SayHi翻訳

販売元:SayHi

最終アップデート日:2023年10月26日

iOS
価格:無料
Android
価格:無料
  • シェア

編集部レビュー

ページ更新日:2024年5月15日

マイクに向かって話した内容を翻訳 訛りもバッチリ訳してくれる

スマホに話しかけるだけで、発言を自動翻訳してくれるアプリです。40ヵ国語以上を収録しており、英語のカナダ訛りなど方言にまで対応できるのがポイント。

チャット画面のように会話のログが残るので、後から会話内容を見直せます。操作がカンタンなため、相手の手間も少なくて済むのも嬉しいところです。

良い点
  • 録音を手動でストップできるので、焦らずゆっくり話せる
  • チャットのように会話が記録されていくので、内容を確かめながら話せる
  • インド英語やオーストラリア英語など、国ごとの訛りまで正確に把握
気になる点
  • 音声以外の翻訳機能は搭載されていない

【良い点】お互いの音声を認識して翻訳してくれる

お互いの発言を翻訳して、2ヵ国語での会話ができます。ボタンをタップして聴き取りを開始するので、余計な音声は拾いません。オーストラリアやカナダなどの独特な訛りもしっかり認識してくれます。対応外国語は40ヵ国語以上。私は英語を話す友人との会話や、英語話者との会議をスムーズに進めるのに重宝しています。

【気になる点】インターネット接続がないと使えない

オフライン翻訳は行えないため、利用時はインターネット接続が必要です。飛行機の機内のような通信が行えない場所では使えないので、私はほかのオフライン翻訳に対応した翻訳アプリと併用しています。

また、訳が丁寧語にならないことがあるのも、少し気になります。なるべくゆっくりハキハキと、一言が長くなりすぎないように話すのがポイントです。

使い方3ステップ解説

1.マイクボタンをタップして音声入力

マイクボタンをタップすると、音声の聴き取りが開始されます。発言が終わると自動的に翻訳が始まり、翻訳文が表示されるとともに、読み上げの音声が再生されます。相手が話す番になったら相手側のボタンを押し、発言してもらいましょう。

2.聴き取りが難しいときはテキスト入力

音声が聴き取りづらい場合は、テキスト入力で翻訳するとスムーズ。マイクボタンを長押しするとキーボードが立ち上がり、発言をテキストで入力できます。「送信」をタップすれば、音声入力のときと同じように翻訳文が表示されます。

3.必要があれば言語を変更する

日本語と英語以外にも、50以上の言語に対応しています。マイクボタンの下部にある言語をタップすると、言語の切り替えが可能。相手に合わせて言語を変更できるほか、読み上げボイスの速度なども変えられます。

翻訳ツールアプリのおすすめランキングはこちら

翻訳アプリおすすめ2選&ランキングTOP10  無料・人気のアプリを編集部が厳選【2024年】
翻訳アプリおすすめ2選&ランキングTOP10  無料・人気のアプリを編集部が厳選【2024年】

執筆:Appliv編集部

※ この記事はアプリの最新バージョンをもとに制作しています
※ 情報の反映には最大で2週間ほどかかる場合があります

SayHi翻訳

販売元:SayHi

最終アップデート日:2023年10月26日

iOS
価格:無料
Android
価格:無料
  • シェア

いま読んでおきたい

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

Applivユーザーレビュー (2

5

素晴らしいですね
ビジネスで非常に役立ちそうです
この様な機能がスマホで使えるとは凄い事だと思います

あかり

6年前

4

海外旅行お助けアイテム!音声でもテキストでも簡単にできるのが良いです。でも私は学習の方に主に使ってます。自分で話してみてうまく認識してくれるのか?と、発音の練習が出来ます。前に使ってたアプリに広東語がなかったのでこちらを利用…

googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539160377845-0'); });