スーパー地形

販売元:Tomohiko Sugimoto

最終アップデート日:2024年5月6日

iOS
価格:無料
Android
価格:無料
  • シェア

編集部レビュー

ページ更新日:2023年12月14日

精巧な3Dデータで地形を眺める 登山スポットや地元の景色はどんな感じ?

良い点
  • GPSを利用した地図・地形アプリ。登山にも利用可能な本格仕様
  • 山をいろんな角度から眺められる3D表示。富士山をじっくり鑑賞
  • 平地でも利用可能。近所の様子を上空から眺めるのもオツ

▲富士山近辺の様子。航空写真や3D表示にすることもできる。

▲3D表示の例。GPSを利用しているためモバイルネットワークが無くても利用でき、登山ツールとしても使える。

▲登山に限らず単なる観賞用として楽しむのも一興。気になる地域の地形データを眺めているだけでもなんだか楽しい。

開発者からのコメント

様々な場面で役立つ「スーパー地形」

「スーパー地形」は地図や地形に興味を持つ様々なシーンで広く活用できるアプリです。

100種類以上の地図を利用できるほか、地形を強調して表現できる機能を搭載。地図を趣味とする人をはじめ、アウトドアスポーツ、様々な業務に至るまで、幅広いシーンでお使いいただけます。

また、電波が入らないようなオフライン環境での使用も想定し、GPS機能も実装しているので、登山や狩猟、航空業務などにも活用可能です。

3つの機能について

「標高パレット機能」では、地形の標高に応じて、色分けの作成が可能です。海水面の位置を変えたり、斜面の傾斜を強調することができます。

「パノラマ展望図機能」では、どんな場所からでも山の名前を確認でき、自宅や山の頂上から見える山々の名前が一目で分かります。

「自分で重ねる地図機能」では、豊富な地図から好きなものを選んで組み合わせ、オリジナルの地図を作成できます。

アプリを試してみたい方へ

「スーパー地形」で、さまざまな地図を眺めるだけでも楽しめると思います。アプリで詳細な標高値がわかるので、自宅や訪れた場所の標高を把握できます。

また、GPSのトラックログで旅行や登山などの移動を記録しておくと、あとから写真付きで見返すことができます。圏外での登山時のナビゲーションツールとしての活用もおすすめです。

さらにGISに関する機能も搭載していますので、本格的なGISデータを表示する使い方もできます。

最新情報

地図の印刷、PDFへの出力が可能になりました。印刷時には縮尺を指定でき、磁北線や緯度経度の線も追加できます。

登山などに行かれる場合は、スマホの故障などのトラブルに備えて、紙に印刷した地図と登山用コンパスを携行すると安心です。

「スーパー地形」について詳しく知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

執筆:Appliv編集部

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在の内容と異なる場合があります。

スーパー地形

販売元:Tomohiko Sugimoto

最終アップデート日:2024年5月6日

iOS
価格:無料
Android
価格:無料
  • シェア

いま読んでおきたい

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

Applivユーザーレビュー

googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539160377845-0'); });