脈ありサインを見抜けば告白失敗なし!マッチングアプリ2~3回目デートの攻略法

記事をシェア
マッチングアプリ 告白

マッチングアプリで出会った相手と2回目のデートの約束ができたなら、相手にとって初デートが楽しかったということです。

このまま2回目、3回目のデートで2人の距離を縮めることができれば、告白が成功し、交際に繋がる確率もグッと上がりますよ。

ただし、告白前には複数の脈ありサインを確認する必要があります。

本記事では、告白前に確認したい相手からの脈ありサインの見極め方と、2~3回目のデート攻略法を解説します。

※この記事はアフィリエイトを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

2~3回目のデートの目標は「脈ありサインをどれだけ引き出せるか」

2~3回目のデートで意識するべきことは、「相手からの脈ありサインをどれだけ引き出せるか」ということです。

普段より積極的な姿勢で相手にアプローチし、相手の言動から「脈ありかどうか」を見極めながらデートを楽しみましょう。

相手から脈ありサインがあれば、告白が成功する可能性が高くなります。

逆に、3回目以降のデートでも相手からの脈ありサインを全く引き出せていない場合は、相手の「友達ゾーン」に入ってしまった可能性が高いといえます。

2~3回デートしても焦って告白はNG!

ただ2~3回のデートを重ねたからといって、脈ありサインがない相手に焦って告白するのは避けてください。

脈なしの状態で告白しても成功する可能性は低い上、相手に「関係を終わらせる決断」を強いてしまいます。一度断られたら、そこから関係が発展することはほとんどないといえます。

【基本編】告白前にチェック!5段階の脈ありサインを見極めよう

ここからは、告白前に確認したい脈ありサインについて解説します。

2~3回目のデートでチェックすべき5段階の脈ありサインは下図のとおりです。

脈ありサイン

LV.1 食事に誘ったら積極的に予定を調整してくれる

食事に誘った際に、相手が乗り気な姿勢を見せてくれたり、忙しくてもスケジュールを調整してくれたりする場合は、脈ありサインと捉えてよいです。

再び2人きりで食事に行きたいと思ってもらえたということは、相手があなたに対して「もっと仲良くなりたい」「一緒に時間を過ごしたい」と考えている証拠です。

自信を持って、他の脈ありサインもチェックしましょう。

Lv.2 恋愛関連の質問をよくしてくる

相手があなたに対して「好きな異性のタイプは?」「交際後の理想的な過ごし方は?」など、恋愛に関連した質問をする場合も、脈ありサインと捉えてOKです。

また、あなたから相手に恋愛に関する質問をした際に真剣に回答してくれる場合も、あなたへの好意があると捉えて問題ありません。

逆に、誤魔化されたり曖昧な回答をされたりする場合は、あなたと恋愛モードに入りたくないというサインです。

Lv.3 距離が45cm以内に近づいても抵抗しない

一般的に、男女間でのパーソナルスペース(他者に侵入されると不快だと感じる空間)は45cm以下だと言われます。

ほとんどの方にとって、パーソナルスペースに入ってもストレスを感じないのは、家族や恋人のような特に親しい相手のみです。

つまり、あなたと45cm以内の距離で数分間過ごしても相手に抵抗感がない場合は、脈ありである可能性が高いです。

また、相手が笑顔を見せ、リラックスした様子である場合は、あなたに対して好意を持っているサインと捉えることができます。

Lv.4 2軒目の誘いに乗ってくれる

1軒目でひと通り会話が盛り上がったあとに、相手が2軒目への誘いに乗ってくれた場合も、脈ありだと考えてよいです。

2軒目への誘いに応じてもらえるということは、あなたに対して「もう少し話したい」「もっと知りたい」という気持ちが高まっている証拠です。

Lv.5 手を繋いでも嫌がらない

相手の手を繋いでも嫌がられないのであれば、脈ありの可能性は極めて高いです。

相手が手を握り返してくれたり、あなたに向かって笑顔を見せたりする場合は、相手も同じ気持ちであることがほぼ確実だといえます。

ここまで来たら、告白でOKをもらえるラインまで到達できていると考えてよいでしょう。

逆に、手を繋いだときに断られたり、振りほどかれたりしたら告白はまだ早いです。

「付き合う前に手を繋ぐなんてできない」という方もいますが、相手も自分に好意を持っていれば、全く失礼にはあたりません。

むしろ、脈あり/脈なしを判断せずにいきなり告白して失敗するよりもリスクは低いといえます。

【実践編】脈ありサインを引き出す5つのステップ

脈ありサインについて理解はできたけれど、「デート中に相手から脈ありサインを引き出すにはどうしたらよいの?」と考える方もいるはず。

ここでは、2~3回目のデートで相手から脈ありサインを引き出す方法を5つのステップで解説します。

ステップ①2~3回目のデートはディナーがおすすめ

2~3回目のデートを計画する際は、横並びでディナーができるお店を選びましょう

夜は恋人同士のようなムードを作りやすいため、告白するのにおすすめの時間帯です。

また、横並びで座ると、脈ありサインの確認方法である「45cm以内に近づく」「自然に手を繋ぐ」といったアクションが実践しやすいです。

ディナーでいい雰囲気になったあと、2軒目に誘ったり、景色がいいスポット(20分以内で行ける場所)に誘い、手を繋いだり告白したりすることを目指しましょう。

ステップ②恋人ムードを作る会話をする

初デートでは「楽しさ」を意識した会話が大切でしたが、2回目以降のデートでは「ドキドキ感」を得られる会話をすることが重要です。

2回目以降のデート中の会話の内容によって、友達コースに進むか、恋人コースに進むかが決まってしまいます。

具体的には、以下のポイントを意識して会話を楽しみましょう。

  • 初回デートより恋愛話を多めに入れる
  • 褒めポイントを見逃さない
  • 未来の話で恋人同士の空気感を演出する

初デートより恋愛話を多めに入れる

2回目以降のデートでは、会話中に恋愛話を多めに入れることを意識しましょう

単に好きなタイプや恋人との理想的な過ごし方を聞くだけでなく、「初恋はどんな人だったの?」「前の恋人と別れた理由は?」など、過去の恋愛に踏み込んだ質問をしてみるのもよい方法です。

恋愛話は誰にとってもプライベートなものであるため、相手にドキドキ感を感じてもらえるでしょう。

このドキドキ感が吊り橋効果として働き、恋愛対象として意識してもらいやすくなります

また、相手の恋愛観に対して理解を示し共感することで、信頼関係を深めることもできますよ。ただし、相手が答えづらい質問は避け、無理に聞き出さないように注意しましょう。

褒めポイントを見逃さない

会話中に相手を褒めるポイントを見逃さないことも大切です。

人は褒められると「受け入れてもらえた」と感じ、自己肯定感が上がりやすくなります。

自己肯定感を上げてくれる相手と「一緒にいたい」と感じるため、あなたを恋人として意識する可能性もアップします。

相手を褒める際には、努力や気遣い、性格などの内面的な部分を褒めると良いでしょう。

褒め方の例

  • 努力を褒める
  • 「頑張っていてえらいね」
  • 「〇〇してくれてありがとう!すごく嬉しい」
  • 居心地の良さ・楽しさを伝える
  • 「〇〇さんと話すのが楽しい」

ただし、以下のような褒め言葉は相手に嫌がられる可能性があるので注意が必要です。

褒め方のNGな例

  • 身体的特徴を褒める(脚キレイ、胸大きい)
  • 上から目線で褒める(女性なのに頭良いね)
  • 自己肯定感が著しく低い人を褒める(褒めても不信感を持たれる)

未来の話で恋人同士の空気感を演出する

会話の中で「今度ここに行ってみない?」「旅行で行くならどこがいい?」など、2人で過ごす未来の話をするのもおすすめです。

未来の話をすることで、相手に「この先の2人の関係も考えている」ということが伝わり、恋人同士のような空気感を演出できます。

ステップ③45cm以内に自然に近づく

脈ありかどうかを判断するためには、相手との距離をパーソナルスペースである45cm以内に縮めてみましょう

お店で横並びの席に座り、少しずつ距離を詰める方法がおすすめです。

距離を縮めても相手が遠ざかったりせず、5分程度維持できるのであれば、脈ありの可能性が高いです。

お店に対面の席しかない場合には、お店の外に出てから近くのベンチに座る機会を作り、そこで距離を詰めるといった工夫をしてみてください。

相手が離れる素振りを見せたらステップ②に戻る

距離を詰めた際に、相手から距離を遠ざけるような動きをされたなら、まだ脈なしの可能性が高いです。一度引いてステップ②に戻り、もう少し関係性を深めてから再度挑戦しましょう。

焦らずにゆっくりと相手との信頼関係を築くことが大切ですよ。

ステップ④2軒目に自然に誘う

1軒目のお店を出たら、「まだ時間大丈夫?」「明日早いの?」などと聞いてから、2軒目に誘いましょう

相手が「まだ大丈夫」と答えてくれたら、2軒目に向かってください。2軒目はバーやカラオケ、ドライブなどでも構いません。

仮に相手が迷っている素振りを見せても、本音では誘ってほしいと思っている場合が多いです。ここで引かずに「行こうよ」と誘いましょう。

もし断られたら次のデートで再チャレンジ

相手があなたに好意を抱いていたとしても、本当に忙しかったり翌日に予定があったりする場合には断られてしまうこともあります。

その場合は、その日は潔く諦めて次のデートで再挑戦しましょう。

ステップ⑤自然に手を繋ぐ

最後に、自然に手を繋いでみましょう

相手が女性である場合は、「手を繋いでもいい?」と聞かれることを好まない方が多いため、歩いている際に自然に繋いでみてください。

相手が振りほどいてこなかったら脈ありです。告白しても高確率でOKがもらえるでしょう。

手を繋ぐのに良いタイミングは以下のとおりです。

手を繋ぐタイミング

  • 2軒目の帰り道に、会話が止まったタイミング
  • 階段を昇り降りしているときに、気を付けてと言いつつ手を差し出す
  • 2軒目やドライブの車内など、横並びの席に座って目線が合ったとき

ただし、はじめは指と指をクロスさせる恋人繋ぎは避けてください。

手を繋ぐのは勇気がいるアクションではありますが、いきなり告白して失敗してしまうよりもリスクは小さいと考え、思い切って行動してみましょう。

拒否されてしまっても、まだ脈ありな状態

手を繋ごうとして「ごめん、まだ早いかな」「もう少し仲良くなってから」などと断られてしまっても、気を落とす必要はありません。

この段階に進めている時点で脈ありである可能性は高いので、諦めずに次のデートで再挑戦してみましょう。

女性から脈ありサインを出す方法

女性から脈ありサインを出す方法もあります。

女性からすると、自分から手を繋ぐのに抵抗を感じるかもしれません。その場合は、脈ありサインを出して男性から手を繋ぐように仕向けるのもひとつの方法です。

具体的には、以下のようにアピールしてみましょう。

  • 男性の服の袖を掴む
  • 男性の指先に触れてみる
  • 「手大きいね」などと言って男性の手に触れる

もしこういったアピールをしても、相手が恥ずかしがっていなかったり、ドキドキしていなかったりする場合は、脈なしである可能性が濃厚です。

【番外編】キスできる雰囲気ならしてしまおう

番外編ですが、デート中の2人の雰囲気次第では、キスしてから告白しても問題ありません。

相手があなたの20cm以内にいて目線が合っているなら、相手もキスに対して期待しているというサインです。

逆に、この状況でキスしないと不自然で、相手に幻滅されてしまう可能性があります。

最後のステップ 失敗しない告白の仕方

いよいよ最後のステップ、告白です。

告白の結果は、告白する前の段階で9割決まっていると言っても過言ではありません。

しかし、告白時のシチュエーションやセリフで失敗してしまうと、それまで相手が好意を持ってくれていても、OKをもらえない可能性が出てきます。

告白する際は、2人きりになれる場所で、ストレートな表現を使って行うことがポイントです。

▼失敗しない告白のセリフ

  • 好きです。付き合ってください
  • これからどんどんお互いを知っていきたいです
  • まだ2回しか会ってないけれど、こんなにいいなと思った人は初めてだった。だから付き合いたい

2回目のデートで告白する場合は、「なぜ2回目のデートという早い段階で告白するのか」を相手に納得してもらえるよう、理由も添えて告白することが大事です。

曖昧な返事をされた場合

相手と手を繋ぐ段階までは進めたにもかかわらず、告白して「まだ考えさせてほしい」という返事で保留にされてしまうこともあります。

最も避けたいのは、その後何度かデートを重ねても保留のままにされ、いつでもデートできる都合の良い存在、いわゆる「キープ枠」になってしまうことです。

その場合は、あなたも素っ気ない態度を取ったり、LINEの返信を遅らせたりして、「曖昧な態度ならこちらも冷めますよ」ということを示して駆け引きする必要があります。

これは脈あり? Q&A

相手から好意を感じられたとしても、脈ありサインなのかどうか判断が難しい場合もあるでしょう。

ここでは、多くの方が迷うケースについて解説します。

メッセージの返信が早い。絵文字がハート

脈あり/脈なしに関わらず、メッセージの返信が早い方や、ハートの絵文字を使う方は多いです。

あなたに好印象を抱いている可能性は高いですが、返信速度や絵文字といった要素だけでは脈あり/脈なしの判断が難しいといえます。

相手から手を繋いできた

デート中に相手から手を繋がれた場合は、基本的には脈ありサインとして捉えてよいです。

特に、相手に照れる様子や緊張している様子が見られる場合には、あなたに好意を抱いている可能性は極めて高いです。

ただし、女性の扱いに慣れている男性の中には、相手との関係に真剣でなくても手を繋ごうとする人もいます。相手の気持ちに確信が持てない場合は、他の言動も併せて判断しましょう。

相手からボディタッチしてきた

相手が異性との関わりに慣れている場合、友達感覚でボディタッチをされることもあります。

相手があなたに好意を抱いていることは間違いないですが、あなたが友達なのか恋人候補なのかは、ボディタッチだけでは判断はできません

やたら褒めてくる

異性との関わりに慣れている人は、相手との距離を縮める上で褒めることが有効だと理解しているため、よく褒める傾向があります。

相手があなたに好感を持っていることは確かですが、他の相手も同様に褒めている可能性があるため、脈ありと判断するのは早いでしょう。

決定的な脈なしサイン

最後に、決定的な脈なしサインといえるフレーズも押さえておきましょう。

  • 友達として一緒にいたい
  • 今他に好きな人がいる
  • 忙しくてもう会えなさそう

メッセージやデートでこういった発言をされてしまった場合、恋愛関係に進展する可能性は非常に低いです。

相手との友人関係を続けたい場合には今後も会ってもよいですが、恋人になれる可能性はないと考えて諦めた方がよいでしょう。

まとめ

今回は、脈ありサインの見極め方とマッチングアプリで出会った相手との2~3回目のデート攻略法を解説しました。

よく告白の仕方を練習する人がいますが、実は告白前にほとんど結果は決まっているものです。そのため、告白までの流れをシミュレーションしておくことが重要だといえます。

どこで待ち合わせをして、どこで食事をして、どこで手をつなぎ、どこで告白するのかを具体的にイメージすることで、当日の流れもスムーズになり、告白にOKをもらえる可能性が高まりますよ。

恋人ができる流れをおさらいする

恋愛初心者でもマッチングアプリで恋人は作れる!おすすめアプリ8選と失敗しない選び方 - 出会いコンパス

マッチングアプリ攻略術新着記事

カテゴリ記事一覧へ