無料

Touch the Museum

開発:
容量:
245MB
-

0件の評価

編集部のおすすめポイント

スクリーンショット

編集部のレビュー

国立西洋美術館に行くときはぜひ持っていきたいアプリ

国立西洋美術館が所蔵するロダン「考える人」やルーベンス「眠る二人の子供」などの作品を映像と音声の解説で楽しめるアプリです。

収録されている解説は所蔵品が48本、美術館の建築に関する解説が7本、さらに館長の挨拶が2本で合計57本。作品の詳細画像も見られますし、キャプションで作品の情報も確認できます。

美術館に興味を持ってもらい、足を運ぶきっかけをつくるためのアプリです。しかし美術館に行く必要がなくなるのでは、と心配してしまうほど内容が充実しています。このアプリだけでも十分に芸術を堪能できますが、やはり「本物」を目の前にして感じるものもあります。このアプリで予習をしておき、美術館で実物を見ながら解説を楽しむのがベストな利用法です。このアプリで興味を持ったら美術館にも足を運びましょう。

執筆:Appliv編集部

最終記事更新日:2012年11月29日

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

ユーザーレビュー(0件)

あなたの評価を教えてください!

星をタップして評価してください

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています