• TOP
  • Amazonオーディオブック - オーディブル

Amazonオーディオブック - オーディブル

販売元:Audible, Inc.

最終アップデート日:2024年6月13日

iOS
価格:無料
Android
価格:無料
  • シェア

編集部レビュー

ページ更新日:2023年9月6日

小説・ラノベからビジネス書まで 忙しいときでも本が「聴ける」

幅広いジャンルの本を取り揃えているオーディオブックアプリ。有料会員になると、12万以上の作品を定額で聴き放題になります。朗読もプロの声優さんや本の著者自身が担当しており、音声の品質も抜群。移動中などの時間にお気に入りの本を聴いてみませんか?

良い点
  • 本を朗読音声で楽しむ。有料会員なら12万冊以上が聴き放題
  • ビジネス書、英会話、ライトノベルなど幅広いジャンルを網羅
  • 声優や本の著者が朗読を担当しており、聴き心地もばっちり
気になる点
  • 「聴く本」という性質上、速読には不向き
  • 単純な料金面では、類似サービスより月額料金が高め

【良い点】豊富なジャンルに抜群の”声”

ラノベからビジネス書まで、幅広い書籍がオーディオブック化されています。有料会員なら聴き放題。声優さんや著者が朗読を担当しており音声面も豪華。全方位において充実しています。

ラノベの場合、アニメ版でCVを担当した声優さんが朗読を担当しているケースも多数。ほかのキャラクターの演技を聴けたり、オーディオブック向けのトーンになっていたり、などなどアニメ版とはまた異なる楽しみがあります。

【気になる点】速読には不向き

紙の本と比較した場合の、オーディオブック特有のデメリット。オーディオブックは声を聴く必要があるため、目で字を追うよりもペースは遅くなります。オーディオブックでも再生速度の変更はできますが、あまり高速だと聞き取りにくくなるのがネック。

朗読付きで情感たっぷりに楽しめるのがオーディオブック、自分のペースで読み進められるのが紙の本、とそれぞれにメリットがあると言えます。

使い方3ステップ解説

1.Amazonのアカウントでサインイン

本サービスはAmazonが母体のため、利用にはAmazonのアカウントが必要です。すでにアカウントを持っていればそのままログインすればOK。もしアカウントを持っていない場合でも、本アプリから新規作成ができます。

2.聴きたいオーディオブックを探す

有料会員に登録するにせよ、直接購入するにせよ、まずはオーディオブックを探しましょう。「ホーム」画面にはおすすめのオーディオブックが紹介されているほか、キーワード検索もできます。有料会員の登録は購入時に済ませればOK。

3.オーディオブックを聴く

購入、もしくは有料会員になるとオーディオブックを聴けるようになります。基本的には再生を続けるだけでOK。再生速度の変更、カーモードへの切り替え、タイマーの設定といった補助機能を任意に利用可能です。

執筆:Appliv編集部

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

Amazonオーディオブック - オーディブル

販売元:Audible, Inc.

最終アップデート日:2024年6月13日

iOS
価格:無料
Android
価格:無料
  • シェア

関連するトピック

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

Applivユーザーレビュー (5

みわこ

3年前

3

耳で読む本とでも言いましょうか。
聴かずに読んだ方がいい・・・と思う作品も多数あるのですが、作品によっては耳で聞いた方がとっつきやすい内容もあります。
「人生は楽しいかい?」や「もしアドラーが上司だったら?」などはそのいい例でした。
ナレーター次第な所はあるので好き嫌いははっきり分かれそう。

3

本を読むのではなく聴くアプリ。読解力はあげることができないから普通に自分で読んだ後きいてみると良いかもしれない。

セブじま

8年前

2

アマゾンの定額オーディオブックサービスのアプリで誰でも一月無料で試用できます。コンテンツのボリュームがあまりないので試用期間でほぼ聞き終わってしまうのが残念な点ですが、すでに亡くなられている作家の講演の音声等はオーディオブックならではの物だと思います。

saki

8年前

3

本を読むのではなく聴いて楽しめます。ビジネス書から日本文学まで、様々な作品をプロのナレータの音声で読みあげてくれるって凄いですよね。日本でもサービスが始まったのでまだ知らないは試してみませんか?

Stop&Go

8年前

3

本を読むのではなく聴いて楽しめます。ビジネス書から日本文学まで、様々な作品をプロのナレータの音声で読みあげてくれるって凄いですよね。日本でもサービスが始まったのでまだ知らないは試してみませんか?