『Tinder(ティンダー)』垢BAN脱出!復活&再登録の方法と防止策

記事をシェア
tinder 垢ban

『Tinder(ティンダー)』でBANされてしまったあなたに朗報です! 復活と再登録の方法をご紹介します。まずは原因を知り、防止策を学んで再びマッチングアプリを楽しみましょう。

この記事では、『Tinder(ティンダー)』垢BANの概要やBANされる理由、さらには復活させる方法や防止策を詳しく解説していきます。

※この記事はアフィリエイトを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

Tinder 公式
アプリ名Tinder
料金男性 無料
女性 無料
年齢層10代〜20代
累計会員数非公開
(全世界累計5億3000万以上のDL)
目的恋愛、デート
特徴完全無料で出会える

※月額料金はクレジットカード決済を基準に掲載しております。また、決済方法やプラン、また為替や値上げ等の影響によって変動する場合もあります。

Tinder- マッチング・出会い系アプリ

Tinder Inc.

インストール無料
App Storeを見る
Google Playを見る
※18歳未満の方は利用できません。

あわせて読みたい

『Tinder(ティンダー)』とは?特徴や口コミ、料金、出会うまでの流れなど徹底解説 - 出会いコンパス
恋愛初心者でもマッチングアプリで恋人は作れる!おすすめアプリ8選と失敗しない選び方 - 出会いコンパス

『Tinder(ティンダー)』垢BANの概要:なぜあなたのアカウントが停止されるのか

あなたの『Tinder(ティンダー)』アカウントがBANされる理由は、運営側と利用規約に違反していると判断されたからです。

『Tinder(ティンダー)』では、健全な出会いと恋愛を提供するために、マッチングアプリ内でのルールや規約を厳しく適用しています。

しかし、アカウントが停止されるという経験はやっぱりショックですよね。本記事で詳しく解説していきますので、ぜひ前を向く材料にしてください。

垢BANとは?『Tinder(ティンダー)』のポリシー違反の代償

垢BANとは、『Tinder(ティンダー)』の利用規約やポリシーに違反したユーザーのアカウントが停止されることです。

違反行為が行われた場合、運営側は確認作業を行い、その結果BANが適用されることがあります。

基本的に、一度でも垢BANされてしまったアカウントはその後は利用できないため、再び『Tinder(ティンダー)』を利用するには、アカウントを作り直す必要があります。

注意!『Tinder(ティンダー)』でよくあるアカウントBANの理由

アカウントBANの理由はさまざまですが、多くは運営の規約違反が原因です。例えば、18歳未満の登録や偽の年齢・性別の情報登録などが挙げられます。

また、違法行為や第三者によるアカウントの不正利用、他のユーザーに対する迷惑行為や個人情報の漏洩、乱暴な言動、過激な写真や動画の投稿、嫌がらせ、スパム行為なども注意しなければなりません。

最後に、アカウント復活や再登録の方法についても詳しく解説していきます。

『Tinder(ティンダー)』で垢BANされたらまず有料プランの確認を!

『Tinder(ティンダー)』で万が一、垢BANされてしまった場合は、有料プランへの加入状況を確認しましょう。基本は完全無料で利用できる『Tinder(ティンダー)』ですが、より上位サービスを利用できる有料プランも用意されています。

もし加入している場合、垢BAN後も自動課金されてしまうリスクがあるため、必ず自動更新の停止手続きを行いましょう。

垢BANされた『Tinder(ティンダー)』アカウントの復活方法と再登録の注意点

『Tinder(ティンダー)』アカウントが垢BANされてしまった時、復活方法と再登録の注意点を知っておくことが重要です。

この記事では、BAN解除に向けたステップや新しいアカウント作成のポイント、電話番号変更や別端末利用による復活の可能性とリスクを解説していきます。

まず最初に、『Tinder(ティンダー)』アカウントのBAN解除に向けたステップを見ていきましょう。

復活への道:『Tinder(ティンダー)』アカウントのBAN解除に向けたステップ

BANされた『Tinder(ティンダー)』アカウントの復活には、まず運営と連絡をとることが大切です。規約違反が誤認されている可能性があるため、自分の状況を説明しましょう。

しかし、運営から回答が得られない場合や回答が不十分な場合は、潔く諦めて新しいアカウントを作成するほうが早いです。

新しいアカウント作成の際のポイントについて解説します。

再登録の方法:新しいアカウントを作成する際のポイント

新しい『Tinder(ティンダー)』アカウントを作成する際のポイントは、過去のアカウントとは異なる情報を使用することです。

同じ電話番号やFacebookアカウントを用いると、再びBANされるリスクがあるため注意しましょう。

さらに、プロフィール写真や自己紹介文も変更することで、不要なリスクを避けられます。心機一転し、イチから設定を作り直しましょう。

電話番号変更で復活? その効果とリスクを考慮する

電話番号を変更して『Tinder(ティンダー)』アカウントを復活させる方法も一定の効果がありますが、リスクも存在します。

新しい電話番号で登録可能な場合でも、運営による監視対象になりやすく、再びBANされる可能性が高くなります。

そのため、電話番号変更だけではなく、他の情報も変更して用心することが推奨されます。

別の端末を利用する方法:BANされたアカウントの復活の可能性

別のスマホやタブレット端末を利用して『Tinder(ティンダー)』アカウントを復活させることも可能です。しかし、この方法もリスクが伴います。

過去と同じ電話番号やアプリでの行為が特定されると、再度BANされる恐れがあるため、新しいアカウント作成時には十分注意しましょう。

以上が、垢BANされたTinderアカウントの復活方法と再登録の注意点になります。

ちなみに……マッチングアプリで恋人ができた人の約8割がアプリを「複数利用」しており、1つしかアプリを入れていない方は出会いづらい状態と言えます。以下のチャートから、自分に合ったアプリを選んでみてください。

▼タップするとアプリをダウンロードできます