• TOP
  • 音楽配信
  • 『YouTube Music Premium』を解約・退会する方法 できない時の対処法も
本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

『YouTube Music Premium』の利用をやめて決済を止めるには、解約の手続きが必要になります。しかし、『YouTube Music Premium』の解約手順はややわかりづらく、「どうやって退会すればいいんだろう」と不安に感じる人は多いかもしれません。

そこでこの記事では、『YouTube Music Premium』を解約・退会する具体的な手順について詳しく解説していきます。

1億2,000万曲以上が聴き放題! 楽曲数と音質にこだわる人に
AWA

1ヶ月無料トライアル実施中! 解約金なしでいつでも停止できる
Apple Music

この記事をまとめると・・・

  • アプリをアンインストールしても退会したことにはならない
  • 各デバイスから所定の順番で退会手続きを行おう
  • 『YouTube Music Premium』の後は『AWA』がおすすめ

『YouTube Music Premium』解約後は『AWA』がおすすめ

『YouTube Music Premium』の解約後は、多くの楽曲を楽しめる『AWA』の利用がおすすめです。さまざまなジャンルを網羅しており、その楽曲数は1億2,000万曲以上にものぼります。

イコライザー搭載で音響にも強く、自分好みに曲をアレンジできるのも魅力。配信プレイリストも豊富で、普段は聴かないような曲に触れられる機会ができるかもしれません。

『YouTube Music Premium』を解約する前に確認したい8つのポイント

『YouTube Music Premium』を解約する際には、いくつか注意しておきたいポイントがあります。ここでは、『YouTube Music Premium』を解約する前に確認しておくべきポイントについて説明します。

解約するタイミングはいつでもOK

解約した後も、次回更新日までは『YouTube Music Premium』の特典を利用できます。そのため、好きなタイミングで解約しても問題ありません。

しかし、更新日になると自動的に支払いが発生するため、忘れないうちに解約した方がいいでしょう。

日割りの返金制度はない

『YouTube Music Premium』には日割りの返金制度が用意されていません。次回更新日よりも前に解約したとしても返金はないものの、『YouTube Music Premium』の特典は次回更新日まで利用可能です。

例えば、次回更新日が11月24日の場合、11月1日に解約をしても返金はなく、その代わりに11月24日まで特典を利用できます。

解約しても次の更新日までは特典を利用できる

解約の手続きをした後も、次回更新日までは『YouTube Music Premium』の機能が使えます

更新日の翌日以降は『YouTube Music Premium』の特典を利用できず、自動更新で支払いが発生することもありません。

『YouTube Music Premium』の契約終了後は無料プランへ移行

解約後に契約期間が終わると、自動的に無料プランに移行されます。

『YouTube Music Premium』の機能は使えなくなりますが、アカウントは引き続き利用でき、プレイリストや高く評価した音楽も残ります

アプリを削除しても解約したことにはならない

アプリをアンインストールしたり、ログアウトしたりするだけでは、解約したことになりません。アプリを消すだけでは契約情報はそのままなので、アプリを使っていないのに決済が行われてしまいます

本記事で紹介する正しい解約方法で、確実にサブスクリプション契約をストップさせましょう。

一部の機能が使えなくなる

無料プランになると、音楽再生時の広告非表示・バックグラウンド再生・オフライン再生などの一部機能が利用できなくなります。

音楽のフル再生やプレイリスト作成などは、無料プランでも引き続き利用可能です。

YouTube Music Premium
(有料プラン)
無料プラン
広告表示 なし あり
バックグラウンド再生
オフライン再生
高音質再生
音楽のみの再生
音楽をフル再生
プレイリスト作成
歌詞表示

『YouTube Music Premium』の一時停止も選択肢のひとつ

『YouTube Music Premium』の契約期間中は、いつでも契約の一時停止・再開ができます。最長6ヵ月まで契約を一時停止でき、一時停止期間の終了後は自動的に契約が再開されます。

しかし、年間プランの場合は本機能を利用できません。

『YouTube Music Premium』を一時停止する手順は以下の通りです。

『YouTube Music Premium』を一時停止する方法

1. 有料メンバーシップのページにアクセス
2. 契約しているメンバーシップをタップ
3. 停止したいプランの「無効にする」をタップ
4. 「メンバーシップを一時停止できることはご存知ですか?」のポップアップに「一時停止をする」をタップ
5. 「一時停止する期間の選択」を1〜6ヵ月から選択
6. 「メンバーシップを一時停止」をタップ

次に使う音楽配信サービスを確認しておく

次に使う音楽配信サービスを決めておくと、スムーズに乗り換えられます

音楽配信サービスを決める際は、『YouTube Music』の機能と比較して決めるのがおすすめです。『YouTube Music』に不満を感じて解約をしたなら、その不満が解消されるようなサービスを選ぶ必要があります。

『YouTube Music Premium』の次に使いたいおすすめ音楽配信サービスを探す

『YouTube Music Premium』の解約・退会する方法

ここからは、『YouTube Music Premium』を解約・退会する手順を解説します。無料トライアルも同様の手順で解約・退会が可能です。

iOS(iPhone/iPad)の解約・退会方法

まずはiOS(iPhone/iPad)での解約・退会手順を説明していきます。

  • STEP1

    iOSのホーム画面から[設定]を開き、自分のアイコンをタップ

  • STEP2

    [サブスクリプション]をタップ

  • STEP3

    解約するサービスを選んで[サブスクリプションをキャンセルする]をタップ

    最後に「確認」ボタンをタップして「〇年〇月〇日に終了予定」と表示されていれば解約手続き完了です。

Androidの解約・退会方法

続いて、Androidの解約・退会手順を紹介していきます。

  • STEP1

    Google Playストアの画面右上にあるアイコンをタップ

  • STEP2

    [お支払いと定期購入]をタップ

  • STEP3

    [定期購入]をタップ

  • STEP4

    解約するサービスのアイコンをタップ

  • STEP5

    [定期購入を解約]をタップ

    「〇年〇月〇日に解約されます」と表示されていれば解約手続き完了です。

PC(スマホのブラウザ経由)で解約・退会する方法

PCまたはスマホのブラウザから契約した場合の解約・退会方法を紹介します。

1. 有料メンバーシップのページにアクセス(スマホから解約する人はこちら
2. 解約したいメンバーシップをタップ
3. 「無効にする」をタップ
4. ポップアップ表示が出るので「解約する」をタップ

『YouTube Music Premium』の契約状況を確認する方法

ここからは、『YouTube Music Premium』の契約状況を確認する手順を解説します。無料トライアルも同様の手順で確認が可能です。

アプリ経由で契約した場合は、『YouTube Music』のアプリ内から次回の更新日を確認できません。iOSなら「iOSで確認する方法」、Androidなら「Androidで確認する方法」の手順で確認しましょう。

iOSで確認する方法

iOSでは、以下の方法で契約情報を確認できます。

1. 「設定」を開く
2. 一番上の、自分のアイコン情報をタップする
3. 「サブスクリプション」をタップする
4. アプリごとの契約情報が表示されます。

Androidで確認する方法

Androidの場合は、以下の手順で契約情報を確認できます。

1. Google Playを開く
2. 画面右上の、自分のアイコンをタップする
3. 「お支払いと定期購入」をタップする
4. 「定期購入」をタップする

契約中のサブスクリプションサービスが表示されます。契約中の場合は、アプリごとのお支払い日時が記載されています。

アプリで確認する方法(PCやブラウザ経由で契約した場合のみ)

PCやブラウザ経由で契約した場合は、以下の手順で契約情報を確認できます。

  • STEP1

    『YouTube Music』のアプリを開く

  • STEP2

    1. 『YouTube Music』のアプリを開く

  • STEP3

    1. 『YouTube Music』のアプリを開く

  • STEP4

    契約中のメンバーシップをタップする

  • STEP5

    契約中のメンバーシップをタップする

    Apple StoreやGoogle Play経由で契約している場合は、「次回請求日」が表示されません。

『YouTube Music Premium』で解約・退会できない場合の対処法

請求先がAppleかGoogle Playになっている

スマホのアプリから契約した場合は、『YouTube Music』のアプリから解約ができません

iOS版のアプリから契約した人はApp Storeのサブスクリプション管理から、Android版のアプリから契約した人はGoogle Playの定期購入から解約できます。

契約しているアカウントを間違えている

そもそもログインができない場合は、契約しているアカウントを間違えてしまっている可能性があります。登録に利用したアカウントを確かめましょう。

『YouTube Music Premium』から登録完了メールが届いているアカウントが、正しいアカウントです。

複数のアカウントで契約している

複数のアカウントで契約しており、契約していない方のアカウントでログインしてしまっているかもしれません

ログインしているアカウントで本当にサブスクリプション契約をしているのか、前述の手順で確かめてみましょう。

ネットワーク回線が不安定な環境で作業している

Wi-Fi環境・ネットワーク回線が不安定な状態で作業をしていると、契約手続きがスムーズに進まないかもしれません。スマホ画面の上の電波状態アイコンをチェックしてみましょう。

すでに解約手続きが完了している

そもそもすでに解約手続きが終わっているケースもよくあります。記事の前半に説明した方法で、契約状態を確認してみましょう。次の決済日が表示されていないなら、すでに退会が完了しています。

どうしても解約・退会できないときはヘルプコミュニティに相談を

紹介した手順で解約・退会できない際は、『YouTube』のヘルプセンターに解決方法が掲載されているかを確認しましょう。

ヘルプセンターを見ても解決しなかった場合は、ヘルプコミュニティでほかのユーザーの質問を探すか、質問を投稿してコミュニティメンバーからの回答を待ちます。

『YouTube Music Premium』を解約する理由

  • 料金が高い
  • 楽曲のレコメンド精度が低い
  • 再生周りの機能が少ない

『YouTube Music Premium』に登録していたユーザーが解約を選ぶ理由としては、「料金が高い」「楽曲のレコメンド精度が低い」「再生周りの機能が少ない」などが挙げられます。ここではそうした不満を抱えたユーザーに向け、乗り換え先におすすめの音楽アプリや対処法を紹介します。

料金が高い

楽曲数 1億曲以上
月額料金(税込) 一般 1,080円
プライム会員 880円
学生 580円
ファミリー 1,680円
Echoプラン 480円
無料トライアル 最大90日間
PC再生
オフライン再生
(ダウンロード機能)
音質 標準音質:最大320kbps
HD音質:平均850kbps
Ultra HD音質:平均3730kbps
歌詞表示
支払い方法 クレジットカード / デビットカード / キャリア決済 / PayPay / Amazonギフト券 / Paidy
運営会社 Amazon

有料の音楽配信サービスを使うにあたり、料金は避けられない問題。安めの値段で利用したいなら、『Amazon Music Unlimited』がおすすめです。Amazon Prime会員であれば少しだけ安い月額980円で利用でき、1億曲以上を高音質で聴けます。

また無料版の『Amazon Music Free』を利用するのもアリ。無料のままでも、数千万曲をフル尺で再生可能です。一方で楽曲がシャッフルされて再生される、音声広告が入るといった制限もあります。

なお『YouTube Music Premium』はiPhoneから登録すると割高な料金になります。iPhoneから登録しているのであれば、一旦解約して再度ブラウザから登録し直すと、今までより安い料金で引き続き利用できるでしょう。

楽曲のレコメンド精度が低い

楽曲数 1億曲以上
月額料金(税込) 一般 1,080円
学生 580円
ファミリー 1,680円
無料トライアル 1ヶ月
PC再生
オフライン再生
(ダウンロード機能)
音質 最大256 kbps
歌詞表示
支払い方法 クレジットカード / キャリア決済 / Appleギフトカード(プリペイドカード)
運営会社 Apple

アプリが自分に合った曲やプレイリストを提案してくれないことに不満を抱くユーザーも見られました。新しい曲を見つけられる楽曲のレコメンド機能を重視するなら、『Apple Music』がおすすめです

『Apple Music』ではユーザーの再生履歴やライブラリをもとに、おすすめの楽曲を集めたプレイリストを作成。気に入らない曲があれば「これと似たおすすめを減らす」を選択し、似た曲がおすすめされなくなるようコントロールが可能です。

再生周りの機能が少ない

楽曲数 1億曲以上
月額料金(税込) Standard 980円
Duo 1,280円(2人で利用可)
Family 1,480円(最大6人で利用可)
Student 480円(大学生はお得に)
無料トライアル 1ヶ月
PC再生
オフライン再生
(ダウンロード機能)
音質 最大320kbit
歌詞表示
支払い方法 クレジットカード / デビットカード / Spotifyギフトカード(プリペイドカード) / PayPal / モバイル決済
運営会社 Spotify

『YouTube Music』は再生のサポート機能が少なく、音量の均一化やイコライザといった機能は備えていません。音響や再生環境にこだわりがある人には『Spotify』がいいでしょう

イコライザでは高音や低音の音量バランスを好みに調整でき、より曲に適した音響で再生が可能。ノーマライズをオンにすれば、すべての楽曲が同じ音量に自動調整されて聴きやすくなります。またフェードインなど曲のつなぎ方も、柔軟に設定できます。

『YouTube Music Premium』の解約・退会に関するFAQ

最後に、『YouTube Music Premium』の解約・退会についてよくある質問に答えていきます。参考にしてみてください。

『YouTube Music Premium』に無料プランはありますか?

無料プランはありますが、広告の非表示・バックグラウンド再生・オフライン再生などの一部機能が制限されます。

音楽のフル再生やプレイリスト作成などは、無料プランでも利用可能です。

『YouTube Music Premium』の無料トライアルはいつまでですか?

無料トライアル期間は1ヵ月です。

トライアル期間が終了すると、自動的に契約したプランの料金が請求されます。無料トライアルのみで済ませたい場合は、トライアル期間が終了する前にサブスクリプションをキャンセルしましょう。

『YouTube Music Premium』を解約・退会したのに請求がきます。なぜですか?

まずは、正常に解約されたことを確認しましょう。解約をするとすぐに、登録したメールアドレスに解約確認のメールが届いているはずです。

また、『YouTube Music』のアプリ内やApp Store、Google Playから、サブスクリプション契約の終了日を確認する方法もあります。

意図しない請求の場合は、払い戻しが可能なこともあります。詳しくは、ヘルプセンターの説明をご覧ください。

『YouTube Music Premium』を解約したらオフライン保存(一時保存)した楽曲はどうなりますか?

契約期間が終了すると、オフライン保存した楽曲は再生できなくなります

『YouTube Music Premium』を解約したらプレイリストはどうなりますか?

契約期間が終わって無料プランに移行した後も、プレイリストや高く評価した音楽のリストはそのまま残ります

こちらの記事もおすすめ

【2024年】音楽配信アプリおすすめランキングTOP10
【2024年】無料で音楽を聴くアプリおすすめランキングTOP10