withで真剣婚活。音楽好きメールは苦手なアラサー女子が結婚するまで

婚活を目的にwith(ウィズ)に登録した「くまきちさん」のマッチングアプリ体験談です。

メールはあまり好きじゃない、29歳女性

ペンネーム :くまきち
使用アプリ :with
性別    :女性
年齢    :29歳
職業    :正社員
業界    :事務
仕事    :営業事務
住まい   :東京都
婚姻    :未婚
恋人いない歴:6ヶ月~1年未満
交際人数  :2人
容姿    :普通
年収    :200万円~300万円未満
性格    :社交的、インドア、趣味人、メールやLINEはあまり好きではない

女性は無料だったため、withに登録した

利用目的:婚活

使い始めた理由:facebookでよく広告が出てきたため。また、女性は利用料が無料だったため。

利用期間:1ヶ月~2ヶ月未満

課金額 :無課金

音楽が好きなので、同じく音楽が趣味な人を探した

相手の条件:年収400万以上で40歳未満、お酒は飲むけれどタバコは吸わない、音楽(楽器演奏など)の趣味に共通点がある人、できれば関東在住で実家も関東

自分の自然体を知ってもらうため、プロフィール文や写真はこだわった

プロフィール文:まず私自身について興味を持ってくれる人が良いと思ったので、比較的細かくプロフィールは書きました。趣味は音楽、楽器演奏、歌、ミュージカル、読書などで、音楽教師の経験もある事を記載しました。

また海外で生活していた経験もあったので、そのような人に抵抗の無い方が良いと思い、この情報も記載しました。

プロフィール画像:変に盛ったり加工したりせず、普通に撮影した写真を何枚か使いました。メインの写真は自宅で全身が映るように撮ってもらったもので、友人の結婚式の日にお洒落した姿でした。

サブ写真は住んでいた外国での写真や、趣味の楽器を持っている写真、ペット(犬)と写っている写真も載せて、自然体の自分を見てもらえるようにしました。

穏やかで優しい、ちょっとお腹が出た岡田将生似の人と出会う

相手の特徴:28歳の会社員。性格は穏やかで優しく、とても思慮深く気遣いができるけれど、神経質ではなくおおらか。似ている芸能人は思いつきませんが、痩せていた頃の写真は岡田将生に似ていました。出会った時はかなりお腹が出ていたので、面影はどこへやら、でしたが・・・。趣味が楽器演奏で私と同じでした。

相手の容姿:普通

最初のメール:相手からアプローチがきました。withでは「いいね」という通知が届くのですが、彼から「いいね」が届く前から、気になっていたので、すぐに「ありがとう」というお返事を送ってやりとりが始まりました。

1通目の相手からのメールは「"ありがとう"を返してくれて、ありがとうございます! 趣味も一緒だし、お話してみたいなと思いました。よろしくお願いします!」でした。

LINE交換のタイミング:5、6通目ぐらいには交換したと記憶しています。とにかく一回会ってみませんか? と誘われて、その時点で私からLINEのQRコードを送って「今後はLINEやりとりしましょう」という流れになりました。

会うまでのメール数:50通~100通未満

ちょっと気になったところも無事解決。今は親密なパートナーに

最初のデート場所:新宿のお肉が美味しいレストランでした。アプリ内で「食事でも・・・」と誘われたのですが、実は私が忙しくてなかなか時間が取れないと渋っていたものの、「用事の後とかでも大丈夫なんで!」と言ってもらい、プライベートの用事の後に、新宿で会おうという話になりました。

デート中に印象的だったこと:きちんと名刺を渡してくれたり、さりげなく気遣いいただいたり、とても好感度は高かったです。最後の別れ際に「そういえば自分、LINEの返信とかめっちゃ早いですけど、あれ、もしかして気になってたりしますか?」と聞かれたのが一番印象に残っています。

彼が言う通り少しだけ「LINEの返信早いな~・・・」と思っていて、LINEのラリーがあまり好きではない私には少しだけストレスだったのですが、それを察してくれていて「未読スルーも既読スルーも全然気にしないので、ご自身のペースで返信してくださいね」と言ってくれて、それで唯一引っかかっていた点が解消しました。食事中も趣味の話で盛り上がり、とても楽しいひと時でした。

出会った人とその後:出会ってから1ヶ月で交際を申し込んでもらい、ちょっとだけ待っていてもらって、その1ヶ月後に晴れてお付き合いがスタート。

その4ヶ月後(出会ってから半年後)に入籍して、今結婚1年が経ったところです。

withで出会って結婚した主人との新婚旅行の写真(影が私たち2人です)

大勢にモテるより、本当に合う1人を見つけられるようにした

モテ度:モテたとは思いません。「いいね」の数も、ネットなどで調べた女性の「いいね」獲得数の平均よりも大分少なかったです。ただそれはある意味で意図的に狙った事で、あえて自分を実物以上に良く見せない写真を使ったり、相手に求める条件を明記したりしました。

withには「好みカード」というものがあるのですが、そのカードを「本当に相手と共通してほしいもの」にギュッと絞って登録したりしていました。そうなると、男性側には「あなたとの共通事項」の数が少なく、条件が厳しく、写真もパッとしない女に写ったかと思いますので、モテる事はなかったです。

何人とメッセージしたか:3人

直接会った人数:3人

真剣な相手と会うには、写真を盛ったりせず自然体を晒すのがオススメ

失敗談:1人目に連絡を取り合った方が「ミュージカルに興味があって・・・」と言ってくれて、やりとりを始めたのですが、本当に「ただ興味がある」だけで、蓋を開けたら私とはまるで趣味の合わない方だったので、とても申し訳なかったのですが1回会っただけでお断りしてしまいました。悪い事をしたなぁとちょっと後悔しています。

マッチングのコツ:個人的には「モテる」必要は無いと思っていて、多くの人から「いいね」やアプローチなどを獲得するよりも、本当に自分が出会いたい相手と出会えるように、自分自身の事はきちんとプロフィールに掲載して、写真も必要以上に盛ったりせず、自然体の自分を晒すことが大切だと思います。

withは心理テストなどもあり、共通点がある異性を探しやすい

利用料金のお得さ:★★★★★
運営の信頼度  :★★★★★
満足度     :★★★★★

アプリのいいところ:メンタリストDaigoさんプロデュースの心理テストなどで、潜在意識や金銭感覚、笑いのツボなどを診断して、共通している異性を教えてくれるイベントがあるところ。
また、「好みカード」で自分が好きなもの、興味のあるものを取捨選択して、共通点のある異性を探しやすくなっているところ。

アプリのイマイチなところ:あまりイマイチな点は感じませんでしたが、ユーザー数が多いのか少ないのか分かりませんし、私の条件が厳しすぎたのかもしれないのですが、あまり条件に当てはまる異性が多くなかったのが少し残念でした。

怪しい人にさえ気を付ければ、アプリはどこにいても出会いを探せる

マッチングアプリの良さ:とにかく無駄が無い、これに限ります。
出かけていって出会いを求める場合、誰が来るかも分からないところへ出かけていく時間、かかるお金など、消耗するものが多いですが、マッチングアプリはどこにいても出会いを探せます。そして本当に自分が「会ってみたい」と興味を持った人と実際に会いに行くので、そういう意味でも「婚活パーティーに行ったけど何も収穫がなかった」というリスクも回避できて、無駄が無いです。

マッチングアプリの悪いところ:これは私自身の体験ではなく、知人に実際に起きた事ですが、やはりマルチ商法のような、怪しい人もいるようです。人生を豊かにするセミナーとやらに誘われたらしく、期待外れだった、と落ち込んでいました。

これから始める人にアドバイス:どのような目的で始めるかにもよりますが、とにかく大切なのは「人気獲得」ではなく「自分が求める人を探す」という事を忘れない事です。モテる事よりも、自分に興味を持ってくれる人を見つけるために、プロフィールはなるべく細かく、ここだけは譲れない!という点なども盛り込んで書きましょう。

もし書き足りないことがあれば、自由にご記入ください:withを始めるまでは、まさか2年後に、結婚して引っ越しして妊娠して・・・という状態になっているなんて思いもしませんでした。出会ってから結婚まであっという間でしたが、不思議と不安は全くありませんでした。お金の話や人生観、将来設計などを、変に知り合いではない方だったからこそ、遠慮しないで話す事ができたというのが大きかった気がします。(これでフラれたら、そこまでの縁だった、という事で本音が出せました)

無料

出会いはwith(ウィズ) 婚活・恋活・マッチングアプリ

IGNIS LTD.

3.16
※18歳未満の方は利用できません。

この記事のタグ

マッチングアプリ体験談大募集