女友達がほしい! 異性の友達を作る方法とおすすめマッチングアプリ5選!同性の友達作りにも

林 卓弥
記事をシェア
女友達 ほしい 異性の友達 出会い

女友達を作りたい方に向けて、おすすめの出会いアプリを5つ紹介

女性の友達が欲しいと思っている方の中には「アプリで本当に出会えるの?」「どうやって女性と仲良くなればよいのかわからない……」とお悩みの方も多いはず。

本記事では、作り方のコツや男女別の心理・コツもバッチリ網羅して解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※この記事はアフィリエイトを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

間違いなしのおすすめ出会い系アプリ

累計会員数2,000万人
国内TOP

Pairs(ペアーズ)

Web版はこちら

ポイント制で使いやすい
気軽に会える♪

ハッピーメール

Web版はこちら

新しい出会いに!
AI自動マッチングが凄い

Ravit

Web版はこちら

40代バツイチ多数
今だけ1200円分貰える

マリッシュ

Web版はこちら

18歳未満の方は利用できません。

女友達がほしい人が使うべきおすすめ出会いアプリ5選 比較表

アプリ名 会員数 登録費用 メール送信 運営会社

ハッピーメール
3,000万人 無料 1通5pt=50円
(女性は完全無料)
株式会社
アイベック

ワクワクメール
1,000万人 無料 1通5pt=50円
(女性は完全無料)
株式会社
ワクワク
コミュニケーションズ

PCMAX
2,000万人 無料 1通5pt=50円
(女性は完全無料)
株式会社
マックス

Jメール
1,000万人 無料 1通5pt=50円
(女性は完全無料)
有限会社
エムアイシー
総合企画

イククル
1,500万人 無料 1通5pt=50円
(女性は完全無料)
プロスゲイト
株式会社

【結論】女友達作りならマッチングアプリより出会いアプリ!

結論からいえば、女友達が欲しいならマッチングアプリではなく出会いアプリがおすすめです。

マッチングアプリは真剣な恋活・婚活手段として利用する利用者が多いため、友達を探したい場合温度感が合わないということも。

一方で出会いアプリは食事相手や趣味仲間を求めている利用者も多く、気軽に異性の友達を作りやすい特徴があります。

また、出会いアプリには掲示板で多くの人に呼びかけられるなどのメリットもあります。

林卓弥(ライター)

出会い系、マッチングアプリ、恋愛、婚活関連を中心に500本以上の記事を執筆しているフリーライター。現在はマッチングアプリ専門の出張撮影サービスと連携し、プロフィールの作成やアプリ関連の悩み相談にも対応中。

友達探し専用のマッチングアプリなどもたまにありますが、多くがサービス終了していっています。

異性の友達探しであれば、出会い系アプリで仲良くなれるチャンスは多いでしょう。男性の場合は、完全に友達探しで、恋人は一切作る気がないと宣言してしまうのもおすすめ。

友達のフリをして近づいてきて、後から恋愛関係に発展させようとする人もいるため、下心が見透かされてしまうと破綻します。

出会いアプリで女友達作りをするメリット

出会いアプリで女友達を作るメリットのイメージ

出会いアプリを使って女友達を探すのは多くのメリットがあります。特に、そもそも新しい友達を作るための出会いのきっかけがない人には便利なものとなるでしょう。

①趣味や価値観が合う女友達を探しやすい

出会いアプリでは、プロフィールであらかじめ相手の住んでいる場所・年齢・趣味・利用目的がわかるため、趣味や価値観が似た人を探しやすいのがポイント。

通常のSNSとは違い、「住んでる場所が遠くて会えない」「年が離れすぎていた……」こともなく、仲良くなれる人を探しやすい環境です。

自分からプロフィールに趣味や価値観を書いておくことで、同じ考えの人が見つかりやすくなるでしょう。

②他人の目を気にしないで女友達を作れる

リアルで積極的に異性の友達を作ろうとすると「チャラい……」「遊び目的なのでは」のように、周りからは悪印象を持たれがち。

ですが、出会いアプリなら同じ目的の人も多く、周りの人に知られるリスクも低め。他人の目を気にすることなく、存分に異性の友達を探すことができます。

③異性なら恋人の関係に発展する可能性もある

そもそも出会いアプリは、男女の出会いをサポートするもの。ユーザーの中には「友達の他に恋人を探す人」や「友達から恋人の関係を望む人」も十分にいます。

最初は友達として出会ったとしても、関係を縮めていけば「親友のような恋人」への発展も十分に考えられます。

ただ、「友達が欲しいのか」「恋人が欲しいのか」「ただ遊び相手が欲しいのか」「友達から発展して恋人になれる相手が欲しいのか」これらはある程度はっきりさせておく必要があるでしょう。

この部分が曖昧だと下心を隠しているのではないかと疑われやすくなってしまうためです。

出会いアプリで女友達作りをするデメリット

出会いアプリを使って女友達を探すのにはデメリットも存在します。ある程度の課金や業者を見極めるスキルは、出会いアプリを使う上では必要です。

出会いアプリで女友達作りをするデメリット

①お金がかかる

「友達の紹介」や「SNS」とは違い、出会いアプリでは利用に料金が生じてしまうのが一般的。女性は完全無料で利用できるものが多いですが、男性は料金が生じるので金銭面がネックになります。

しかし「友達探し目的」と明記しておけば、同じ利用目的の異性と手軽に出会えるメリットがあります。趣味や興味のあることを書いておけば、共通点のある異性に見つけてもらいやすいです。

お金はかかりますが、アプリを利用しないでリアルで探すよりも、効率が良いと言えるでしょう。

②業者や悪質ユーザーに遭遇する可能性がある

優良な出会いアプリには、会員数の水増しやサービス内で課金させる目的で運営側が用意しているサクラは存在しないのですが、業者はいる可能性があります

多くの出会いアプリは、運営により24時間365日監視体制が敷かれています。しかし、監視の目から漏れている業者や悪質ユーザーの存在は否定できません。

業者とは、他の有料サービスやネットワークビジネス、宗教などへの勧誘目的で出会いアプリを利用しているユーザーのこと。悪質ユーザーには、詐欺行為や援助交際で金銭を要求する女性も含まれます。

業者や悪質ユーザーを見つけたら、速やかに運営に通報し、ブロックして関係を断つのがおすすめです。

業者の見分け方

●メッセージが卑猥・お金を要求してくる
●プロフィール写真が可愛すぎる・イケメンすぎる
●プロフィール写真が豪華で自由人アピール
●LINE交換を急かしてくる
●すぐ会おうとする
●有料外部サービスに誘導してくる
●投資や副業に関するプロフィール

【体験談】出会いアプリで女友達ってできるの?

疑問を思い浮かべる男性

出会いアプリで女友達が本当にできるか、不安に思う人も多いでしょう。そこで、実際に出会いアプリで女友達をつくることができた男性・女性の体験談を紹介します。

男性の体験談

22歳男性Webコーダーの体験談

ダーツとお酒が好きな友達を探しに「ハッピーメール」を使い始めました。利用期間は3ヶ月~4ヶ月未満、課金額は2,000円〜3,000円程度。

プロフィールはダーツとお酒がいかに好きかを書き連ね、友達探しで目的あることを強くアピールしたものにしました。

相手から「ダーツはやったことがないけど興味があります。お酒は好きです」といった内容のメッセージが届き、5通くらいのやりとりをしました。

その後、「実際に出会う時に会えなかったら困るから」と理由付けしてLINEを交換。実際に会うまでのやりとりは、10〜20通程度でした。

初デートはダーツバーで、「ダーツをやってみてダメだったらお酒もあるから飲んでよう」と誘いました。彼女はお酒はあまり強くないらしく、すぐに酔ってしまいました。

2度ほど一緒にダーツバーに行った後は、特に連絡はしませんでした。しばらく会わないでいたところ、ダーツバーで偶然再会。今では趣味友達になれたと思います。

女性の体験談

20歳女性会社員の体験談

「ワクワクメール」で同性の友達を作りました。

出会いアプリであれば、同性の友達が欲しいと言う同じような気持ちを持った人に真剣に出会えそうだと思ったからです!

実際に同じアーティストが好きで女友達が欲しいと考えている方に会えました。メッセージを通して仲良くなり、今でも一緒にライブに行くこともあります。

お互いが全く知らない他人同士だったので、1から関係を築くことができたのが出会いアプリならではの良さかなと思います。とても新鮮で、久しぶりの意気投合だったので楽しかったです!

詳しくはこちら

ダーツが生んだ再会。「ハッピーメール」で多部未華子似の趣味友ができた体験談 - 出会いコンパス

女友達がほしい人が使うべき出会いアプリ

出会いアプリで友達作りがしやすい理由がわかった一方で、お金がかかるというデメリットも理解できたかと思います。

そこでお次は出会いアプリの中でも、友達探しをするユーザーが多く、初回登録でポイントを無料でもらえるおトクなアプリを紹介します。

ハッピーメール:累計会員数3,000万で、出会いのチャンスが豊富

『ハッピーメール』のイメージとプロフ検索画面

「ハッピーメール」は出会いアプリの中でもトップクラスの会員数を誇るアプリ。友達&恋人を探す人はもちろん、友達探しのみを目的とするユーザーも多く、出会いを十分に期待できる内容です。

またプロフィールには遊び友達・趣味友達のように、「興味あること」の欄に求めている人が書かれています。検索条件を設定すれば、「友達を探している」ユーザーに絞った相手探しができるのもポイントです。

実際に友達探しをしている女性ユーザーを検索したところ、20代前半から50代までかなり幅広い結果となりました。20代が比較的多く、芸能人でいえば、「あの」さんのような雰囲気の人が見受けられました。

会員数 2,700万人
登録費用 無料
メール送信 1通5P=約50円
(女性は完全無料)
運営会社 株式会社アイベック
ハッピーメール-出会い/マッチングアプリでハッピーな出逢いを

株式会社アイベック

インストール無料
App Storeを見る
Google Playを見る
※18歳未満の方は利用できません。

PCMAX:アクティブユーザー60万人越えの出会いアプリ

『PCMAX』のアプリTOP画面と利用目的選択画面

「PCMAX」は、アクティブユーザが多い出会いやすいアプリです。創設15年以上の実績があり、累計会員数は1,800万人。アクティブユーザーも多く60万人を超えています。

コミュニティ機能はシンプルに9種類のみ。「趣味が合う」や「お食事・飲み」を選べば、異性の友達作りに役立ちます。

友達作りをしている人を実際に探してみると、20代前半~半ばくらいの人が多くヒットしました。芸能人でいえば、与田祐希さんのような雰囲気の人が見受けられました。

1日1回は掲示板に無料で書き込めるので、毎日忘れずに利用しましょう。

会員数 1,600万人
登録費用 無料
メール送信 1通5pt=50円
(女性は完全無料)
運営会社 株式会社マックス
出会いのPCMAX-マッチングアプリで婚活、出会い系アプリ

MAX, Corporation

インストール無料
App Storeを見る
Google Playを見る
※18歳未満の方は利用できません。

Jメール:20年以上の運用実績で使いやすい

『Jメール』のイメージと検索画面

「Jメール」は20年以上の運用実績があり、会員数600万人を突破している出会いアプリです。

女性は無料で使用でき、男性は最大1,000円相当Ptプレゼントされるので、男性でも無課金のままで異性の友達を見つけられる可能性があります。

相手の検索も非常に細かく設定でき、検索の絞り込みで「興味あること」の欄を遊び友達や趣味友達などに設定すれば、同じ目的の相手を見つけやすいです。

友達探しをしている人を検索してみたところ、20代から40代まで幅広い世代が利用していました。芸能人でいえば、吉田羊さんのような雰囲気の人が見受けられました。

掲示板への投稿も1日1回は無料で行えるので、積極的に活用しましょう。

会員数 600万人
登録費用 無料
メール送信 1通5pt=50円 
(女性は完全無料)
運営会社 有限会社エムアイシー総合企画
『Jメール』の登録はこちら

女性が女友達を作るのにおすすめのアプリ3選

続いて、女性が女友達を作るのによりおすすめのアプリを3つ紹介します。女性専用のものもあるので、男性からアプローチされるのに抵抗がある人には特に「tipsys(ティプシス)」はおすすめです。

「tipsys(ティプシス)」

「tipsys(ティプシス)」は、女性専用の友達作りマッチングアプリです。基本的なプロフィールや一緒に行きたい場所、出かけられる曜日やタグを設定して、友達探しができます。

女性しか利用できないことから自然と同じ目的の人が集まっていて、安心して利用しやすいでしょう。お酒に関するタグの割合が多くなっており、飲み友達探しをしたい人には特におすすめです。

「Tinder(ティンダー)」

Tinder 公式
アプリ名Tinder
料金男性 無料
女性 無料
年齢層10代〜20代
累計会員数非公開
(全世界累計5億3000万以上のDL)
目的恋愛、デート
特徴完全無料で出会える

※月額料金はAppleID決済を基準に掲載しております。また、決済方法やプラン、また為替や値上げ等の影響によって変動する場合もあります。

「Tinder(ティンダー)」は、気楽な友達探しに使えるマッチングアプリです。検索画面に表示される性別を選べて、女性が女友達を探すのにも活用できます。

友達探しをしているユーザーは多いので、プロフィールにきちんと記載しておけばマッチングが期待できます。

ただ、細かい絞りこみはできないようになっているため、どんなところに出かけたいのか、どんなことが好きなのかを書いておかないと、気が合う人とのマッチングは難しいでしょう。

Tinder- マッチング・出会い系アプリ

Tinder Inc.

インストール無料
App Storeを見る
Google Playを見る
※18歳未満の方は利用できません。

「JOIN US(ジョイナス)」

「JOIN US(ジョイナス)」は、「今夜の飲み相手を見つけよう」がキャッチコピーの飲み友達探しマッチングアプリです。基本的にはGPSで距離が近い人を探せて、マッチングしてすぐに会う流れになっています。

ログインは1日1回しかできず、朝5時にはマッチングやメッセージのやり取りは全てリセットされます。今すぐ会える人を探したいという人におすすめです。

ちなみに……マッチングアプリで恋人ができた人の約8割がアプリを「複数利用」しており、1つしかアプリを入れていない方は出会いづらい状態と言えます。以下のチャートから、自分に合ったアプリを選んでみてください。

マッチングアプリ診断チャート

▼アプリのダウンロードはこちら

出会いアプリで女友達を作る方法・コツ

出会いアプリで異性の友達を作るためのコツは4つあります。どのコツも今日から実践できる簡単なものなので、ぜひ試してみてくださいね。

4つのコツを教えてくれる男性

①友達作り目的であることをはっきり書く
②欲しい友達をターゲットにしたプロフィールにする
③メッセージでは親しみやすさを重視する
④複数の出会いアプリを使う

①友達作り目的であることをはっきり書く

出会いアプリには友達作り目的以外にも、恋活や婚活など、さまざまな目的で利用している人がいます。異性の友達が欲しいのに婚活目的の人と出会っても、「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。

純粋に異性の友達が欲しいと思っていたのに、パパ活・ママ活、身体目的と勘違いされてしまうリスクもあります。

プロフィールには「純粋な友達作り」である旨をしっかりと明記しておきましょう。

林卓弥(ライター)

出会い系、マッチングアプリ、恋愛、婚活関連を中心に500本以上の記事を執筆しているフリーライター。現在はマッチングアプリ専門の出張撮影サービスと連携し、プロフィールの作成やアプリ関連の悩み相談にも対応中。

友達探しだけだとイメージできない人もいるので、「一緒にゲームをできる友達」「服屋巡りができる友達」「バーに行ける友達」などなるべく具体的に書きましょう。

②欲しい友達をターゲットにしたプロフィールにする

プロフィールは、友達作りに適したものにする必要があります。自分がどのような友達を求めているかをはっきりと書いてあると、相手に見つけてもらいやすくなります。

例えば、同じ趣味の友達が欲しいなら、その趣味について具体的に書きましょう。なぜその趣味が好きなのか、どのくらいの頻度でその趣味をしているかなどがあると、より良いです。

同じ趣味の友達が欲しい場合のプロフィール例は、以下を参照してください。

友達作り用プロフィールの例文

はじめまして、〇〇と言います。
読書が趣味の女の子と友達になりたくて、アプリに登録しました。

僕は本を週に2冊ほど読みます。ジャンルは、純文学から海外の古典まで幅広いです。
最近読んで面白かったのは、シャーロック・ホームズシリーズです。推理小説は今まであまり読んでいなかったのですが、夢中になって読みました。

おすすめの本を紹介しあえるような人と友達になれたら嬉しいです。
どんな本でもかまいません。気になったらメッセージください!

よろしくおねがいします。

③メッセージでは親しみやすさを重視する

婚活では誠実さや丁寧さが重視されますが、友達作り目的の場合には親しみやすい人のほうが出会いやすい傾向にあります。明るく話しやすい印象になるよう、メッセージの雰囲気を工夫しましょう。

しかし、最初からタメ口はおすすめできません。馴れ馴れしい印象を与えてしまうので、最初のうちは丁寧な言葉遣いをする必要があります。

「こんにちは!」や「初めまして!」などの挨拶も重要です。堅苦しくならない程度のやわらかい口調でメッセージを送りましょう。

④複数の出会いアプリを使う

出会いの機会を増やすために、複数の出会いアプリを使うのも良い方法です。アプリによって特色や利用者の傾向が違うので、メインで利用するアプリを変えたらスムーズに友達ができたというケースも珍しくありません。

ただし、真剣な恋活や婚活をメインとしているアプリは、友達作り目的で利用すると「冷やかし」と判断され嫌がられる可能性があります。

気軽な恋活か、友達作りもOKな雰囲気のアプリを複数選び、活用するのが良いでしょう。

女友達を作る・増やすときに意識すべきポイントは?

女友達を作ろうと考えた時、男性も女性もそれぞれ意識しておくべきポイントがあります。簡単に解説します。

【男性】下心や恋愛への意識を見せない

男性が女友達を作ろうと考えている場合は、下心や恋愛への意識を見せてはいけません。友達が欲しいからとアプリでアピールをして会う形になるため、実際に会ってから別の目的への意識を見せてしまうと、裏切られたと感じる人もいます。

下心や恋愛への意識を少しでも見せてしまうと、続いていた友人関係がすぐに終わってしまうこともあるでしょう。

林卓弥(ライター)

出会い系、マッチングアプリ、恋愛、婚活関連を中心に500本以上の記事を執筆しているフリーライター。現在はマッチングアプリ専門の出張撮影サービスと連携し、プロフィールの作成やアプリ関連の悩み相談にも対応中。

男性の場合はなぜ女友達が欲しいのか納得してもらえる理由が必要になることが多いでしょう。

「気楽に飲みに行って早めに解散くらいがちょうどよい」「在宅で寂しいから誰かとやり取りしたい」など、恋人探しではなく友達探しの理由をセットで用意しておきましょう。

【女性同士】自分と相手を比較しない

女性が女友達を作るのであれば、自分と相手を比較しないよう注意しましょう。仕事や収入、住んでいる場所などから嫉妬や溝が深まってしまうことがあるためです。

お互いの共通点や趣味を深堀して距離を縮めると良いでしょう。

【男女別】女友達がほしい人のリアルな心理とは?

女友達がほしい人のリアルな心理を男性、女性それぞれ口コミを集めました。

異性(女友達)が欲しい男性の心理

男性の場合は、趣味を共有できる女友達を求めている人が多く見受けられました。また、方言で話すかわいらしい女性に癒されたいといった声も。

出会い系アプリを使うことで、趣味を共有できる人を見つけられます。さらに出身地を絞り込むことで、方言を話す女性を簡単に見つけられます。

同性(女友達)が欲しい女性の心理

女性の中には、同性同士における距離間を詰めるのが難しいことで、親友のような関係の人がほしいけどいないといった人も中にはいるようです。また、婚活を進める上で一緒にがんばれる人が欲しいという人も見受けられました。

出会い系アプリを使うことで、同じ趣味やファッション、考えを持つ人と出会いやすくなっています。「同性の婚活仲間募集!」などと書いておくことで、悩みを打ち明けられる人を探せるでしょう。

女友達が欲しい人の本音としたいことをSNSから実態調査

女友達が欲しいと考えている人はどんな友達を求めているのか、友達と何をしたいのか、SNSから調査をして集計をしました。

趣味の話、イベントに一緒に出掛けたい 16人
お酒を飲める友達が欲しい 8人
なんでもない話をしたい 5人
誰にも言えない悩みを聞いてもらいたい 5人
ゲームがしたい 3人
カフェに行きたい 3人
LINEで連絡を取り合いたい 3人
近所に住んでいて気軽に会いたい 3人
その他 4人

音楽ライブやイベントに一緒に行ける人が欲しいという声が特に多かったです。他にも、競馬やサバイバルゲームなど女性人口が少ない趣味にハマっている女性の人にとっては、同性で話ができる人を求めている印象でした。

「〇〇がしたい、出かけたい」というものも確かに多かったのですが、大きな括りでいえば「話がしたい」という声が多く見受けられた印象です。アプリのプロフィール作成をする上で参考にしてみてください。

女友達がほしい人は要チェック!よくある質問

最後に、女友達を求める人向けによくある質問をまとめました。

女友達がほしい人向け よくある質問

自分も女性の場合、同性同士で女友達を作ることはできる?

今回紹介した出会い系アプリは同性に対してもメール送信が可能なため、女性も女友達が作れます。プロフィールに同性の友達が欲しくて使っていることを書いておけば、意図が伝わってやり取りが発展しやすくなるでしょう。

あなたにあったアプリで気軽に出会える女友達を作ろう!

今回は、女友達を作る方法として出会い系アプリを紹介しました。紹介したアプリはどれもユーザー数が多く、気軽に食事に行ける関係を求めている人は多くいます。

登録自体は無料なので、どんな人がいるのか見てみることをおすすめします。プロフィールで女友達を探していることをアピールして、積極的にメールを出してみましょう。

こちらの記事もおすすめ

同じ趣味の友達が欲しい人必見! 同性・異性の友達作り向きアプリおすすめ8選! 無料で友人探しもOK - 出会いコンパス
マッチングアプリおすすめ比較ランキング人気21選!恋活・恋人探し・婚活をプロが解説【2024年5月】 - 出会いコンパス

理想の相手を見つける新着記事

カテゴリ記事一覧へ