マッチングアプリで「男性からデートに誘ってほしいサイン」を送るには

wataya
記事をシェア
マッチングアプリで男性からデートに誘ってもらいたい! アプローチ方法解説

マッチングアプリで出会った男性から、デートに誘ってもらう場合、重要なのは男性に好意があると伝えることです。

ただ、その好意の伝え方がわからず、なかなか誘ってもらえないことに不満を感じている女性も多いはずです。

そこで本記事では、相手の男性から誘ってもらえる方法を、男性の声とともにご紹介します。

※この記事はアフィリエイトを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

年齢・目的別マッチングアプリ分類図

大手マッチングアプリを年齢と目的で分類すると図のようになります。

▼気になるアプリは早速クリックして使ってみよう

会員の真剣度
アンジュ

30代~50代

マリッシュ

30代~40代

ゼクシィ縁結び

20代~40代前半

ユーブライド

30代~40代

Omiai

20代~30代

婚活アプリ結婚したい人向け
Ravit

20代~50代

カップリンク

20代~40代前半

おすすめ!
Pairs

18歳~40代前半

With

18歳~30代前半

イヴイヴ

18歳~30代前半

タップル

18歳~20代後半

恋活アプリ恋愛を楽しみたい人向け
50代
40代
30代
東カレデート

20代後半~30代

20代
Dine

20代

デートアプリデートしたい人向け

男性がデートに誘ってくれない理由

「メッセージのやりとりをしていて、そろそろ会って話をしたい」そんな女性の想いとは裏腹に、「会おう」とアプローチをしてくれる男性は結構少ないようです。

実際に出会い系を始めて2か月の、アプローチベタだと語る28歳男性に聞いてみました。

28歳・男性利用者の声

女性の自己紹介文に『きちんとメッセージ交換を重ねてから会いたい』とか『気が合えば会いたい』って書いてあると慎重になっちゃいますね。

会いたい気持ちはあるけど、焦るとガッついてると思われて引かれてしまいそう……って気持ちはあります。

このように感じる男性は多いようで、女性の気持ちを優先するあまりに奥手になってしまうようです。

たしかに、以前女性に取材させてもらったときに「2、3回メッセージをやりとりしてすぐ会おうって人がいるんですけど、そういう人ってチャラい気がして返事するのをやめちゃったことは何度もあります」という声もありました。

もしかしたら男性は過去の断られた失敗を踏まえ、慎重になってしまっていることもあるのではないでしょうか。

人気男性の場合は「キープ」されている可能性も

相手がいかにもモテそうな人気男性の場合、「キープ」されている可能性があるため注意してください。

本命以外の相手には時間などをあまり使いたくない心理から、デートに誘ってこなかったり返信が遅かったりなどの特徴が見られます。

キープされている場合、ただメッセージでやりとりをして時間を無駄にするので、なるべく早く離れましょう。

男性から誘ってもらうためのアプローチ方法

男性から誘ってもらうためには、あなたからもアプローチすることが重要です。男性も断られないという安心感があれば、誘いやすくなってくれます。

ここでは、そんなアプローチの仕方を紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

男性がデートに誘いやすくなる4つのサイン

男性は女性からの“サイン”を待っている人も多くいます。

「やりとりしている中で気になっている映画を見に行きたいとか、今度の休みに急にキャンセルになって暇になっちゃった、っていう話が出てきたら断られる覚悟を決めて誘うようにしています」

と語る男性もいました。サラッと誘ってほしい女性の気持ちはよそに、男性はかなり慎重に女性からのサインを待っているようです。もし会ってもいいなって思う男性がいたら、紹介するサインを出してみましょう。

①休日の過ごし方を聞く

男性からデートに誘ってほしいなら、休日の過ごし方について聞いてみましょう。メッセージのやりとりの中で、「休日は何をして過ごすのが好きですか?」のように聞くだけでOK。

「〇〇するのが好きです」といった返信に興味を示すだけで、相手がデートに誘うきっかけを作れるのです。

誘うのを躊躇している男性にも効果が期待できるので、試してみてください。同時にさりげなく休日が空いているとアピールするのもよいです。

②行ってみたい場所をアピール

行ってみたい場所をアピールするのも、男性がデートに誘いやすくなるサインのひとつ。

話の流れで自然に「〇〇に行ってみたい」とストレートに行ってみたい場所をアピールするだけで、「今度、一緒に行く?」と男性もデートに誘いやすくなります。

もし、自然な流れで場所の話にならなかった場合は、「パスタが美味しいお店知ってますか?」「おすすめのカフェとかありますか?」などと、こちらから流れを作るとよいでしょう。

③時間があるアピール

時間があるアピールをすると、男性がデートに誘いやすくなるサインです。

「毎週〇〇は休みなんです」「基本的に週末は時間があります」などと自分から時間があることを伝えれば、相手が誘いやすい状況を作ることができます。

まだデートに誘うつもりがなかった男性も、時間があることが分かれば「誘ってみようかな」と思いデートに繋がる可能性が高いのです。

④相手に興味がある、好意があるアピール

男性からデートに誘ってもらいたいなら、相手に興味がある、好意があるアピールをするのもよいです。

特に弱気な男性は断られて傷つくのを恐れているため、自分に興味があると確信しない限り女性を誘いません。

相手のプロフィールに関して質問したり、細かい部分を掘り下げてみたりすると男性は「自分に興味があるのかも」と考えデートに誘いやすくなるのです。

プロフィール文でのアピールも忘れずに

男性から誘ってもらうためには、プロフィール文でのアピールも忘れてはいけません。

好きな料理や行きたい場所、趣味など会話のネタになりそうなものを記載しておくのもデートに誘ってほしいときは有効的です。

例えば「趣味は映画鑑賞」と記載していれば、男性は「今度映画を見に行かない?」と誘いやすくなります。

ちなみに……マッチングアプリで恋人ができた人の約8割がアプリを「複数利用」しており、1つしかアプリを入れていない方は出会いづらい状態と言えます。以下のチャートから、自分に合ったアプリを選んでみてください。

マッチングアプリ診断チャート

▼アプリのダウンロードはこちら

男性からデートに誘われなくなるNG行動&改善法

実は男性からデートに誘われなくなるNG行動を、気づかないうちにやっているかもしれません。デートに誘われたいなら避けるべきNG行動は、以下の3つです。

・返事に困るメッセージを送っている
・返事を催促しすぎている
・デートに誘う隙がない

NG行動別に改善法も併せて解説するので、自身の送ったメッセージを振り返って当てはまっていないかチェックしてみてください。

もしも、NG行動をしている場合は、すぐにやめて改善法を実践しましょう。

返事に困るメッセージを送っている

男性からデートに誘ってもらいたいなら、返事に困るメッセージを送るのはNGです。

以下の項目に当てはまる場合は、相手が返事に困っている可能性があります。

・メッセージが受け身、素っ気ない
・長文で自分の事しか言わない

男性が返信しやすいように適度な長さで自分の事を記載しつつ、相手に興味があると伝わるような内容のメッセージを作成するように心がけましょう。

自分がどのようなメッセージを送っているかチェックしてみてください。

返信率5倍!マッチングアプリのメッセージ1通目~デートに誘う方法を完全攻略 - 出会いコンパス

返事を催促しすぎている

返事を催促しすぎるのは、男性に引かれてデートに誘われなくなるNG行動のひとつです。

それぞれ仕事や予定があるため、返事をするペースは人により異なります。数時間〜3日程度で数回返事を催促すると手がかかる印象を与えるため、デート相手から除外される原因にもなるので注意してください。

返事しやすいように質問は1メッセージにつき1個を目安にし、最低でも1週間相手からの返事を待ちましょう。ただ、1週間返信が来ない場合は、可能性がかなり低いと判断できるので次の人を探すのが賢明です。

デートに誘う隙がない

デートに誘う隙がないと思われていると、デートに誘われにくくなるためNGです。例えば何気なくメッセージ最近忙しいアピールをしていると、男性は「忙しそうだな」「デートしたくないのかな?」と受け取りデートに誘いにくくなってしまいます。

また、理想を高く見せていたり、普段の生活が華やかであるような話をしたりすると、高嶺の花だからデートに誘いづらいと思われてしまうので注意してください。

暇があることをさり気なく伝えた上で、親しみやすさを意識したメッセージを送るようにするとよいでしょう。

自分からデートに誘うのはあり?

相手がなかなかデートに誘ってくれない場合、女性からデートに誘うのはありです。しかし、やりとりを始めてすぐデートに誘うと、男性から「業者かな」と疑われる可能性があります。

女性から誘う場合は、ある程度やりとりをしてから誘うのがポイントです。「◯日にランチ行かない?」など、気軽に会えるようなデートへ誘うとよいでしょう。

初デートはどこにする? 時間は?

初デートはカフェで短時間のランチが理想的。ランチなら昼間の健全な時間帯なので、お互いに安心して会えるためです。

また、初デートの時間は長くても2時間くらいで設定すると、お互いに思ったような印象ではなくても負担なく過ごせます。もしも、お互いに2時間で物足りないと感じたら、次のデートで少し長めに設定するとよいでしょう。

共通で「コーヒー好き」「カフェ巡り好き」なら、おしゃれなカフェをリサーチして行ってみると話のネタにもなるのでおすすめです。

デートが目的ならマッチングアプリを変えてみるのもあり

デートが目的ならマッチングアプリを変えてみるのもありです。面倒なやりとりをせずにデートできる「Dine(ダイン)」ならすぐにデートができます。デートを優先的に考えている人は登録してみるとよいでしょう。

メッセージのやりとり不要、デートのお店選びまでしてくれる「Dine(ダイン)」

Dine 公式
アプリ名Dine
料金男性 6,500円
女性 6,500円
年齢層20代〜30代
累計会員数非公開
目的デート
特徴お店選びも予約もアプリで
メッセージ不要のデートアプリ

※月額料金はAppleID決済を基準に掲載しております。また、決済方法やプラン、また為替や値上げ等の影響によって変動する場合もあります。

デートに特化しているマッチングアプリのダイン。デート前提の出会いを求める人が多いため、気になる人とも気軽に出会えます。

手間と時間がかかるメッセージのやりとりは不要。まずは食事からのデートができます。

自動的に日程調整もしてもらえるので、マッチングの予定調整もスムーズ。飲食店の予約代行まで頼めるので、全面的にデートをサポートしてもらえるのです。やりとりでの駆け引きが苦手な人にもぴったりなマッチングアプリといえます。

Dine(ダイン):婚活・恋活マッチングアプリ

Mrk & Co

インストール無料
App Storeを見る
Google Playを見る
※18歳未満の方は利用できません。

こちらの記事もおすすめ

恋愛初心者でもマッチングアプリで恋人は作れる!おすすめアプリ8選と失敗しない選び方 - 出会いコンパス
マッチングアプリで使える話題30選! 会話が盛り上がるネタや話の広げ方・NGメッセージ【例文あり】 - 出会いコンパス

■年代別の厳選アプリはこちら■
10代向けマッチングアプリ
20代向けマッチングアプリ
30代向けマッチングアプリ
40代向けマッチングアプリ
50代向けマッチングアプリ

マッチングアプリ攻略術新着記事

カテゴリ記事一覧へ