ができやすい学校というキッカケがない社会人にとって、ランキング2位の「同じ職場」は貴重な出会いの場。

ですが異性が少ない職場では出会いのチャンスは激減。また平日休みでは新しい出会いの場に身を乗り出すのも難しくなり、自然と出会いが限定されてしまいます。

4.アプリ・ネットの出会いに抵抗がある

万全の安全対策をするマッチングサービスが増えてきた昨今。安全性の向上からかインターネットの出会いはランキング4位、マッチングアプリは8位と、かなり一般的な出会い方になってきています。

それだけに十数年前の「ネットの出会い=危険」のようなイメージを引きずっていると、貴重な出会いのチャンスを自ら潰すことになります。

5.趣味への出費が大きい

新しく出会いを求めるためには、多少なりともお金は必要です。それだけに趣味にたくさんのお金を使いがちな人は、出会いの場に行く機会が減ってしまいます。

また趣味にたくさんのお金をかけるほど没頭している分、「出会いより趣味が大切」という人が多いはず。出会いを得るための時間が無くなるのも、出会いが減る原因の一つです。

6.異性へ求める条件が厳しい

恋人に求める条件は人それぞれだと思います。ですが「年収800万円以上」「上の中以上のルックス」のように、満たす人がもともと少ない条件では出会いの数は減ってしまいます。

自分では「高望みしてない」と思っていても、一般的に見ると高めの条件になっていることがあるので要注意です。

7.周りの目が気になって、出会いに積極的になれない

気になる人がいても、周りに知り合いがいる環境だと「恋人探しにがっついてると思われたくない……」と、出会いに積極的になれないこともあるでしょう。

ですが出会いのキッカケを増やすためには、当然自分から積極的に行動するのが大切。「出会いに貪欲=みっともない」という価値観を無くさないと出会いを掴みにくくなってしまいます。

社会人が出会いを増やす「出会いのキッカケ」58選

自分が出会いにくい理由が分かったところで、お次は「自分に合った出会いの場所」探し。

社会人でも出会いを増やせる、出会いのキッカケとなる58個の場所を紹介していきます。

「出会い系アプリ・マッチングアプリ」での出会い

見ず知らずの人に話しかけたり、出会いのために出かけたりしなくても、気軽に出会いのキッカケを掴めるのが出会い系アプリ・マッチングアプリ。

もちろん「相手の姿が見えなくて不安……」といったネットならではのデメリットはありますが、登録審査を厳しくするサービスも増えてきて、利用するサービスさえ間違えなければ安全に利用できるようになっています。

出会いやすさ:★★★★★
コスパ   :★★★★☆(女性は★★★★★)

恋活したい社会人にオススメのアプリ:タップル誕生

『タップル誕生』は「趣味でつながる」をコンセプトにしたアプリ。「好きな映画」「興味あるアーティスト」といった趣味の詳細もプロフィールでわかり、話のキッカケを探しやすいのが特徴です。

相手探しは「いいかも or イマイチ」する気軽なシステムで、マッチングしやすい印象。また20代のユーザーが中心で、ガチガチの婚活ではなくカジュアルに恋人を探したい人向きな内容です。

  • iOS
  • Android

無料

タップル誕生

MatchingAgent, Inc.

3.75
アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

無料

タップル誕生 tapple - 趣味で出会いを繋げるマッチングアプリ・恋活・婚活アプリ(登録無料)

株式会社マッチングエージェント

3.59
アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

「結婚を見据えた恋人探し」をしたい社会人にオススメのアプリ:Omiai

マッチングアプリの中でも、かなり真剣に出会いを探しているユーザーが多い印象なのが『Omiai』。全体的にマジメですが、婚活に偏りすぎず「結婚を見据えた恋人探し」に向いているのが特徴です。

また相手のプロフィールでは「相手探しで重視する点」や「将来引っ越し可能か」など、結婚も踏まえた出会いだからこそ知りたい部分をチェックできるのもポイントです。

  • iOS
  • Android

無料

Omiai-出会える恋活・婚活マッチングアプリ

Net Marketing Co., Ltd

3.22
アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

無料

恋人探し・出合い・婚活・恋活ならOmiai-無料マッチングアプリで街コンよりも素敵な出逢い

株式会社ネットマーケティング

3.34
アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

婚活したい社会人にオススメのアプリ:Pairs

『Pairs』は登録審査もしっかりしていて、恋活意欲の高いユーザーが多く集まる印象のマッチングアプリです。

また共通の趣味・価値観を持つ人がわかるコミュニティには「マジメな出会い」「結婚を考えられる人に会いたい」など、婚活目的のユーザーが多く所属。真剣な婚活をサポートする機能が充実しているのもうれしい点です。

  • iOS
  • Android

無料

Pairs(ペアーズ)-婚活・恋活マッチングアプリ

eureka,Inc.

3.23
アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

無料

Pairs-婚活・恋活・出会い探しマッチングアプリ-登録無料

eureka Inc.

3.57
アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

その他、編集部おすすめの「出会い系アプリ・マッチングアプリ」はコチラ

「社会人サークル」での出会い

業界・業種は関係なくさまざまな社会人が集まり、同じ活動を通じて親交を深めていく社会人サークル。サークルの種類もスポーツ系・勉強系・イベント系など非常に豊富で、自分に合ったものを選びやすいのもポイントです。

参加前にサークルやメンバーの雰囲気を掴みづらいのがネックですが、出会いを求める社会人の良いキッカケ作りとなってくれるでしょう。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★★☆☆

出会いにオススメな社会人サークル①:イベント系

イベント系サークルは週末の「飲み会」やテニスやスキーなどの「スポーツ」、さらには「旅行」と活動ジャンルを限定せず、社会人の交流を図る場所。

少々パリピな人が多い印象ですが、出会いを目的に参加する人が多いのも特徴。「週末開催」のように頻繁に活動が行われ、出会いのキッカケを掴みやすくなっています。

出会いにオススメな社会人サークル②:ボランティア

「ボランティア参加者=年齢層が高い」というイメージを持たれがちですが、若者向けのイベントなどのボランティアスタッフだと、多くが20代~30代。趣味に関係したイベントのボランティアに参加すれば、作業を通じて意気投合ということもあるほどです。

もちろん参加者自体はそこまで多くありませんが、ボランティアに参加する人の多くは真面目な人たち。「真剣なお付き合いができそう」と期待が持てる活動です。

出会いにオススメな社会人サークル③:バドミントン

スポーツの中でも屈指の運動量ながらも、高いゲーム性を持つバドミントン。「楽しくシェイプアップできる」と、運動不足に悩む男女ともに人気を集めるサークルになっています。

あくまでもスポーツが目的のサークルなので、少々恋人探しにつながりづらいのが難点。ですが参加者が多く男女比も1:1になりやすいので、時間をかけて関係を深めれば恋人との出会いも十分に望めるでしょう。

出会いにオススメな社会人サークル④:フットサル

現在では男女混合チーム限定の大会も多いフットサル。もちろんサークルにも女性の姿が多くみられ、趣味を通じたサークルの中でも出会いを期待できる場所になっています。

男女比が若干男性寄りになってしまうサークルが多いですが、「サッカーに興味がある」人ならチームプレーを通じて自然と関係を縮めていけるでしょう。

「合コン」での出会い

もはや説明不要の出会いの場「合コン」。友達の知り合いが集まることが多いため、友達に紹介してもらう感覚で男女が打ち解けやすいのが特徴。

ですが一度の合コンで知り合えるのは多くても5人程度……。また「男女で楽しく飲みましょう」といったスタンスの人も多く、恋愛につながる出会いになりづらい面もあります。合コンでは「イイ人がいればいいな~」くらいの気持ちで臨むのが良いでしょう。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★★☆☆(女性は★★★★☆)

「街コン」での出会い

1店舗で行われる手軽なものから、街全体のお店を練り歩く大規模なものまで……と、大小さまざまな街コンがありますが、共通しているのは「気軽」という点。

多くが自由に席替えをして、参加者同士で自由に食事しながら交流できる形式なので、1回の参加で多くの出会いのキッカケを手に入れることができます。

ですが手軽すぎる分「良い人がいればいいけど、交友関係を広げるのがメイン」といったスタンスで参加する人も多く、恋愛につなげるには長い時間がかかるのが特徴です。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★★☆☆(女性は★★★★☆)

「お見合い・婚活パーティー」での出会い

形式は街コンと似ているのですが、婚活パーティーは恋愛&結婚に積極的な人が多くカップリングをしやすいのが特徴です。

また参加者全員と1対1で話せるトークタイムが設けられることも多く、じっくりと会話してお互いの理解を深めることが可能。将来を見据えた出会いを探す人にうれしいキッカケ作りをサポートしてくれるでしょう。

出会いやすさ:★★★★☆
コスパ   :★★☆☆☆(女性は★★★☆☆)

「英会話教室」での出会い

英会話教室に通う生徒の多くは20~30代。結婚を意識する年齢の男女が多いだけに、出会いやすい場所となっています。

もちろん通う人の多くはビジネスのためのスキルアップが目的。恋人&結婚相手としても理想的な、真面目でインテリな人を見つけられるかもしれません。ですが向上意識の高い人が多く、出会い目的を前面に押し出すと相手にされないので要注意です。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

「料理教室」での出会い

料理作りを一緒に楽しみながらなので自然に会話が弾んで、自然に仲良くなっていける料理教室。今では料理教室で出会いを目的とした「料理合コン」を開催する教室も多く、「イイ人がいればいいな~」といったカジュアルな気持ちで出会いを求める場となっています。

ですが真剣に料理を学びに通う人にアプローチするリスクがあるのも料理教室の特徴。出会いを目的として料理教室に通うなら、料理合コンを開催する教室に通うのが得策でしょう。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

「スポーツジム」での出会い

身体を鍛えるため……ダイエットするため……ジムに通う理由は人それぞれですが、恋人探しのための自分磨きを兼ねている人も少なくないでしょう。

また曜日や時間帯を決めてジムに通う人が多く、定期的にコミュニケーションを取っていけるのも嬉しいポイントです。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★★☆☆

出会いに向いているジムメニュー①:水泳

水泳は通常のトレーニングに比べ体力の消費が大きいメニューで、こまめな休憩が付き物。プールサイドのベンチでひと休みする人もよく見られ、休憩時間を通じて他の人と話しやすくなっています。

気になる人と接触するには自分から話しかけるため難易度はやや高めですが、定期的に通う中で徐々に関係を深めていけるのが特徴です。

出会いに向いているジムメニュー②:ボルダリング

基本的に誰かが壁に登っている間は順番待ちとなるボルダリング。順番待ちの間に、「どうやって登ったんですか?」「この壁難しいですよね」とアドバイスし合う風潮があります。

そうしたコミュケーションが生まれやすく、話のキッカケを自然に掴めるでしょう。一緒に同じ課題に取り組む仲間として、じっくりと関係を深めていける環境になっています。

出会いに向いているジムメニュー③:ヨガ

男性が多くなりがちなジムの中でも、ヨガは少々特殊。男女比が1:9になることもよくあり、男性にとっては女性とのキッカケを得やすい環境になっています。

ですがレッスン中に参加者同士が話すことはほとんどなく、話すハードルは若干高め。レッスン前後に話しかける工夫が必要です。

もっとジムでの出会い方を知りたい人はコチラ

スポーツジムでの出会い方ガイド。おすすめの話しかけ方&注意点

「バー」での出会い

仕事終わりの社会人が夜な夜な集まるバーの客層は20~30代が中心。お年頃の人が多く、またお酒の力も相まってシラフの時よりも気軽に話しかけられる場所です。

もちろんバーにいる人すべてが恋人を探している人ではありません。ですが婚活バーなど出会いを目的としたバーもあり、出会いのキッカケ作りに一役かってくれるでしょう。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★★☆☆

社会人の出会いにオススメなバー①:小規模な居酒屋&カフェ

個人経営のカフェやバーなど、小規模な飲食店は店員さんとの距離も近く、非常にアットホームな雰囲気。顔なじみになれば店員さんを通じて、他の常連さんと知り合える場所になっています。

最初の内は雰囲気に馴染めないこともありますが、まずは頻繁に通うことが重要。店員さんも温かく対応してくれるので、あなたが心を開く意思があれば、自然と交友関係は広がっていくでしょう。

社会人の出会いにオススメなバー②:立ち飲み屋

立ち飲みバーの多くは、席を自由に行き来できるスタンディング形式。たまたま隣り合った人と話すことも頻繁にあり、周りの人と自然と打ち解けられるのが特徴です。

また男性はもちろん、近頃では女性が1人で来ることも多く、男女ともに出会いの機会を手軽に得られるスポットと言えるでしょう。

社会人の出会いにオススメなバー③:相席屋などの「相席bar&相席酒場」

婚活パーティーのように、お店側で男性と女性の相席をセッティングしてくれる「相席酒場&相席Bar」。ですが「女性の飲食は無料」というお店が多く、「良い人がいればいいけど、ひまつぶしがメイン」と、出会いに消極的な女性がいるのが難点。

とは言え、出会ったキッカケを生かすも殺すも自分次第。婚活パーティーのような堅苦しさもなく、気軽に出会いを求める人とのキッカケが作れるスポットです。

もっとバーでの出会い方を知りたい人はコチラ

バーでの出会い方ガイド。おすすめの話しかけ方&注意点

「クラブ」での出会い

クラブでのナンパはごくごく当たり前の風景。それだけに出会いを目的にクラブへ来る人も比較的多く、出会いのキッカケを掴むには十分な場所です。

ですが出会いの定番スポットだけに、ライバルも多め。またノリも独特なため、ある程度クラブ特有の雰囲気に慣れていることが重要になります。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

「音楽ライブ・フェス」での出会い

同じライブを見ている人と「共通の音楽の趣味」というキッカケ作りができるフェス。最近では1人で参戦する人が増えており、意外と話しかけやすい雰囲気になっています。

またフェスと言えば、ご飯やステージ移動の時間などライブ以外の時間の使い方も大切なポイント。フェスぼっち同士でじっくりと話して関係を縮める時間が豊富にあるのも特徴です。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

「旅行・一人旅」での出会い

民宿の相部屋で一緒になった人、移動中の車内や飲み屋で隣り合わせになった人、一緒のツアーに参加した人などなど。友達との旅行にはない自由を楽しむ一人旅には、出会いのチャンスが転がっています。

もちろん自分から話しかけるのはハードルが高いかもしれませんが、あなたのことを誰も知らない旅先では、意外と積極的になれてしまいます。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★☆☆☆☆

もっと旅行での出会い方を知りたい人はコチラ

一人旅での出会い方ガイド。おすすめの話しかけ方&注意点

「留学・ワ-ホリ」での出会い

海外の学校や職場、シェアハウスなど……ワーキングホリデー(通称ワーホリ)では、日本とは比べ物にならないくらい、外国人との出会いが増えていきます。

またワーホリ参加者同士の交流が行われることが多く、外国人だけでなく、意外と日本人同士の出会いが増えるのも特徴です。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★☆☆☆☆

日本で外国人と出会いたい人はコチラをチェック

日本で外国人の友達・恋人を作る方法&出会えるアプリ17選

「セミナー・勉強会」での出会い

1回きりの手軽なものから半年以上行われる骨太なものまで……大小さまざまな規模で開催される「勉強会・セミナー」。

仕事でのスキルアップを目的に通う勉強会は、同じ志や同じ業界の人が多くなりがち。それだけに自然と話が盛り上がりやすく、打ち解けやすい環境になっています。

また勉強会の主催側で懇談会を設けてくれる場合も多く、しっかりと関係を深められる機会が多いのも特徴です。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★☆☆☆☆

「職場&バイト先」での出会い

生活の中で関わるチャンスを掴みやすい職場&アルバイト先は、やはり出会いの場の定番。

「今の職場じゃ出会いがない……」と思う人もいるでしょうが、職場での出会いの第一歩は「新しい習慣を作ること」です。たとえば会社の飲み会で普段は絡むことのない他部署の人と話したり、副業でバイトを始めたり、いつもは出勤しない曜日にシフトを入れたり……。新しい習慣作りを心がけるだけで、自然と新たな出会いも増えていくことでしょう。

出会いやすさ:★★★★☆
コスパ   :★★★★★

アルバイトで出会いたい社会人はコチラを参考に

口コミでわかった「出会いの多いバイト」。大学生におすすめの13選

「電車」での出会い

出会いにおいて何度もコンタクトするのは大切なこと。毎日決まった時間に乗車することの多い電車は、定期的なコンタクトをしやすい場所なのです。あとは落とした物を拾ってもらうなどでキッカケを作り、その後数日にわたって少しづつ会話の数を増やしていくだけ。

電車の出会いはハードルが高い部分もありますが、考え方次第では出会いの場に変えることができるのではないでしょうか。

出会いやすさ:★☆☆☆☆
コスパ   :★★★★☆

「友達の紹介」を通じた出会い

「最初は友達の友達として知り合った人なのに、今では2人でも遊べる仲になった」というのはよく聞く話。やはり信頼している友達を通じて会った人とは、仲良くなりやすい傾向がありますが、それは恋愛も同じ。

自分が信頼している友達の紹介してくれた相手だからこそ、心を開きやすく打ち解けるのも早いはず。通常知り合ってから仲良くなるには、ある程度の時間が必要なだけに、友達の紹介は出会いの近道といえるでしょう。

出会いやすさ:★★★★☆
コスパ   :★★★★★

「テニススクール」での出会い

スポーツ系スクールの中でも、男女ともに高い人気を誇るのがテニススクール。レッスン中のラリーやダブルスのペアを通じて、自然と仲良くなっていける機会が豊富です。

もちろん多くの人は「テニスの上達」を目的に通っているので、あからさまな出会いの姿勢はNG。ですがテニスを楽しむ気持ちがあれば、出会いの可能性を十分に秘めています。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

「ゴルフスクール」での出会い

男性がするスポーツのイメージが強かったゴルフですが、今では若い女性の間で人気の趣味。ゴルフスクールには男性のみならず、気軽な習い事感覚で通う女性も多く見られるほどです。

ゴルフ練習場でも出会いがないわけではありませんが、1人で黙々とクラブを振る人に話しかけるのは少々ハードル高め。ゴルフを通じた出会いをするなら「ゴルフスクール」に通うのが吉です。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

もっとゴルフの出会い方を知りたい人はコチラ

ゴルフでの出会い方ガイド。おすすめの話しかけ方&注意点

「SNS」での出会い

出会いの場所ランキングでも上位となった、インターネットの出会いの代表格SNS。気軽に趣味や感性が合う人と知り合いになれる場所となっています。

ですがSNSではあからさまな出会い行為は禁止。会うことを強要したり特定の人に粘着したりするのは迷惑行為になるので気をつけましょう。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★★★★

社会人の出会いにオススメなSNS①:Twitter

SNS上での出会いの定番「Twitter」。ですが出会い目的で闇雲にユーザーにアプローチしても、まず相手にされることはありません。

Twitterユーザーが出会いたいと思うのは「価値観が合う・共感できる人」。共通点がなくては関心を持たれることは少ないので、まずは出会いたい人の趣味に関する投稿をチェックし、共通の趣味を持つ人をフォローしていきましょう。

共通の趣味を持つフォロワーが増えてきたら、気になる投稿にリツイート・リプライ。徐々に交流してDMをできる間柄まで関係を深めていきましょう。

社会人の出会いにオススメなSNS②:Facebook

友達とのつながりがメインとなるFacebookには、共通の趣味や価値観を持つ人とのつながりが持てる「グループ」機能があります。自由に入れそうな公開グループから気になるお相手を探し、あとは友達申請なりメッセージを送るだけ。

もちろん共通点があるからと言っても、見ず知らずの人からアプローチに警戒する人も多いでしょう。自分のプロフィール写真やタイムラインで共通点を感じさせる内容にしておくことが重要です。

社会人の出会いにオススメなSNS③:Instagram(インスタグラム)

共通の趣味が好まれるTwitterとは異なり、Instagramでは「センスがいい」人ほど好まれる傾向にあります。

それだけにInstagramで出会いのキッカケを得るには、写真の投稿に力を入れなければなりません。フォロワーが増えていけば、気になるユーザーへのいいねやDMが好意的に受け取られることも多く、出会いのキッカケを広げてくれるでしょう。

「ネット婚活サイト」での出会い

友達探しから恋人探しまで、比較的カジュアルな出会いアプリ&サイトとは違い、「婚活サイト」は結婚を前提とした出会いを求める人が多いです。

一生のパートナー探しがメインのため利用する人は限定されてきますが、恋愛に対する積極性はかなり高め。また勤務先証明や独身証明の提示を求めるサービスもあり、ネットの出会いでも高い安全性を持っているのが特徴です。

出会いやすさ:★★★★★
コスパ   :★★★☆☆

アプリでも利用できるオススメの婚活サイト:Match

『Match』は独自のアルゴリズムで相性の良い相手を提案してくれる婚活サイト・アプリ。ほとんどのユーザーが6ヶ月以内にパートナーが見つかるというデータもあり、真剣な恋活にはうってつけの内容です。

  • iOS
  • Android

無料

Match™ - No.1 恋愛・結婚アプリ

Match.com, LLC

3.27
アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

無料

恋愛・結婚マッチング―マジメな恋人探しはマッチ・ドットコム

Match.com LLC

3.44
アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

他のネット婚活サイトを知りたい人はコチラをチェック

婚活アプリ・サイトおすすめ10個を徹底比較

「オンラインゲーム」での出会い

ネット上で知り合った人が、実際に会う「オフ会」に参加するキッカケとなりやすいのがオンラインゲームです。

もちろんゲームを趣味にするだけあって、多くの人はひきこもりがち。出会いのキッカケがない人も多く、意外とオフ会に対して意欲的です。また日頃からゲーム上でコミュニケーションを取ってることもあり、オフ会でも自然に関係を深めていけるのも嬉しい点です。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★★☆☆

オタク趣味を通じた出会い方はコチラ

オタクと出会える恋活・婚活アプリ5選&出会い方のコツ

「結婚式の二次会」での出会い

幸せムード一色に染まるウエディングイベントは、つい「自分もこんな幸せを味わいたい」と、普段よりも恋愛に対して積極的。歳が近い異性が多く集まることもあり、自然と出会いやすい空間です。

また新郎新婦という共通の話題もあり、会話が弾みやすいのも特徴。もちろん出会いを期待しすぎた行動はNGですが、十分に出会いを期待できる機会でしょう。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

もっと結婚式の2次会の出会い方を知りたい人はコチラ

結婚式の2次会での出会い方ガイド。おすすめの話しかけ方&注意点

「ビアガーデン&ビアフェス」での出会い

ビアガーデンやビアフェスの多くはテーブル間の距離が近かったり、パーテーションがなかったり……開放的な環境にプラスして、お酒の力で知らない人同士でも抵抗なく交流しやすいのが特徴。

最近では「ビアガーデン女子会」という言葉を耳にするなど、男性だけでなく女性だけのグループも多く見られ、出会いのキッカケに成り得るイベントではないでしょうか。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★★☆☆

「ワインスクール」での出会い

ちょっぴりセレブで大人な習い事として「ワインスクール」が、フォーマル志向な男女の人気を集めています。ですがレッスン自体は飲み会のようなに明るい雰囲気。フォーマル過ぎず、自然と受講者の間で会話に花を咲かせられる内容になっています。

カジュアルではないため既婚者の参加も目立ちますが、男女比が1:1になるスクールも多く、独身同士の出会いの場としては十分でしょう。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

「映画館&ミニシアター」での出会い

目的が「映画を観る」に限定される映画館ですが、マニアックな作品が多く上映されるミニシアターには、心のどこかで「同じ価値観を持つ人と交流したい」と思う人が多いのです。

また観客の大半が1人で来ていたり、上映後に観客同士の交流会が開催されるシアターもあったり、話しかけやすいのも特徴。意外と出会いのチャンスが落ちているスポットです。

出会いやすさ:★☆☆☆☆
コスパ   :★★★☆☆

「図書館」での出会い

若い社会人が図書館を利用する大半の目的は、資格試験の勉強をするため。特に仕事のない休日を利用して定期的に訪れる人が多く、同じ曜日・時間に通う人と自然と顔なじみになることができるのです。

顔なじみになりさえすれば、あとは声をかけるだけ。厳粛な雰囲気の図書館で気になる人に声をかけるのは印象が悪いので、「まずは挨拶から」のように焦らずゆっくり関係を深めていきましょう。

出会いやすさ:★☆☆☆☆
コスパ   :★★★☆☆

「バイクサークル」での出会い

男性主流の趣味“バイク”は、女性と出会いが生まれづらいイメージを持たれがち。ですが見ず知らずのバイク好きが集うサークルには、意外と女性の姿も多く見られます。

また「1人 or 仲間内」で行動することが多いライダーにとって、ツーリングイベントは貴重な出会いの場。普段出会いが少ない分、時間をかけずに打ち解けられることが多いです。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

「婚活バスツアー」での出会い

「婚活バスツアー」は簡単に言うと、日帰り旅行と婚活を同時に行えるイベント。婚活パーティーのように緊張することなく、観光やグルメ、移動中の会話を楽しみながら参加者同士の距離を縮められることで人気を集めています。

また頻繁にバスの席替えや行動グループの再編成が行われたり、多くの人とコミュニケーションが取れる配慮もされ、多くの人と濃い関係作りをサポートしてくれるでしょう。

出会いやすさ:★★★★☆
コスパ   :★★☆☆☆

もっと婚活バスツアーでの出会い方を知りたい人はコチラ

婚活・お見合いバスツアーでの出会い方ガイド。おすすめの話しかけ方&注意点

「ランニングサークル」での出会い

1人で黙々と走るランニングと出会いは結びつきづらいと思われがちですが、複数人でランニングを楽しむサークルでは、意外とコミュニケーションが活発。

話しながら走るのは疲れを感じづらいことや「いつもはどこ走ってるんですか?」と会話の糸口が見つけやすいこともあり、ランナー同士で話しながら走る光景がよく見られます。

また「今度一緒に走りましょう」と、気軽にランニングデートに誘いやすいのも嬉しいポイントです。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★★☆☆

「自転車サークル」での出会い

すっかり趣味の一つとして定着したスポーツバイク。ですが基本1人で楽しむ趣味のため、自転車を通じた出会いを求めるなら自転車サークルに入るのがオススメです。

「〇〇の自転車乗ってるんですね」「メンテナンスってどうやってます?」のように話のキッカケも作りやすく、また「今度一緒に走りましょう」と、気軽に自転車デートに誘いやすいのも嬉しいポイントです。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★★☆☆

「ダーツバー」での出会い

ダーツバーにはその場の人と対戦して楽しむ風潮があり、奥手でも自然と話しかけるキッカケが生まれやすい場所になっています。

またその場にいる人数によっては最大4人で対戦することもあり、順番待ちの時間を利用して話す時間も十分。ダーツという共通点もあり、話のネタにも困らず自然と話が弾みやすいのが特徴です。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★★★☆

「野球観戦」での出会い

男性の多さはもちろんのこと、最近ではスタジアムで女性の姿を目にすることも増えてきました。

自分が望む年齢&性別の人と出会えるかは座席の運次第ですが、同じチームを応援する者同士で親近感が芽生えやすいのが特徴。また得点すると見ず知らずのファン同士でもハイタッチするといった独特の風習が、話し始めるキッカケ作りをサポートしてくれるでしょう。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★★☆☆

「海」での出会い

海は夏の定番ナンパスポットだけあって、ナンパ目的の男女が集まりやすい場所。もちろん純粋に海を楽しみたい人もいますが、目的や気が合えばかなりマッチングしやすい特徴があります。

ビーチで休憩中、海の家でご飯タイムなど、声をかけやすい遊んでいない時間も適度にあるので、多くの出会いのキッカケを得やすいのもポイントです。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★★★☆

「ナイトプール」での出会い

インスタ映えするスポットとして女子の注目を集める「ナイトプール」。目的がインスタに偏りがちなので、マッチング率は少々低めです。

ですが「写真撮りましょうか?」や「普段はどんな写真をインスタに上げてるの?」など、写真を軸に話を盛り上げやすいのが特徴。話の盛り上がり次第では、今後の関係が発展する可能性もあるスポットです。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★★☆☆

「キャンプ場&バーベキュー施設」での出会い

グランピングやキャンプ女子会など、女性の間でも人気になりつつあるキャンプ。キャンプ場には意外と女性だけのグループも見かけられるほどです。

さらに「テントの設営手伝ってもらえませんか?」や「ライター貸してもらえますか?」などの助け合いから始まるキッカケ作りや、「お礼にお肉ご馳走させてください!」のように関係を深めるアプローチを取りやすいのも特徴。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

「花火大会」での出会い

声をかける時に“相手を立ち止まらせる”のは重要なポイント。だからこそ花火を見るために動きを止める「花火大会」は、相手に無視されずに話しかけられる絶好のスポットなのです。

また「そのご飯どこの屋台で買ったんですか?」と、相手に警戒されずに話しかけやすいシチュエーションも多く、ナンパのスキルをさほど必要としないのも嬉しいポイントです。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★★☆☆

「スキー場」での出会い

スキー場での出会いと言えばゲレンデの印象。4人乗りのリフトで異性グループ同士が相乗りするシーンも多く、自然と話すキッカケが生まれやすいのが特徴です。

またゲレンデ周辺は宿泊施設の数が少なく、運が良ければ「リフトで一緒になった人とホテルが一緒だった」なんてことも。関係が続きやすくなる可能性を秘めたスポットです。

出会いやすさ:★★★☆☆
コスパ   :★★★☆☆

「美術館&ギャラリー」での出会い

1人で黙々と作品に見入るイメージがある美術館やギャラリー。会話が生まれづらい環境ですが、それだけにアートが趣味の人の多くは「同じ価値観を持つ人と交流したい」と思う人が多く、話しかけられるのに抵抗がある人は多くありません。

また現在では参加型のアート作品など、話しかけやすいイベントも開催。美術館・ギャラリー特有の静かな雰囲気に押されて「話しかけづらい……」といったことも少なそうです。

出会いやすさ:★☆☆☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

「カメラ」の趣味を通じた出会い

カメラと言えば基本的に1人で楽しむ趣味。ですがインスタのブームもあってか撮影した写真を見せるのに抵抗を感じる人は意外と少なく、「いい写真撮れましたか?」と話しかけやすくなってきています。

またインスタのアカウントを教え合うこともできるので、連絡先交換のハードルは低め。その場だけの会話だけで終わらずに、関係を続けやすくできるのは嬉しいポイントです。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★★☆☆

「コンビニ&スーパー」での出会い

コンビニやスーパーは日常生活の中で行くことが多いだけに、店員さんに顔を覚えてもらいやすい隠れた出会いスポット。

もちろんいきなり声をかけては警戒されてしまいます。まずは気になる店員さんがいる時間帯に通い「ありがとうございます」や「〇〇どこですか?」と徐々にコミュニケーションを取っていけば、自然と出会いのキッカケになってくれるでしょう。

出会いやすさ:★☆☆☆☆
コスパ   :★★★☆☆

「美容院&ヘアサロン」での出会い

多くは平日休みで、土日に開催されることが多い街コンや婚活パーティーなどのイベントに参加する機会も少ない美容師さん。もちろん出会いの機会も乏しく、出会いに対して積極的な人が多いのです。

指名するだけでキッカケも作れ、美容師さんから話しかけてもらえるので、上手くいけば話が盛り上がる可能性も……。

ですが美容師さんはお仕事として接する場合が多いので、がっつくのはNG。指名を繰り返していき、友達感覚から徐々に関係を進展させていきましょう。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

「お店の前の行列」での出会い

人気店ならば1時間以上も待つことのある行列。並ぶ間はヒマにする人も多く、意外と話しかけやすい環境になっています。

しかも並ぶのは、同じものを目当てにして並ぶ人。「〇〇食べに来たんですか?」「このお店っていつもこんなに並ぶんですか?」のように会話を生みやすいのもポイント。

最初から一緒に食事するのを目的とした態度では警戒されてしまいますが、話の盛り上がり次第では、お店の中で相席してもよいでしょう。

出会いやすさ:★☆☆☆☆
コスパ   :★★☆☆☆

「ストリートナンパ」での出会い

街で見ず知らずの人に声をかける……ナンパの中でも王道の場所です。なかなかハードルが高そうに思われますが、大切なのは声をかける場所。

たとえば金曜の夜の銀座コリドー街には、ナンパ目的の男女が多く見られます。もちろん男女ともに目的は一緒ならマッチングの確率はUP。成功しやすい場所を選べば、ハードルが高いと感じにくいでしょう。

出会いやすさ:★★☆☆☆
コスパ   :★★★★☆

「同窓会&クラス会」での出会い

学生時代とは姿も雰囲気も違う同級生との再会に、心ときめくことも多い同窓会。もともと素性の知れた間柄という安心感もあり、非常に話しかけやすいのが特徴です。

また同窓会当日に連絡先が交換できなくても、共通の友人やFacebookを通じて連絡を取りやすいので、関係を発展させやすいのも嬉しいポイントです。

出会いやすさ:★★★★☆
コスパ   :★★★☆☆

社会人が出会いを掴む6つの方法

今回紹介した58個のスポットやキッカケの中には、「ひょっとしたら自分でもできるんじゃ……」といったものもあったでしょう。ですが出会いにつながる方法を知らないと、結果が得られないことも。

そこでお次は、出会いを掴むために知っておくべき「6つのコツ・心構え」を紹介していきます。

1.新しい事・場所へ積極的に挑戦していく

「出会いがない……」と悩んでいる人の多くは、今の生活がマンネリ化している証拠。出会いがない状況を変えるには、まず「新しい事・場所へ挑戦」してマンネリから脱却しなければなりません。

2.友達からの誘いは断らない

友達を通じて新たな交友関係が広がるのは、珍しい話ではありません。それだけに交友関係を限らずに、できるだけ多くの知り合いと交友関係を持つことが大切。

普段あまり遊ばない友達の誘いを断らないのはもちろんのこと、自分から疎遠になってしまった友人・知人に連絡を取ってみてもいいでしょう。

3.趣味は誰かと楽しむ

趣味は貴重なキッカケの一つ。仮にいま趣味を一人で楽しんでいるなら、貴重なチャンスを逃していることになります。

趣味があるなら、サークルの場やアプリなどを積極的に用いるのが吉。誰かと楽しむようになれば、共通の趣味を通じたキッカケが自然と増えていくはずです。

4.出会った異性の良い所を探すようにする

出会いのキッカケを十分に得られるようになったとしても、相手をよく知らないうちに「この人とは何となく合わなさそう……」と決めつけては意味がありません。

「新しく知り合った人はすべて恋人になる可能性がある」と思えるように、常に出会った相手の良いところを見つけるように努めましょう。

5.自分から声をかける回数を増やす

「嫌われたらどうしよう……」と、初めての人に自分から声をかけるのはとても勇気がいる行為。ですが受け身な姿勢なのは周りの人も同じ。出会いを掴むためにも、自分から積極的に話しかけるのが大切です。

なにも気の利いた話を最初からする必要はありません。「おはようございます!」と元気よく挨拶するだけでもいいので、積極的に話しかける姿勢を身に付けましょう。

6.できるだけ多くの出会いの場所に行く

新しい事や場所へ挑戦するごとに、新しい出会いは増えていくもの。それだけに「新しく一つの事に挑戦すればいいや」という姿勢では、出会いをモノにするのは難しくなります。

もちろん新しい事への挑戦にはお金がかかったり、時間が削られたり……大変なことも多いですが、自分ができる最大限の出会いの場へ赴きましょう。

社会人が出会いのキッカケを掴むカギは「積極性+少しの勇気」

出会いを掴む方法でも言ったように、社会人が出会うためには「さまざまな事へ挑戦」するのが重要。

もちろん新しい事を挑戦する際に「自分が受け入れてもらえるだろうか」のように不安なことも多いはず。ですが少しの勇気があれば、不安を払いのけられるはずです。

少しの勇気さえあれば、積極性も生まれ怖いものはナシ。今回紹介した58個のキッカケで出会いのチャンスを生むことができるでしょう。

関連記事

「出会った場所&恋人ができたアプリ」ランキング! 1000人アンケートで判明

趣味が同じ人と出会えるアプリ7選&出会うためのコツ3つ