『Tinder』(ティンダー)で出会えた話を聞いて、どんなアプリなのかどういった仕組みで出会えるのか気になっている人は多いのではないでしょうか。

『Tinder』は非常に人気のあるマッチングアプリですが、公式ページを見ても使い方がイメージできないという人もいます。

そこでこの記事では、『Tinder』とはどういったアプリなのか、使い方から攻略方法、有料プランの内容まで詳しく解説します。

『Tinder』に興味があって利用を検討している人はぜひ読んでみてください。

『Tinder』とは

tinder

出典:Tinder公式サイト

料金 無料(プレミアム機能は有料)
年齢層 20代が中心
利用目的 気軽な出会い、恋活
運営会社 Match Group, Inc.

『Tinder』とは、海外発祥のマッチングアプリです。非常にシンプルな作りが特徴です。GPS機能を使って近い距離にいる人を探せて、表示されたプロフィール写真に対して、気に入れば右スワイプ、気に入らなければ左スワイプを繰り返します。

お互いに右スワイプをするとマッチングが成立し、メッセージのやり取りが無制限にできるようになります。

気軽な出会いが出来ることで人気が出ていて、数あるマッチングアプリの中でもユーザー数、知名度共にトップクラス。マッチングアプリは男性が有料のものがほとんどですが、無料でも使える数少ないアプリです。

そして無料でも出会えることから参入者が増え、難易度が徐々に上がっているのも特徴の1つ。攻略するためには、しっかりと写真やプロフィールを用意する必要があります。

また、アプリ版だけでなくブラウザ版もあるため、PCからログインしてやり取りすることも可能です。

より詳しい解説を、次の章から進めていきます。

Tinder-恋人や友達探し・出会いのためのマッチングアプリ

Tinder Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

『Tinder』の特徴

マッチングアプリ

『Tinder』の特徴には様々なものがありますが、無料でも使えるアプリの中でも会員数が非常に多いことが、他マッチングアプリと比較しても特に大きなものとなっています。

詳しい特徴をそれぞれ解説します。

男女無料で利用できる

『Tinder』の特徴の1つが、男女共に無料で利用できることです。マッチングアプリの多くは女性が無料、男性が有料になっています。

男性は登録やプロフィール作成、マッチングまでは無料で利用できてもメッセージの送信には有料会員になる必要があるアプリがほとんどです。ただ、『Tinder』であればメッセージのやり取りまで全て無料で利用可能です。

気軽にマッチングアプリに挑戦してみたい人や、課金せずに出会いを楽しみたい人におすすめです。

利用者が多い

『Tinder』は、利用者が多いのが特徴の1つです。知名度が高く、口コミで「出会えるアプリ」として広まったことにより、日本でも普及が進みました。全世界では4億3,000万ダウンロードを突破しています。

国内でのダウンロード数や会員数は公開されていないものの、無料アプリでもあるにかかわらず恋愛・マッチングアプリの売上では常に上位に位置しています。

これにより、流通しているマッチングアプリの中でも特にユーザー数の多いアプリと言ってよいでしょう。

若い世代がメイン

『Tinder』を利用している主な層は、20代を中心とした若い世代がメインです。30代、40代の人でも『Tinder』を使ってマッチングができないわけではないですが、マッチングの効率はやや落ちます。

ただ、表示する年齢層は絞り込みが可能です。簡単に同年代を見つけられて、地方でもユーザー数が多いため使いやすいと感じる人も多くいます。

若い世代がメインではあるものの、幅広い年齢の人が使いやすいでしょう。

利用目的は気軽な出会いを求める傾向が強い

『Tinder』を利用している人の多くは、気軽な出会いを求めている傾向が強めです。真剣な恋愛や婚活のために使っている人は少数派です。

気軽な出会いを楽しむ上で、自然と真剣交際に発展することはありますが、初めから真剣な恋愛を求めて利用するのはあまりおすすめできません。

スワイプ方式で操作が簡単

『Tinder』は、表示される人に対してひたすらスワイプを繰り返すだけであり、機能は非常にシンプルです。特殊な機能が少ないことから、インストールしてすぐに馴染めるでしょう。

どんな人にも平等に出会いのチャンスを与えるのがコンセプトの1つということもあり、身長や学歴での絞り込みができないのも特徴の1つ。

自分の今いる場所からの距離と、年齢、表示する相手の性別を設定したら右か左にスワイプをしていくのみ。性的嗜好をストレート、ゲイやレズビアン、バイセクシュアルといった選択肢から選べるのも珍しい特徴です。

シンプルでわかりやすいアプリを求めている人には使いやすいでしょう。

『Tinder』口コミ、評判

編集部がチャットインタビューサービス「Sprint」を使って調査した、『Tinder』の口コミを紹介します。良い評判も悪い評判も、まとめてチェックしましょう。

男性の口コミ

20代前半・学生

男性は有料のマッチングアプリが多いですが、『Tinder』はマッチからメッセージ、出会うまで無料でできたことがよかったですね。

30代前半・会社員

出会えることは出会えますが、メッセージでの会話をすぐに切ってくる人が多く、少し嫌な気持ちになってしまいます。

20代後半・会社員

他のマッチングアプリとも併用して使っていますが、婚活としては不向きなことと有料会員でないと機能が制限される点がデメリットですね。
カジュアルには使えますが。

20代前半・会社員

利用してよかったと思う点は色んな女性と関われたことです。
周りに居ないような人とも会話することができたので、色んな世界観を感じることができたかなと思います。

女性の口コミ

20代前半・学生

『Tinder』で彼氏ができました。
軽い人が多いイメージだったけど、しっかりと見極めれば、自分の望むような人が見つけられます。

20代後半・会社員

1年くらい『Tinder』を使っていましたが、主に写真しか情報がないのに盛った写真を使っている人が多かったことに不満を抱きました。
あとヤリモクや適当な方が多かったことも。

20代後半・会社員

使ったことがありますが、遊びたいだけの人が多いので結婚を考えているなら、他のアプリの方がよかったと思います。

30代後半・パート / アルバイト

『Tinder』の良いところは、とにかくたくさん出会えることです。
異性だけでなく女性同士でも出会えるし、近所での出会いもあり、続けやすいなと感じました。

『Tinder』での出会いの流れ

待ち合わせ

『Tinder』で出会うまでの流れを簡単に紹介します。基本は他のマッチングアプリと同じ仕組みですが、全体的にやり取りはスピーディで、緩い雰囲気が漂っています。

プロフィールを作成する

Tinder プロフィール作成

まずは自分のプロフィールを作成しましょう。写真は最大で9枚。自己紹介文は500文字まで設定できます。

他にも、どんなペットを買っているか、お酒やタバコを好むかどうか、会社や学校、住んでいる地域や仕事内容を設定できる欄があります。

プロフィールの質でもらえるライクの数が変わってくるため、情報はなるべく多く入力しましょう。

スワイプをする

プロフィールが出来たら、好みの相手がいないか探してみましょう。右にスワイプすることでライク(類:いいね)、左スワイプがノープ(類:No、いいえ)で、どちらかにスワイプすることで次の人が表示されます。

1日にできる右スワイプ(ライク)の数は決まっていますが、左スワイプをしてもアピールできる回数が減らないのが『Tinder』の特徴の1つでもあります。これにより、多くの人にアプローチが可能です。

スワイプ方式のマッチングアプリは『Tinder』の他にもいくつかありますが、気に入らなかった相手を左スワイプするだけでも、送信できるいいねの数を消費してしまうアプリがほとんどです。

マッチングした相手とメッセージをする

お互いにライク(いいね)を送り合えばマッチングが成立。そこからはメッセージのやり取りが無制限にできます。

『Tinder』では、誰からライクが来たのか無料会員だと確認ができません。そのため、ライクをもらった相手のプロフィールを見てお返しをする形でのマッチングは起こりません。

お互いに相手を見つけ、主体的にライクをしなければマッチングできないのが難しいポイントの1つです。

『Tinder』の登録方法

tinder

『Tinder』の登録方法を順に解説します。

アプリをインストールしたら、Googleでログイン、Facebookでログイン、電話番号でログインのどれかを選択してアカウントを作成します。

Facebookでのログインに関してですが、あまりおすすめできません。Facebookと紐付けることで、Facebook内での共通の友人が表示される仕組みになっています。

Facebook上での友人は『Tinder』内では表示されなくなります。そのためFacebook内で『Tinder』を利用していることがバレることはないですが、この仕組みには注意しましょう。

Tinder-恋人や友達探し・出会いのためのマッチングアプリ

Tinder Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る
スマホ

次にメールアドレスを入力し、利用規約に同意したら、簡易プロフィール作成に入ります。

名前、生年月日、性別、性的指向、マッチしたい人の性別を選んだら、学校(スキップ可)、興味のあるものを選び、写真を2枚以上設定しましょう。最後に位置情報をオンに出来たら登録完了です。

性的指向に関しては、公開するかどうかを選べます。自分の性別を後から変えられるのも珍しい仕様の1つです。

『Tinder』では、名前と生年月日は後から変更できません。特に生年月日は、後に年齢認証のための身分証を提出した日付と一致しないと利用できないため慎重に入力しましょう。

間違えて入力してしまった場合や、名前の変更をしたい場合は、アカウントを削除して一から作り直す必要があります。

『Tinder』の使い方・しくみ

スマホを見る女性

次は、『Tinder』のスワイプ画面の各アイコンに関して解説します。

スワイプ画面の各アイコン

▲スワイプ画面の各アイコン。

Like(緑のハート)

Likeのアイコン

スワイプ画面の緑のハートのアイコンを押すことで、ライクが送信できます。右スワイプをするだけでなく、アイコンをタップすることでもライクが送れるので、自分の使いやすい方で利用しましょう。

Nope(バツ印)

Nopeのアイコン

スワイプ画面にあるバツ印が、Nope(ノープ)です。気に入らなかった相手はノープをして、他の人を探しましょう。

連打をしてしまうと次に表示される相手もノープしてしまうことになるため、慎重に押す必要があります。

ノープの回数に制限はなく、設定している距離に当てはまる人がいなくなるまで無制限に左スワイプできます。

Super Like(青い星)【有料】

Super Likeのアイコン

スワイプ画面中央の青い星は、Super Like(スーパーライク)です。通常のライクとは違って、目立つ上に相手に通知が行きます。そのためライクを返してもらいやすく、マッチングの確率が上がります。

どうしてもマッチングしたい相手には、スーパーライクの利用を検討してみましょう。特別感が演出されるため、反応はもらいやすくなっています。

上にスワイプすることでもスーパーライクが可能です。追加購入をするか、有料の会員になることで使用できます。

Rewind(弧を描く矢印)

Rewindのアイコン

左側にある黄色い矢印マークは、リワインド機能です。直前に送ったライクかノープを取り消せます。有料会員になることで使用できます。

直感的に操作をして、間違えてノープをしてしまう経験が多い人は、有料会員になってリワインド機能を使えるようにしておくことをおすすめします。

Boost(紫色のイナズマ)

Boostのアイコン

右側にある紫のイナズママークは、ブースト機能です。異性のスワイプ画面に、30分間優先表示されます。

ブースト機能を使うことで、効率良くライクが集められます。ライクをすでに送った相手から見つけてもらいやすくなる効果もあるため、ブーストを使ってから次々にマッチングが発生することもあるでしょう。

ブーストを効率良く使う場合は、金曜日や土曜日の、20~23時頃に使用しましょう。多くの人がリラックスしてスマホを見ているため、ライクが集めやすくなります。

ブーストは、有料会員になるかブーストの権利を購入することで使用できます。3回分を1,060円で購入可能です。

『Tinder』の機能

GPS

『Tinder』の少し変わった機能として、ビデオ通話機能とグローバルモードがあります。それぞれ紹介します。

ビデオ通話機能

『Tinder』ではオンラインデートと称して、連絡先を交換せずビデオ通話を楽しめる機能があります。実際に対面するのにはまだ抵抗があるけど、会話を楽しみたい人におすすめです。

積極的に使われている機能ではありませんが、連絡先交換はしたくないけど通話で話してみたいと考えている人に対して有効です。

位置情報(グローバルモード)

『Tinder』は、GPS機能を使って位置情報を元に相手を探せます。最短で自分のいる場所から半径2キロの人だけを表示するといったことも可能です。

グローバルモードは、「Tinder Plus」以上の有料会員になることで使える機能です。自分の位置を世界中のどこにでも変更できるため、遠くに住む人や特定の地域に住む人とマッチングしやすくなります。

旅行先でお酒を楽しみたいと考えている人には便利な機能でしょう。国内だけでなく、世界中のどこにでも位置を変更できます。

Tinder-恋人や友達探し・出会いのためのマッチングアプリ

Tinder Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

『Tinder』の有料プラン

スーツの男性

『Tinder』は無料でも出会えるアプリですが、有料会員になることで機能が増えます。無料でなかなか出会えない場合は、「Tinder Plus」に加入してみることをおすすめします。

ヘビーユーザーであれば「Tinder PLATINUM」に加入するのも良いですが、「Tinder GOLD」はそこまで旨味がありません。

それぞれの追加機能や、メリットを紹介していきます。

Tinderの有料プラン

『Tinder』の有料会員比較と支払い方法

『Tinder』の有料会員の料金を以下の表にまとめました。支払い方法は、クレジットカード決済、Google Play決済、Apple ID決済の3種類です。Google Play決済とApple ID決済では手数料がかかることからクレジットカードでの支払いが最もお得です。

それぞれの拡張機能に関してもあわせて解説します。

Tinder Plus 1,200円/月
Tinder GOLD 3,400円/月
Tinder PLATINUM 4,500円/月

Tinder Plus

Tinder Plusになることで、6つの特典が得られます。

・ライクを無制限に押せるようになる
・グローバルモードが使えるようになる
・リワインドが使えるようになる
・広告をオフにできる
・自分の年齢と、相手との距離を非表示にして利用できる
・自分がライクした人にだけプロフィールが表示される機能が使える

特に便利なのが、ライクの無制限とグローバルモードの追加です。すぐにライクを使い切ってしまう人にはTinder Plusは便利に感じられるでしょう。

また、グローバルモードを使うことで、特定の駅近辺に住む人など、変わった検索方法が可能です。

『Tinder』では基本的に、自分のいる場所からの半径何キロかの距離と年齢しか絞り込みができないため、地域を指定して探せるようになります。

また、身バレを回避したい人は、自分がライクした人にしか自分のプロフィールが表示されない設定ができるようになるのも大きなポイント。マッチング数は減りやすくなりますが、学校や職場で知り合いにバレたくない人には魅力的な機能となるでしょう。

特定の駅周辺に住んでいる人とマッチングしたい、旅行先で友人を作りたいと考えている人、身バレを回避したい人、ライクが足りないと感じている人におすすめです。

Tinder GOLD

Tinder GOLDになることで、Tinder Plusの6つの特典に加えて以下の機能が追加されます。

・自分にライクをしてくれた人を確認できる
・1ヵ月に1回無料でブーストができる
・1週間ごとに5回分のスーパーライクが付与される

※Tinder Plusの6つの特典もあわせて利用可能

Tinder GOLDの最大の特徴は、もらったライクを確認できること。

もらったライクを確認できるため、お返しによるマッチングが可能になります。特に人口の多い地域では、右スワイプを繰り返してもライクを押してくれた人が見つからないこと自体もあるため、無駄なくマッチングができるようになります。

ただ、自分にライクをしてくれた人を確認できる機能は便利ではあるものの、ライクが溜まってきたからといってTinder GOLDに課金するのはおすすめできません。

Tinder GOLDに入って自分にライクをしてくれた人を見てみると、ほとんどが遠く離れた地域に住む業者だったなんてこともありえるからです。

Tinder GOLDからはブーストやスーパーライクの機能が定期的に利用可能になります。より戦略的にライクが集められるので、課金してブーストやスーパーライクを購入する人には割安に感じられるかもしれません。

ただ、料金は大手マッチングアプリの相場に近く、Tinder PLATINUMとの機能の差も大きいため、利用は慎重に検討しましょう。

Tinder PLATINUM

Tinder PLATINUMは、Tinder PlusとTinder GOLDの機能に加えて、3つの機能が追加されます。

・スーパーライクを送る時、メッセージを追加できる
・ライクやスーパーライクをした相手に、誰よりも優先して表示される
・メッセージが相手に読まれるまで、自分のメッセージがリストの一番上に表示される
・過去7日間にライクした相手を確認できる

※Tinder Plus、Tinder GOLDの機能もあわせて利用可能

最も大きなメリットは、ライクを送った相手に優先表示される機能です。これにより、こちらからライクを送った相手には、ブーストをしているのに近い効果が得られます。

プロフィールがある程度充実している場合であれば、非常に効率良くマッチングできるようになります。ブーストの追加購入をする必要もなくなるでしょう。

とにかく多くの人と会いたい人に適していますが、マッチング数が増えすぎるとアプリの動作が重くなる弊害もあります。

費用はGoogle Play決済の場合で月額4,500円。他のマッチングアプリと比較すると若干高くはなりますが、自分のライクが優先して表示される機能は他アプリにはなかなかないものです。ヘビーユーザーとして長期的に利用したい人には特におすすめです。

『Tinder』は課金すべきかどうか、おすすめはTinder Plus

Tinder Plus購入画面

『Tinder』は課金すべきかどうかという問題ですが、まずは無料で使ってみることをおすすめします。理由は、無料のままでも出会えるチャンスがあるからです。

そして、どんなに上級クラスの有料会員になってもプロフィールが悪ければマッチングは起こりません。まずは無料でもマッチングできるよう工夫してみましょう。

Tinder PLATINUMになることで、マッチング率は飛躍的に上がることが期待できます。しかしこれは、適切なプロフィールを作れている人だけです。初めからTinder PLATINUMになっても、マッチングしやすいと実感しにくいでしょう。

有料会員でのおすすめプランは、Tinder Plusです。ライク送信無制限とグローバルモードによって効率良く出会いを増やせます。

それ以上のプランにも魅力はありますが、費用が上がって他の有料マッチングアプリも候補に挙がるため、比較した上で選びましょう。

『Tinder』の半額キャンペーン

『Tinder』では、不定期で半額のキャンペーンが行われ、1ヵ月限定でTinder GOLDを半額で利用できます。

ただ半額キャンペーンは、アプリやブラウザ内でのみ開催され、普段利用していなければわかりません。

こまめにログインしてチャンスをうかがいましょう。

Tinder-恋人や友達探し・出会いのためのマッチングアプリ

Tinder Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

課金していることは相手にバレる?

『Tinder』では、課金をしていてもプロフィールに特別なマークが付くといった機能はありません。そのため、自分が有料会員かどうかは相手にバレることはありません。

バレるとしたら、Tinder PLATINUM会員がスーパーライクと同時にメッセージを送った場合です。他の会員にはできない機能なので、気になって調べた時に有料会員であることがバレる可能性があります。

そのためどうしてもバレたくない場合には、メッセージ付きのスーパーライクは控えましょう。

基本的にはヘビーユーザーだったとしても、他の人からプロフィールを見てもわかることはありません。

『Tinder』はヤリモクが多い? 同性の友達作りに使える?

頭を抱える女性

『Tinder』を使う上で、ヤリモクが多いかどうか、同性の友達が作れるか気になっている人もいます。結論から言えば、ヤリモクはやや多く、同性の友だちを作るのには適してません。それぞれ詳しく解説します。

ヤリモクは多いので、しっかり見極める

『Tinder』には、男女問わずヤリモクのユーザーが多くいます。理由としては、気軽な出会いに使える口コミが広まっていること、直感的にスワイプをして出会う仕組み、無料でも使えることから真剣なユーザーが少ないと考えられます。また口コミでも、身体目的、ヤリモクのユーザーが多いという声が寄せられました。

そのため目的が違うユーザーは、自分の利用目的を明確にすることと、ヤリモクを見極めてやり取りをすることが重要です。

じっくり長い期間メッセージのやり取りを繰り返して、信頼できそうかどうか、自分の利用目的とマッチしているかを判断しましょう。

真剣な恋人探しや婚活として『Tinder』を使う場合は時間がかかる可能性があります。

同性の友達作りに使えないことはないが、効率はよくない

『Tinder』では、同性のプロフィールを表示できます。プロフィールに同性の友達を作りたいことを記載して、表示する性別を同性にすることで友達作りに使えます。

ただ、友達作りとして効率が良いかというとそういったことはなく、あまりおすすめはできません。

相手からのライクを確認できない『Tinder』では、同性にいいねを送っても通知は届きません。マッチングするためには、ライクを送った相手がTinder GOLD以上の課金をしているか、相手も同性の友達を探している場合に限ります。

元々同性を表示する設定のユーザーが少ないことと、いたとしても友達作りのために同性を表示している可能性が低いことを考えると、効率が良いとはいえないでしょう。

ヤリモクをプロフィールから見抜く方法

ヤリモクをプロフィールから見抜くためには、以下の箇所をチェックしてみてください。
純粋に楽しい飲みの席や気軽な出会いを求めている男性ユーザーもいるので、根気よく使ってみましょう。

将来を見据えた恋愛など、具体的な内容が書かれているか

プロフィールに明確な利用目的が書かれている場合、ヤリモクである可能性は低くなります。

「恋人が欲しい」といった内容であれば、ヤリモクの可能性は低いでしょう(恋人を探す過程で遊びたいと考える人もいます)。同じ目的であれば、積極的にライクを送りましょう。

「お酒を飲みに行きたい」という内容の場合、ややヤリモクの可能性は高くなります。

ただ、お酒を飲みに行きたいとだけ書いている人よりも、〇〇のお酒が好きで、同じ人と一緒に飲みに行きたいなどより具体的に書かれている方が、目的を持って『Tinder』を利用していると考えられます。

写真がパッとしない人はヤリモクの確率低め

ヤリモク男性を避けたいのであれば、写真がパッとしない人を選びましょう。ヤリモク男性は、写真を充実させなければ出会えないことを理解しているからです。

写真が魅力的ではない場合、他の人とは出会えていない可能性が高いです。プロフィールの利用目的がマッチしているのであれば、優先して右スワイプしてみましょう。

『Tinder』の出会いのコツと攻略法

男性

ここからは、『Tinder』の攻略法を、写真、プロフィール、メッセージに分けて解説していきます。無料でも出会えるようにしっかりと解説します。

『Tinder』攻略の前提

『Tinder』を攻略する上で覚えておいてほしいのが、『Tinder』は他のマッチングアプリと比較しても、特に写真の重要度が高いということです。

身長や年収での絞り込みができないこと、そもそもスワイプできる数が非常に多いこと、左か右にスワイプをしなければ他の人が見れないことから、ユーザーは瞬時にアリかナシかを判断しています。

そのため、1枚目の写真の印象が悪ければプロフィールの中身を見られることなく左スワイプされてしまいます。ウケ狙いの写真や顔がよくわからない写真、清潔感のないものなど、減点要素のあるものは控えましょう。

メインの写真に徹底的にこだわることが、『Tinder』で出会うためのコツです。

『Tinder』でいいねがもらえる写真

『Tinder』でいいねがもらえる写真を用意するために、以下の2点に気を付けて撮影しましょう。

・自撮りではなく他撮り
・自分の強みを活かした写真

自撮りではなく他撮り写真、カメラマンへの依頼もあり

メインに設定する写真は、自撮りではなく他の人に撮影してもらった写真を使いましょう。自撮りだと表情が堅く、バランスも良くないこと。そして他撮りの方が友人がいて、アクティブな印象を与えられるためです。

場所はなるべくカフェやホテルのラウンジ、バーなどのお洒落なスポットで撮影しましょう。他撮り写真を用意するのが難しい場合は出張カメラマンへの撮影依頼をおすすめします。

自分の強みを最大限活かした写真を

写真は、自分が最もよく写る角度を研究してみましょう。特に男性は写真を撮影する経験や機会が少ないため、意識したことがない人が大半です。

右側からの方が良いのか、横顔と正面だとどっちの方が良いのか、鏡を見て比較してみることをおすすめします。

利き手と同じように、顔にも利き顔があります。利き顔の方が輪郭がシャープで、表情豊かに写るのが特徴です。

ターゲットを絞る

メインの写真を用意する上で、どういった人からライクがもらいたいのかイメージをしておきましょう。

20代半ばでスーツを着てバリバリ働いている女性に会いたいのであれば髪の毛をきちんとセットした人が好まれます。20代前半の学生など若い層とマッチングしたいのであれば、流行を取り入れたスタイルが効果的でしょう。

見てもらう相手をイメージして、写真の雰囲気を調節しましょう。

『Tinder』でいいねがもらえるプロフィール

『Tinder』のプロフィールは、他のマッチングアプリとは若干仕様が異なります。いいねをもらうためには、どれだけコンパクトに要点をまとめられるかが重要です。

長くても200文字程度

『Tinder』では最大500文字プロフィール文を設定できますが、実際には長くても200文字程度にまとめましょう。

プロフィールが表示されるのは5行まで。そこから先の文章は「...」と表示されます。多くの場合プロフィールを開いて最後まで読んでもらえることはないため、短くまとめることが重要です。

とにかく次々にスワイプされていくのが特徴なので、長い印象を与える改行のない文章は好まれません。

おすすめは、/(スラッシュ)やハッシュタグを使って興味のあるものをただ並べてまとめる方法。雑に見えますが、そっちの方が『Tinder』では効果的です。


175cm/IT系/料理/読書/映画/筋トレ

アピールできるものを優先的に

『Tinder』では短いプロフィールが好まれますが、その中でもアピールできる要素は優先して盛り込みましょう。最もシンプルかつアピールになるのが身長です。

プロフィールには身長を記入する欄がないため、自己申告しなければ身長が何cmかがわかりません。175cm以上ある場合は、まず初めに書いておきましょう。

身長が低い場合は無理に書く必要はありません。異性にウケの良い趣味や、共有したい話題に関するトピックをまとめましょう。

利用目的を書く

簡潔に要点をまとめたら、最後に利用目的を書くのも良いでしょう。実際のデートに行く場合にイメージがしやすくなり、気が合うかどうかの判断もできるためです。

例としては「〇〇辺りで飲みに行きましょう」「甘いもの食べに行ける人探してます」などがおすすめ。

下心が見えてしまうと引かれてしまいマッチングしにくくなるため、露骨な表現は控えましょう。

『Tinder』で出会えるメッセージのコツ

『Tinder』では、メッセージもライトな雰囲気が好まれる場合が多くなります。丁寧過ぎると良い印象を持たれないため、肩の力を抜いて緩い雰囲気を意識しましょう。

短文でテンポ良く

『Tinder』のメッセージのコツとしては、短文とテンポの良さを重視することです。3行くらいの会話のブロックが2~3個ずつ進行するスタイルは好まれないため、一文一義を心がけましょう。

なるべく早く返信をするのも重要です。相手が同時に複数の人とやり取りしている可能性も高いので、埋もれないようにスピーディに返信しましょう。

マッチしてからすぐに送る

マッチングをしたら、なるべくすぐにファーストメッセージを送りましょう。相手がアプリを開いている可能性は高いですし、印象に残っている内にメッセージが来た方がやり取りも続きやすいからです。

ファーストメッセージは捻った面白さ重視のものか、シンプルなものかで好みが分かれますが、おすすめはシンプルさを意識したもの。

ネタを重視したメッセージで他ユーザーと差別化する方法もありますが、相手にネタや面白さが伝わらないことで、やり取りが進展しないリスクがあります。


こんばんは。同じく映画好きです
〇〇見ました?

相手の好きなものから話題を広げる

プロフィールが充実しているユーザーは多くはないですが、趣味をタグ付けしている人は多くいます。特に話題が思いつかない場合は、タグから話題を広げてみましょう。

人気のものとしては、「Netflix」「カフェ巡り」「アニメ」「旅行」があります。写真を複数枚載せている人に対しては、ツッコミどころや話題作りのヒントになるものがないか探してみましょう。

人気ユーザーに関して、基準とメリット

右スワイプをしていると時々、「この会員は人気があるので、スーパーライクをしましょう」といった表示が出ることがあります。この表示が出る相手は、非常に多くのライクを集めている会員です。

自分のプロフィールが充実している場合に、どうしてもマッチングしたい時のみスーパーライクを利用しましょう。

人気会員として運営に紹介されるためのライクの数は、公表されていません。そもそも自分が人気会員として表示されているかは確認のしようがないので、誰かからどう表示されているかは特に気にする必要はないでしょう。

ライクが来ない、マッチしない時は

ライクが来ない時や、マッチしない時は、ほとんどの場合は写真が原因です。ダイエットや髪型を変えるなどして、自分磨きに取り組んでみましょう。

プロフィールに関しては減点要素がないかだけチェックして、とにかくコンパクトにまとめること。ある程度プロフィールが充実してきたら、積極的にブースト機能を使うことをおすすめします。

『Tinder』にいる業者、要注意人物に関して

不審者

『Tinder』を快適に利用するために、業者や要注意人物に関して解説します。

また、口コミなどを読んでみるとサクラが多いといったものも見受けられることがありますが、『Tinder』にはサクラはいません。外部の業者に対して、サクラは運営側が雇った人のことを指します。

『Tinder』はそもそも男女共に無料ですし、メッセージのやり取りをするのにポイントを消費するといった仕組みがないため、サクラを雇う必要性がありません。

そのためアプリ内に紛れているのは、サクラではなく外部から詐欺を企んでいる業者ということになります。

『Tinder』にいる業者の種類

『Tinder』にはどういった業者がいるのか、種類を紹介します。ここで紹介する3つの業者に関して把握しておけば被害に遭うことはほとんどないでしょう。

投資詐欺

近年流行しているのが、投資詐欺の業者です。魅力的な写真を設定しているアカウントからやり取りが進んでいくと、投資でお金が増えている話をされます。

「あなたにも方法を教えるから一緒にやろう」と誘われ、口座を解説して入金すると連絡がつかなくなり入金したお金は返ってきません。

ユーザーの中には本当に投資をしている人もいますが、口座開設を進められた時点で警戒しましょう。

個人風俗を装った振り込み詐欺

性的なサービスを格安で提供するからといって、振り込み詐欺を行う業者がいます。

手口としては、警察の取り締まりが厳しいからと、事前にコンビニでギフトカードを購入するよう指示されます。指定の待ち合わせ場所からプリペイド番号が分かる写真を送信すると、連絡はつかなくなり実際に会うことはできません。

仮に本物の風俗の営業を受けたとしても、トラブルに遭う可能性が高いためやり取りを続けるのは控えましょう。

宗教、ビジネス勧誘

その他の詐欺としては、宗教やビジネス勧誘があります。副業に興味はないかなどと聞かれ、食事に誘われて行ってみたらねずみ講の勧誘が始まるケースです。

このタイプの要注意人物は、とにかくやり取りを始めてから実際に会うまでのスピードが早いことが特徴です。

あまりにも早く会うことを持ちかけてきた場合は警戒しましょう。

『Tinder』にいる業者の見分け方と安全対策

『Tinder』にいる業者を見分けるのは比較的簡単です。仮に業者を見分けられずにLINE交換をしてしまった場合でも、その時点では実害に繋がらないので問題はありません。

プロフィールにInstagramやLINEのIDを載せている

プロフィールにLINEのIDを載せているユーザーは、非常に高い確率で業者です。公開されているIDから友だち追加をして連絡をする、リテラシーが低い人を狙うのが業者の手口です。

同様に、InstagramのIDを公開している人も業者の可能性が高くなります。

ただ、Instagramに関してはプロフィールから提携が可能です。IDを公開しているのではなく提携している場合は、DMのやり取りやコミュニケーションツールとして解放している人もいます。

早い段階でLINEを聞いてくる

1通目、もしくは2~3通目からLINEのIDを聞いてくるか、送りつけてくる場合は業者の可能性が高くなります。

業者は『Tinder』のやり取りで勧誘をしてしまうと、証拠が残って即アカウントが停止になってしまいます。LINEに移行してからであればアカウントのリスクがやや低くなることから、早いタイミングでのLINE交換を狙っています。

「Hi」
「LINEID 〇〇〇〇」

といった風に英語で送られてくるケースが多いのも特徴の1つです。

資産運用やセミナー開催をアピールしている

プロフィールに資産運用、副業といったキーワードや、お金持ちであることが伝わってくるような写真がある場合、業者の可能性は高くなります。

お金を持っているアピールから、羨ましがらせて副業に誘うのがねずみ講やビジネス系勧誘の狙いです。

割り切った関係をアピールしている

肉体関係に発展するような割り切った関係をアピールしているプロフィールは、業者の可能性が高くなります。男性の期待を高めて、プリペイドカードを購入させる業者は、そういったプロフィールや露出の多い写真を設定しています。

『Tinder』で真剣交際、結婚はできる?

結婚式

『Tinder』での真剣な交際や結婚は、できないわけではないですが、あまり効率は良くありません。中には「真剣な出会いを求めています」「婚活中です」といった人もいますが、少数派です。

『Tinder』は遊び目的の人向けアプリの風潮が強く、結婚を求めて利用すると傷つくことも多くなってしまうでしょう。

多くの人と効率良く出会いやすいアプリです。多くの人の中からぴったり波長の合う相手を気長に探すのであれば良いですが、初めから婚活目的で利用するのは控えることをおすすめします。

『Tinder』のおすすめできない使い方。利用停止も……

パソコンを見る男性

『Tinder』にはいくつかの裏ワザ的な使い方があります。ただ、そういった使い方は利用停止のリスクもあり、推奨していません。

『Tinder』でおこなわれるリセマラ

『Tinder』にはリセマラ(リセットマラソン)と呼ばれるテクニックがあります。『Tinder』では仕様上、アプリ登録直後はプロフィールが優先表示され、ライクがもらいやすくなっています。

しかし時間が経つと登録直後のボーナス期間がなくなり、ライクがもらいにくくなるように。そこで1週間程度でアカウント削除と再登録を繰り返すことで、常に登録直後のボーナス期間で利用できる裏技です。

また、女性で登録をして、男性ウケの良い写真を設定することで、大量のライクを獲得できます。その後に性別と写真を変更することで、人気会員として多くの人に表示されやすい裏技もあります。

ただこういった方法は利用規約に反する可能性があり、おすすめできません。

『Tinder』の裏技、自動スワイプ

『Tinder』のもう1つの裏技が、自動スワイプです。自動スワイプのツールがネット上で販売や配布されており、組み込むことで自動でライクが繰り返されます。

これにより手間をかけずともライクを押す作業は済んでいて、後は相手からの反応待ちです。

ただ、ツールを使った自動スワイプにはリスクもあります。Tinderではライクしかしないユーザーにはペナルティが発生することがあります。ペナルティを受けると表示されにくくなり、どんなに効率良く右スワイプを送ってもマッチングには繋がりません。

ツールが感知されて警告からアカウント停止になることもあるため、利用は控えましょう。

『Tinder』の退会方法

アカウント削除

設定をタップして、一番下の「アカウントを削除」へ。「自分のアカウントを一時停止する」の下にグレーで表示されている、「アカウントを削除する」をタップしましょう。『Tinder』をやめる理由を選択すれば、アカウントの削除は完了です。

アカウントの一時停止にすることで、他の人からプロフィールを見られることはなくなり、自分の好きなタイミングで復帰ができます。利用に疲れたけどまた始めたいという人は、一時停止も検討してみましょう。

アプリをアンインストールしたり、『Tinder』からログアウトしただけではアカウントは残り続けます。月額会員の場合は費用が発生し続けるため、必ずアカウント削除の処理を行いましょう。

『Tinder』は利用者の多い人気アプリ! コツを掴んで出会いを見つけよう

今回は、『Tinder』の使い方から攻略方法まで、幅広く解説を行いました。『Tinder』は利用者が多い分、出会いのチャンスもありますがライバルが多く、上手く使いこなせなければ出会うのは難しい側面もあります。

写真とメッセージのコツを掴めれば、無料でも出会えるのは大きな魅力です。ブースト機能も併用しつつ、上手く使いこなして出会いを見つけましょう。

こちらの記事もおすすめ

『Tinder』の口コミ・評判からおすすめの人を解説! リアルな体験談も - Appliv出会い
遊び目的で使えるおすすめマッチングアプリ9選! 出会える女性の見分け方 - Appliv出会い