本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「韓国女性みたいなスラっとした足になりたい!」そう思ったことがある人も多いはず。アプリを使用すれば、そんな願いも叶っちゃうんです。

本記事では足を細くするオススメの加工アプリを紹介したり、自然に仕上がるための加工ポイントを解説したりしています。あなたもモデルのような美脚を、手軽に手に入れてみませんか?

足を細くする加工のメリット

足を細くする加工をすると、下記のようなメリットがあります。

●足が細く見える
●足が長く見える
●足が細長くなるため、全体的に痩せて見える
●アイドルやモデルのような雰囲気を簡単に演出できる

加工のやりすぎは違和感が出てしまいますが、全身写真を撮影したときは、足の補正加工をするのがおすすめです。

アプリで簡単! 足を細く加工するやり方

友達と一緒に撮った写真を見ると、「なんだか自分の足が太い……?」そんな時はアプリを活用して細く加工しちゃいましょう。コツを掴めば違和感なく、ナチュラルな仕上がりにできますよ。

加工するなら『BeautyPlus』がおすすめ

足を細くする加工をしても、不自然な仕上がりだったら意味がありません。しかし『BeautyPlus』を利用すれば、違和感なく加工することが可能。背景の歪みがないため高クオリティな仕上がりになります。

BeautyPlus -自撮りカメラ、AIイラスト、写真加工

Pixocial Technology Singapore Pte Ltd

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る
  • STEP1

    足を伸ばしたい箇所にラインを合わせる

    足を伸ばしたい箇所にラインを合わせる

    ▲レタッチをタップして、ボディチューナーを選択。

    加工する画像を選んだら、レタッチをタップして「ボディチューナー」を選択。2本のラインを動かして、伸ばしたい箇所に移動させましょう。

  • STEP2

    スライドバーで調整

    スライドバーで調整

    ▲スライドバーを動かして調整する。

    スライドバーを左右に動かして足の長さを調整します。足首~腰辺りに合わせるとバランスよくなります

完成画像がこちら!

足だけでなくヒップも一緒に細くすることにより、キュッと引き締まった仕上がりに。腰の位置も高くなったため、足が長く見えるようになりました。全体的に、バランスよく体が引き締まっているのも嬉しいポイントです。

BeautyPlus -自撮りカメラ、AIイラスト、写真加工

Pixocial Technology Singapore Pte Ltd

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

足を細く加工できるおすすめアプリ6選

足を自然に細くできるオススメ加工アプリを紹介。アプリごとに特出している点なども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

『BeautyPlus』

直観的な操作ができ、かつ美肌やメイク機能も搭載。人物や自撮り撮影に特化しているアプリです。そのほかにも、加工に便利な機能が揃っています。

完成画像はこちら

レタッチの「ボディチューナー」を選択し、足の細くしたい部分を範囲内にいれるだけ。あとは左右にスライドバーを動かし調整しましょう。

操作も簡単で手軽にできるため、加工初心者の人でも安心して操作できます。

BeautyPlus -自撮りカメラ、AIイラスト、写真加工

Pixocial Technology Singapore Pte Ltd

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

『EPIK』

体型補正だけでなく、背景除去やモザイク、ステッカーなど便利な機能が多数搭載されています。ほとんどの機能が無料で使用できるのが魅力。トレンド感溢れる加工を楽しみたい人にもおすすめです。

完成画像はこちら

加工したい画像を選び、スライドバーを左右に動かすだけなので、直感的に使えるのが魅力。足を細く見せるだけでなく、足を長くしたりウエストを細くしたりすることもできます。またワンタッチ機能を活用すれば、全身をバランスよく補正できるのも嬉しいポイント。

EPIK エピック - AI写真&動画編集

SNOW Corporation

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

『Vmake』

シンプルなデザインで使いやすく、スライドショーや動画加工に特化しています。体型補正はもちろん、美肌やメイク、背景の不要なものの削除など多機能なところも魅力です。

完成画像はこちら

体型補正の機能が充実しているので理想の体型に近づけます。「脚長」「ウエスト」「脚痩せ」などカテゴリーも豊富。スライドバーを左右に動かすだけの簡単操作なので、サッと加工できるのが嬉しいですね。

BeautyPlus Video

Pixocial Technology Singapore Pte Ltd

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

『Spring』

シンプルな画面で見やすいですが、未翻訳なので若干わかりづらいところがネック。しかし顔の大きさを小さくしたり、足を長くしたりと体型補正に特化しているアプリです。

完成画像はこちら

補正ラインを頭、腰、足の位置に移動させ、スライドバーを上下に動かすだけで体全体がバランスよく伸びます。足だけを細くするといったことはできませんが、違和感なく加工できるのが嬉しいところ。

Spring - スタイリッシュなボディエディター

kim taewan

iOS無料
Android
App Storeを見る
Android版は配信されていません

『SNOW』

スタイル補正はもちろん、美顔補正やフィルター機能も豊富。自撮りや人物撮影が好きな人はチェックしてみてください。

完成画像はこちら

ビューティー内の体型を選択し、脚痩せをタップ。あとはスライドバーを左右に動かして調整しましょう。太ももだけ、ふくらはぎだけという加工はできませんが、直感的な操作ができるため簡単です。

SNOW スノー - AIプロフィール、AIアバター

SNOW Corporation

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

『Ulike』

顔のパーツを細かく補正したり、メイクが楽しめたりできる機能も搭載。自撮りや人物撮影に特化しています。

完成画像はこちら

美型の脚痩せをタップして、スライドバーを左右に調整するだけなので簡単。しかし脚痩せ機能を利用するには月額課金が必要です。7日間の無料お試し期間もあるため、利用してみてはいかがでしょうか。

Ulikeユーライク:ナチュラルに盛るビューティカメラ!

Bytedance Pte. Ltd

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

足を細く加工した写真の参考例

加工例①:制服姿

制服姿の場合は、スカートが多いため、見えている足を細めに加工するだけで、グッと可愛くなります。スカート付近は、無理をすると違和感が出やすいので、膝からくるぶしまでを加工するのがおすすめ。

加工例②:水着姿

水着姿の場合は、服の部分が少なめなので、股下ぎりぎりあたりから足首までを加工してみてください。比較的違和感なく、足を細くすることができます。また細くよりも、伸ばすイメージで加工すると、ほかの服に比べて、体のスタイルがよく見えます。

加工例③:ショートパンツ姿

ショートパンツ姿の場合、パンツの裾から下をメインに加工しましょう。布部分を加工すると、違和感が出やすいです。過度に足を細くすると、ヒップ部分が大きく見えてしまうので、注意してください。

足を細く加工するときに気を付けるポイント

アプリを使用すれば簡単に足を細くできますが、やり過ぎると違和感が出てしまいます。ここからは加工をするときに気を付けるべきポイントを解説。

ナチュラルに仕上げるポイントを紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

背景が歪んでいないかどうか

足を細くする加工は写真を歪ませることで成り立つため、背景の歪みに気を付けましょう。背景を白壁などの単色にするとわかりにくくなります

やりすぎはNG! ナチュラルさが大切

やりすぎると不自然さに目が行くため、バランスを見ながら加工しましょう。「少し痩せた?」と思わせるくらいがベストです。

一気に加工をせず、少しずつ修正

加工前と見比べながら、少しずつ補正していきましょう。一気に加工してしまうと足が歪んだり、不自然な形になったりしてしまいます。また背景にモノが多い場合は特に注意が必要です。

足が細く見えるポージング

撮影時から足が細くきれいに見えるポーズをとることで加工のやりすぎを防ぐことができ、よりモデルらしさを演出できます。

撮影をするときは足を揃えて正面を向いて立つのが基本ですが、実はこの立ち方はNGです。体を少し斜めにして、足を一歩前に。足首を若干重ねるようにすることで足が細く見えます。簡単にできるので、全身写真を撮るときは意識してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

自撮りのコツを大公開! 一人でもスマホで盛れる写真が撮れる【iPhone/Android】 - Appliv
誰でもモデルみたいに撮れる! かっこいい人物写真の撮り方やポーズを紹介 - Appliv