• Appliv出会い
  • 恋活
  • マッチングアプリの脈あり&脈なしサイン! 出会える男性・女性の好意の見極め方

マッチングアプリで気になる異性と出会えたら、やり取りを続けるうちに相手の気持ちが知りたくなるものです。

相手が脈ありか、それとも脈なしかを知るには、相手の言動をしっかり観察することがポイント。脈があるかどうかによって、異性への効果的なアプローチ方法は異なります。

今回の記事では、マッチングアプリで出会った異性が見せる脈ありサインと脈なしサインを一挙紹介! 気になる男性・女性の好意を見極めて、素敵な出会いをつかみましょう!

【メッセージ】男性&女性が見せる脈ありサイン

マッチングアプリで脈ありの相手は、メッセージのやり取りをはじめたときから「脈ありサイン」を送っていることが多いです。以下のポイントを参考に、気になる異性とのトーク画面をチェックしてみてください。

返信が早い

メッセージの返信が早いのは、マッチングアプリの男性・女性が見せる脈ありサインのひとつです。マッチングアプリは会員数が多く、出会いを簡単に探せることが魅力。

アプリを開けば出会いのチャンスが転がっているため、複数の異性と同時進行でやり取りをする人は少なくありません。

そのような状況下で即レスするのは、他の異性より相手を優先している証拠というわけです。とくに「いいね」がたくさん付いている人気会員を狙うなら、ライバルが多くなります。そんな異性からの返信が早ければ、「脈あり」の可能性は非常に高いでしょう。

たくさん質問してくる

マッチングした異性が「休日は何をしていますか?」「どこで遊ぶことが多いですか?」などと、たくさん質問してくるなら脈ありの可能性大。気になる男性・女性のことはなんでも知りたくなるものです。

また、質問を繰り返すのは、相手とやり取りを続けたいという気持ちの表れでもあります。質問は相手にアンサーを求める行為ですから、高確率で返信がもらえますよね。返事をもらうテクニックとして、疑問文を入れているパターンもあるのです。

褒めてくる

相手があなたの容姿や性格、仕事などについて褒めてくるのは、脈ありサインと考えられます。褒められれば誰だって気分がよくなるもの。相手を喜ばせることで好感度アップを狙っている可能性が高いでしょう。

そもそも脈なしの異性には興味がないので、いいところに目がいきません。相手が褒めてくれるのは、あなたのプロフィールやメッセージから長所を探している証拠。それだけあなたに関心があるというわけです。

LINE交換を促してくる

マッチングアプリ内で異性がLINE交換を促してきたときは、脈ありサインの可能性が高いです。男性にとっても女性にとっても、LINEはプライベート感が強いコミュニケーションツール。

ゆえに、よく知らない人や興味のない人には、個人アカウントを教えたくないというのが一般的でしょう。そのハードルを越えてLINEを聞いてくるわけですから、相手は「2人の距離を縮めたい」と考えているはずです。

とはいえ、マッチング後、すぐに連絡先交換を促す異性には警戒してください。マルチ商法や投資などの勧誘を目的とした業者かもしれません。アプリ内で1~2週間程度やり取りして、信頼できる相手かどうか見極めてからLINEを交換するのがベターです。

(相手が男性の場合)デートに誘ってくる

マッチングアプリで男性からデートに誘われたら、脈あり確定といっても過言ではありません。男性は、会ってみてリアルな相手の姿を知りたいという気持ちから、デートに誘うわけです。

とくに多くの場合、男性側は女性と会う約束をすれば、デート代を多く支払うか奢ることになりますよね。出費のことを考えると、闇雲に女性を誘うとは考えにくいです。前向きな気持ちがなければ、デートには誘わないでしょう。

(相手が女性の場合)暇アピールをしてくる

「今週は何も予定がない」「最近何もすることがない」などと伝えてくるのは、女性の典型的な脈ありサイン。暇アピールをしてくる女性は、「相手からデートに誘ってほしい」という気持ちがあるのかもしれません。

自分から誘えばいいのに……と思う男性は多いでしょうが、「恋愛ではリードされたい」と思っている女性は多いものですよ。気になる女性が暇アピールをしてきたら、思い切ってデートに誘ってみましょう。

【デート中】男性&女性が見せる脈ありサイン

マッチングした異性とのデートが叶えば、その時点で脈ありの可能性は高いです。しかしマッチングアプリでは、本人と対面した瞬間ガッカリするケースも少なくありません。

デート中に相手が脈ありかどうか見極めたいなら、以下のポイントをチェックしてみましょう。

集合時のテンションが高い

待ち合わせ場所で合流したときに相手のテンションが高ければ、あなたに対して好感を抱いた証拠と考えてよいでしょう。相手のテンションが上がるのは、「会う前のイメージよりあなた本人の雰囲気が良かったから」という可能性大。

マッチングアプリで出会った相手を目の前にして、「写真より良い」と感じることはなかなかありません。メッセージのやり取りで相手への期待値が高くなった結果、会ったときに想像と違ってガッカリ……ということはよくあります。

そんな中、思い切り笑顔を見せてくれたり、「イメージしていたよりかっこいい(かわいい)」と言われたりしたら、素直に脈ありサインと受け取ってください。

常に笑顔を向けてくる

デート中、相手が常に笑顔を向けてくるなら、脈ありサインの可能性大。一緒にいるのが嬉しい・楽しいという気持ちから、自然と笑みがこぼれてしまうのです。

とはいえ、社交辞令で笑っているケースも否定できません。険悪なムードになりたくないからと、無理をして笑う人もいます。

それを見極めるために、ふとした瞬間の相手の表情をチェックしてみてください。メニューを選んでいるときや会話が途切れたときにつまらなそうな顔をするなら、脈なしかもしれません。

メッセージの内容について触れてくる

やり取りしたメッセージの内容を話題に出してくる相手は、脈ありと考えられます。会う前に過去のやり取りを復習する目的には、相手に悪印象を与えないためと、会話を盛り上げるためということがあります。

メッセージからしっかりあなたの情報を確認してきている異性は、それだけ今回のデートに気合を入れているといえますよ。

距離を縮めても離れない

お店に向かう道中や帰り道に2人で歩いているとき、あなたから物理的に近付いても相手が離れないなら、脈ありサインと捉えられます。

人は、心を許していない相手が体を近づけてくると、無意識に距離を取ろうとします。これは、親しくない相手が近くにいると何をされるかわからない……と不安になるためです。

そのため、デート中は相手にさりげなく近づいてみましょう。離れずそばにいてくれるなら、悪い印象を持たれていない証拠ですよ!

(相手が男性の場合)デート代を奢ろうとする

男性側の心理としては、気になる女性の前では格好つけたいもの。デート代を奢ろうとする男性には、「良いところを見せて好感度アップを狙いたい」という気持ちがあるでしょう。

とくに、女性のお手洗い中にお会計を済ませている男性は、脈あり度高めです。このような行動をとる男性は、スマートさと紳士的な面をアピールしています。

とはいえ相手の金銭的な事情などもありますから、デート代の支払いは脈あり・脈なしを推し量るひとつの判断材料に留めるのがおすすめです。

(相手が女性の場合)会計時にお財布を出してくる

会計時にお財布を出して割り勘を提案してくるのは、女性が見せる脈ありサインのひとつです。積極的に支払う姿勢を見せる時点で、「奢られ目的」ではないことがわかりますよね。

また、「デート=男性が支払うもの」というイメージを持つ人は少なくありません。それでも割り勘しようとしてくるのは、女性側が「相手に不快な思いをさせたくない」と気遣っているからです。

とはいえ、そもそも「自分の代金は自分で支払うのが当たり前」と考えている女性もいます。あくまでもひとつの判断材料として捉え、他の言動もあわせてチェックしましょう。

【デート後】男性&女性が見せる脈ありサイン

デート中に脈ありサインが見られないと落ち込みますが、相手はただ緊張していただけかもしれません。デート後も気を抜かず、次のような脈ありサインがないか確認してみてください。

別れ際に名残惜しそうにする

デートの結果は別れ際にわかるといっても過言ではありません。その日のデートの結果を知りたいなら、解散するときに相手の表情や仕草に注目してみてください。

相手がなかなか離れなかったり、何度も振り返ったりすれば脈ありと判断できます。名残惜しそうにするのは、「もっと一緒にいたい」という気持ちの表れです。

まだ付き合う前であれば、次に会える保証はありません。そんな不安を抱えているからこそ、別れ際に名残惜しそうにするわけですね。

相手からお礼のメッセージが届く

デート解散後、相手発信でお礼のメッセージが届いた場合は、脈ありかもしれません。ただし「今日はありがとうございました」の一言だけなら、社交辞令という可能性もあります。

お礼のメッセージから相手の好意を見極めるには、あわせて内容もチェックしましょう。デートのポジティブな感想があれば、脈あり度は高め。次の約束を匂わせてきたら脈ありでほぼ確定です。

また、文章がしっかり練られているかどうかで、相手の気持ちを推し量ることもできます。長文やバランス良く絵文字が入っているメッセージは、相手があなたに誠意を持って接している証拠でもあります。

デートの翌日以降もやり取りが続く

デートの翌日以降も変わらずにやり取りが続く場合は、脈ありと考えられます。やり取りの頻度が高くなったり、相手発信のメッセージが多くなったりすれば、あなたに対する好感度が高い証拠です。

好きな人とは誰だってまたデートしたいですよね。次につなげるために、相手はあなたとやり取りを続けてデートに誘うチャンスをうかがっているわけです。

マッチングアプリで男女が見せる脈なしサイン

気になっていた異性とマッチングするとつい舞い上がってしまいますが、そこで気を抜いてはいけません。マッチングした後でも、脈なしサインが表れることは多いのです。相手に以下の言動が見られれば、現時点では脈なしの可能性があります。

返信がなかなかこない

なかなか返信がこないのは脈なしサインと考えられます。写真を見てマッチングしたけど、プロフィールを確認したら微妙だった……メッセージを見たら合わなそうだった……といったパターンかもしれません。

興味がない異性とわざわざメッセージを交換する人はいません。とくに1通目から返信がこないようなら、私の経験上、そこから挽回するのは至難の業です。潔く諦めて他の異性を探すのが得策でしょう。

ただし、順調にやり取りしていて突然連絡がこなくなったのなら、単純に仕事や学業が忙しくてアプリを開けないだけかもしれません。事情は人それぞれですから、焦らず返信を待ちましょう。

メッセージのやり取りが短文

相手からのメッセージが毎回「そうなんですね」「意外ですね」など短文なのも、脈なしサインのひとつです。本当に興味のある相手なら、長くやり取りして仲良くなり、会いたいと思うものですよね。

ですから、あなたに興味のなさそうな返事なら、暇つぶしや義務として返信しているだけでしょう。そうでなくても、会話が盛り上がらないなら相性が悪いといえますね。

どちらにせよ、短文メッセージが続けばそのままフェードアウトされる可能性大です。気になる相手なら、何か打つ手を考えなくてはなりません。

同じ質問を何度もしてくる

「この前も話したのに……」と思うことが多い相手は残念ですが脈なしです。同じことを何度も聞いてくるのは、過去に会話した内容を覚えていない証拠。

たとえば仕事や家族構成などを繰り返し聞かれたら、相手は自分に興味がないために、以前教えた情報を忘れていると考えてよいでしょう。過去に質問したこと自体を完全に忘れているなら、脈なしでほぼ確定です。

とはいえ、最初のデートは緊張していて同じ質問をしやすいシチュエーションといえます。前にも質問したことを相手が思い出してくれれば、それほど気にする必要はありません。

デート中、頻繁にスマホをいじる

デート中に相手がスマホをよくいじるのは、あなたと一緒にいるのがつまらないと感じている証拠。あなたよりスマホに興味があるその相手は、脈なしと判断できます。

そもそもデート中に他の相手とのLINEをチェックしたり、アプリゲームをはじめたりするのは失礼ですよね。その相手は無礼者と割り切って、他の異性を探すのが得策でしょう。

デート後に連絡が取れなくなる

デートでいくら相手が笑顔を見せていたり、会話が盛り上がったりしていても、脈あり確定と安心してはいけません。デート後に連絡が取れなくなるパターンも大いにあり得るのです。

好きな相手なら当然、関係を進展させるために連絡を取り続けようとしますよね。しかしデートしてみてピンとこなかった相手には、「もういいや」と連絡をやめてしまうでしょう。

つまり、デート中に見せる脈ありサインは勘違いというケースもあるのです。デート中の笑顔は愛想笑いで、会話が盛り上がったのは相手が社交的だっただけかもしれません。気になる異性の本音を見極めたいなら、デート後に連絡して相手の返信を待ちましょう。

マッチングアプリで脈あり・脈なしを判断する際の注意点

マッチングアプリで出会った相手の脈あり・脈なしを判断する際は、いくつかの注意点があります。より正確にジャッジするために、以下のポイントを押さえておきましょう。

体目的・奢られ目的の人もいることを忘れない

マッチングアプリに登録する人は、全員が恋活・婚活目的というわけではありません。残念ながら、体目的の男性や奢られ目的の女性もいます。厄介なことに、そういった人たちは自分の目的を達成するために、脈ありサインと勘違いするような言動をとりがち。

体目的の男性は、夜遅くのデートを提案してくることが多いです。回避するために日中のデートを提案して、お酒を飲まないようにしましょう。

そして奢られ目的の女性は、「高級店に行きたい」とリクエストしてくることがあります。男性側はカフェデートを提案するなど、あまり高級なお店は選ばないようにしましょう。

ひとつのサインだけでジャッジしない

気になる異性に脈ありサインが見られるとつい浮かれてしまうものですが、ひとつの言動だけから判断してはいけません。これは脈なしサインにも同じことがいえます。たとえば、褒められたから「脈あり」、同じ質問をされたから「脈なし」と判断するのはまだ早いですよ。

メッセージのやり取りやデートを振り返ると、実は真逆のサインが出ている場合もあります。脈あり・脈なしの確証を得るには、相手の言動をしっかり観察して、いくつかのポイントを総合的に判断することが大切です。

男性心理・女性心理を理解する

異性の脈あり・脈なしを判断する際は、男性心理・女性心理を理解することも大事です。一見脈なしに見える言動も、実は「恋の駆け引き」という可能性もありますよ。たとえば、そっけない態度をとられた場合、「相手の気を引きたい」という心理が隠されているケースも。

しかし、異性が男心・女心を理解するのは簡単ではありません。どうしても相手の真意を見極められないときは、異性の友達に相談してみるのがおすすめ。異性ならではの視点からアドバイスしてくれるはずです。男性心理・女性心理を学べるチャンスにもなりますよ。

マッチングアプリで効果的なアプローチ方法

気になる異性との距離を縮めたいなら行動あるのみ。しかし、相手が脈ありか脈なしかによって、効果的なアプローチ方法は異なります。

ここからは脈ありパターンと脈なしパターンに分けて、マッチングアプリで気になる異性に接近する方法を紹介していきます。

脈ありの場合

気になる異性が脈ありなら、積極的に行動していきましょう。脈あり男性・脈あり女性への効果的なアプローチ方法は以下のとおりです。

デートに誘うタイミングはマッチングしてから最低1週間後

気になる異性に脈ありサインが見られると、一刻も早くデートに誘いたくなるものですが、そこをぐっと我慢しましょう。マッチングしてからすぐデートに誘うと、体目的や奢られ目的、業者だと思われてブロックされてしまうかもしれません。

まだやり取りをはじめて日が浅いなら、メッセージ交換を続けて相手の警戒心を和らげることがポイント。マッチングして1週間ほど経てば、相手もあなたを信用してくれるでしょう。すると、結果としてOKをもらいやすくなるのです。

口実をつくって誘うと断られにくい

相手に多少の好意を抱いていたとしても、何の脈絡もなくデートに誘われれば相手は警戒するもの。とくにマッチングアプリでは、簡単に偽れるプロフィールやメッセージでしか相手の情報を得ることができません。それだけに警戒されやすく、初デートへのハードルは高いです。

そのため、デートに誘うときは断られにくい口実をつくるのがおすすめ。「一緒に行きたいお店がある」「共通の趣味について情報交換したい」など、自然な会話の流れで直接会うことを提案しましょう。下心を見せなければ、相手も気軽にOKしてくれる可能性が高いですよ!

初めて会う場所は「カフェ」時間帯は「日中」がベター

脈ありの異性を初デートに誘うとき、場所はカフェ、時間帯は日中がおすすめです。日中のカフェデートなら、体目的の男性・奢られ目的の女性を高確率で回避できます。

体目的や奢られ目的ではない相手なら、「良かったらお茶しませんか?」と誘えばOKしてくれるでしょう。その方がお互いに安心感もあります。反対に、もし相手が頑なにディナーを希望してくるなら警戒してください。

積極的に好意を匂わせる

脈ありサインが見られる異性には、あなたからも積極的に好意を見せましょう。自分がいいなと思っている相手から好意を感じれば、誰でも嬉しいですよね。相手への好意を匂わせる手段として、「褒める」のがおすすめ。

とくに、男性は仕事に誇りを持っている人が多いです。「部下から頼りにされててすごい!」「ストイックな姿勢がカッコいい」などと褒めれば、好感度アップにつながるはずです。

女性はデートの際、身支度に時間をかける傾向があるので、服装や髪型を褒めてあげると喜んでくれるでしょう。

脈なしの場合

気になる異性から脈なしサインが見られると諦めたくなるかもしれませんが、音信不通にならない限り、逆転できる可能性はあります。脈なし男性・脈なし女性への効果的なアプローチ方法は以下のとおりです。

2人の共通点を増やす

マッチングアプリで異性から返信がなかなかこなかったり、短文メッセージが続いたりするのは、あなたへの関心度が低い証拠。そんな相手の興味を引くためには、2人の共通点を増やすと効果的です。

人は、自分と似た人に親近感を抱きます。たとえば、出身地や血液型などが一緒とわかった瞬間、相手に対して仲間意識が芽生えることはよくありますよね。

2人の共通点を発見すると、心理的な距離が一気に縮まるというわけです。脈なしサインが見られる異性には、積極的に質問したりプロフィールをチェックしたりして自分と同じ部分を探し、アピールしましょう。

相手の褒めポイントを探す

脈なしの異性を振り向かせたいなら、相手のプロフィールやメッセージをよく見て褒めるポイントを探しましょう。「素敵な仕事」「文才がある」など褒め言葉を伝えることで、相手は承認欲求が満たされます。

異性から褒められれば、それがさほど興味のなかった相手だとしても嬉しく感じるもの。また、相手のことをよく理解しているというアピールにもなります。相手から少しでも「この人いいかも」と思ってもらえれば、脈なしから脈ありへ挽回できるでしょう。

ただし、闇雲に褒めるのは逆効果になりかねません。あなたが本当に尊敬できると思った部分を素直に伝えてくださいね。

自分の魅力をアピールする

気になる異性が脈なしなのは、あなたの魅力を十分にアピールできていないからかもしれません。脈ありになりたいなら、自身の良い部分をそれとなく伝えてみましょう。

たとえば、
●スポーツ観戦が好き
●料理が好き
●ジムで体を鍛えている
●お掃除が好き
●動物が好き
など。

ただし、突然に自慢話をはじめるのはNG。自然な会話の流れで自分の魅力を伝えるのがおすすめです。

マッチングアプリ攻略の鍵は異性の脈ありサインにアリ

マッチングアプリを使って恋活・婚活をスムーズに進めるには、気になる異性があなたに対して好意があるかどうか……つまり「脈」を見極めることがポイントです。

脈ありの異性をいつまでもデートに誘わない場合、相手は進展しない関係に不満を感じて離れていくかもしれません。反対に、脈なしの異性をデートに誘えば、「空気が読めない人」と思われ引かれてしまいます。

つまり、相手が脈ありか脈なしかによって、効果的なアプローチ方法は異なるということですね。マッチングアプリ攻略を目指すなら、気になる異性の脈あり・脈なしサインを見逃さず確実にキャッチしましょう!

こちらの記事もおすすめ

マッチングアプリでLINE交換するタイミング&誘い方をテンプレ付きで徹底解説 - Appliv出会い
マッチングアプリでLINE(ライン)交換後に何話す? 女性とやり取りを続けるコツや会話ネタ - Appliv出会い