【2022年】音楽プレイヤーアプリおすすめランキングTOP10【iPhone/ Android】

【2022年】音楽プレイヤーアプリおすすめランキングTOP10【iPhone / Android】

2022年7月26日12:00更新

音楽のデータ配信も充実している今、スマホにデータを保存して、音楽を聴いている方も多いでしょう。音楽プレイヤーアプリを使えば、より快適にスマホで音楽を再生できます。さらにプレイリストを作る、イコライザーで音質を調整するなど、音楽をもっと楽しめる機能も見逃せません。

本記事では使いやすさ・機能の豊富さ・画面の見やすさから、音楽プレイヤーアプリのおすすめランキングを作成。あなたのミュージックライフを盛り上げるアプリを紹介します。

※ランキングは、人気、おすすめ度、レビュー、評価点などを独自に集計し決定しています。

音楽プレイヤーアプリおすすめランキングTOP10

1

Onkyo HF Player

総合評価
4.86
iOS無料
Android無料
注目ポイント

高音質で楽曲の魅力を伝える、ハイレゾ対応プレイヤー

4.80
使いやすさ

ハイレゾ音源対応。ヘッドホンごとに最適な環境で再生できる

5.00
機能の豊富さ

上質なイコライザーを備え、プロの作ったプリセットも使える

4.70
画面の見やすさ

画面はシンプルで見やすく、操作方法の把握もスムーズ

機能

再生可能なファイル形式 MP3、AAC、ALAC、WAVなど
再生可能な外部サービス Spotify
バックグラウンド再生 可能
プレイリスト作成 可能
イコライザー あり
歌詞表示 あり
ハイレゾ音源 対応
利用料金 基本無料 / アプリ内課金あり
対応OS iOS 12.1~ / Android 5.0~
Check!

こんな人におすすめ

ハイレゾ音源に対応し、イコライザーも優秀。音質の良さにこだわる人に

2

music.jp 音楽プレイヤー

総合評価
4.52
iOS無料
Android無料
注目ポイント

聴いて歌って、音楽を最大限に楽しめるプレイヤーアプリ

4.70
使いやすさ

ハイレゾ音源を再生でき、歌詞の表示や楽曲の購入も可能

4.50
機能の豊富さ

キー変更やボーカルカットなど、カラオケの練習に適した機能

3.70
画面の見やすさ

画面構成はシンプルだが、黒の面積が多くやや見にくい

機能

再生可能なファイル形式 MP3、AAC、FLACなど
再生可能な外部サービス なし
バックグラウンド再生 可能
プレイリスト作成 可能
イコライザー あり
歌詞表示 あり
ハイレゾ音源 対応
利用料金 基本無料 / 楽曲購入は有料
対応OS iOS 9.0~ / Android 4.0~
Check!

こんな人におすすめ

カラオケモードでキー変更やオフボーカルに。カラオケの練習をしたい人に

3

CloudBeats

総合評価
4.26
iOS無料
Android無料
注目ポイント

クラウドに保存した曲を聴けるからストレージの心配ナシ

4.50
使いやすさ

クラウドと連携可能。ダウンロードの手間がなく容量も節約

3.80
機能の豊富さ

機能は再生と取り込みを重視。歌詞やイコライザーはなし

4.40
画面の見やすさ

どこに何があるか、直感的にわかりやすい画面

機能

再生可能なファイル形式 MP3、M4A、WAV、FLACなど
再生可能な外部サービス なし
バックグラウンド再生 可能
プレイリスト作成 可能
イコライザー なし
歌詞表示 なし
ハイレゾ音源 非対応
利用料金 完全無料
対応OS iOS 14.0~ / Android 6.0~
Check!

こんな人におすすめ

クラウドから楽曲を再生できるので、音楽をクラウドに保存している人向け

4

ロケットプレイヤー

総合評価
4.21
iOS-
Android無料
注目ポイント

イコライザーを個別に設定 楽曲に最適のセッティングを

4.30
使いやすさ

曲に個別でイコライザーを設定でき、調整の手間がない

4.30
機能の豊富さ

フェードアウトや歌詞の表示にも対応しており、機能は豊富

3.50
画面の見やすさ

カラーを多彩に変更できる。広告がやや邪魔になることも

機能

再生可能なファイル形式 MP3、OGG、MP4、ALACなど
再生可能な外部サービス なし
バックグラウンド再生 可能
プレイリスト作成 可能
イコライザー あり
歌詞表示 あり
ハイレゾ音源 非対応
利用料金 基本無料 / アプリ内課金あり
対応OS Android(デバイスによる)
Check!

こんな人におすすめ

イコライザーを曲ごとに設定可能。曲ごとに違う音質で聴きたい人にオススメ

5

Pulsar

総合評価
3.98
iOS-
Android無料
注目ポイント

多彩なエフェクトで、楽曲を好みのサウンドにアレンジ

3.70
使いやすさ

楽曲の再生は快適だが、プレイリストはやや作成しづらい

4.30
機能の豊富さ

イコライザーの機能が充実。テンポやピッチの変更もできる

4.40
画面の見やすさ

検索や並べ替えを詳細に行なえるため、曲の整理が快適

機能

再生可能なファイル形式 MP3、AAC、OGG、FLACなど
再生可能な外部サービス なし
バックグラウンド再生 可能
プレイリスト作成 可能
イコライザー あり(有料)
歌詞表示 あり
ハイレゾ音源 非対応
利用料金 基本無料 / アプリ内課金あり
対応OS Android 4.1~
Check!

こんな人におすすめ

リバーブやバーチャルなどの効果が使える。曲にエフェクトをかけたい人に

6

ジェットオーディオ

総合評価
3.86
iOS無料
Android無料
注目ポイント

無料でも使える充実のイコライザーで、音楽の魅力をUP

3.70
使いやすさ

操作性は快適だが、購入する機能が多くややこしい

4.20
機能の豊富さ

イコライザーが利用できる。速度変更時にはピッチも補正

3.60
画面の見やすさ

広告は少し邪魔だが、画面のデザインは見やすい

機能

再生可能なファイル形式 MP3、AAC、WAVなど
再生可能な外部サービス なし
バックグラウンド再生 可能
プレイリスト作成 可能
イコライザー あり
歌詞表示 あり(有料)
ハイレゾ音源 対応
利用料金 基本無料 / アプリ内課金あり
対応OS Android 4.1~
Check!

こんな人におすすめ

イコライザーで音響を幅広く調整できる。色々な雰囲気で音楽を聴きたい人に

7

MIXTRAX Lite

総合評価
3.56
iOS無料
Android-
注目ポイント

楽曲をメドレー再生 心躍るグルーヴは止まらない

3.50
使いやすさ

メドレー再生で心地よく聴ける。つなぎ方によっては違和感も

3.50
機能の豊富さ

曲を自動でつなげる分、リピートなど基本的な機能に欠ける

4.00
画面の見やすさ

テンポや年代など細かなカテゴリで曲を分類できる

機能

再生可能なファイル形式 MP3、AAC、AAC VBRなど
再生可能な外部サービス なし
バックグラウンド再生 可能
プレイリスト作成 不可
イコライザー なし
歌詞表示 なし
ハイレゾ音源 非対応
利用料金 基本無料 / アプリ内課金あり
対応OS iOS 9.0~
Check!

こんな人におすすめ

楽曲をメドレー形式で連続再生できる。ノンストップで曲を聴きたい人に

8

Audipo

総合評価
3.39
iOS無料
Android無料
注目ポイント

耳コピ・練習にピッタリ 好きなパートをリピートできる

3.50
使いやすさ

特定の区間を繰り返し再生できる。ゆったり聴くにはやや不便

3.00
機能の豊富さ

マーカーやテンポの操作はできるが、それ以外の機能は少ない

4.00
画面の見やすさ

配置がシンプル。シークバーのおかげで再生位置も見やすい

機能

再生可能なファイル形式 MP3、AAC、WAVなど
再生可能な外部サービス なし
バックグラウンド再生 可能
プレイリスト作成 不可
イコライザー なし
歌詞表示 なし
ハイレゾ音源 非対応
利用料金 完全無料
対応OS iOS 13.4~
Check!

こんな人におすすめ

特定のパートの繰り返しができるので、曲を練習したい人にオススメ

9

Musixmatch

総合評価
3.36
iOS無料
Android無料
注目ポイント

マイナー曲の歌詞も表示 歌詞を楽しむ音楽コミュニティ

3.20
使いやすさ

歌詞の表示や翻訳に特化。曲を楽しむには少し使いづらい

3.40
機能の豊富さ

周りの音楽を聴き取って検索可能。再生周りの機能は少ない

4.00
画面の見やすさ

大きめのボタンや色分け表示で見やすいデザイン

機能

再生可能なファイル形式 MP3、AAC、WAVなど
再生可能な外部サービス Amazon Music、Apple Music、Spotify
バックグラウンド再生 可能
プレイリスト作成 不可
イコライザー なし
歌詞表示 あり
ハイレゾ音源 非対応
利用料金 基本無料 / アプリ内課金あり
対応OS iOS 13.0~ / Android 5.0~
Check!

こんな人におすすめ

歌詞の翻訳や投稿ができる。歌詞も含めて楽曲を楽しみたい人向け

10

PlayPASS Music

総合評価
3.26
iOS無料
Android無料
注目ポイント

コードの入力だけで、手間なく音楽をスマホに取り込み

2.80
使いやすさ

再生できる音源は特定の方法で購入したもののみ

3.70
機能の豊富さ

一通りの機能があり再生に問題はないが、際立った機能はない

4.20
画面の見やすさ

画面構成はシンプルで見やすく、使い方に迷うことはまずない

機能

再生可能なファイル形式 MP3、AAC、FLACなど
再生可能な外部サービス レコチョク、プレイパス
バックグラウンド再生 可能
プレイリスト作成 可能
イコライザー なし
歌詞表示 あり
ハイレゾ音源 対応
利用料金 完全無料
対応OS iOS 12.0~ / Android 5.0~
Check!

こんな人におすすめ

プレイパスコードで音楽を取り込める。プレイパスコード対応のCDを買う人に

人気音楽プレイヤーアプリの比較一覧表

順位 アプリ 総合評価 こんな人におすすめ 再生可能なファイル形式 再生可能な外部サービス バックグラウンド再生 プレイリスト作成 イコライザー 歌詞表示 ハイレゾ音源 利用料金 対応OS
1
Onkyo HF Player

4.86

ハイレゾ音源に対応し、イコライザーも優秀。音質の良さにこだわる人に MP3、AAC、ALAC、WAVなど Spotify 可能 可能 あり あり 対応 基本無料 / アプリ内課金あり iOS 12.1~ / Android 5.0~
2
music.jp 音楽プレイヤー

4.52

カラオケモードでキー変更やオフボーカルに。カラオケの練習をしたい人に MP3、AAC、FLACなど なし 可能 可能 あり あり 対応 基本無料 / 楽曲購入は有料 iOS 9.0~ / Android 4.0~
3
CloudBeats

4.26

クラウドから楽曲を再生できるので、音楽をクラウドに保存している人向け MP3、M4A、WAV、FLACなど なし 可能 可能 なし なし 非対応 完全無料 iOS 14.0~ / Android 6.0~
4
ロケットプレイヤー

4.21

イコライザーを曲ごとに設定可能。曲ごとに違う音質で聴きたい人にオススメ MP3、OGG、MP4、ALACなど なし 可能 可能 あり あり 非対応 基本無料 / アプリ内課金あり Android(デバイスによる)
5
Pulsar

3.98

リバーブやバーチャルなどの効果が使える。曲にエフェクトをかけたい人に MP3、AAC、OGG、FLACなど なし 可能 可能 あり(有料) あり 非対応 基本無料 / アプリ内課金あり Android 4.1~
6
ジェットオーディオ

3.86

イコライザーで音響を幅広く調整できる。色々な雰囲気で音楽を聴きたい人に MP3、AAC、WAVなど なし 可能 可能 あり あり(有料) 対応 基本無料 / アプリ内課金あり Android 4.1~
7
MIXTRAX Lite

3.56

楽曲をメドレー形式で連続再生できる。ノンストップで曲を聴きたい人に MP3、AAC、AAC VBRなど なし 可能 不可 なし なし 非対応 基本無料 / アプリ内課金あり iOS 9.0~
8
Audipo

3.39

特定のパートの繰り返しができるので、曲を練習したい人にオススメ MP3、AAC、WAVなど なし 可能 不可 なし なし 非対応 完全無料 iOS 13.4~
9
Musixmatch

3.36

歌詞の翻訳や投稿ができる。歌詞も含めて楽曲を楽しみたい人向け MP3、AAC、WAVなど Amazon Music、Apple Music、Spotify 可能 不可 なし あり 非対応 基本無料 / アプリ内課金あり iOS 13.0~ / Android 5.0~
10
PlayPASS Music

3.26

プレイパスコードで音楽を取り込める。プレイパスコード対応のCDを買う人に MP3、AAC、FLACなど レコチョク、プレイパス 可能 可能 なし あり 対応 完全無料 iOS 12.0~ / Android 5.0~

音楽プレイヤーアプリのメリット

音楽プレイヤーアプリではMP3やFLAC、AACなどの音楽ファイルを再生できます。単に再生するだけでなく、プレイリストの作成やイコライザーといった機能もあり、MP3プレイヤーのような感覚で使えるのが特徴です。

再生できるのは基本的に端末に保存された音楽だけですが、クラウドストレージに保存された音楽も聴ける『CloudBeats』のような例外もあります。

また楽曲のサブスクリプションサービスに加入している方にも、音楽プレイヤーアプリはおすすめ。『Onkyo HF Player』は『AWA』の、『Musixmatch』は『Spotify』などの音楽を再生できます。

ワイヤレスイヤホンやスマートスピーカーで音楽を聴ける

bluetoothを利用して、ワイヤレスイヤホンやスマートスピーカーと接続できるのもメリットのひとつ。ワイヤレスイヤホンはケーブルが邪魔にならずコンパクトで、人の多い通勤電車などでも引っかかる心配がありません。ケーブルがぶつかって入るノイズも防げます。

スマートスピーカーは直接操作しなくても、音声入力で楽曲を再生できます。いちいちスピーカーの前まで移動する手間を省き、お家で快適に音楽を楽しめるでしょう。

語学学習の教材やオーディオブックも聴ける

音楽だけでなく、英会話の教材を聴くのにも音楽プレイヤーアプリが便利。特に『Audipo』などは特定のパートだけを集中して繰り返せるので、集中して聴き取るのに適しています。テンポも変更できるため、速すぎて聞き取れない場合でも安心です。

音楽プレイヤーアプリの選び方

無料アプリなら手軽に音楽を再生できる

困ったら手軽に利用できる無料アプリがおすすめです。無料であっても、ほとんどのアプリは幅広い機能を利用できます。

中にはアプリ内課金でイコライザーの機能を拡充したり、広告を削除したりできるアプリも。まずは無料で試してみて、気に入ったら課金するのもアリでしょう。

有料で楽曲を購入できるアプリも

music.jp 音楽プレイヤー』では有料で音楽を購入可能。通常は必要になるPCを経由したインポートの手間がないので、スマホだけでも手軽にたくさんの音楽を聴けます。

バックグラウンド再生できれば、他アプリの起動中も音楽を聴ける

多くのアプリはバックグラウンド再生に対応。他のアプリの起動中やスリープモード中でも楽曲を再生できます。ゲームの周回中にも音楽を流したい方や、ランニング中に楽曲を聴く方にはピッタリです。

音楽再生以外の便利機能もアリ

音楽プレイヤーアプリには音質の調整や歌詞の表示など、より音楽を楽しむ機能があります。自分のスタイルに合った機能のあるアプリを選ぶといいでしょう。

プレイリストを作って、好きな順番で楽曲を再生できる

プレイリストの作成機能があれば、楽曲をリストに登録することで、好きな曲を好きな順番で連続再生できます。特に『Music Pro』はYouTubeにあるMVと、手持ちの楽曲を組み合わせてプレイリストを作れるのが特徴です。

楽曲のテーマや聴きたいシーンに沿った再生リストを作る、といった楽しみ方もできるでしょう。また好きなアーティストがいるなら、過去のライブのセットリストと同じ曲順のプレイリストを作り、思い出に浸ってみるのもおすすめです。

イコライザーで音質を好みに調整できる

イコライザー機能があれば、周波数ごとに音の大きさを調整し、好みの音質で楽曲を聴けます。同じ曲でも低音をブーストする、ボーカルを際立たせるなどの調整で、普段とは違った印象に。

イコライザーの設定はプリセットとして保存できると、設定し直す手間がなく便利。特に『ロケットプレイヤー』は曲ごとに違ったプリセットを登録し、各楽曲に最適な音質で聴けます。また『Onkyo HF Player』では、プロのアーティストが作成したプリセットを利用できます。

歌詞表示ができるアプリなら、カラオケの練習にもピッタリ

楽曲に設定された歌詞を、再生中に表示できるアプリもあります。歌詞を含めて楽曲を聴きたい方、カラオケで歌うために歌詞を覚えたい方にはおすすめの機能です。

特に『music.jp 音楽プレイヤー』は現在流れている歌詞に色をつけて表示可能。キー変更やボーカルのカットもでき、カラオケの練習にはピッタリのアプリでしょう。

ハイレゾ音源が再生できると、より高音質で楽しめる

最近になって登場したハイレゾ音源は、データが圧縮されておらず、より高音質で楽曲を聴けます。多くのスマホではこのハイレゾ音源を再生できますが、中には対応していない機種も。

しかしそうした機種でも『Onkyo HF Player』や『music.jp 音楽プレイヤー』など、ハイレゾ音源に対応したアプリを使えば、ハイレゾ音源を再生できるようになります。ただしヘッドホンもハイレゾ音源に対応したものでないと、高音質を万全には再生できないので要注意です。

MP3以外の再生にも対応していれば、変換の手間がかからない

今はスマホ自体がAACやFLACなど、さまざまな音楽ファイルの形式に対応しています。しかし古いスマホだと、再生できるファイル形式が限られる場合も。

再生できない形式は変換の手間がかかるため、アプリで再生できるファイル形式は幅広い方がいいでしょう。

スマホの容量が足りないときは

たくさん音楽を聴きたくても、楽曲データをたくさん保存していると、スマホのストレージが圧迫されてしまいます。そんなときでもクラウドか、SDカードなどの外部ストレージを活用すれば、より多くの音楽を保存できます。

クラウドストレージに楽曲を保存する

クラウドストレージとは、外部のサーバー内にデータを保存しておく技術のこと。サーバーに接続すればデータを閲覧及び再生できるので、スマホのストレージを使わずに多くのデータを保持できます。代表的なものにはiCloudや『Dropbox』などがあります。

音楽データもこれらのクラウドストレージに保存すれば、スマホのストレージはかなり節約できます。ただしクラウド内の音楽データを直接再生できるのは『CloudBeats』など、一部アプリに限られるので注意。

基本的には再生したいときに、あらかじめクラウドから端末へ音楽をダウンロードしておく必要があります。

SDカードに楽曲を保存する

Androidのスマホであれば、SDカードに楽曲を保存しておくのもアリでしょう。128GBなど容量が大きいものも販売されているほか、もしSDカードの容量がいっぱいになっても取り替えられます。

クラウドとは異なり、ほとんどの音楽プレイヤーアプリでSDカード内の楽曲を再生できるのもメリットです。

よくある質問

普通に再生するのと何が違うの?

イコライザーで音質を調整できる、再生しながら歌詞を表示できるなどのメリットがあります。

無料でも利用できる?

無料でも機能の充実したアプリは多くあります。お金をかけず手軽に使えるので、まずは無料アプリを使ってみるといいでしょう。

カテゴリで絞り込む

googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });