出会い系サイトに対して「危険」「怖い」というイメージがある人は数多くいます。しかし、多くの人が出会い系サイトから良いパートナーを見つけて幸せになっていることも事実です。きちんと対策をすれば、怖い体験をせず、素敵な出会いを見つけられますよ。

今回は、出会い系サイトを利用するうえで考えられる危険・怖い体験を解説し、そのようなトラブルを避けるための対策を7つお伝えします。安全度の高い出会い系サイトも紹介しているので、サイト選びの参考にもしてみてください。

間違いなしのおすすめ出会い系アプリ

2022年はボッチ脱出
好みのタイプ探せる

with

Web版はこちら

既婚者も利用OK
今日会える人探せる

ハッピーメール

Web版はこちら

即会い希望が多数!
遊び目的に大人気

PCMAX

Web版はこちら

40代ユーザー多数
バツイチの出会いに◎

マリッシュ

Web版はこちら

18歳未満の方は利用できません。

<編集部おすすめ:安全度の高い出会い系サイト3選>
Jメール
ハッピーメール
PCMAX

出会い系アプリを遊び目的で使うならおすすめはこれ!300アプリから選んだ比較ランキングあり - Appliv出会い

出会い系サイトは危険?怖い体験をする可能性はある?

出会い系サイトを利用するうえで、危険・怖い体験をする可能性もゼロではありません。まずはその理由をリストアップします。

<出会い系サイトで危険・怖い体験をする可能性がある理由>
・知り合いに身バレするリスクがある
・悪意をもって利用している人がいる
・身分を偽っている人もいる

これらの理由によってどのようなリスクが生じるのかは、後で詳しく解説することにしましょう。ただし、出会い系サイトの使い方に注意さえすれば、こういったトラブルに巻き込まれる可能性は低くなります。男女ともに真剣な出会いを求めている人が大半なので、身構えすぎる必要はありません。

出会い系サイトで考えられる危険・怖い体験

出会い系サイトの利用中に発生する可能性がある危険・怖い体験は、以下の6点です。

<出会い系サイトで考えられる危険・怖い体験>
・知り合いに身バレする
・ストーカーにあう
・ネット上に個人情報が公開される
・詐欺にあったり、お金を要求されたりする
・待ち合わせに写真と異なる人物が来る
・体の関係を強要される

このようなリスクがあることを把握しておけば、より安全に出会い系サイトを利用できるようになります。順番に詳しくチェックしていきましょう。

知り合いに身バレする

利用する出会い系サイトに知り合いが登録している場合、あなたが出会い系サイトを利用していることがバレてしまうかもしれません。決して悪いことをしているわけではないものの、身バレすることに恥ずかしさを感じる人にとっては注意が必要です。

またスマホの画面や、パソコンの履歴を見られてしまったことが原因で、出会い系サイトを利用していない友人や家族にバレてしまうおそれもあります。メールマガジンの受信が原因で利用が発覚するケースもあり、あらゆるシチュエーションに注意するべきです。

ストーカーにあう

本名や職場、自宅、最寄り駅などが特定されてしまった場合、ストーカーの被害にあうリスクもゼロではありません。実害が発生しない限り、警察もあまり積極的には動いてくれない場合が多く、最悪の場合は引っ越しを迫られるおそれもあるでしょう。

ネット上に個人情報が公開される

悪質なユーザーにより、ネット上に個人情報が公開される可能性もあります。ストーカー被害のリスクと同様に、よく知らない相手に対して、むやみに個人情報を与えてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれるおそれがあるため注意しなければなりません。

詐欺にあったり、お金を要求されたりする

業者によって出会い系サイトを装った詐欺サイトやフィッシングサイトに誘導され、架空請求の被害にあうリスクもあります。実際に会う気がないサクラやキャッシュバッカーとのやり取りを避けることも重要です。また、美人局に弱みを握られて金銭を要求されるといったトラブルにも警戒しましょう。

待ち合わせに写真と異なる人物が来る

強く加工した写真を使っている人や、数年前に撮影した写真を使っている人もいるため、写真と実物が異なる場合もあります。また、出会い系サイトに登録している写真とはまったくの別人が現れることもあるため、だまされないように注意しましょう。

体の関係を強要される

特に女性が注意するべきなのは、体の関係を強要されるといった問題です。浮気や不倫目的で出会い系サイトを利用した場合、それをおどしのネタに使われるおそれもあります。初対面で車や個室などのプライベートな空間に誘われた場合は特に警戒しましょう。

出会い系サイトで危険・怖い体験をしないための対策7つ

出会い系サイトを使っている多くのユーザーが、これまでに紹介してきたようなトラブルに巻き込まれることなく、安全に出会いを見つけることに成功しています。しかし出会い系サイトには悪質なユーザーもおり、前述したようなリスクに直面するおそれがないわけではありません。

出会い系サイトで怖い思いをしないためには、これから紹介する7つの対策を徹底しましょう。

<出会い系サイトで危険・怖い思いをしないための7つの対策>
・安全性の高いサイトを利用する
・相手のプロフィールをよく確認する
・共有されたURLをむやみにクリックしない
・なるべく個人情報を明かさない
・出会い系サイト専用の端末・アカウントを用意する
・やり取りを始めてすぐに会わない
・会うときは人が多い場所・お昼の時間帯を選ぶ

以上の7つの対策を施すだけで、出会い系サイトで危険・怖い思いをする可能性は限りなくゼロに近づけられます。内容を順番に確認して、安心・安全に出会い系サイトを使いこなしましょう。

安全性の高いサイトを利用する

安全性の高い出会い系サイトを利用することがもっとも重要です。安全性の高いサイトには以下のような特徴があります。

<安全性の高い出会い系サイトの特徴>
・累計の登録会員数が多い
・運営によるサポートやパトロールが頻繁に行われている
・年齢確認などの認証システムが採用されている

安全性が高く、トラブルの事例が少ないサイトでなければ、数百万人~数千万人といった累計化会員数を達成できません。運営によるサポート・パトロールが充実しているサイトや、年齢確認や本人確認を済ませるまで、すべての機能を活用できないサイトなら、より安全にサイトを利用できます。

反対に、以下のような出会い系サイトには注意しましょう。

<危険な出会い系サイトの特徴>
・年齢確認や本人確認が一切行われていない
・サポートに対する情報が明記されていない
・運営実績が乏しく、利用者による良い口コミも見当たらない

近年はマッチングアプリブームが到来しており、それに乗じた悪質なサイトが生まれる可能性も考えられます。信頼できると確信をもてる出会い系サイト以外は利用しないようにしましょう。

相手のプロフィールをよく確認する

気になる相手が見つかったら、プロフィールをじっくりと確認して、安全な人物かどうかを判断しましょう。以下のような特徴のあるユーザーには注意が必要です。

<注意が必要なユーザーの特徴>
・登録直後から積極的にメッセージを送ってくる
・体の関係をにおわせて接近してくる
・顔写真が美人すぎたり、セクシーすぎたりする

こういった特徴のあるユーザーは、実際に会うつもりはない業者やキャッシュバッカーの可能性が高いでしょう。自分にとっておいしすぎる話は警戒しなければなりません。

共有されたURLをむやみにクリックしない

メッセージ交換をしている途中でURLを共有される場合があります。フィッシングサイトに誘導されるおそれがあるため、むやみにクリックしないよう注意しましょう。「別のサイトで話したい」などと誘われた場合、言われるがまま登録してしまうと、法外な利用料を請求されるおそれもあります。

なるべく個人情報を明かさない

ストーカーや美人局からの被害を防ぐためには、なるべく個人情報を明かさないことが大切です。本名や住所はもちろんですが、職場や最寄り駅を特定されるような情報も、実際に会うまでは隠しましょう。初回のデート時には、自宅から少し離れた場所にすることもポイントです。

出会い系サイト専用の端末・アカウントを用意する

スマホから出会い系サイトを利用する場合、アイコンなどからアプリを使っていることがバレる可能性もあります。徹底して身バレのリスクを避けるためには、出会い系サイト専用の端末やアカウントを用意することも考えましょう。

やり取りを始めてすぐに会わない

初回や2回目のメッセージ交換を終えた時点で「会いたい」と言ってくる相手には注意しましょう。待ち合わせ場所に別人が現れて、マルチ商法などへの勧誘を受けるというケースもまれに見られるためです。少なくとも5~10通程度のメッセージを交換して、信頼できる人物かどうかを確かめましょう。

会うときは人が多い場所・お昼の時間帯を選ぶ

初回から車に乗ってドライブをしたり、カラオケなどの個室に出かけたりすると、性的な被害を受けたり、おどされたりするおそれがあります。会うときはカフェなどのオープンな場所や、人が多いお昼の時間帯を選びましょう。友達を誘い合って、グループで会うというのもリスク回避に有効です。

出会い系サイトで危険・怖い体験をしたときの対処法

出会い系サイトには一定のリスクがあることを把握して、有効な対策を施せば、危険・怖い思いをする可能性は限りなく下がります。しかし、万が一にも出会い系サイトで危険・怖い体験をしてしまったときは、以下のような対処法をとって被害を最小限に止めましょう。

<出会い系サイトで危険・怖い体験をしたときの対処法>
・サイトに通報・違反報告をする
・国民生活センターに相談する
・サイバー犯罪相談窓口を利用する
・弁護士に相談する

それぞれどのようなシチュエーションで利用すると有効なのか、詳しく解説していきます。

サイトに通報・違反報告をする

まずは利用したサイトに通報し、違反報告をしましょう。スクショが禁止されていないサイトなら、会う前にメッセージの内容や相手のプロフィール画面をスクショしておくと、違反行為があったことを裏づけやすくなります。

違反行為に及んだユーザーを厳しく取り締まるサイトなら、当該ユーザーに強制退会などの厳しい処分を科す可能性が高いです。悪質なユーザーを締め出すことにより、今後同様の被害にあう人を減らすことができます。

国民生活センターに相談する

出会い系サイトの運営や対応に不満がある場合は、国民生活センターに相談しましょう。全国の消費生活センターでは、サイトへの苦情や問い合わせを専門の相談員が受け付けています。公正な立場で処理にあたってくれるため、被害弁済等のあっ旋にも期待できるはずです。

サイバー犯罪相談窓口を利用する

フィッシングサイトなどで被害にあったり、インターネット上に情報を拡散されたりした場合は、警察のサイバー犯罪相談窓口を利用しましょう。各地域の警察本部に相談窓口が用意されており、詳しい住所や連絡先は警視庁のHPから確認できます。

弁護士に相談する

警察に相談をしにくい事案や、おどし取られた現金を取り返したい場合は、弁護士に相談するという手段も有効です。相談料・依頼料がかかるのはデメリットといえますが、裁判や示談によって勝てた場合は、相談料も含めて取り戻せる可能性があります。

安全度の高い出会い系サイト3選

出会い系サイトで恐怖体験や怖い思いをしないためには、安全度の高い出会い系サイトを使うことも大切です。これから紹介する3つの出会い系サイトは、いずれも安全対策が充実しているため、信頼して利用できます。

<安全度の高い出会い系サイト3選>
Jメール
ハッピーメール
PCMAX

各サイトの特徴を紹介しながら、なぜ安全と断言できるのかを解説していきましょう。

Jメール

Jメールには18年間の運用実績があり、累計会員数は600万人を突破しています。すべての機能を利用するためには年齢確認が必須で、未成年者とトラブルを起こす危険性はほぼありません。また、電話番号確認機能もあり、悪質な業者や問題を起こした実績のあるユーザーをブロックしています。

さらにサポート体制も充実していて、24時間365日体制で有人対応を実施中です。都道府県や性別、年齢などさまざまな条件で好みの相手を絞り込んで検索できるなど、出会いそのものの機能もきめ細やかなので、安全に理想的な出会いを探せます。

Jメール -出会い・恋人探し・マッチングアプリ

MIC GENERAL PLANNING

iOS無料
Android
App Storeを見る
Android版は配信されていません

ハッピーメール

ハッピーメールは創設から21年以上が経過している老舗の出会い系サイトです。累計会員数は2,700万人を突破しており、日本国内でトップクラスの実績があるサイトとして評価できます。ハッピーメールを利用した人のうち、実際に出会えた確率は74.5%と高く、本気で出会いたい人におすすめです。

24時間365日対応のサポート体制は、2005年から現在に至るまで休むことなく継続しています。個人情報流出などのトラブルも現時点では確認できていません。業界トップクラスの信頼性があるサイトを利用したいという人は、まずハッピーメールに注目すると良いでしょう。

出会いマッチング ハッピーメール マッチングアプリ

株式会社アイベック

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

PCMAX

PCMAXは、ユーザー数が1,600万人以上、アクティブユーザー数も60万人以上という活発な出会い系アプリです。掲示板への書き込みは月間85万件、写真投稿数は1日32,000件にも及び、出会いに積極的な会員が多いことが特徴といえます。

24時間365日体制での監視・有人サポートを行っており、個人情報保護にも力を入れていることがポイントです。年齢確認も徹底しており、未成年者絡みのトラブルに巻き込まれるリスクもほとんどありません。安全性を重視する人にぴったりな出会い系アプリです。

出会いのPCMAX-趣味友達から恋人も探せるマッチングアプリ

MAX, Corporation

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

まとめ

出会い系サイトに対して危険・怖いというイメージのある人は多いはずです。どんなサイトにも悪質なユーザーは一定数存在するため、リスクが一切ないとはいえません。しかし、以下の7つの対策をするだけで、危険な目にあう可能性をほぼゼロにまで下げられます。

<出会い系サイトで危険・怖い思いをしないための7つの対策>
・安全性の高いサイトを利用する
・相手のプロフィールをよく確認する
・共有されたURLをむやみにクリックしない
・なるべく個人情報を明かさない
・出会い系サイト専用の端末・アカウントを用意する
・やり取りを始めてすぐに会わない
・会うときは人が多い場所・お昼の時間帯を選ぶ

出会い系サイトを利用しているユーザーの大半が真剣な出会いを求めています。この記事では、以上の対策の詳細を詳しくお伝えしてきました。この7項目を守ることで、良い出会いに期待でき、理想的なパートナーと巡り合えるはずですよ。

出会い系アプリを遊び目的で使うならおすすめはこれ!300アプリから選んだ比較ランキングあり - Appliv出会い