【2022年】TOEFL対策アプリおすすめランキングTOP7

更新日:2022年11月25日18:55

TOEFLのスコアアップには出題形式に応じて対策するのが効果的。TOEFLアプリを使えば通勤中や仕事の休憩中などのスキマ時間を使って、効率的な学習ができます。

本記事ではTOEFLの4つの出題形式に応じたアプリの選び方を紹介。実践演習の方法についても参考にしてみてください。

TOEFLアプリおすすめランキングTOP7

7件中/1~7位をおすすめ順で表示

TOEFLアプリの選び方

【Reading】語彙力UPで長文問題を攻略

TOEFLのリーディングセクションでは生物学、社会学などの学術的な文章を読んで設問に答えます。文章の細かい部分にとらわれずに本文と選択肢を読んで、全体概要をおおまかに把握する力が必須。

ここでスコアアップを目指すにはTOEFLに出題される語彙を中心に習得しましょう。『mikan』は単語力の強化に特化したアプリ。TOEFLに出題される単語を、スキマ時間で効率よく学べます。

【Listening】講義形式の英語スピーチに慣れるのが重要

TOEFLのリスニング対策には、ニュース番組や大学の講義など学術的な内容の英語に触れるのがおすすめです。

TED』は著名人や学者などの英語スピーチを聴けるアプリ。科学や社会問題まで幅広いジャンルから選び、リスニング対策ができます。

【Speaking】自分の音声を録音して練習する

TOEFLのスピーキングセクションでは、聞かれていることに十分な答えができているかが問われます。そのためには身近なトピックについての意見を、声に出して練習するのがおすすめ。

ボイスメモ』などを使って自分の英語音声を録音することで、発音の違和感やイントネーションなどを客観的に判断できます。

【Writing】文章・量・内容を意識した英作文作成

TOEFLのライティングにおいては文章・量・内容の3点が重視されます。アカデミックな内容の英語音声を聴いて、内容を要約する力と自分の意見を論理的に説明する力が必要です。

英作文の際は「主張・理由・根拠」といった論理展開で文章が書けているかをチェック。正しい論理展開のもと、50分の制限時間内で500語以上をタイピングする練習もしておきましょう。

IDIY』は世界中の講師から英作文の添削が受けられるアプリ。英文法やライティングの基礎力が身につきます。

TOEFLアプリの注意点

時間配分など実践的な問題演習も忘れずに

TOEFLのスコアアップには、試験と同じ時間配分で練習問題を解く力が重要。各セクション別の対策アプリはスキマ時間での学習には向いていますが、実践的な問題演習をするには物足りなさもあります。

TOEFL Go! Global』はTOEFLに出題される問題を体系的に学べるアプリ。公式の問題集と合わせて、時間配分を意識しながら問題演習をしてみましょう。

googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });