• TOP
  • 写真加工・画像編集
  • 写真加工アプリの利用頻度・目的を徹底調査!若者と中高年では使い方に大きな差が!?

スマホの普及にともない、写真加工アプリは世代を問わず広がっています。とはいえ、若者のあいだでは写真・動画投稿SNSが日常に定着しているのに対し、中高年のあいだではSNSの利用が限られているなど、加工された写真の使われ方には年代により差がある印象も。

そこでApplivでは全国の10~60代の男女にアンケートを実施。写真の加工を行う頻度や、使っている写真加工アプリについて調査しました。

このページはアフィリエイト広告を利用していますが、記載されている情報は一切その影響は受けておりません。

10~20代の約3割が、週に1回以上は写真を加工する

全国の10~60代の男女2,051人を対象にした事前調査によれば、写真加工を行う頻度が週に1回以上の人は、10~20代では約3割にのぼりました

10~20代の約3割が、週に1回以上は写真を加工する

対して50~60代では約1割。この世代は「加工・編集はしたことがない」と回答した割合も約5割と多く、世代による加工の頻度の差が顕著に現れています。

写真加工の目的は、若者はSNS投稿、50~60代は鑑賞

写真加工の目的は、若者はSNS投稿、50~60代は鑑賞

写真を編集・加工する目的については、10~40代で「SNSに投稿するため」が1位という結果に。特に10代は38.7%と最多で、これは60代(7.1%)の5倍以上にあたります。

一方50~60代では「自分で鑑賞するため」の回答が1位。特に60代では約4割と多くを占めていました。SNS投稿を目的とする人の割合は、年代が上がるにつれ減少しているようです。なお「その他」の内容で多く回答されたのは、「フリマアプリへの出品」と「仕事の資料」でした。

10~20代では自撮りの加工がメイン

10~20代では自撮りの加工がメイン

加工する被写体を質問してみると、10~30代では4割近くが「自撮り」または「人物(自分を含む)」と回答。50~60代における回答のおよそ1.5倍にあたります。これは若い世代のほうが友人と過ごす時間が長く、写真を撮る機会自体も多いためと考えられます。

逆に「風景や動物・植物」は、40~60代が10~30代よりも多くの割合を占めていました。10代の24.4%と60代の46.1%とでは、倍近くの差があります。なお「食べ物」については、世代間で大きな差は見られませんでした。

20代は平均3個の写真加工アプリを利用している

Applivでは、写真加工を月に1回以上すると回答したユーザー(全国の10~60代男女650人)を対象に、Applivはアプリの利用状況について本調査を実施しました。

20代は平均3個の写真加工アプリを利用している

まずアプリの所有数が最も多かったのは20代で平均3.18個。全体の60.2%が「3個以上」と回答しました。逆に60代は平均1.62個と最少で、全体の85%が「2個以下」と回答しています。平均個数は20代、30代、40代の順に多く、10代、50代、60代と続きます。

20代と同様に写真加工の頻度が高い結果だった10代のアプリ数は、平均1.86個と少ない数字でした。18歳以下の未成年の場合は親がスマホを管理しているケースが多くなっています。そうした背景から、クレカを経由したアプリ内課金が行えない、無料を重視しているなど金銭面の要因が考えられます。

メインで利用している写真加工アプリは『SNOW』が1位

メインで利用している写真加工アプリは『SNOW』が1位

メインで利用している写真加工アプリは、全世代で『SNOW(スノー)』が最多でした。自撮りだけでなく、フィルター加工や編集を手軽に行えることが支持されていると考えられます。

なお60代で2位となっている「スマホ標準アプリ」は、端末にプリインストールされているもの。具体的にはiPhoneなら『写真』アプリ、Androidなら『Googleフォト』を指します。

写真加工・画像編集アプリのおすすめ総合ランキング

【2024年】写真加工・画像編集アプリおすすめランキングTOP10
SNOW スノー - AIプロフィール、AIアバター

SNOW Corporation

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る
BeautyPlus -自撮りカメラ、AIイラスト、写真加工

Pixocial Technology (Singapore) Pte. Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

10~20代女性の約7割は、無加工の写真を見られることに抵抗アリ

男性における、無加工の写真を見られることへの抵抗感
女性における、無加工の写真を見られることへの抵抗感

無加工の写真を人に見られることについては、10~20代女性の7割以上が抵抗感を示す結果に。特に「とてもある」が33.9%を占める10代女性は顕著です。

60代女性で抵抗感を示しているのが2割ほどなのと比べると、3倍以上の差があります。要因としては、10~20代女性は自撮り・自分を含む人物写真を加工する機会が多いことが挙げられます。

写真加工の頻度、目的は年代によってはっきりと差が表れる

調査結果によると、写真加工の頻度が最も高かった世代は10~20代。主にSNSへの投稿を目的として、自撮りや自分の写った人物写真を加工している傾向にあります。特に20代は平均3個の写真加工アプリを利用しており、その積極性が見てとれます。

一方で50~60代になると写真加工の頻度は下がり、目的も自分での観賞が主になってきます。被写体は風景や動物が多く、使っているアプリも平均2個以下と、若者世代との違いがはっきりと表れました。

一方で最も人気がある写真加工アプリはどの世代でも『SNOW』と、共通点も見られました。さまざまな被写体に対応できる加工の幅広さや、年代を問わない使いやすさがうかがえます。

■調査概要
・事前調査
調査期間:2023年2月24日~2023年2月28日
調査対象者:全国の10~60代の男女
サンプル数:2,051人
◇性別
男性:1,034人
女性:1,017人
◇年齢
15~19歳:550人
20~29歳:331人
30~39歳:310人
40~49歳:269人
50~59歳:267人
60~69歳:324人
・本調査
調査期間:2023年2月28日~2023年3月3日
調査対象者:写真加工を月に1回以上する、全国の10代~60代男女
サンプル数:650人
◇性別
男性:334人
女性:316人
◇年齢
15~19歳:108人
20~29歳:113人
30~39歳:114人
40~49歳:112人
50~59歳:103人
60~69歳:100人

【本データに関するお願い】
1 データはご自由に引用可能です。情報の出典元として、「Appliv(アプリヴ)」の名前を明記してください。
2 出典元として、以下のURLへのリンクを設置してください。
  https://app-liv.jp/articles/140685
3 調査結果データについて、加工・改変は許可いたしません。
4 当社がふさわしくないと判断した場合には、転載許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。