EPIK エピック - AI写真&動画編集

販売元:SNOW Corporation

最終アップデート日:2024年5月10日

iOS
価格:無料
Android
価格:無料
  • シェア

編集部レビュー

ページ更新日:2023年10月30日

流行りの加工を取り入れやすい 万能な写真加工アプリ

写真をきれいに加工できる画像編集アプリです。人物のリタッチからエフェクト追加、画像合成まで一通りの機能を搭載。顔の加工に関しては特に機能が豊富で、左右に別々の加工を加えることで、バランスの良い顔が自然に完成。SNSに投稿する写真をワンランク上の仕上がりにしたい人におすすめ。

「AIイヤーブック」の機能が話題で、アメリカの卒アル風の写真が作れます。

良い点
  • 人物や背景の加工から、エフェクト追加や写真合成までなんでもできる
  • 誰でも手軽に流行の加工を。テンプレート素材は毎週更新
  • スタンプやフィルターを自作できるため、自由度の高い加工が可能に
気になる点
  • フレームもステッカーカテゴリ内に表示されている
  • AIフィルターの表情は強さを調整できず違和感が出る

【良い点】編集機能が豊富

編集機能が豊富なため、さまざまな画像加工に挑戦しやすいのが魅力です。私は自撮り写真をSNSアイコンにしているため、切り抜き機能の人物と背景を分離する機能や、レイヤーの入れ替え機能は重宝しています。

また、太ってしまったときには顔・体補正機能でフェイスラインやボディーラインを整えたり、エフェクトやステッカーでごまかしたりもしています。無加工の自撮りでも、これひとつで見栄えを整えられるのが便利。

【気になる点】AIフィルターが物足りない

AIフィルターは数が少なく物足りなさを感じます。フィルター効果の強弱をつけられないほか、プロンプトを入力して自由にAI画像を生成するといったこともできません。自由な発想で加工を楽しみたい私としては、加工の自由度が低くなる点に不満が残ります。ただし独自のフィルターがあるため、写真のテイストを変化させたいときには役立ちそうです。

使い方3STEP解説

1.編集機能を選択

使いたい機能をピンポイントで起動できるのが特長。画像を並べたい場合には「コラージュ」を、顔や物にモザイクをかけたいなら「モザイク」を選択すると、目的の加工が素早く行えます。自由に編集したい場合は、画面中央の「編集する」を選択。

2.独自の加工機能で左右対称にできる

顔補正の中に左右別々に加工できる機能があります。補正の対象パーツは輪郭と目の2種類。この機能を使うことで、顔をバランスよく整えられます。

3.背景削除や分離も簡単にできる

写真に写る人と背景を分離させることも可能です。有料の機能になりますが、「ツール」→「背景分離」と選択するとAIが人と背景を分離してくれます。無料版の人は「切り抜き」→「人物」と選択すると背景が透過処理された画像を作れます。

AIイヤーブック機能の使い方解説

1.使用する画像を選ぶ

まず編集内にある「AIイヤーブック」をタップ。加工に使用する人物写真を8枚~12枚選びます。このとき顔がしっかり写っているものを選択しましょう。

2.性別を選び購入をする

次に性別を選択します。加工後の仕上がりに反映されるため、間違えないようにしましょう。

3.画像を保存する

完成した画像は「ベーシック」や「優等生」「ファッショニスタ」など6種類のジャンルごとに、計60枚の画像がずらっと表示されます。また完成した画像は、スライドショーのように動画としても保存可能です。

写真加工・画像編集アプリのおすすめランキングはこちら

写真加工アプリおすすめ3選&ランキングTOP10 無料・人気のアプリを編集部が厳選!【2024年】
写真加工アプリおすすめ3選&ランキングTOP10 無料・人気のアプリを編集部が厳選!【2024年】

執筆:Appliv編集部

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

EPIK エピック - AI写真&動画編集

販売元:SNOW Corporation

最終アップデート日:2024年5月10日

iOS
価格:無料
Android
価格:無料
  • シェア

いま読んでおきたい

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

Applivユーザーレビュー (1

えくぼ

1年前

5

加工がむずかしくなくて、使いやすいのでめちゃめちゃ愛用してます💖💖💖フィルターもステッカーもめっちゃ可愛いし、フォントもたくさんあるし、切り抜きも超カンタンにできます!!こんなすごいのに無料って信じられない😂✨もうこれ以外使えないです( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )

SNOW Corporation のアプリ

googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539160377845-0'); });