鳥取市防災アプリ

販売元:Tottori City

最終アップデート日:2023年11月7日

iOS
価格:無料
Android
価格:無料
  • シェア

編集部レビュー

ページ更新日:2024年5月24日

鳥取県の災害に備える 地図も、知識も、ラジオも、心構えも

鳥取県が直接提供する総合防災アプリです。防災地図など必要な機能は一通り網羅されており、アプリから「FM鳥取~RADIO BIRD~」の再生も可能。河川氾濫による浸水のシミュレーションができる災害体験ARもあり、否が応でも危機感を養うといった使い方も。

鳥取に住んでいるなら、いつ起きるかわからない災害に備えて用意しておく価値ありです。

良い点
  • 危険な場所がわかるハザードマップを搭載。事前にダウンロードも可能
  • 地域のラジオとライブラリをチェックし、日頃から情報収集が可能
  • 河川氾濫のシミュレーションができるAR機能も搭載。心構えの準備に
気になる点
  • ラジオなど一部機能はブラウザアプリに遷移して利用する形

危険な地域と避難場所がすぐわかる防災地図

災害発生時、特に危険な場所を確認しながら避難場所を探せます。また鹿野吉岡断層地震など、過去に鳥取県で起きた大きな地震との照らし合わせも可能。

地図上の避難場所をタップすると、開放状況や収容数を確認できるほか、ARでのガイドの起動もできます。

ラジオとライブラリで日頃から情報収集を

普段からチェックしておきたいコンテンツも豊富。アプリから直接「FM鳥取~RADIO BIRD~」を再生可能で、地域の情報をラジオでチェック可能。

また地震、風水害、弾道ミサイルなど災害・人災への対策が記された防災ライブラリも用意されています。

災害体験ARで心構えを作る

現在地周辺で河川氾濫が起こった際の疑似シミュレーションができます。鳥取県の対象地域で「災害体験AR」を起動すると、河川はランジの想定浸水深がアニメーションで表示されます。

100cm~180cmのモデルも一緒に表示されるため、モデルが水に沈むほどに危機感を得られるでしょう。

執筆:Appliv編集部

※ この記事はアプリの最新バージョンをもとに制作しています
※ 情報の反映には最大で2週間ほどかかる場合があります

鳥取市防災アプリ

販売元:Tottori City

最終アップデート日:2023年11月7日

iOS
価格:無料
Android
価格:無料
  • シェア

いま読んでおきたい

このアプリを見た人はこんなアプリも見ています

Applivユーザーレビュー

googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539160377845-0'); });