【2024年】ニュースや本を要約するアプリおすすめランキングTOP5

更新日:2024年6月12日17:47

現代社会は多くのニュースや本がありますが、全てを追うことはできませんよね。そんな時に使って欲しいのが、要約アプリです。要約アプリは、ニュースや本などの要点をまとめた文章が読めます

本記事ではそんな要約アプリのおすすめランキングを紹介します。さらにメリットと選び方も解説しているので、参考にしてみてください。

このページはアフィリエイト広告を利用していますが、記載されている情報は一切その影響は受けておりません。

要約アプリおすすめランキングTOP5

5件中/1~5位をおすすめ順で表示
注目ポイント

忙しいあなたへ、10分で本の要約が読めるアプリ

良い点
  • ビジネス書など話題の書籍を10分で要約。効率的に知識を吸収
  • 気に入った本はそのまま購入。手間なく選書が可能
  • 特集や著者インタビューも提供。深い理解とスキルアップに最適
注目ポイント

世の中に溢れたニュース、知りたいものだけピックアップ

良い点
  • ニュースの記事を3行で要約してくれる
  • 地点を登録して天気予報をチェック
  • おすすめブログやまとめサイトも見られる
気になる点
  • 独自記事はない
  • 要約を読めるのは重要なニュース記事に限られる
注目ポイント

忙しいビジネスパーソンに最適 効率重視のオーディオブックアプリ

良い点
  • 本の内容を要約してくれる。本人が語るので、重要な箇所が分かりやすい
  • 作品はカテゴリー分けされているため、好きなジャンルから探せる
  • お気に入りのパートを保存できる。ブックマーク機能が便利
4

要約AI Samaru

iOS無料
Android無料
注目ポイント

テキストやWebページの日本語文章を要約してくれるアプリ

良い点
  • Webページなどから文章を抽出し、要約まで簡単に行えるアプリ
  • 要約字数や抽出文数の指定など、要約に必要な機能が搭載されている
注目ポイント

たったの1分で知恵をつけられる ビジネス書や古典的名著などの要約アプリ

良い点
  • 話題の本や名著が1分で読める。時間がない人のための要約アプリ
  • 要約にメモを記載して知識の定着が行える。忘れやすい人でも安心
  • タイムラインやランキングで気になる本を探しやすい

要約アプリを使うメリット

要約アプリの最大のメリットは、読みたい本やニュースの要点をまとめてくれていることです。内容がまとまっているため、全文を読むよりも時間を短縮できます。

また、AIを搭載したアプリであれば読みたい文章を入力すると、自動で要約が作成されるものも。このような理由から、仕事などで忙しくて時間がない人におすすめです。

要約アプリの選び方

ここでは要約アプリの選び方を解説。特に意識して欲しい3つのポイント重点的にお伝えします。参考にしていただければ、満足できる要約アプリを選べるはずです。

自分の欲しい情報に合ったアプリにする

要約アプリには、得意なジャンルがあります。主なジャンルはニュースと本の2つです。ニュースが得意なアプリであれば、内容が大きく違うことはあまりありません。ただ本が得意な要約アプリは、ビジネス書が多かったり、小説が多かったりとさまざま。

そのためあなたが欲しい情報をきちんと考えた上で、要約アプリを選んでください。

音読機能の「あり」がおすすめ

要約アプリには音読機能があるアプリと、ないアプリがあります。基本的には音読機能があるアプリを選びましょう。音読機能があれば、要約してくれた内容を「ながら聞き」することが可能。ランニング中や満員電車の中でも情報を得られるため、とても便利です。

もちろん音を出さなくても読めるため、なるべく文字で読みたい人にも対応していますよ。

自分のお財布と相談する

要約アプリは、完全無料・月額課金・従量課金と料金に違いがあります。ニュース系であれば、基本的には完全無料です。しかし本系の要約アプリは、好きな本の要約を読もうと思うとお金がかかる場合がほとんど。

そのため、要約アプリを使う上でどれくらいお金を使えるのか、きちんと考えておきましょう。

AIの自動要約を搭載しているかどうか

要約アプリには、すでに要約されている文章が掲載されているアプリだけではありません。自分が読みたい文章を入力して、AIに要約してもらうアプリもあります。AIによる要約アプリは、読みたい要約を作れることが一番の魅力

ただし基本的に「要約されているコンテンツがない」というデメリットがあります。メリット・デメリットがはっきりしているので、ご自身の使い方に合わせて選びましょう。

要約アプリのよくある質問

本の要約って著作権は大丈夫なの?

著作権者に無断で本の要約をしてお金を稼ぐと、著作権侵害で訴えられる可能性があります。ただし著作権者に許可を得ていれば、問題ありません。

本ページで紹介しているVOOX』は著者自身が朗読しており、『flier(フライヤー)』は著者にインタビューを行っています。そのため著作権者に許可を取って要約していると考えていいでしょう。

AIの要約って精度は問題ないの?

AIによる要約精度は、かなりレベルが上がっています。そのため基本的には、要約として内容を理解する分には十分と言えるでしょう。ただし完璧な要約を期待すると、まだ怪しい箇所もあります。

特に数千文字を超える文章の一括要約となると、精度が落ちてしまいがち。現状、長文の要約をする場合はいくつかに文章を区切って、要約してもらうことをおすすめします。

ChatGPTでも文章の要約はできる?

ChatGPTでも文章の要約は可能です。Webの記事など自分が読みたい記事をコピーして、ChatGPTにペーストし、「〇文字程度で要約してください」と伝えればOK。

あっという間に読みたかった記事の要約が可能です。
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });

カテゴリから探す