【2024年】臨床補助ツールアプリおすすめランキングTOP10

更新日:2024年2月28日12:27

本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。
価格:
26件中/1~10位をおすすめ順で表示
注目ポイント

どんな高価な教科書でも、この360度から見られる3D解剖図には敵わない

良い点
  • 人体の臓器、骨格、筋肉をすみずみまで見られるアプリ
  • 1つ1つ分解・回転して見られて、仕組みがよくわかる
  • 部位の機能が説明された動画付き。医療の勉強に役立つ
2

輸液マイスター

iOS無料
Android無料
注目ポイント

輸液製剤の組成を確認できる医療従事者専用のアプリ

良い点
  • 株式会社大塚製薬工場による輸液製剤の組成を確認できるアプリ
  • 輸液製品名や混合薬剤名から配合変化データを探せる
  • 学会や講演会、セミナーなどのイベント情報も探して応募できる
3

解剖学 - 3Dアトラス

iOS無料
Android無料
注目ポイント

3Dモデルで人体を忠実に再現 解剖学の資料がスマホでどこでも持ち運べる

良い点
  • 人体の精密な3Dモデルを多数収録した、解剖学の学習用アプリ
  • 筋肉や臓器ごとに分かれたモデル。見たい部位をピンポイントで参照
  • 部位の非表示、透明度の変更など、モデルを見やすいように編集できる
注目ポイント

点滴治療の面倒な計算は不要! 瞬時に滴下速度を計算してくれるアプリ

良い点
  • かんたん入力で滴下速度を自動計算。5つまで記録を残せる
  • タイマーで時間管理可能。複数セットしても間違いにくい
  • 輸液セットの名前変更や、確認音など詳細な設定ができる
気になる点
  • 広告を消す方法がない
注目ポイント

人間の体のつくりが丸わかり 断面図も見られて観察しやすい

良い点
  • 表示する部位を選択。見たい部分だけを表示できる
  • 部位をタップすると解説が表示される。メモに残せる機能もあり
  • 関係する機器をタグ付けしておけば、整理できて振り返りやすい
注目ポイント

まさに人体版「広辞苑」! 3Dイメージで解剖や病理を徹底研究

良い点
  • もう重たい書物を持ち歩く必要なし! これ1つで万能医学書の役割を担う
  • 筋肉から神経まで、見たいところを全部解剖できる。拡大縮小も思い通り
  • 動画で筋肉や関節の動きがハッキリ分かる。勉強や説明資料としても有用
注目ポイント

患者ごとに点滴終了タイミングをお知らせ 滴下速度の確認も楽ちんに

良い点
  • 点滴の滴下速度を計算。簡単&正確に調整できる点滴アプリ
  • 患者ごとの量の増減も自在にでき、細かい数値を入力できる
  • 複数人の点滴をタイマー管理。終了時にアラームとバイブでお知らせ
8

IMAIOS e-Anatomy

iOS無料
Android無料
注目ポイント

【医学専門家必見! 】人体解剖学の粋が詰まった画像データベース

良い点
  • MRIや内視鏡の画像を検索、閲覧できる解剖学専門のデータベース
  • 24,000以上の医用画像を提供。ラベルで解剖名を学べる
  • 完全版ではスクリーンショットが撮れて学習がはかどる
9

筋のトリガーポイント

iOS400円
Android320円
注目ポイント

痛みのひきがねとなる個所を知る

10

病名さん

iOS無料
Android無料
注目ポイント

正式な病名がすぐわかる。医療従事者向けの便利な検索ツール

良い点
  • キーワード検索から正式な病名が検索できる
  • WHO・世界保健機関が採用しているICDコードでも検索が可能
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });