バーの出会い方おすすめ4選! 話しかけ方のコツ、注意点、Bar紹介

記事をシェア
バー 出会い

夜な夜な仕事終わりの社会人がグラスを傾ける、オトナの社交場こと「バー(Bar)」。お酒&大人が集う場所だけに、出会いの場としても期待が持たれます。

ですが「どんなバーに行ったらいいの?」「どうやって話しかけるの?」のように、なんだかハードルが高く感じるバーに、興味はあるけど行けない……なんてこともあるのでは?

そこでこの記事では、「おすすめの出会えるバー」や「話しかけ方」など、バーで出会いを実らせるためのコツを紹介していきます。

※この記事はアフィリエイトを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

「バーでの出会い」に向いていない人の特徴

バーで異性と出会うことは可能ではあるものの、そもそもバーはお酒を楽しむことがメインの場所ですので、バーで出会いを見つけることに向いていない人もいます。

具体的には、次のような人はバーでの出会いに向いていないと言えます。

チェックリスト

ここでは、なぜ上記の特徴を持つ人はバーでの出会いに向いていないのかについて解説します。

自分から積極的に話すのが面倒

男女のイメージ

バーには出会いを求めている人が少なくないとはいえ、キッカケがなければ出会いを掴むことはできません。貴重な出会いのキッカケを逃さないためにも「自分から話しかける」ことがとても大切となります。

それだけに「見ず知らずの人に話しかけるのが面倒……」と、受け身のスタンスの人にとっては、出会いはまず望めないでしょう。

また、知らない人に話しかけることそのものに苦手意識を持っている人も、バーでの出会いは不向き。バーで相手から話しかけてもらえることは稀ですので、自分から積極的にアプローチしていく姿勢が重要です。

長く付き合える恋人が欲しい

手を繋ぐ男女

お酒の席での出会いは、意識的に関係性を継続しないとあっという間に「なかったもの」になりかねません。例えば合コンでいい人を見つけられたとしても、翌日以降のやり取りが上手くいかないと悩む人は少なくありません。

これは、お酒の力によって一時的にコミュニケーションが盛り上がっただけと考えることができます。従って、もしバーで出会ってすぐに付き合うことができたとしても、恋人関係が長続きすることは少ないはずです。

その日だけ寂しさを紛らわすような出会いをバーに求めているのであれば問題ありませんが、真剣に将来を見据えて交際できるような相手を見つけたいのであれば、バーでの出会いは向かないでしょう。

できるだけ早く出会いが欲しい

バーで出会う際、ほぼ100%の確率で初対面の人と出会うことになります。バーは店内が暗く、かつ密室の状況ですので、多くの人は初対面の人にいきなり話しかけられたら強い警戒心を抱くことになるでしょう。

そんな中、関係性の発展を急ぐようなコミュニケーションを取ってしまえば、ほとんどの場合会話にすらならないかもしれません。

つまり、できるだけ早く恋人が欲しいと思っている人がバーで出会いを見つけようとすると、誰とも上手く会話できないまま退店する可能性があるということです。

バーで恋人を作りたいのであれば、先急ぐ気持ちを抑え、ゆっくりと段階的に仲を深めていく意識を持ちましょう。

出会いのためにお金はあまり使いたくない

金欠のイメージ

バーの出費は決して安いものではありません。

カクテルには一杯800円~1,500円程度はかかりますし、一度バーに行けば、気になる異性が来るまで数杯飲んでしまうこともあるでしょう。

もちろん、バーに行けば必ず気になる異性を見つけられるわけでもありませんし、もし異性と会話できる状態まで持っていければ今度は相手に奢るといった追加出費も考えられます。

このように、バーをメインに出会いを探す場合はお酒代だけで月数万円かかることも考えられますので、出費を抑えて出会いを探したいという方には向かない手法と言えます。

「バーでの出会い」に不向きな人におすすめな出会い方

ここまでの解説を読んで、「自分はバーでの出会いに不向きかもしれない…」と感じても大丈夫です。異性との出会い方はバー以外にもたくさんあります。

ここでは、バー以外におすすめの出会い方を3つご紹介します。

いずれも一長一短ある方法となりますので、自分の性格やお財布と相談しながらどの方法で出会いを見つけるか検討してみてください。

マッチングアプリ:コストも時間もかかりにくい

理想の異性と短期間かつコストを抑えて出会いたいという方には、マッチングアプリが最もおすすめです。

マッチングアプリは基本的に月額制となっており、およそ1ヶ月4,000円前後で異性にアプローチし放題ですので、バーに比べればコストは圧倒的に安いと言えます。

加えて、マッチングアプリを利用する人は全員が出会いを見つけたいと思っている人のため、アプローチするハードルが低く、かつ相手からの反応も返ってきやすいといったメリットがあります。

最近のマッチングアプリは検索機能が充実しているものが多く、自分の理想条件に合致した人だけを表示することはもちろん、今までの自分の行動歴や登録情報からAIが自動的に異性をおすすめしてくれるアプリもあります。

また、スキマ時間でいつでも出会いを探せるため、バーよりも利用しやすいといった特徴もあります。

年齢・目的別マッチングアプリ分類図

大手マッチングアプリを年齢と目的で分類すると図のようになります。

▼気になるアプリは早速クリックして使ってみよう

会員の真剣度
アンジュ

30代~50代

マリッシュ

30代~40代

ゼクシィ縁結び

20代~40代前半

ユーブライド

30代~40代

Omiai

20代~30代

婚活アプリ結婚したい人向け
Ravit

20代~50代

カップリンク

20代~40代前半

おすすめ!
Pairs

18歳~40代前半

With

18歳~30代前半

イヴイヴ

18歳~30代前半

タップル

18歳~20代後半

恋活アプリ恋愛を楽しみたい人向け
50代
40代
30代
東カレデート

20代後半~30代

20代
Dine

20代

デートアプリデートしたい人向け

編集部おすすめのマッチングアプリ3選

ちなみに……マッチングアプリで恋人ができた人の約8割がアプリを「複数利用」しており、1つしかアプリを入れていない方は出会いづらい状態と言えます。以下のチャートから、自分に合ったアプリを選んでみてください。

マッチングアプリ診断チャート

▼アプリのダウンロードはこちら

マッチングの専門家が、あなたに最適なアプリを無料診断!

マッチングアプリで出会えない人の多くが使うべきマッチングアプリをそもそも間違えている事実があります

『出会いコンパス』では、一人ひとりに最適なアプリを無料診断しています。LINE友だち追加して1分ほどのアンケートに回答すると、専門家がおすすめアプリを提案します。

さらに、希望する方には専門家が「あなた専用のプロフィール」を無料で代わりに作成したり、悩みがちな1通目のメッセージテンプレをお渡しします。ぜひ気軽に友だち追加してみてください。

合コン:よくある手法だがコスパは悪め

確実に異性とまずは出会いたいのであれば、古典的な方法ではありますが合コンもおすすめです。

合コンであれば基本的に男女が1:1になるようにセッティングされますので、お金をかけたのに異性と誰とも話せなかったという失敗は起きません。

また、合コンもバーと同じお酒の場での出会いとなりますので、お酒の力に頼って積極的に異性と会話ができるのも一つのメリットと言えます。

しかし、コスパの悪さがどうしても付きまとうのはデメリット。

一回で5,000円~1万円ほど使うことも珍しくありませんし、1日で出会える異性は片手で数えられる程にすぎないので、理想の相手を見つけられる可能性は少ないです。

恋人が欲しいからとりあえず合コンに行くという選択も良いのですが、なかなか相手を見つけられずに合コンばかり行っているとお金が無くなりますので注意してください。

合コンマッチングアプリおすすめ8選!セッティングや注意点と成功のコツ - 出会いコンパス

結婚相談所:出会いのスピードに強み

お金をかけてでもいいから、できるだけ早く結婚を前提とした出会いを見つけたいという方には結婚相談所がおすすめです。

結婚相談所には当然ながら婚活をする人しか集まりませんので、お見合いから交際までのスピードが早いのがメリット。中には「月○人とのお見合いを保証」といった結婚相談所もあり、出会いの確実性という観点では最もおすすめできる手法です。

また、基本的に身分証で本人確認された人しか入会できないため、相手の身元がはっきりしているといった安心感がある点もバーと異なるメリットとなります。

ただし、この中で最もコストがかかる手法でもあります。

入会金から初月の会費まで合わせると10万円以上となる結婚相談所も少なくなく、ある程度お金を持っている人でないと利用しにくいというのは明確なデメリットと言えます。

【2023年9月】結婚相談所おすすめ人気ランキング16選!年代別や選び方・本気で結婚したいならどこ? - 出会いコンパス

バーで出会うための4つのコツ

自分が「バーでの出会い」に向いているかどうかわかったら、お次はバーで出会うためのテクニック。バーでの出会いの確率をUPさせる3つのコツを紹介していきます。

バーで出会うコツ①:一人で行く

バーに誰かと来ている人は「友達と飲み会」のように、出会いを目的としていない可能性もあります。出会いを目的とするならば「一人で飲んでいる人」に声をかけるのが無難です。

ですが一人で飲んでいる人に複数人で声をかけると、相手にプレッシャーがかかり断られる可能性が高くなります。

出会いを求めてバーに行くのであれば、相手にプレッシャーをかけない一人で行くのがおすすめ。下記の「話しかけ方の例」を参考にして、アプローチしてみるといいでしょう。

グラスを持つ女性

話しかけ方の例

・気になる相手の隣の席に着いたとき
→ お隣大丈夫ですか? 今日はお一人なんですか?

・バーカウンター注文の列に並ぶとき
→ 一杯おごるんで一緒に飲みませんか?

バーで出会うコツ②:1つのバーに通い詰める

いくら出会いやすい状況とはいえ、「話しかけるのはハードルが高い……」という人もいるでしょう。そんな人に実践してほしいのが、バーに通い詰めてマスターと仲良くなること。

バーのマスターにとって、お客さんの悩み相談も大切な仕事のひとつ。「彼氏と別れたばかりで……」「優しい男性っていない?」のように、お客さんの恋愛事情や好みのタイプを把握していることがあります。

バーに通い詰める中でマスターに「出会いを求めてる」と伝えておけば、相性がよさそうな相手が来た時に、気を利かせて紹介してくれることがあるのです。

バーカウンター

バーで出会うコツ③:出会いやすいバーを選ぶ

入ったバーに年齢が近い人がほとんどいなかったり、話しづらいほど静かな場所だったり……。バーによっては、出会いの気配を全く感じられないお店もあります。

出会いやすいバーの特徴を理解し、あらかじめ情報をチェックしたうえでバーを選ぶといいでしょう。

バーで出会うコツ④:嫌がる相手にしつこくしない

バーで気になる異性を見つけられたら、テンションが上がって必要以上に積極的に話しかけてしまうことでしょう。

もちろん積極性を持って話しかけるのはバーで出会いを探したいのであれば好ましいスタンスですが、相手が嫌がっている場合はしつこくしないことを意識してください。

繰り返しになりますが、バーはお酒を楽しみに来る場所ですので、中には出会いを全く求めていないという人も来店します。

嫌がる相手にしつこくしていると、店内の他の異性から白い目で見られるだけでなく、最悪の場合出入り禁止にさせられることもあります。

バーで出会いを探したいなら、「話しかけてみて、ダメそうならすぐに別の席に移る」というスタンスを持つのがコツです。

出会いにつながるバーの3つの種類

一言でバーと言っても、様々な種類のバーが日本には存在します。バーの種類によっては出会いが全く期待できないお店もありますので、出会えるバーと出会えないバーがあることは認識しておくべきです。

ここでは、出会いに繋げられる可能性のあるバーの種類を3つご紹介します。

バーのイメージ

1.立ち飲みバー

立ち飲みバーは席が固定されないスタンディング形式。気になる人の近くに行ったり話しかけたり、自分から積極的に出会いのチャンスを作れるのが特徴です。

またカジュアルな雰囲気のバーが多いこともあり、お客さんの多くが20代~30代。立ち飲みバーの代表「HUB」では外国人の姿も多く見られるなど、幅広い出会いのキッカケが眠っている場所といえるでしょう。

2.個人経営のバー

コツ2で紹介した「通い詰める」を大きく活かせるのが、この個人経営のバー。お店の中はマスターやお客さんと会話する常連さんで賑わっており、通いつめればマスターからの紹介を十分に期待できる場所です。

常連さんが多いため初めての人は入りづらい雰囲気ですが、筆者の経験上どのお店のマスターも気さくに話しかけてくれる人ばかり。またマスターと話していると常連さんが会話に参加することも多く、自然と交友関係を増やしていけるのもうれしいポイントです。

3.シングルスバー(婚活バー)

シングルスバーは、お店に来た男女を相席にしてくれるシステムのバー。いわば相席居酒屋のような内容ですが、大きな違いは1人でも利用できる点。相席居酒屋のように「同性2人以上でなければ利用不可」といったルールもなく、気軽に出会いを求められます。

また一般的なバーと違い、お客さんはすべて出会いを求めている人。「私彼氏いるんでスミマセン」のように断られるリスクなく、存分に出会いのキッカケ作りをできるのがポイントです。

バーで出会うなら知っておくべき【東西エリア別】おすすめバー

パブリックスタンド(恵比寿・六本木エリア)

出典:https://www.public-stand.com/

男性3,000円、女性1,000円で「時間無制限・飲み放題」となることから、リーズナブルに出会いのチャンスを増やせる立ち飲みバー。

恵比寿・六本木のみならず銀座・歌舞伎町・渋谷にも店舗を構え、都内を幅広くカバーしています。

「パブリックスタンド」公式ページ

銀座300BAR(銀座・丸の内エリア)

出典:http://www.300bar-8chome.com/

出会いの聖地とも呼ばれるコリドー街に立地する「8丁目店」以外にも、銀座エリアに2店舗展開している立ち飲みバー。メニューは300円均一という気軽さもあり、連日賑わいを見せています。

「銀座300BAR 8丁目店」公式ページ

HUB(関東各地)

出典:https://www.pub-hub.com/

初めてのバーがHUBだったという方も多いのではないでしょうか? HUBは関東を始め、日本全国で展開する立ち飲み風のバーです。

どの店舗もリーズナブルで開放的な雰囲気のため、大学生から社会人など国籍を問わず多くの来店客がお酒を楽しんでいます。

立ち飲みスタイルということもあり、気になる異性に話しかけやすい環境というのがポイント。また、複数人で来る人が多いため、一人だと話しかけられないような人であれば同性の友人と一緒にいくこともおすすめです。

「HUB」公式ページ

MEZZANINE BAR(福岡エリア)

出典:https://www.anacrowneplaza-fukuoka.jp/restaurant/mezzaninebar/

博多駅近くにあるMAZZANINE BARは、スペースの広さやスタッフの質の高さがウリの落ち着いた雰囲気のバーです。

ホテルに併設されているということもあり、ビジネスマンが多い傾向にありますが、同時にハイレベルなバーでお酒を楽しみたいという男女も多く利用しています。

一人での来店が多いため、異性に話しかけやすいのも魅力の一つです。

「MAZZANNINE BAR」公式ページ

最初のデートは「ビアフェス」がオススメ

バーで知り合った相手と連絡先交換できたなら、次に気になるのはデート。お酒の場で出会った2人だけに、「また飲みに行きましょう」と誘うのが無難でしょう。

行きつけの居酒屋に行くのもいいですが、オススメしたいのが「オクトバーフェスト」のようなビアフェス。お酒を満喫しつつも、フェス特有の楽しげな雰囲気が、2人の関係を縮める後押しとなってくれるでしょう。

ビアフェス

「イイ人と出会えれば」くらいのスタンスで出会いに臨むことが大切

出会いを求めている人が多いとはいえ、積極的すぎると引かれる恐れのあるバーでの出会い。キッカケをモノにするには「積極的すぎず消極的すぎないスタンス」といったアプローチが大切になります。

少々高度なコミュニケーション術ですが、紹介した3つのコツをしっかり実践すれば、足りない点をしっかりとカバーして出会いやすくしてくれるでしょう。

ここまで読んで「バーが合いそう」と思った人も、そうでない人もいたでしょうが、出会いの場は人によって異なります。バーでの出会いが合わないと感じたら、他の出会いの場を検討するのが吉です。

バー以外での出会い方

社会人の出会いの場おすすめはどこ? 自然に出会いたい男女向けアプリ以外のきっかけも【500人調査】 - 出会いコンパス
マッチングアプリおすすめ比較ランキング人気20選!恋活・恋人作り・婚活をプロが解説【2024年4月版】 - 出会いコンパス

編集部おすすめのマッチングアプリ3選

編集部調査の結果、マッチングアプリで実際に出会えた人の76%が複数のアプリを掛け持ちしていることが判明しました。さらに、3つのアプリを並行利用している人は2人以上とデートできる確率が14.4%も高いという結果が!

「リアルでの出会いがない……」「街コンや婚活パーティーで手応えを感じない……」そんな方におすすめなのが、マッチングアプリです。

▼マッチングアプリ利用に関するインターネット調査結果

マッチングアプリ利用に関するインターネット調査結果

※マッチングアプリで恋人ができた方494名を対象にアンケートを実施。

調査内容の詳細はこちら:マッチングアプリで恋人ができた人の約8割が「複数利用」、同時併用で出会いのチャンスが増加

■マッチングアプリの特徴
・リアルでは会いにくい日本全国の人と出会える!
・利用者の幅が広いため、理想の人を見つけやすい
・日本人の5人に1人が使ってる!だから怖くない!

「良い出会いがしたい!」という方は、マッチングアプリを活用してみましょう!ここからは編集部おすすめマッチングアプリ3選をご紹介します。

「Pairs(ペアーズ)」

Pairs
アプリ名Pairs
料金男性 4,800円
女性 無料
年齢層20〜40代
累計会員数2,000万人以上
※2022年8月時点
目的恋活、婚活
特徴会員数トップで出会いやすい
地方の人にもおすすめ
運営会社株式会社エウレカ

※月額料金はAppleID決済を基準に掲載しております。また、決済方法やプラン、また為替や値上げ等の影響によって変動する場合もあります。

このアプリのおすすめポイント

  • 累計会員数2,000万人は国内TOP。検索機能で理想の相手が必ずみつかる
  • 15万以上のマイタグ(旧コミュニティ)で、ニッチな趣味をもつ人同士で気軽に交流できる
  • 恋愛に本気な18歳~45歳が多く、毎月13,000人に恋人ができている
編集部の紹介コード:ciw2uR8
Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活のためのマッチングアプリ

eureka,Inc.

インストール無料
App Storeを見る
Google Playを見る
※18歳未満の方は利用できません。

「Pairs(ペアーズ)」に関する記事はこちらから

『Pairs(ペアーズ)』の相性とは? 相性が良い人の根拠・変動の基準・利用者の口コミも - 出会いコンパス
「Pairs(ペアーズ)」の料金プラン徹底解説 有料会員のメリット・金額・キャンペーン - 出会いコンパス

「with(ウィズ)」

with 公式
アプリ名with
料金男性 4,200円
女性 無料
年齢層20〜30代
累計会員数1000万人以上
※2024年2月時点
目的恋愛
特徴2022年度前年比利用者増加率No.1
※出典:Sensor Tower/2022年度実績
主要マッチングアプリ5社比較
運営会社株式会社with

※月額料金はAppleID決済を基準に掲載しております。また、決済方法やプラン、また為替や値上げ等の影響によって変動する場合もあります。

このアプリのおすすめポイント

  • 心理学を用いた独自の診断テストが人気。相性のあう相手とマッチング
  • メッセージのアドバイス機能あり。やり取りが苦手な方も続けやすい
  • 内面重視で理想の恋人と出会いたい、18歳~35歳の方におすすめ
編集部の紹介コード:48aa58
with(ウィズ) マッチングアプリ・出会い

with, Inc.

インストール無料
App Storeを見る
Google Playを見る
※18歳未満の方は利用できません。

「with(ウィズ)」に関する記事はこちらから

「with(ウィズ)」の口コミ・体験談を142名独自調査! お得情報や安全性も解説 - 出会いコンパス
『with(ウィズ)』料金プラン男性の値段は? メッセージにお金はかかる? おすすめ課金方法も - 出会いコンパス

「タップル(tapple)」

タップル 公式
アプリ名タップル
料金男性 4,800円
女性 無料
年齢層20〜30代
累計会員数1,700万人以上
※2023年1月時点
目的恋愛、デート
特徴「趣味でつながる」アプリ
友だち感覚で自然な出会い
運営会社株式会社タップル

※月額料金はAppleID決済を基準に掲載しております。また、決済方法やプラン、また為替や値上げ等の影響によって変動する場合もあります。

このアプリのおすすめポイント

  • シンプル操作で使い方簡単。マッチングアプリ初心者におすすめ
  • 累計会員数1,700万人は国内トップクラス。直感でマッチングできる
  • 「おでかけ」機能なら共通の趣味をもつ人と24時間以内にデートできる
編集部の紹介コード:5Qqh-ti9rxjRH
タップル-マッチングアプリ

Tapple, Inc.

インストール無料
App Storeを見る
Google Playを見る
※18歳未満の方は利用できません。

「タップル(tapple)」に関する記事はこちらから

『タップル(tapple)』の口コミ・評判から徹底評価!実際に使った男女の顔出し体験談も掲載 - 出会いコンパス
『タップル(tapple)』の料金プラン 男性の値段は? 無料で使う方法・月額課金の仕組み - 出会いコンパス

■年代別の厳選アプリはこちら■
10代向けマッチングアプリ
20代向けマッチングアプリ
30代向けマッチングアプリ
40代向けマッチングアプリ
50代向けマッチングアプリ

出会いのコツ新着記事

カテゴリ記事一覧へ