サクラのいないマッチングアプリ紹介! 危険なユーザーや業者の特徴と見分け方も解説

記事をシェア
サクラがいないマッチングアプリってどれ?

まず最初にお伝えするのは、「出会いコンパスで紹介するマッチングアプリにはサクラがいない」ということです。

しかし、このサイトで紹介しているような大手マッチングアプリ以外のサービスではサクラが存在する可能性もありますし、サクラ以外にも危険なユーザーは存在します。

この記事では、特に安全だとおすすめできるサクラのいないマッチングアプリを紹介します。さらに、サクラ以外の危険なユーザーや、大手以外の出会い関連サービスに潜むサクラの特徴と見分け方を解説します。

※この記事はアフィリエイトを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

こちらの記事もチェック

恋愛初心者でもマッチングアプリで恋人は作れる!おすすめアプリ8選と失敗しない選び方 - 出会いコンパス

【徹底解説】サクラとは? 本当にマッチングアプリにはいないの?

サクラがなぜマッチングアプリにいないか

サクラや業者の特徴を知り、しっかりと見極めるためには、そもそも彼らがどういう存在なのかを理解しておくことが大切です。

まずは、出会い関連サービスに潜むサクラについて説明します!

サクラの目的

サクラは、会員数を水増ししたり、出会う気もないのに異性とメッセージを交換する存在のことを言います。

単に会員数の多い人気サービスだと思わせるためだけではなく、甘い言葉をかけて会員にたくさんメッセージのやり取りをさせることで、メッセージ送信にかかる費用をたくさん払わせる目的が多いです。

サクラはサービスの運営者から報酬を貰うことと引き換えに、このような悪質な行為をおこないます。つまり、サクラとは悪質なサービス運営者が雇っているユーザーということになります。

なぜ大手マッチングアプリにはサクラがいないと言い切れるのか

現在のようにマッチングアプリが主流となる以前、インターネットでの出会いの場として流行していたいわゆる「出会い系サイト」には、残念ながらたくさんサクラがいるものもありました。

しかし、今の大手マッチングアプリにはサクラがいないと断言できます

出会い系サイトの多くはメッセージを1通送るごとにポイントが必要な「従量課金制」を用いているため、メッセージのやり取りが多くなればなるほど運営会社が儲かる仕組みです。

マッチングアプリの場合は、ほとんどのサービスが月額や数ヶ月分の一括で料金を支払う「定額料金制」を導入しているため、何通メッセージをしても料金が変わりません!

つまり、サクラが多くのメッセージを送信させても利用者が支払う料金が変わらないため、サクラを雇うメリットがないのです。

また、大手マッチングアプリの運営会社は上場企業やその関連会社であることも多く、ユーザーからの信用を失うような悪質なサクラ行為を行う企業は現実的に存在しません。

実質的なサクラとも言えるキャッシュバッカーに関して

サクラや業者に関して知っておいてほしいのが、キャッシュバッカーという存在です。男性がメールを送るのに有料ポイントを消費する課金制のアプリでは、女性は相手とやり取りをすることで換金できるポイントを貯められます。

このポイントを貯めるためだけに利用しているのが、キャッシュバッカーです。

なお、月額制の「Pairs(ペアーズ)」や「タップル(tapple)」といったマッチングアプリには、キャッシュバッカーは存在していません。従量課金制の出会い系アプリを利用する場合は覚えておきましょう。

サクラはいないが、業者やぼったくりバーに誘う悪質ユーザーが潜む場合も

サクラはいないけど、業者などはいる

ここまで説明したように、大手マッチングアプリにサクラはいませんが、残念ながらすべての会員を信頼してよいわけではありません。

マッチングアプリには、業者やぼったくりバーに誘う悪質ユーザーが潜んでいる場合もあります。

マッチングアプリに潜む「業者」の目的

マッチングアプリには、出会い以外の目的で異性に近づき、自らが取り扱うサービスや商品を紹介しようと考える「業者」が潜んでいる場合があります

金融商品や投資商品といった金銭に関わるものや、宗教・マルチビジネスなどの商材・サービスを紹介してくるパターンが多く、業者につかまってしまうとお金や時間を無駄にすることになります。

サクラとは異なり、業者はサービスの運営者に雇われているわけではありません``。外部の悪質な人間が、マッチングアプリを勝手に悪用しているといえるでしょう。

ぼったくりバーに誘うユーザーとは

近年マッチングアプリに潜む業者のひとつとして多いのが、「ぼったくりバー」と繋がっている悪質ユーザーです。

多くは女性ユーザーであり、甘い言葉で男性に近づいてデートに誘い、ぼったくりバーに連れていくという手口です。その後、通常の飲食代からはかけ離れた膨大な金額を請求され、トラブルに発展する……というパターンが典型的な流れとなります。

業者やぼったくりバーに対するマッチングアプリ側の対策例

大手マッチングアプリの運営会社は、できる限り悪質ユーザーを排除しようと様々な対策をおこなっています。

例えば業者を登録させないために、身分証明書の提示を必須にしたり、24時間体制でのパトロールをしたりしているアプリが多いです。

ただ、どんなに優良企業が努力していたとしても、掻い潜ろうとする悪質ユーザーは存在します。そのため、利用するユーザーが業者や怪しい異性を見極める力を養うことも必要です。

サクラ・業者の特徴と見分け方

サクラや業者の見分け方

お伝えした通り、出会いコンパスで紹介しているような大手マッチングアプリにはサクラはいませんが業者が潜んでいる可能性があります。

また、いわゆる「出会い系サイト」や、このサイトでは紹介していない従量課金制のアプリにはサクラが潜んでいることもあるかもしれません。

ここでは、サクラや業者のような悪質ユーザーの見分け方を紹介します。

サクラ・業者の特徴

  • プロフィールの中身が薄い
  • 同じ写真で複数のアカウントを使っている
  • 【サクラ】会話を長引かせようとする
  • 【サクラ】会おうとするとはぐらかす
  • 【業者】マッチング直後いきなり会おうとしてくる
  • 【業者】他のサイトに誘導する
  • 【業者】プロフィールにIDが書かれている
  • 【業者】きらびやかなプロフィール写真

プロフィールの中身が薄い

まず、次のようなプロフィールを設定している人には注意が必要です。

サクラ・業者のプロフィールの特徴

  • インターネットやSNSで拾ったような画像を使っている
  • 画像が1枚しか設定されていない
  • 自己紹介文がひとことだけ、または定型文
  • 美女・イケメンで高収入などやたらハイスペック
  • 「夜のお相手」など性的なイメージをさせる自己紹介文
  • 20代〜50代、150cm以上など、誰にでも当てはまるような条件の相手を募集している

本気で恋人を探しているユーザーは自分の顔写真を使ったり、人柄がわかりやすい自己紹介文にしたり、希望条件を絞ったりと、プロフィールをきちんと設定しています。

逆に上記の特徴のあるプロフィールは、真剣に出会いを求めていないサクラ・業者の可能性大。男性がターゲットの場合、セクシーな画像を使って「最近ご無沙汰」「夜寂しい」など釣るようなプロフィールになっていることも多いです。

同じ写真で複数のアカウントを使っている

サクラ・業者はいくつもアカウントを持っていたり、退会・再登録を繰り返したりしながら、獲物を物色しています。

拾い画のため写真は同じものを使い回し。しかし名前だけは変え、看護師やCA、保育士など異性ウケする別人になりすましているのが特徴です。

【サクラ】会話を長引かせようとする

従量課金制でメッセージをするタイプのアプリでは、サクラは相手により多くのポイントを使わせようとします。そのため、なるべくメッセージのやり取りを長く続けようとするのが特徴です。

メッセージ回数を増やすのが目的なので、会話を長引かせるわりに、やたらと返信が早いです。あなたが既読無視してもしつこくメッセージが届き、会話を再開しようとするでしょう。

さらに巧妙なパターンが、残りポイントを把握しているのか、相手のポイントが無くなりかけたところで写真を送ったり「会おう」「連絡先を交換しよう」と言ったりして期待させ、課金させようとする手口です。

ポイントが切れるタイミングで返信したくなるメッセージを送ってくる人にも注意しましょう。

【サクラ】会おうとするとはぐらかす

サクラの場合は、こちらから「会おう」と誘うと「いいよ!」と返事は来るものの、具体的な日時や場所を決めることはしません。「いつにする?」などの質問をスルーしたり巧みに話題をそらしたりして、はぐらかそうとするのです。

逆に、サクラからデートに誘うこともあります。しかしこちらがデートの約束を取り付けようとすると関係の無い話をはじめ、結局デートの日時を決められません。

こちらから「会いませんか?」とメッセージを送ってみて、承諾はするのに話題をそらしてくるようであればサクラの可能性が大きいでしょう。

【業者】マッチング直後いきなり会おうとしてくる

ぼったくりバーに誘うタイプの業者は、店舗に連れていかなければ報酬を得られません。また、勧誘タイプの業者もまずは商材を提案しなければ成果に繋がりません。なので、両者ともすぐに出会おうとしてくるのが特徴です。

その多くがマッチングして2ラリー程度のメッセージをしただけで会おうとしてくるでしょう。

真剣に出会いを探している人こそ、メッセージをできるだけ繰り返して無駄なデートにならない相手かを見極める傾向にあります。したがって、すぐに出会おうとする人は基本的に避けておくのが無難です。

【業者】他のサイトに誘導しようとする

やり取りを始めて間も無く、他のサイトのURLが送られてくることがあります。

誘導の常套句は「このアプリだとメッセージにお金がかかるから」「このアプリで以前怖い思いをしたので安心できるサイトで連絡したい」などです。

送られてきたURLは、高額の請求をするなど悪質なサイトであることがほとんどです。他のサイトへの誘導だけでなく、基本的に怪しいURLは開かないようにしましょう。

【業者】プロフィールにIDが書かれている

プロフィールに直接IDを書いている人もいますが、そういったケースはほぼ全てが業者です。一般ユーザーは誰に見られるかわからないプロフィールに、自分のLINEのIDを書くことはありません。

「みどり」などと書いてLINEであることを匂わせてくるようなプロフィールは、確実に業者なのでブロックしてしまいましょう。

なお、インスタグラムのIDを書いている場合は一般ユーザーの場合もあります。

【業者】きらびやかなプロフィール写真

高級な車やホテル、パーティの写真を掲載している場合は、業者の可能性が高くなります。これは、そういった「あなたもこの副業をすれば、きらびやかな生活ができます」というアプローチをするために設定されているためです。

実際に会ってみるとマルチビジネスや宗教の勧誘だったり、LINEで怪しい投資を勧められたりと危険な目に遭いやすくなってしまうでしょう。

ちなみに……マッチングアプリで恋人ができた人の約8割がアプリを「複数利用」しており、1つしかアプリを入れていない方は出会いづらい状態と言えます。以下のチャートから、自分に合ったアプリを選んでみてください。

▼タップするとアプリをダウンロードできます